アコム

キャッシング商品の特徴を理解してあなたにとって有利なものを選ぼう

キャッシングは生活ツールとして大変便利で利用している人も多いと思いますが、利用の仕方によっては、自身の首を絞めかねない両刃の剣という面が有ります。利用する場合には通常考えれば、なるべく金利の低いものから選びたいと思いがちですが、商品の特徴を良く研究して、これを最大限利用するようにした場合、一見金利が高いように見えても、低いものよりも得になることもあります。キャッシング商品を選ぶ際にはこの特徴と自分の状態を良く考えた上で選びましょう。

例えば金利だけから見ると現状では銀行系のカードローンが最も低い設定なっています。したがって金利だけで考えれば、これを利用するのが最も得なように見えます。途中で一括返済とかを考えずに長期間毎月少しずつ返済していくことを考えている場合には、この銀行系カードローンが最も合った選択ではないかと考えられます。自分の取引の有る銀行のカードローンを利用してみてはいかがでしょうか。

ただしキャッシングはこのようなものばかりではありません。金利は銀行のカードローンよりも倍近くあったとしても、一定期間内に返済すれば無利子という商品もあります。ほとんどは1週間から1ヶ月以内というものですが、中には半年というものまであります。このような商品の場合、一括返済かあるいは期間内に何回かに分けてでも完済できるのであれば、金利が高かろうが、銀行で借りるよりもお得ということになります。ですから自分の返済計画に沿って一定期間無利子のものも候補にして良いでしょう

その他、利用ポイントが溜まったりキャッシング商品には様々な特徴を持つものが有ります。ゆっくり商品を選ぶ時間があるのであれば、まずは各商品の特徴を良く理解することから始めましょう。自分の返済計画に合ったものであれば、これらの特徴を最大限利用して最も自分にとってお得感の有る商品を選ぶようにしましょう。ただし、いくら得なものであっても、最も基本である本当に借りなければならないのかを良く考えて、借りなくて済むのであれば借りないというのことは忘れてはいけません。

このようにキャッシングを利用する場合には、最も目が行きがちな金利だけで安易な判断を下すのではなく、商品の特徴を理解して、実質的な金利や返済総額、その他の特典などを考慮しながら選んでください。またこれらを最も有効に利用するには、自分の返済能力というものを予め十分理解しておくことが必要です。返せる範囲で借りて、無理をしないことが最も良い利用方法ではないでしょうか。

キャッシング初心者の皆さん!お勧めはこれです

お金に困っているわけではないけど、給料日の前にはちょっとやりくりに困ることがあり、キャッシングローンを使ってみようかなと考えている人は大勢いるのではないでしょうか。自分に合ったものを選びなさいと言われても、実際にどうやって選んで良いのか分からないというキャッシング初心者にお勧めなのが銀行系キャッシングローンです。銀行系キャッシングローンはいわゆるカードローンと呼ばれ、銀行系と言うことで安心感がありますし、金利もキャッシングの中では最も低い部類に入ります。

カードローンは文字通りカードを使って、いつものようにキャッシュカードで預金を引き出す感覚でお手軽にATMから借り出すことができます。いつも利用しているキャッシュカードを使うもののほか、専用のカードを利用するものがあります。専用カードの場合には、預金口座を持っている必要もありません。銀行ということで担保や保証が必要ではと考える人がいますが保証は保証会社がおこなうので、カードローンでは原則として無担保、無保証で構いません。ただし審査は銀行と保証会社の両方に通る必要が有ります。

キャッシングローンの中では最も金利が低い部類に入りますので、返済計画さえしっかりしていれば、返済総額も少なくて済みます。ただし極短期間の借り入れの場合には無利息のキャッシングローンというものがあるので、そのような利用法を考えている人ではカードローンのほうが割高になることがあります。このため概してカードローンはお勧めといえますが、誰にでもというわけではないことは憶えておきましょう。返済計画を踏まえて注意することが必要です。

カードローンを利用する上で注意が必要なのは、キャッシュカード感覚で手軽に利用し、必要以上に借入れしてしまうことです。また返済が遅延した場合には、相手は銀行さんですのでたとえ1日であっても回収されることになり信用問題になりかねません。またカードを利用するため、他のカードと同じようにカードやパスワードの紛失や盗難には充分注意する必要があります。契約前には悪用された場合の補償についての規約を必ず確認しておくことが必要です。

最近はお金を借りることに対して抵抗感の無い時代になりましたが、カードローンなどのキャッシングはあまりにも手軽に利用できるため、一歩間違うと多重債務に陥りかねません。場合によってはカードローンから始まって終には闇金に手を出さなければならなくなってしまうこともあるのです。いくら銀行系キャッシングローンで金利が低いと言ってもしっかりした返済計画は必ず必要なのだということは憶えておいてください。

貸出以外にも充実したサービスが用意されているアコムのキャッシング

キャッシングローンは基本的には貸し出しをして、期日までに返済してもらうというのが基本的なサービスになりますが、アコムの場合にはそれに付随して様々なサービスを利用することが出来ます。利用者はこれ等のサービスを返済時に間違いが起きないようにするために利用することが出来ます。中には予め登録しておく必要のあるものもあるので、審査が通ったら利用しそうなものについて情報を登録しておきましょう。

まず利用者の多いサービスとしては振込みキャッシングです。申込むと登録してある口座に振り込んでもらえる便利なサービスですので当面使う予定が無くても一応登録しておきましょう。振り込みキャッシングは電話あるいはインターネットから振込み依頼をすると、最短1分で振り込んでくれます。ただし申込み時間により違いますから、振込み時間にについては予め確認しておく必要が有ります。現在では携帯電話やスマートフォンが普及してきていますので、どこからでも申込むことが出来て大変便利です。

今後利用者が急増していくのではないかと考えられるのがインターネット返済です。Pay-easy(ペイジー)というサービスを使って24時間いつでも返済することが出来ます。これが使えれば携帯電話やスマートフォンによっていつでもどこからでも返済できます。ATMが無いような場所でも慌てることは有りません。Pay-easy(ペイジー)に加入しなければならないのもちょっと面倒なのですが、一度加入してしまえば良いわけですから、出張などが多い人は利用してみてはいかがでしょうか。

忘れっぽい人にはeメールサービスを勧めます。予め登録しておくと返済期日前や返済期日にメールで教えてくれますし、カードの有効期限もメールで知らせてくれます。返済に口座振替を利用している人は、期限までに口座に入金できなければ信用情報にも影響が出てきますので、入金に支障を来さないためにも登録しておくことを勧めます。ただし忘れっぽい人はそもそも口座振替は向いていないかもしれませんのでこのeメールサービスとインターネット返済を利用してメールが来たら自分で振り込むほうが確実です。

この他、残高の照会や利用明細の照会などのサービスが提供されています。さらにキャッシングローンとは直接関係有りませんがロードサービスやレストラン、ホテル、レジャー施設などの割引サービスが行われています。せっかくのサービスですので利用できるものは最大限利用することにしましょう。利用方法はパンフレットやホームページで予め確認しておくことが必要です。くれぐれも間違った使い方をしないように注意しましょう。

利用してはいけないクレジットカードのショッピング枠の現金化

クレジットカードには通常買い物に利用するショッピング枠とお金を借りるためのキャッシング枠がついています。キャッシング枠には利用者それぞれに利用限度額が設定されそれ以上借りることは出来ません。ところがクレジットカードでお金を作る方法がもう1つあります。それはもう1つの枠であるショッピング枠を利用するものです。ただしこれはクレジットカード会社の提供するサービスでは有りません。それどころかクレジットカード会社はそのような利用方法を認めていません。

このシャッピング枠の現金化の仕掛けですが、利用者はこの現金化を提供する業者に依頼すると例えば10万円のシャッピング枠があるクレジットカードだとすると利用者に10万円の買い物をさせます。実際に商品も送られてきますが、これだダミーで価値の無いものです。このとき利用者にはキャッシュバックと称し9万円が渡されます。つまり利用者は10万円お買い物をして9万円の現金を手にするわけです。このあと業者はクレジットカード会社から売り上げに当たる10万円を受け取り1万円の利益を得ます。

利用者はショッピングの費用としてクレジットカード会社に対して、10万円を支払うことになります。つまりこの例では9万円借りて1万円利息をつけて返済したのと同じ事になります。この他にも手口がありますが、いずれの業者も法令上問題がないと主張しています。今後いろいろと規制が強くなれば、利用者がいる限り、業者側も様々な方法を考えて、いたちごっこになってしまうでしょう。

クレジットカード会社のほうの対抗策としては、このような利用方法が発覚した場合にはそのクレジットカードの利用を停止すると言う方法が取られています。なかなか有効な手立てが見つかりませんが、利用者のほうもトラブルに合うケースも有ります。たとえば商品の購入をしたあと現金が入金されないとか、解約しようとしても出来ないとかです。したがって理由の如何を問わずこのような業者に近づいてはいけません。要するに騙されてしまっていると言うことです。

たとえお金に困ったとしても、この方法ではいずれ近いうちに馬鹿高い利息に当たるものと共に返済しなければいけません。しかもこの場合利息と言っても品物の料金ですから、いくらでも言い逃れが出来て、上限金利による規制も受けることが有りません。クレジットカードを利用するときは利用者の責任としてシャッピング枠はショッピング以外に利用すると言うようなことを考えてはいけません。正しい使い方で有効に利用してください。

ここに注意!キャッシングローンはこうして申込む

キャッシングローンについていろいろと調査して利用するものを決めたら、先ず必要になるのは申し込みをしてキャッシングローンが使えるようにすることです。どの金融機関でも同じですが、申し込みをするとその金融機関の基準に照らして、審査が実施されます。この審査が通らなければキャッシングローンの利用は出来ません。したがって、申し込みの書類などにいい加減な記述をすると、どの金融機関でも利用を拒否されることになります。

先ず申込み書類の前に、法的に利用できるか確認しましょう。改正貸金業法では、原則として年収の3分の1までしか借入が出来ないことになっています。これは金融機関1社の話ではなくて借入している金融機関全社合わせてということになっていて総量規制といわれています。この基準を満たせない人、つまり既に借り入れがこの枠一杯近くになっている人は、合法的な金融機関では借りることは出来ません。かといって闇金に行くということではなくて、債務整理など別な方法を考えるときです。

法的には問題が無いという人は、収入証明など申し込みに必要な書類を確認します。会社員であれば年収に加え、月々の収入も安定していますので問題は無いのですが、派遣やパート、アルバイトの場合には年収はあったとしても月々の収入が安定していない場合も考えられますので、月々の収入を証明する書類を準備しておく必要があり、給与明細などを残しておくと良いでしょう。給与が安定していない場合には、審査を通すのは難しくなります。

次に信用情報についてですが、現在までの借入れに対する返済が滞ったことがあったり、今現在実際に滞っているような場合には審査の障害になりますので、とにかく滞っているものは返済しておきましょう。ただし滞ったという記録は残りますから、金融機関の判断によっては難しいかもしれません。実際の信用情報にはいろいろな情報が入っていますので、何が問題にされるかは分かりません。まずは大きな問題は解決しておいてください。

次に申込書への記入ですが、当然ですがこの内容と添付した書類の内容が矛盾しているような場合には、審査で問題になりますから、矛盾が無いかどうか良く確認しておく必要が有ります。また店舗で申し込みをするような場合には、その場で審査してくれますので、いろいろと聞かれることが有ります。この場合も提出した書類と言っていることに違いがあったら問題になりますから。予め提出書類の内容について憶えておくことが必要です。

返済が遅延しそうな場合には信用情報に傷がつかないように注意しよう

キャッシングローンではそれほど大きな金額を借りることは少ないため、短期に返済してしまう人もいますが、多くの人の場合は、自分の返済能力を考えて月々少しずつ返済している場合が多いはずです。このような返済の場合、返済は比較的長期に渡ることが普通ですが、長期になればなるほど、時として物入りの月があったりして、余裕資金がなくなってしまい、返済に回す資金が足りなくなることが有ります。こうした場合にはどうすれば良いのでしょうか。

返済が出来ない場合、消費者金融が共通して使っている信用情報に記載されることになり、これが傷となってブラックと判定されることになる可能性もあります。しかし金融機関も返済中たまにはこういうことがあるということは分かっていますので、いきなり昔のような怖いお兄さんが取り立てに来るというようなことはありません。ただし、利用者のほうも誠意を見せるためには、返済が難しいと分かった時点ですぐに窓口に相談に行くか、少なくとも電話連絡して以後の対処方法を確認してください。

キャッシングローンによってはそういう時のための対応が組み込まれているものもあります。返済できない場合には、利用者の申告によって一時的に返済額を減額するというものです。キャッシングローンを利用している人は自分のキャッシングローンはどうなっているか確認してみてください。ただしこの場合でも、最低限利息分だけは返済することが条件になります。返済が難しい場合にはすぐに金融機関に連絡して減額の手続きをとりましょう。

絶対にしてはいけないのは、金融機関に対して何も連絡を取らないことです。金融機関側から見れば踏み倒して逃げたと思われてもしょうがありません。返済できないのだから同じことだろうと考える人もいるかと思いますが、闇金ならいざしらず普通の金融機関なら話を聞いてくれますので窮状を訴えて、減額などが組み込まれていなかったとしても、利息分だけ払うことで待ってくれることも考えられます。連絡も取らずにいると、怖い人ではないですが回収担当の人が来ることになります。

決められた額の返済が出来ない場合には信用情報に記載されることになりますが、予め連絡を取って対処した場合にはそれほどひどいことは書かれない筈です。しかし無視しているような場合には、それこそ以後ブラックと判断されるような信用情報の傷として残る内容が記載されることになるでしょう。ですから、今後の事も考えて、無視するようなことが無い様にしてください。

総量規制で今後のキャッシングはどうなる?知っておこう賃金業法の話

消費者金融業界を規制・管理するための法律として貸金業法がありましたが、従来この業界では利息制限法の上限金利を越える金利を設定していたり、甘い審査によって貸し出しを受け返済に窮する場合や、苛酷な取立てなどの問題が噴出していました。これ等を受け利用者を保護する内容を含む規制を強化した改正貸金業法が2006年に成立しました。この改正には、上限金利を利息制限法に合わせることや、年収を基に融資金額の上限を決めることなどが含まれています。

総量規制とは過剰貸付けの抑制のことで、法律の規定の要点は、1社50万円あるいは他社を合わせて100万円の超える融資を行う場合には、審査に当たって年収を証明する書類を添付することが義務付けられて、この年収の3分の1を超える融資を原則として禁止しています。したがって収入がない場合には審査が通ったとしても最大100万円までしか融資を受けることは出来ませんキャッシングだけであればこれでも枠としては大きいですが、他にローンなどを組んでいる場合には審査は通らない可能性も有ります。

問題なのは従来は借りられていた専業主婦や学生など収入が殆ど無い人は、状況によっては融資が受けられないこともありうることです。専業主婦の場合のは、ご主人の了解があれば融資は受けられますが、内緒でこっそり利用していたような場合には、利用が難しくなります。ただし、本来は何か特別な理由が無い限り、収入が無ければ返済計画は立てられないため、そういう人に対して融資するというのは、そもそも間違いで、正常な形になったと考えるべきです。

法律では、段階的な返済のための借り換え、医療費の緊急貸付け、前記の配偶者貸し付け(この場合夫婦合算で3分の1まで)、個人事業主の事業資金貸し付け、預金のある金融機関からの融資が実行されるまでのつなぎ資金の貸し付けが例外規定として決められています。もしこれ等に該当する場合には、それを証明する書類を添付するなどで融資が受けられるようになりますので、このような場合には、予め利用する金融機関で確認をしてみてください。

この総量規制は、ある意味両刃の剣の面があり、きっちり守られれば、健全な経済活動といえますが、これをかいくぐってでも融資を受けたいというような人も存在するため、これ等の人は違法な金融機関に流れざるを得なくなってきます。要するに闇金を頼るようになり、結局自己破産するしかないような状態に追い込まれることも無いとは言えません。このような場合には公的機関で相談するなどの方法をとり、間違っても闇金に頼るようなことはしてはいけません。

利用中に困らないように消費者金融のことを良く知ることから始めよう

現在では消費者金融という呼称が一般的ですが、以前は主にサラリーマンをターゲットにしていた関係でサラリーマン金融(通称サラ金)などと呼ばれていた時期があり、この時期に高金利の悪徳業者なども多かった関係で、消費者金融に対して未だに暗く悪いイメージを抱いている人も少なくありません。しかし現在では法整備もあり堅実な業者が増えて日本人のうち10人に1人は利用しているとされるまでに成長してきました。今後もこの傾向は変らないと思われます。

以前は金融機関といえば銀行や信用金庫などしか有りませんでしたが、戦後は産業の復興に力を入れていたため、なかなか個人がお金を借りるのは難しい状態が続いていました。個人への融資が始まっても担保や保障などの条件が厳しくこれを確保することはなかなかできるものではありませんでした。そこで1950年代後半になって登場してきたのが消費者金融です。当初は法整備も進んでおらず、高金利で強引な取立てなども行われることが多かったため社会問題化することも少なく有りませんでした。

1970年代には前記のようにサラリーマン金融と呼ばれていましたが、体質は相変わらずで、返済に窮するとサラ金地獄といわれるような厳しい取り立ても行われていました。このため、法整備が進んで、上限金利が決められるようになりました。多くの消費者金融ではこの上限金利内で貸付が行われるようになりましたが、違法ですがこれに従わず相変わらず高金利で貸し付ける業者も残り、これ等を闇金と呼ぶようになりました。闇金では現在でも以前のような取立ても行われることがあります。

消費者金融が現在のように成長してきたのは、バブル崩壊で経済的に行き詰ってしまった家庭が増えたことがきっかけとなりました。その後も、業界の努力もあり、以前のような暗いイメージの店舗ではなくきれいで女性でも入りやすい店舗になったことや、TVコマーシャルでのやわらかいイメージ作り、自動契約機の設置、女性による対応などで、利用環境を整備したことなどにより成長を続けています。

現在では大手の消費者金融業者は大手銀行と提携するなど、健全な業務を行い安心して利用できるようになって来ましたが、中小の業者の中には、まだまだサラ金の頃の体質を引きずっている所もあり、厳しい取立てが行われるようなところも有ります。大手では審査に通ることが難しいような人は、徐々に審査の甘い業者に移るようになりますが、闇金とは言いませんが安易に利用するにはリスクの高い業者はまだまだあるということを憶えておきましょう。

Web上の情報は玉石混交!キャッシングでは判断に気をつけましょう

インターネットの発達で何をするにも、事前にインターネットで情報を集めてから行う人が増えています。以前に比べ事前に調査が出来て大変便利になったのですが、インターネットの利用においては、このようなプラス面ばかりではないということを理解している人は意外に少ないようです。インターネットは場合によっては、犯罪にも利用される怖いツールにもなり得るということを、理解しなければ痛い目に会うことがあることを忘れてはいけません。

インターネットというのは科学者仲間で使っていたものが、軍事技術と結びついて当初はその道の専門家しか使っていませんでしたので、上げられている情報は信頼性の高いものでした。しかし一般の利用が進み商業利用が増加してくると、販売促進の良いツールとしての利用が増え、上げられている情報は、商業的に都合が良い様に加工することが普通になってしまいました。これはキャッシングローンについても言える事で、インターネット上の情報を鵜呑みにしてはいけません。

例えば、キャッシングローンの利用者数を基にした人気ランキングを表示しているWebサイトは沢山ありますが、普通に考えればランキングですから同じにならないとおかしいですよね、しかしまったく同じランキングというものはそうそうありません。使っているデータの問題かもしれませんが、このうちのいくつかは、特定のキャッシングローンを注目させるために作られている可能性があります。つまり、人為的に特定なものに誘導しているわけです。

また利用者の多いキャッシングローンには多くの口コミ掲示板が用意されていて、利用に当たっての自分の体験談などがアップされています。しかしここにもやはりなりすましがいて、例えばそのキャッシングローンに悪い印象を与え、別なものに誘導しようとしていることもあります。また、こういったキャッシング関係の掲示板には、『すぐに振込』などの誘い文句で別サイトにリンクしているものがありますが、これは多くの場合闇金です。

このように少し見ただけでもインターネットには落とし穴が沢山有ります。しかしもちろん有用な情報もありますので、要はインターネットを使う場合には、その情報が信頼できるものかできないものか、自分の目で判断できなければなりません。そういう目を養わなければ、いつか痛い目にあうことにもなりかねないということを憶えておきましょう。その場合にはしっかりした判断が下せなかった自分にも責任の一端は有るという事になります。

誰でも通るような審査の甘い消費者金融は要注意です

金融機関が融資の申込に対して審査を行うのは、貸したお金がきちっと返済してもらえるかということを判断するためです。したがって審査が厳しければ厳しいほど、それに通った借り手の返済能力は高いと考えられます。したがって金融機関の頂上に位置すると言って良い大手都市銀行は非常に審査が厳しいわけです。しかし逆に考えると審査が厳しければ厳しいほど、利用できる信用力を持つ人は少なくなるり、金融機関の経営に影響が出ることになります。

特に有名ではない小規模な消費者金融などの場合には、あまり審査を厳しくすると利用者がいなくなってつぶれてしまうことになります。このためこういうところはある程度審査を緩める必要が有ります。しかし、審査を緩めると今度は信用力に問題がある人が借り手になる可能性が出てきます。これで貸し出した場合、返済できなくなってやはり経営に問題が出ることになります。そこでこういう場合に登場してくるのが取り立て屋です。

消費者金融がまだサラリーマン金融といっていた時期には、多くの場合暴力団と繋がっていました。そしていよいよ返済が出来ない利用者が出てくると、この債権を暴力団に多少安くして売ります。多少安くなっても回収できないよりはましです。暴力団は利用者から何としてでも債権分を回収して、差額が利益になる事になります。したがって暴力団は何としても回収するわけです。どんな手段を使うかは想像してください。借り手は生きた心地はしないでしょう。

現在では多くの消費者金融は暴力団と手を切っていますが、審査が甘い所には、こういう手段がまだ残っている場合があります。そもそも信用力が低く返せそうに無い人にまで貸しているのですから、経営していくためには止むを得ないと考えているか、そもそも経営母体が実は暴力団だとか、とにかくいったん返せないとなったら、怖い思いをする可能性が高いわけです。したがって、審査の甘い消費者金融には気をつける必要が有ります。

多重債務になってくると、審査の厳しいと所から借りることが出来なくなって行くため、徐々に審査の甘い消費者金融に行かざるを得なくなります。そして前記のような暴力団と付き合いのあるようなところに行って、更に進むともう闇金しか貸してくれなくなり、地獄を見ることになります。そうなる前に、ある程度多重債務になってしまった段階で、公的機関で相談したり、弁護士に債務整理を頼んだりする手段を取って、場合によっては自己破産で切り抜けることも考えてください。

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 >