キャッシング・消費者金融の基礎知識・マメ知識

記事一覧

消費者金融のトラブルは公的な相談窓口で解決の糸口を見つけよう

金融関係でなくてもそれぞれの業界にトラブルはあるものです。しかし、利用者側から見ると単なるトラブルでは済みません。死活問題になることすらあります。以前は産業振興のためか企業側を向いているように見えた公的機関も、近年では消費者保護を主眼とした体制に代わりつつあり、多くの相談窓口を設けるなど、意識が変ってきています。特に消費者金融は以前は問題のある企業が多かったためか、消費者保護が徹底されています。問題を感じたらすぐに相談してみてください。

これらの相談窓口は政府広報オンラインのWebページに纏められています。まず最も有名な所では消費生活センターが全国各地に有ります。また消費者ホットラインという全国共通番号を用意して最寄の消費生活センターに誘導してくれるようになっています。全国各地に開設されていますので地域の事情に詳しい相談員が対応でき、決めの細かい相談に応じることが出来ます。困ったときにはまずここで相談してみてはいかがでしょうか。

次に法テラス(日本司法支援センター)があります。これも公的な機関で、法令関係のトラブルの場合、関係する法令の案内や、関係する地方公共団体、弁護士会、司法書士会、消費者団体などの連絡先を教えてくれます。法テラスは詳細なホームページが有りますしコールセンターも用意されていますので、法令あるいは法令が関係するかどうか分からないような場合でも相談を受け付けてくれます。借金などに対しても関係法令から相談に応じてもらえます。

また闇金など悪質なものについては迷わず警察に相談してください。全国の警察署には警察総合相談窓口が設置されており、電話も全国共通番号で最寄の窓口に繋がるようになっています。闇金などは一刻の猶予も有りません。悪質性を感じたらすぐに相談して警察に一網打尽にしてもらうことが重要です。もたもたしていると拠点を移されて、捕まえることが出来ず逃げられてしまうことも考えられます。そうなるとしつこく付き纏われることになることもあります。

さらに金融関係のトラブルであれば金融庁の開設する金融サービス利用者相談室があります。これは電話あるいはメールで相談する形になりますが、相談の例として預金・融資等に関するご相談や貸金業に関するご相談が含まれていますので、消費者金融に関するトラブルでは最適な相談窓口といえるかもしれません。

いずれの窓口を使うかは状況にもよりますが、いずれにしても、早め早めに相談するのが問題を早期に解決するためには重要なポイントです。うまく利用して、早く問題を解決するようにしましょう。

女性有利か?レディスキャッシングローンとキャッシングローンの違い

以前は消費者金融はサラリーマン金融といわれ、お世辞にも良い雰囲気の店舗では有りませんでしたので女性が利用するのは正直憚られるような場所でした。要するに業界自体が男性向きに出来ていたといって良いでしょう。しかし女性の社会進出は目覚しく、お金が必要になるのは何も男性だけとは言えなくなりました。また消費者金融側としても新たな顧客を開拓していくには女性を無視しておくことが出来なくなっていきました。そこで女性も入りやすい店舗作りや商品が模索されるようになりました。

そこで作られたのが女性が利用しやすい店舗構成も含めたレディスキャッシングローンと呼ばれるものです。レディスキャッシングローンを扱う店舗は応対するオペレータや窓口など多くの店員を女性にしている場合が多く、中には店長以下全て女性で構成されている場合も有ります。キャッシング商品としてみた場合には、通常のキャッシングローンと殆ど変りは有りませんが、中には女性向けとして多少金利を抑えたものを用意している所もあります。女性の場合これ等も利用候補として考えても良いでしょう。

こうして女性だけの応対でキャッシングローンが利用できるのは大変安心感があって良いのですが、返済が滞ると男性から電話があり返済を促すということが行われることが有ります。急に男性が対応するとドキッとしてしまいますが、この場合でも怖いお兄さん風の対応ではなく、あくまで紳士的な対応で接してくれるのが普通ですので、特に怖がる必要はありません。すぐに返済すれば大丈夫です。こういうことが嫌な場合には、返済を忘れないことが大切です。

いくら女性であっても借りたものは利息をつけて返すのが当然です。その辺に甘えを持ってはいけません。女性男性区別無く、たとえ1万円の融資であったとしても事前にしっかりした返済計画を立てる必要があることは言うまでもありません。しっかりした返済計画さえあれば、返済に困るような事態にはそうそう至るものではありません。しかし一回の融資が小額の場合には、安易な利用が多く、これを繰り返すことによって多重債務に陥ってしまうことも有ります。十分気をつけてください。

2006年に改正された貸金業法によればキャッシングローンであっても年収の3分の1までしか利用できません。収入の無い女性の場合、借りることが出来ない場合も有ります。困る時は、結婚している場合には例外規定を使ってご主人の了解により融資を受けることが出来ます。これ以外の場合は法律上融資は受けられませんので、『融資する』というような広告を出している所は違法業者の可能性が有り、近寄ってはいけません。

アルバイトでもキャッシングローンの利用は可能なのか

最近では雇用情勢の悪化で正社員ではなくアルバイトをしている人も珍しくなくなってきました。アルバイトの場合雇用の点から言って正社員に比べれば、大変不安定といわざるを得ませんので、キャッシングを申込む場合でも審査は不利になります。しかし完全に無理かというとそうでもありません。さすがに審査が厳しい銀行系のものは難しいかもしれませんが、金融機関側の判断にもよりますが消費者金融系であればわりと大手であっても審査が通る可能性は高いでしょう。

消費者金融の場合にはなるべく利用者を増やしていきたいという思惑があるため、アルバイトといえども収入があり、信用情報上も大きな問題が無ければ、審査を通す可能性が高いはずです。ただし改正貸金業法がありますので他社分も含めて既に年収の3分の1まで利用してしまっている場合にはそれ以上借りることは出来ませんから、審査は通りません。またアルバイトで収入があったとしてもそれが証明できなければやはり無理ですので、証明になる書類は保管しておくことが必要です。

アルバイトの場合に次に障害となるのは収入の安定性の問題です。同じ年収であっても、不定期に入ってくる場合よりも、毎月同じように入ってくるものの方が評価は高くなります。したがってアルバイトの場合年収を証明するものだけでなく、月々の収入を証明すようなものをを保管しておいて、必要があればそれを見せる事によって、審査が通り易くなることもあります。そこでアルバイトをしている間は、その時点では使い道が無くても給与明細などは保管しておくようにしてください。

毎月入金が有って金額的に安定していたとしても、収入額が低いような場合には、やはり審査は厳しいと考えておきましょう。場合によっては利用限度額を低く設定して審査を通すことも考えられますが、返済のことを考えると、最初からキャッシングの利用は見合わせたほうが良いでしょう。計算上は返済が可能かもしれませんが、実生活上は厳しいことが予想できます。結局さらに借入れを考えねばならなくなり、多重債務に陥る可能性も有ります。

アルバイトでは、ある程度以上の安定収入さえあれば審査は通ると思いますが、経済状況によってはその収入が将来的に続く保証は無いため、正社員の場合以上に様々な可能性を考慮した返済計画を立てる必要が有ります。返済期間中の収入予想と、ある程度の余裕を取って不測の事態にも対応できるようにしておくことが重要です。まずは借りなくて済む方法を考え、借りる場合であっても、厳しく自分をチェックして、返済の目処が立っている場合にのみ利用するようにしてください。

キャッシングを携帯端末で利用するときに注意しなければならないこと

キャッシングは世の中に便利なツールが出現すれが、すぐにそれに対応する利用方法が提供されるようになります。最初は暗いイメージの店舗の窓口で利用するしか有りませんでしたが、CDやATMが出現するとすぐにそれに対応し、インターネットが普及すると、ネットキャッシングと称してインターネット上からの利用方法を提供してきました。携帯電話などの携帯端末が普及してインターネットに接続できるようになると、ネットキャッシングの一環として携帯端末に対応するようにもなりました。

ただし、パソコンからにしろ携帯端末からにしろ、利用方法が増えただけで、商品の内容自体に大きな違いがあるわけでは有りません。携帯を使うからといって金利が有利になったり、特別な扱いがあったりするわけでも有りません。利用するためには同じように金融機関の審査があることも違いませんし、当然決められた限度額以内で利用する事になります。携帯の場合パソコンよりも持ち運びが容易ですから、家だけではなくどこからでも利用できるということが特徴になります。

しかしこの特徴は持ち運びがしやすい分、紛失もしやすいもので、携帯をなくしてしまった事があるという人も少なくは無いはずです。携帯端末自体は買い換えれば良いのですが、紛失した携帯端末から情報が漏洩してしまうこともあり、ネットキャッシングの情報も漏れる可能性が無いとは言えません。携帯端末を使う場合の管理はしっかりと行う必要が有ります。また携帯端末だけでは有りませんがネットキャッシングではなりすましの被害に遭う場合もあり、口座番号やパスワードの管理もしっかり行いましょう。

携帯端末を使う場合、パソコンを使う場合以上に手軽にキャッシングを使うことが出来てしまうため、利用に歯止めが掛からないような人も時々見受けられます。こうなると利用できる所を全て利用してしまい、多重債務に陥る可能性すらあります。便利なのは良いのですが、小額だからといって自分の返済能力を認識せず、しっかりとした返済計画も立てないような自己管理が出来ない人は、最初から手軽な方法での利用は避けておいたほうが良いでしょう。

携帯端末利用というか携帯電話を利用する金融機関にはもう1つ090金融というのが有ります。これは金融機関側の窓口が携帯電話になっている金融機関で、インターネットなどで『すぐ入金』などの誘い文句を見たことがあるかもしれません。これはほぼ闇金に間違いありませんので、誘い文句に乗ってはいけません。連絡をとることもしないようにしましょう。お金に困ってくるとこのように見るからに怪しい所にも手を出してしまうことがありますが、絶対に近付いてはいけないものです。

審査の可否を大きく左右する信用情報とはどのようなものか

金融機関がまだ銀行だけで個人の信用情報の管理が行われていない頃のお金の融資の可否は、借り手の職業や年収、担保の有無などによって行われていましたが、担保が無いような場合には必要なときにお金を借りることが出来ず、困る人も大勢いました。そこで無担保でも融資を行う消費者金融が登場して誰でもというわけでは有りませんが、今まで融資が受けられないような人でも融資を受けられるようになりました。しかし、当然問題も発生することになります。

もともと支払能力の確認が十分でないわけですから、当然返済が滞るような人も出てくることになります。このころ消費者金融はサラリーマン金融(通称サラ金)と呼ばれ、暴力団を利用した過酷な取立てが問題となり、幾多の悲劇も生まれていました。そんなこともあって、個人の信用情報を管理して審査の段階で信用情報に問題がある場合には、融資をしなかったり、法的な整備が進んだりして、次第に利用し易い環境が構築されることになります。

この信用情報には個人を特定する情報のほか、現在契約している融資契約内容情報、返済状況、キャッシング残高、延滞などの情報が登録されています。実際の審査ではこの情報と法律で規定された収入状況によって、融資の可否が審査されます。融資などがしっかり返済されて、延滞などが無ければ、信用力は上がり、審査も簡単に通りますが、虚偽の申告や延滞などがあると、当然審査は厳しいものになります。ですから入金し忘れて延滞などが発生すると信用は下がりますから十分気をつける必要が有ります。

日本における信用情報の管理機関は全国銀行協会が運営する全国銀行個人信用情報センター、クレジットカード会社、信用保証会社、ローン・リース会社、小売店、一部の消費者金融会社などが加盟するシー・アイ・シー、消費者金融会社や商工ローン会社が設立して様々な信用情報会社を吸収した日本信用情報機構があり、この3者の情報は通常は共有させませんが、問題情報が有る場合には一定期間クリン情報というものに登録されて共有できるようにすることが有ります。

キャッシングの申し込みに伴う審査でも当然これらの信用情報が参照され融資の可否を大きく左右することになります。年収が十分あったとしても、それまでのローンなどの返済に大きな問題が有る場合には融資を拒否されることがあります。この基準は金融機関ごとに異なりますので、A社では駄目でも、B社では通るということも有ります。どうしても融資が必要であれば何社か試してみてください。ただし審査が甘い場合、取立てなどが厳しい場合もあるので十分気をつける必要が有ります。

キャッシングの利用限度額はあなたの信用度で決まります

キャッシング商品の説明書には利用限度額が明示され、通常50万円から500万円の間で決められています。ただし、ここに明示された利用限度額はそのキャッシング商品の限度額であって、これがそのまま利用者に適用されるわけでは有りません。500万円の商品の審査に通ったからといって皆が皆500万円借りられるわけでは無いのです。利用者の利用限度額はこの商品の利用限度額以内で、利用者を審査することにより状況にあわせて利用者ごとに利用限度額が決められることになります。

たとえばAさんとBさんがいて同じ利用限度額500万円のキャッシング商品の利用申し込みをしたとしましょう。しかし実際にはAさんの利用限度額は100万円、Bさんの利用限度額は500万円となったとします。Bさんのことを知ればAさんとしては何でと疑問を抱くと思いますが、この金額は両者の信用情報や収入状況を判断して、金融機関が判断して決定した金額です。つまりAさんはBさんよりも信用が低かったということになります。

このように金融機関の審査の結果、決められた利用限度額は現在のあなたの信用度といっても良いでしょう。もっと信用力を付けたいということであれば、収入を増やす努力のほかに、キャッシングなどによって融資された融資をしっかり返済して、自分の力を金融機関に対して示すことが重要です。そのためには一回一回の返済もおろそかにせず、借り入れがどれほど小額でも、しっかりした返済計画をたて、必ず返済していくことが重要になります。

こうして徐々に信用力を増していく事によって、将来は商品の利用限度額まで借りられるようになるかもしれません。しかし、計画通りにいかず、返済が滞るようなことがあれば、それまで培ってきた信用も一気に崩れて、下手をすると信用情報にまで記載されてしまい、利用限度額アップが無理になるだけでなく、他社も含めてキャッシング商品自体が利用できなくなる恐れも出てきます。小額な融資でもしっかりした返済計画が必要なのはこのためです。

利用限度額が計画したものより小さい場合には、他社のものにも申込んでしまおうと考える人もいますが、まずは審査された範囲の利用限度額内で利用することをお勧めします。現在では法律により借り入れは全て合わせても前年の収入の3分の1までと決まっていますし、金融機関の専門家が審査して決めた利用限度額にはそれなりの意味があって、彼らは利用者の返済能力はここまでと判断したわけですから、それ以上借りれば自分の首を絞めることになりかねません。

海外で現金が必要になった場合には海外キャッシングが便利です

最近は誰でも海外旅行が出来るような時代になり、海外に行くこと自体珍しい事もなくなりました。このような時に買い物などの支払いは、余程辺鄙な所は別にして観光で行くような場所では、普通は現金ではなくクレジットカードを使いますので、問題は無いのですが、時として現金が必要になる場合があって、困った思いをした人もいるのではないでしょうか。このような時に利用できるのが、国際キャッシュカードや海外キャッシングと呼ばれるものです。

日本国内の感覚で言うと特に都市部ではちょっと歩けば取引銀行のATMや提携ATMを見つけることが出来ますが、海外では、どこでも取引銀行のATMが揃っているような環境が整っている訳はありません。したがって現地銀行のATMを利用しなければならず、通常の感覚からすると非常に高い手数料を取られることになります。こんな馬鹿らしい話は有りません。したがってこのような場合には国際キャッシュカードはあまりお勧めできません。

お勧めなのは、クレジットカードを使った海外キャッシングです。キャッシングですから当然利息はかかりますが、現地通貨が出てきますので、空港やホテルで扱う両替の手数料はかかりません。利用方法によっては国際キャッシュカードを利用するよりも、ずっとお得に利用できることになります。ただしこのキャッシングはクレジットカードのキャッシングローンであって。日本国内カードローンとは違いますので、その点注意してください。

このように海外ではクレジットカードが通常の支払いにもキャッシングにも利用できて大変便利に使えますので、まだ1枚も持っていないという人は、海外に行く前にぜひ1枚作っておくことを勧めます。作る場合には、現在では提携が進んでそれほどではありませんが、国内では便利だけれども、海外では加盟店が少なくて使いにくい場合も有りますので、事前に調べた上で、海外で通用するものを作っておくと良いのではないでしょうか。

日本では禁止されていますが、海外にはカジノがあって、ここで海外キャッシングを利用している人もいるかもしれません。カジノの利用を勧めることはできませんし、できれば近づかないほうが良いと考えますが、せっかくの機会ですからやってみようと考えるのも分かります。しかし海外キャッシングを利用してまで行うことでは有りません。持ち合わせの余裕の資金だけで楽しんだら、それで終わりにしておきましょう。深みに嵌ってキャッシング枠を使い切るというようなことの無いようにしてください。

学生だってお金は必要!学生が利用できるキャッシングローンはあるか

学生というのは将来社会の役に立つ事を目指して勉強するために学校に行っているわけで遊ぶお金ならともかく勉強や生活の維持のためにお金の苦労をさせるような社会はまだ成熟した社会とは言えません。残念ながら日本もまだそのような社会には至らないばかりか、バブル崩壊後には親の収入も減ってますますお金に困っている学生が増えつつあります。したがって時として学生でもキャッシングに頼らなければならないような事態に陥ることが有ります。

学生が利用できるキャッシングローンとしては、1つは利用者を学生に限定したキャッシングローンと、もう1つは学生でも利用できる通常のキャッシングローンがあります。学生限定の場合には、利用限度額や金利が低く抑えてあり、通常利用は学生の間だけですが、返済は卒業後になっても良い様な内容になっていて、学生にも使いやすい工夫がなされています。これらのキャッシングローンも利用方法は通常のものと違いは無いので、利用しようという学生は良く調べて自分に合ったものを選べば良いでしょう。

ただし改正貸金業法の規定によって1社50万円あるいは他社を合わせて100万円を超える融資を行う場合には、審査にでは年収を証明する書類を添付することが義務付けられて、この年収の3分の1を超える融資を原則として禁止することになったため、通常収入の無い学生の場合、複数の業者を合わせて100万円、通常はそう何社とも契約しませんから50万円までしか利用できなくなりました。ただ殆どの学生はこれだけの利用枠があれば、浪費癖でもない限り、それほど困ることはないでしょう。

もし遊興目的でお金が必要になっている場合には、この枠では足りなくなる可能性がありますが、そのような場合には借りることを考えるのではなく、アルバイトでもして自分で稼ぐことを考えましょう。勉学優先とは思いますが、自分で稼ぎ出したお金を何に使おうと自由です。遊びはお金を借りてまでするものでは有りませんが、自分で稼いだ範囲内で行う分にはまったく問題ありません。ギャンブルに嵌って抜け出せないような場合には、お金を借りに行くのではなく、心療内科に行きましょう。

学生だからといって、借りたお金は利息をつけてきっちり返済する必要が有ります。キャッシングする金額が小さいからといって、自分の返済能力を超えてまで借りてはいけません。したがって融資を受ける場合には一般の人と同じように、しっかりとした返済計画を立てて完済させることが必要です。収入が無く返済の目処も無い場合には、いくら小額でも借りてはいけません。

利息の知識が無ければキャッシングで損をする

キャッシングは年収から見るとかなり小額であるため、安易な気持ちになってしまい、多くの人が見落としがちになるのが利息です。利息とは元金の金額と返済までの期間によって決まり、通常年間に換算した借入金額に対する割合によって表される年利によって計算します。キャッシング商品には必ずこの年利が明記されていますので借りている人は確認してみてください。自分は1年も借りる予定はないという人も、通常は年利を元に借りた期間で利息が計算されます。

この年利から自分の利息を計算した人は一体どのくらいいるのでしょうか。おそらく金融機関が計算した月々の返済金額は確認したとしても、残念ながら利息を自分で計算してみた人はほとんどいないでしょう。しかしこれでは万が一過払いが発生していたとしても、その存在すら気付けないことになります。お金を借りるからには利息というものを理解し、万が一騙されたりしないように自己防衛ができるように勉強しておくことが必要です。

では例を用いて実際に利息を計算して見ましょう。分かり易くするため10万円を、年利10%で借りたとして30日で一括返済したと仮定します。年利ですから365日借りて10万円の10%ですから、利息は365日後には10万円×10%になります。借りたのは30日ですから、実際の利息は365日で割って一日分を計算し30日をかける事によって借りた期間の利息が計算できると言うことになります。したがって利息は次の計算式で求めることが出来ます。

    10万円(元金)×10%(年利)÷365日×30日=821.9…

そこでこの例の場合の利息は822円と計算できます。このため30日後の元利合計の返済金額は100,822円ということになります。さて今度は条件を替えて自分で計算してみてください。これで自分で利息の計算が出来るようになったはずです。利息の意味がわかったでしょうか。ここまで理解できたら、実際のキャッシング商品の条件を読んでも何を言っているのか意味が分からないということは無いと思います。

このようにして様々な金融商品の説明も理解できるはずです。ただし実際のキャッシング商品では、一定期間無利息となっているものがあり、こういう場合には計算に注意する必要が有ります。もしこの一定期間内に返済する計画があるのであれば、たとえ年利の高いキャッシング商品であっても、利息が掛からないということになりますので、単純に年利で比較してはいけません。借入れする場合には、各キャッシング商品の特徴も重要になります。

キャッシングローンの利用が難しいといわれる水商売の人の借り方

よく言われることに水商売の人はローンが組めないというものがあります。キャッシングローンの場合にもアルバイトなどと並んで実際に利用し難いのは本当ですが、だからといってまったく無理という話では有りません。条件さえ整えば水商売といえども審査に通ることは可能です。水商売は業種が違うだけでそこの従業員は毎月安定した収入があるわけですから、普通の会社員とそれほど違うわけでは有りませんが、問題は従業員ではなく勤務するお店のほうなのです。

水商売の場合、全国チェーン店でもなければ、通常の表現をすれば個人事業か小規模な会社ということになります。このような場合は普通でも、信用力は小さく審査に支障が出る場合がありますが、水商売では頻繁に店自体が閉店してしまったり、経営者が急に変ったり、逃げてしまったりという過去からの統計的実績があるため、大変信用力が小さく評価されています。したがって審査においては本人の情報の前に勤務先のお店の情報の時点で撥ねられてしまう場合が多いようです。

このためキャッシングローンの審査を通す条件としては、まず勤務先のお店が長期に渡って安定した経営状態にあることを証明する必要が有ります。歴史のある有名店であれば、わざわざ申込者が証明する必要は有りませんが、もし歴史は長いが知る人ぞ知るといったお店であれば、安定性を証明する書類を付けておけばまずは審査の第一関門を通すことができる可能性が高くなります。安定していても歴史が短かったり、歴史は長いが経営状態は安定していない場合には、難しいと思われます。

次に必要なのが、自分の収入を証明することです。源泉徴収票でも良いですし、確定申告の控え、収入証明書などでもよいですが、これだけでは駄目です。収入の安定性を証明するために月々の収入を証明するような書類、例えば給与明細などを準備しておくと良いでしょう。これがあれば一定以上の年収が有り月々も安定した収入があることを証明することが出来ます。したがってキャッシングを考えている場合にはこれらの書類を保管しておくことが必要になります。

最後に重要なのは利用者の信用情報にまずい記述が無いことです。以前借りたローンの返済が遅延してしまったとか、踏み倒したことがあるとかというような情報が残っている場合には、審査は通りません。以上3点がクリアされていれば、利用を断わる理由はありませんので、審査に通る可能性は高いです。1社駄目でも2社3社と申し込みを試してみてください。審査に通っても利用に当たっては十分注意して、以後の水商売の評価を下げることの無いようにしましょう。

<1 2 3 4 5 >