キャッシング・消費者金融の基礎知識・マメ知識

記事一覧

返済シミュレーションを行って返済途中で困らないようにしよう

キャッシングは比較的小額の利用がほとんどですので、利用の前にわざわざ返済計画を立てる人はそれほど多くは無いでしょう。ましてや客観的な目で評価しようなどとは思わないのが普通です。しかし多くの多重債務者は、このような先に対しての計画性に乏しい借金から始まっています。金額が小額ですから返済に困ったときに、安易に別のキャッシングに手をつけるというようなことが往々にして行われてしまうのです。したがっていくら小額であってもしっかりした返済計画が必要です。

ただし返済計画を立てただけでは駄目で、その返済計画が実際に機能するかどうかを検証するための返済シミュレーションをすることが大変重要です。金融機関のホームページにはこの返済シミュレーションが簡単に出来る機能が提供されている場合があります。これは借り入れ金額と返済期間を入力するとシミュレーションしてくれて簡単な操作で月々の返済金額が分かり大変使い勝手が良いのですが、残念ながらこれだけでは安心できるシミュレーションとは言えません。

シミュレーションとは実際の返済を予め予想するために行うものであって、返済金額を計算するのは極一部でしか有りません。シミュレーションを行うためには自分の収入や生活パターンを反映していく必要が有ります。会社員であれば収入は前年などを参考にすれば残業時間など季節的な変動を含めて概ね分かると思いますが、自営業などの場合には、変動が大きいので慎重な検討が必要になります。ここで安易な予想するとすぐに破綻することになります。

次に支出です。まずは自分が何にどの程度お金を使っているのかを詳細に検証して見ることが必要です。季節毎の変動も加味した生活費の他、遊興費や医療費などもすべて把握し、さらに返済期間内の連休などでのレジャーにかかる費用も予め計算に入れておくことも忘れないようにしましょう。また先のことなので、何が起こるかわかりませんから、有る程度の余裕を見ておくことも忘れないようにしましょう。

ここまで行えば、毎月の収支がはっきりしますので、差し引きの余剰金額が分かり、これが返済に回せる金額となります。これを前記のシミュレーションによる月々の返済金額と比べてみてください。余剰金額が返済金額を上回っていれば、キャッシングを利用しても大丈夫ということになります。下回っている場合は多重債務に陥るのがおちですからキャッシングの利用は見合わせましょう。このように返済シミュレーションというのは単に返済金額を計算するものではなく、様々な情報を使って返済の可否を判断出来なければ意味は有りません。

キャッシングローンの利用が難しいといわれる水商売の人の借り方

よく言われることに水商売の人はローンが組めないというものがあります。キャッシングローンの場合にもアルバイトなどと並んで実際に利用し難いのは本当ですが、だからといってまったく無理という話では有りません。条件さえ整えば水商売といえども審査に通ることは可能です。水商売は業種が違うだけでそこの従業員は毎月安定した収入があるわけですから、普通の会社員とそれほど違うわけでは有りませんが、問題は従業員ではなく勤務するお店のほうなのです。

水商売の場合、全国チェーン店でもなければ、通常の表現をすれば個人事業か小規模な会社ということになります。このような場合は普通でも、信用力は小さく審査に支障が出る場合がありますが、水商売では頻繁に店自体が閉店してしまったり、経営者が急に変ったり、逃げてしまったりという過去からの統計的実績があるため、大変信用力が小さく評価されています。したがって審査においては本人の情報の前に勤務先のお店の情報の時点で撥ねられてしまう場合が多いようです。

このためキャッシングローンの審査を通す条件としては、まず勤務先のお店が長期に渡って安定した経営状態にあることを証明する必要が有ります。歴史のある有名店であれば、わざわざ申込者が証明する必要は有りませんが、もし歴史は長いが知る人ぞ知るといったお店であれば、安定性を証明する書類を付けておけばまずは審査の第一関門を通すことができる可能性が高くなります。安定していても歴史が短かったり、歴史は長いが経営状態は安定していない場合には、難しいと思われます。

次に必要なのが、自分の収入を証明することです。源泉徴収票でも良いですし、確定申告の控え、収入証明書などでもよいですが、これだけでは駄目です。収入の安定性を証明するために月々の収入を証明するような書類、例えば給与明細などを準備しておくと良いでしょう。これがあれば一定以上の年収が有り月々も安定した収入があることを証明することが出来ます。したがってキャッシングを考えている場合にはこれらの書類を保管しておくことが必要になります。

最後に重要なのは利用者の信用情報にまずい記述が無いことです。以前借りたローンの返済が遅延してしまったとか、踏み倒したことがあるとかというような情報が残っている場合には、審査は通りません。以上3点がクリアされていれば、利用を断わる理由はありませんので、審査に通る可能性は高いです。1社駄目でも2社3社と申し込みを試してみてください。審査に通っても利用に当たっては十分注意して、以後の水商売の評価を下げることの無いようにしましょう。

自分に有利な消費者金融のキャッシングローンはどう選べば良いのか

いまや大手銀行でもキャッシングローンが有りますので、特に利用経験の無い人向けには大手銀行のもののほうが安心感もあって良いのかもしれません。しかし利用方法によっては消費者金融のもののほうが有利な場合も多いので一概にどれがお勧めということは言えません。ですから初心者でも特に金融機関に思い入れのようなものが無ければ銀行系のもの以外に、大手消費者金融系のもの検討対象にして選択肢を広げて考えるようにしても良いのではないでしょうか。

消費者金融というと昔のサラ金を思い浮かべる人も多いですが、現在大手消費者金融は株式の上場も果たしており、以前の様な暴力団を使った悪質な取立てもなくなっていますし、大手銀行との業務提携なども行われており、安心して利用できます。問題になるのは金融機関側ではなくて、ほとんどは自分の返済能力を超えて借入れしてしまうような、借り手側に問題がある場合ですので、借りる前には自分の能力を十分把握しておくことが重要です。

自分の返済能力を把握した上で、次は自分の利用方法を整理しておきましょう。たとえば1月以内程度の短期間に返済してしまうような借り方とか、会社員の場合にはボーナスも利用して返済するかしないか、あるいはリボルビング払いで返済するかしないかなど、自分の収入や生活パターンを良く考えて実際の返済をイメージしてみてください。これによって選択するキャッシングローンや返済方法が決まってきます。この時自分の返済能力を良く考えて無理の無い方法を考えることが重要です。

キャッシング商品を選ぶ場合、まず最も注目しておく必要があるのが金利です。もちろん金利が低いほうが良いわけですが、現在では法律で厳しく上限金利が決められていますので、上限金利以上の金利を付けているところは闇金です。近付いてはいけません。ただし金利は重要ですが、これだけで選んではいけません。特に自分の利用方法が短期間で返済するというものであれば、一定期間無利子になるものを選んだほうが、他のものよりも金利が高く設定されていたとしても得になります。

会社員の場合には返済方法にボーナス併用が可能なものを選べば月々の返済額を減らすことが出来ます。キャッシングローンには商品ごとに様々な特徴が有ります。特に消費者金融のものは大手銀行のものと差別化を図るため、利用者によっては大変魅力の有る商品になっています。したがってキャッシングローンを選ぶ際には、自分の返済能力、返済方法とキャッシングローンの特徴を良く理解して、最も利用し易く、得になるものを選ぶようにしましょう。

インターネットを使っていつでもどこでもキャッシングを利用しよう

インターネットが普及しだしてから、様々なものが様変わりしましたが、従来では金融機関に出向かなければ出来ないようなことが、インターネットを介してパソコンや携帯端末上から行うことが出来るようになって来ました。たとえば銀行が行っているネットバンキングでは居ながらにして残高照会や振込みなどを行えます。この傾向はキャッシングについても例外ではなく、インターネット上からキャッシングを利用することが出来これをネットキャッシングと呼んでいます。

ただネットキャッシングとは言っても、利用がインターネットを介して行われるということ以外は別に他の方法で利用する場合と大きな違いは有りません。他の商品と同じように良く調査して自分の収入や生活スタイルに合わせて利用すべきキャッシング商品を選んでください。注意しなければならないのはインターネット上の詐欺行為です。大手金融機関のホームページに似せて、おかしな契約を結ばされてしまうということも無いとは言えません。十分注意してください。

経済の活性化という点では、お金を預ける人もお金を借りる人も必要なことですが、安易に借りるのは、自分を追い込むことに繋がることも有ります。特にキャッシングは比較的小口の貸し出しのため借り易く、ネットキャッシングは非常に簡単な操作で借りることが出来るためについつい借りすぎてしまうことも良くあることです。しかし借りたからには必ず利息をつけて返済することが必要になることを忘れてはいけません。したがってネットキャッシングの場合であっても、しっかりした返済計画を予め立ててください。

ネットキャッシングで時々見られることとしては、パソコンや携帯端末での操作をすれば、自分の口座にお金が振り込まれますので、ゲーム感覚のバーチャルの世界と区別が付かなくなってしまうというものです。こういう状態に陥ると大変厄介ですので、ネットキャッシングを利用しようとする人は他の方法での利用者よりもさらに自己管理ができるような人でなければなりません。普段ゲーム漬けのような人は始めから利用しないほうが良いのかもしれません。

ネットキャッシングの場合、手軽さのためか、ついつい借りすぎてしまい、返済に支障が出てしまうこともあり、次々に別のキャッシングに手を出して、いつの間にか多重債務を負い、最後には自己破産に至ってしまうというケースも見られます。ですから利用に当たっては、借りたものを返した後でなければ、新たなキャッシングは行わないなど、ルールを決めて、多重債務などに陥らないように自己防衛する方法を考えておくことが必要です。

利用者の多い人気のキャッシングローンは本当に良いローンなのか

キャッシングローンは各社多数ありますが、これ等の中には利用者が多く人気の高いものから、使用者が少なく消えていくものまで様々なものが有ります。現在ではインターネットが発達したため、インターネット上で利用者数から人気ランキングのようなものを作成して掲載している所が多数存在しています。キャッシングを利用しようとする場合、これを参考にして選んだ人も多いのではないでしょうか。しかしこれ等のランキングを鵜呑みにするのは問題が有ります。

インターネットというのは個人でも情報を発信できますので、故意に人気を作り出すこともうまく行えば出来ないことでは有りません。したがってこれ等のランキングにも故意に人気を誘導しているものがあるかもしれません。現に人気ランキングといいながらランキングが同じになるようなことはまずありません。このためインターネット上の情報を利用する場合には、情報の検証を行うことが重要です。参考にするけれども最終判断は自己責任でということです。

さてランキングに乗るような人気の高いキャッシングローンですが、自分も最も人気の高いもので良いだろうと短絡的に結論を出して良いというものでは有りません。他の人の利用に向いていたとしても、それが自分にも当てはまるということではありません。キャッシングローンの種類が多いということは、それぞれに特徴があり、ニーズがあるからこそ出来たわけで、人気が無いものであっても、その特徴が自分に最も合っている様な場合には、そちらを選択したほうが良いということになります。

自分にとって何が良いかを判断するためには、まず自分の返済計画を検討しなければなりません。自分にもっとも合っている返済計画をよく検討して立案してください。この返済計画が出来上がったら、次にこれに最も合ったキャッシングローンを選んでください。大人気のものでもこの返済計画にそぐわないようなものは、返済が難しくなるだけです。ランキング等は有用な情報ではありますが、選ぶときにはあくまで自分の返済計画を基にして選ぶことが重要です。

インターネット上にはランキング以外にも特定の情報を一押ししている場合や、ある商品に誘導しているような場合がありますが、それに乗せられて、安易に選んでしまうと後々困ったことになる可能性も有ります。ある情報に誘導しているような場合には、様々な思惑が隠れている場合もありますので、参考にするだけなら良いですが、決してそのまま乗せられてしまってはいけません。様々な情報から自分の必要とする情報を選ぶ力を持つようにしてください。

買い物依存症の人にはキャッシングローンを利用させてはいけません

パチンコ依存症と並んで女性に見られる病気に買い物依存症があります。これは使うでもないブランド品を買い漁っていないと落ち着いていられないというもので、当然すぐに自分やご主人の収入など使ってしまいます。それでも買い続けないといられませんから、貯金にも手をつけることになり、家族に発覚してしまうか、さらにキャッシングローンを使って買い続け、経済的に破綻するまで行って、苦境に陥る人もそう少なくは有りません。

このような買い物依存症の人には当然ですがキャッシングローンの契約などさせてはいけません。改正貸金業法ができる前は、年収の3分の1までというような規定は無く、無職でも借りることが出来ましたから、専業主婦も買い物依存症になる場合がありましたが、改正貸金業法ができてからはご主人の同意が必要になって数が減りました。しかしまだ結婚していないOLなどの場合は収入もあり、キャッシングローンの契約が出来るため、湯水のようにお金を使ってしまうことになります。

家族は、監視しろというわけでは有りませんが、様子がおかしい場合、特に毎日のように買い物袋を提げて帰ってくるようなときは、よく話を聞いて早めに異常を掴む事が必要です。一人暮らしをしているような場合でも、友人や会社の同僚は異常を感じたら、やはり話を聞くようにするべきです。気付いたときにはもう自己破産しかないというようなことが無い様に、お互いに相手のことに関心を持つ事が必要です。

話を聴いた上で、どうも買い物依存症ではないかと感じたら、すぐに診療内科を受診させましょう。買い物依存症は本人だけでは治せないと考えておいた方が無難です。買い物依存症に陥るのには様々な原因があり、治療は専門家でなければ出来ません。原因によっては治療に家族の参加も必要になる可能性があるため、家族も一緒に受診するのが良いでしょう。長期間を要しても自己破産に追い込まれるよりは本人にとっても家族にとっても、ずっと良い選択のはずです。

買い物依存症は病気です。浪費家などと言って叱っても何も解決しません。かえって精神的に追い詰める結果になって、症状が進んでしまう可能性すら有ります。大きなお金を使ってしまったということで家族にも大きな傷を残しますが、みんなが協力して医師の指示に従った治療をしていくのが最も良い方法です。もし治療を受ける事無く、買い物もさせないような状態が続けば、症状は更に進んで、日常生活すら送れなくなることも有りますので、細心の注意が必要です。

無職で収入が無くてもキャッシングローンを使うことはできるのか

キャッシングローンを利用しようという場合、申し込みに際して必ず審査が行われ、返済が難しいと判断された場合には利用することが出来ません。この審査で利用されるのが申込者の信用情報や資産、年収などですが、以前は無収入であっても不動産など十分な資産があれば、簡単に審査が通りましたが、貸金業法が改正されて、借入額により違いますが年収が無ければ、借り入れすることが出来なくなってしまい、事実上無職では審査を通るのが難しくなりました。

改正貸金業法の規定によれば1社50万円あるいは他社を合わせて100万円の超える融資を行う場合には、審査に当たって年収を証明する書類を添付することが義務付けられて、この年収の3分の1を超える融資を原則として禁止することになっています。ですから年収の証明をする必要の無い額以内であれば審査が通る可能性はあるわけですが、無職ということになると、通常は返済に支障が出ると判断されるのが普通で、審査が通る可能性は極めて低いといわざるを得ません。

無職の場合でも、パートやアルバイトなどを行っており、安定して収入が有って、それが証明できれば、年収の3分の1まで融資を受けられる可能性はあります。ただしトータルとしての年収がいくら高くても、月々の収入が安定していない場合には、審査を通さない金融機関もあります。また無職であっても高齢者で年金収入がある場合には、安定収入とみなされて、審査が通る可能性があります。これらは金融機関の判断によりますので、1社駄目でも何社か試してみると良いでしょう。

さらに結婚している場合には自分は無職であっても配偶者に収入があり、配偶者の同意が得られれば、配偶者の融資額と合算して配偶者の年収の3分の1以内で融資が受けられる可能性があります。専業主婦の場合はこれにあたりますので、キャッシングの申し込みの際にはご主人の了解の下に行うと良いでしょう。以前は専業主婦だけでも利用できたために借金がかさんでしまったという事例が多発したことから、収入の無い人の場合、配偶者に言わずに申し込みが出来ないようにこれが規定されました。

インターネットを見ていると無職で収入が無いような場合でも融資できるというような広告を目にすることが良くありますが、前記の3分の1の規定は法律によって決まっているもので、勝手にそれを曲げて融資できるようなことは有りません。通常の状態であればこういう記述を信用するようなことは無くても、お金に窮した状態になると判断を誤ることも良く有りますので、気をつけてこんな話に乗らないようにしてください。生活上どうしてもお金が必要という場合には、生活保護を受けることも1つの方法です。

あなたは融資を拒否されるのか!信用情報のブラックとは何?

金融機関といえばまだ銀行しかなかった頃は、融資といえば担保を取ってという形が普通でした。このため担保の無い人は融資が受けられず、大変不便な形になっていました。そこで担保を取らずに融資を行う機関が登場し、これが現在の消費者金融の原型になります。しかしこういった場合審査が甘くなってしまうため、返済に窮する利用者も多く、苛酷な取立てで『サラ金地獄』などという言葉までできて幾多の悲劇を生むことになりました。

そこで考えられたのが利用者の信用情報を登録し、審査に利用しようというものです。現在日本には何種類かの信用情報の管理会社がありますが、金融機関はこのうちのどれかを利用して、融資の申し込みの審査をすることになります。この審査を経る事によって、返済に問題の有る人が排除されて、取立てまで発展することは大変少なくなりました。ここで融資が受けられる人は良いのですが、融資を断られるような人をブラックと呼ぶことが有ります。

ただし、その申込者をブラックと判断するか否かは信用情報を判断する各金融機関であって、信用情報の中にブラックリストが作られているわけでは有りません。したがって微妙な情報が登録されている場合にはA社では融資が断られても、B社では融資が行われる可能性も有ります。また審査の厳しい銀行では融資が無理でも、多少審査が甘くなる大手消費者金融では融資が利用できることも有ります。さらに大手が駄目でも中小というように徐々に審査が甘くなっていく傾向に有ります。

ただし審査が甘くなるということは、こういう金融機関は返済不能になるリスクを背負うことになるため、徐々に貸し出し金利は上昇しますし、返済が滞ってしまった場合には、厳しい取立てが行われることもあります。したがって、銀行や大手消費者金融の融資が断られた場合には、無理をせず融資は一時諦めて、信用情報が改善できるような地道な努力をしたほうが無難です。融資を受けられない場合、生活保護を申請したり、債務整理など必要な手段をとって生活を立て直すことから始めましょう。

必要なのはブラックだからといって悲観することではなく、どうして行けばよいのか前向きに考えることです。そのような人のためには公的な相談窓口も用意されていますので、遠慮せずに相談することを勧めます。そこでは生活を立て直すために様々な助言を受けることが出来ます。また借金で首が回らないということであれば、弁護士に相談して必要な処置を取って下さい。いずれにしても早め早めの対応が大切です。

借りる前にキャッシングローンについて知っておきましょう

借金というとあまり良いイメージを抱きませんが、現在ではローンという言葉を使い、多くの人が住宅ローンだとか自動車ローンを組んで利用しています。これ等のローンは年収に対して比較的大きい額を借りることになるため、手続きや審査が大変厳密に行われ面倒な思いをした人も多いのではないでしょうか。これに対してキャッシングローンというのは多くても100万円程度で年収から見れば容易に返済可能な小口のローンのことを言います。

このキャッシングローンは金額が小額なため、ある程度の収入さえあれば手続きや審査が簡単で利用し易く、利用用途も限定されていませんので、大変便利で利用者が増えています。このような小口のローンは最近では大手銀行なども参入していますが、一昔前までは消費者金融業者が高金利で提供しており、返済できず幾多の悲劇も生まれ『サラ金地獄』などという言葉までありました。しかし現在では関連法規も整備され、利用し易いものになっています。

このような経緯もあって、今でもキャッシングローンというものに抵抗感を持っている人も少なく有りませんが、抵抗感の無い人も増えてこのキャッシングローンを生活ツールの一つとして捉え、上手に使うことで豊かな生活を実現している人も多いようです。日本においては社会が成熟して来るにしたがって返済可能な範囲の借金は生活を安定させるためには積極的に利用しても良いものだという意識が広がってきていると言えるのではないでしょうか。

しかし、キャッシングローンというのは借金であることには変りは有りません。安易に利用すると痛い目に遭うことは昔ながらの借金と同じだということを忘れてはいけません。手続きや審査が比較的簡単だということで、安易に多くのキャッシングローンを限度額まで借りてしまって、返済できなくなるという多重債務の状態に陥ってしまう人もいるということは憶えておきましょう。こういう場合主な原因は借りる前に行っておくべき返済計画や返済シミュレーションが杜撰だった事が挙げられます。

キャッシングローンは一回あたりの借入額が非常に小さいためか、きちっとした返済計画など立てる事無く借りてしまう場合が多いですが、借りたものは利子をつけて返済しなければいけないものだということを忘れてはいけません。たとえ1万円の借入れであったとしても、自分の収入と月々の返済額などを勘案した返済シミュレーションを行って、必ず返せる返済計画を作った上で借りなければなりません。

海外キャッシングは便利ですが押さえておくべき注意点が有ります

海外旅行に行くのも特に珍しいことではなくなり、場所によっては国内旅行よりも安かったりすることが有りますが、面倒なのが通貨の交換ですね。そこで多くの人が使っているのがクレジットカードで、現金を待たず、現地通貨で決済できますのでこれだけで済むのであれば大変便利です。しかし、国や場所によっては、どうしても現金が必要になることがあって、予め分かっていれば用意するのですが、急な場合には困ることがあります。そこで利用しやすいのがクレジットカードの海外キャッシングです。

この海外キャッシングは利息は付きますが両替手数料はかかりませんので、大変お得で、クレジットカードさえ持っていれば、通常のお買い物や、現金が必要になったときに何とかなりますので、お勧めです。しかしクレジットカードということで押さえておくべき注意事項があります。このあたりを理解しておかないとかえってお金のかかるような事態になってしまいまいますので、憶えておいて、なるべく有利な使い方をして下さい。

クレジットカードのキャッシングは借り続けると徐々に利息が積み上がりますので、帰国後一括して返済すると大変お得です。リボ払いなどで長期間をかけて返済していると、国際キャッシュカードなどを使って現金を引き出した場合にかかる現地銀行での非常に高い手数料を上回る利息が必要になってしまいます。したがって海外キャッシングを利用したら、一括返済して、できるだけ利息分を少なくするのがもっともお得な利用方法になります。

次に、海外旅行をしようという人にはこういう人は少ないと思いますが、キャッシング枠を利用した後、帰国してから返済できないということがあります。ですから便利な海外キャッシングですが、国内のキャッシングローンを使う場合と同じように、返済の見込みが無いようなキャッシングは利用してはいけません。海外旅行で気分が大きくなっている場合往々にして使いすぎる人がいますが、楽しんで帰ってきたら、窮地に陥っていたということだけは無い様にしましょう。

このようにクレジットカード特有の注意点や、海外旅行という環境下での注意点などいろいろと注意すべき点がありますが、要は使いすぎに注意して、借りたものは早く返すという、借金では特に珍しくない注意事項を守れば良いということです。楽しい海外旅行ですから、後になって困るようなことが無い様に、無駄な利用は慎み自分の経済状態に見合った節度のある使い方をして欲しいと思います。

<1 2 3 4 5 >