アコム

借入には返済計画の立案が必須!小額の場合も例外ではありません

キャッシングローンで一気に100万円も借りる人は稀で、通常の使い方では多くても数万円です。したがって、返済も安定した収入があれば難しくないと考える人が殆どでしょう。しかし良く考えてみてください。キャッシングを使う時点で要するに収入が足りなくなったということです。ですから返済中にも同じことが起こらないという保証は有りません。収入が足りないということになれば、返済にも支障を来すことになってしまいます。

そこでそういうことにならないためにも、借り入れが非常に小額であったとしても、返済計画というものが必ず必要になります。消費者金融のホームページを見ると返済シミュレーションというようなものが用意されていることがありますが、これは使ってみると分かりますが借入額と返済期間を入力して月々の返済額を計算してくれるものです。しかしこれは単なる計算であってシミュレーションではありません。計算したからといって返済計画が完了したと思うのは早計です。

返済計画というのはこの月々の返済額だけでは立てることが出来ません。先ずは毎月の自分の収入と支出を列挙する事が必要です。これが分かれば、収入から支出を差し引いた残りが月々に利用できる資金ということになります。これを返済期間中の月ごとに予想する必要が有ります。出来れば前年を参考にして季節的な変動を加味し、また想定外の出費にも有る程度対応できるように少し余裕をもたせることが必要です。こうして計算した利用可能な資金が全ての月で返済金額を上回っている必要が有ります。

もちろんボーナスを加味したり、資金が不足する月にはそれを預金などから補填することが出来れば、それも返済計画に盛り込みます。こうして返済に支障が出ないことを確かめることが本来の返済シミュレーションです。この返済シミュレーションを纏めて返済計画とします。もし返済シミュレーションでどうしても返済に問題が残る場合には、借り入れ金額を見直したり、返済期間を長くするなどの調整をするか、借り入れ自体を見合わせることが必要になります。

この返済計画は出来れば一人で行うのではなくて、配偶者の人とか家族とかで良いので一緒に検証してみることが重要です。自分だけで行うとどうしても自分の考え方に固執することがあり、自分の都合の良い様に解釈してしまう場合が多くなります。他の人に見てもらう事によってそれらを排除することが出来るでしょう。思うようにいかないからといっていい加減に終わってしまってはいけません。思うように行かないということはまだそこには問題が潜んでいる可能性があります。少しずつ改善して良い返済計画にして下さい。

申込み方法は何でも有り?利用し易いアコムのキャッシングローン

消費者金融はいくら親しみ易くなったからといって、初心者にとっては申込の敷居はやはり高いものが有ります。そこで多くの消費者金融では様々な方法を用意してこの敷居を何とか低くすることを試みています。アコムでも新しいメディアが出来る度にいち早くそれに対応して、多くの人が自分の使いやすい方法で申込が出来るように工夫しています。融資を受けたいと思う利用者には必ず使いやすい方法が有りますから、利用を躊躇う必要は有りません。

まず基本的なところでは店舗に行って窓口で申し込みを行うことです。この場合最短では30分程度で審査を終了してカードを発行してもらうことが出来ます。もちろん審査が難航するような人はそれなりに時間がかかることになります。この他店舗には自動契約機(むじんくん)が設置されていますので対人が苦手な人はこれを利用することが出来ます。ただし審査は窓口と同じ手順で行われますので、時間的にはそれほどの違いは有りません。

店舗まで行きたくない場合や、近くに店舗が無い場合には郵送での申し込みにも対応しています。もちろん郵送ですからそれなりの時間がかかります。郵送後審査を行って結果は担当者が個人名の電話で連絡してくれます。個人名ですから他の人が出てしまってもアコムに申込んだということは分かりません。また電話による申し込みも可能です。電話ではその場で担当者とのやり取りを行って簡易審査を行います。この後書類を送ってカードの発行ということになります。もちろん電話で虚偽を申告してはいけません。

最近利用者が増加しているのがインターネット経由の申し込みです。パソコンでも携帯電話・スマートフォンでも利用できるようになっていて、申込み手続き後、書類をアップロード・FAX・郵送などで送って審査を受けると、結果はメールで知らせてくれます。この方法を利用すると、担当者との電話のやり取りも必要が無いため、大変お手軽に利用できます。対人が苦手でパソコンあるいは携帯電話・スマートフォンに精通している人には大変便利です。

従来は申込み用紙などは店舗に取りに行く必要がありましたが、最近ではこれもインターネットであればダウンロードも出来ますし、コンビニで取り出せるようなサービスも始まりましたので、どうしても店舗に行くのは嫌だという人でも申し込みに困るようなことは有りませんから、考えている以上に申し込みの敷居は低くなっていると言って良いでしょう。ただし敷居が低いからといっても節度のある利用を心掛ける必要は今も変っていませんから注意してください。

キャッシングローンをギャンブルに注ぎ込むのは絶対に止めましょう

キャッシングローンは大変利用し易いもので、用途も定められていないので何に使おうと問題は無いのですが、普通に考えれば生活費に余裕が無いようなときにちょっとしたつなぎとして使うというのが一般的でしょう。たまのレジャーなどに利用する場合も考えられます。しかし、中にはギャンブルに使うためにこのキャッシングローンを利用するという人もいてそれが社会問題化するようなこともあります。はっきり言ってあきれたものです。

最も特徴的な事例が主婦のパチンコ依存症です。これは特に専業主婦が、日頃のストレスを発散するためなどの理由で、パチンコにのめり込み、自己資金が無くなって、キャッシングローンに手を出し、借金が膨らんで自分ではどうにもならなくなってしまうというものです。以前はこのために身を持ち崩す人が多数出ることになってしまい社会問題化することになったこともあります。これが引き金になって、改正貸金業法によって年収の3分の1までしか借りられないという既定が設けられ、収入の無い専業主婦の借入を抑制することになりました。

ただ専業主婦に限らず、公営ギャンブルを中心に多くの人がキャッシングローンで借入したお金で一攫千金を狙い、実際には窮地に追い込まれてしまう人が多数存在します。こういう人は自分だけでなく、影では家族も一緒に大変な迷惑を蒙っていることを忘れないようにして欲しいものです。ただしパチンコ依存症をはじめとした、これらのギャンブル依存症とでも呼べそうな人たちは、自分だけでは立ち直るのは難しいということを家族も知っておく必要が有ります。

このようなギャンブル依存症に陥ってしまった人は、一種の病気と捉えることが出来ます。自分ではどうしようもなく、ただただギャンブルを続けてしまう。ただし自分ではなかなかそのことを病気と捉えることが出来きないため、家族や身近の人はそういう症状を見つけた場合は、すぐに当人を説得して診療内科を受診することを勧めます。自分の病気を認めたくない場合にはかなり抵抗されるかもしれませんが、止めさせるためには必要なことです。

ギャンブルというのは統計的に言って、一時は儲かったとしても、続けていけば必ず失敗します。ですからそもそも勝敗は関係なく単なる遊びと考える人以外は、行ってはいけないのです。依存症までは行っていないが、ギャンブル好きな人は理性の働いている間に、そのことをよく理解して、止められるうちに止めてしまいましょう。ギャンブルに注ぐお金をもっと他の有意義なことに役立てることを考えてください。

借入額が次第に増加していく場合は生活水準が合っていません

キャッシングローンなどが無く、お金を借りることが今ほど簡単ではない時代には、自分の生活は収入に見合った生活をするより他ありませんでした。またそのころの社会は、まだ貧しかったため、生活水準が高かかろうが、低かろうがあまり気にするようなことは有りませんでした。しかし高度成長期を経て社会全体が貧しさから抜け出してくると、低い生活水準の人を蔑視するような風潮がいつの間にか出来てしまい、外面的に生活水準を高く見せようという人も増えてきました。

要するに見栄を張って無理をしている人がいるわけです。この頃になると、消費者金融という業界が出来て比較的容易にお金を借りることが出来るようになったため、このような人も、比較的高い生活水準をある程度は保つことが出来るようになりました。しかし、このような場合、もともと無理の上に成り立っているものですから、遅い早いの違いはありますが、いつかは破綻することになります。借入額が次第に膨らむというのはこのような場合に該当します。

自分の借入額を見て下さい。次第に借入額が増えている場合には要注意です。借入額が借入限度額に達したときどうするつもりですか。他のキャッシングローンを使うのでしょうか、それらのキャッシングローンの借り入れ総額が年収の3分の1に達したときどうしますか。もうそれ以上、まっとうな金融機関からは借りることが出来なくなりますよ。さてどうしますか、闇金を使いますか、そこまで行くともう返済が難しいことも自分で分かるでしょう。

そういうことにならないためには、今のうちに借入額が減少に転ずるような方法を講じることです。それにはまず何にそんなにお金を使っているのか正確に把握する必要が有ります。全ての支出を洗い出して何にいくら使っているのか分かるようにしてください。それから、不要不急のものは生活から排除し、それでも足りないときは、生活水準を維持することを諦めて、レベルを落とすことを考えましょう。収入と支出が釣り合った所が自分に合った生活水準ということになります。

最近日本は成熟した先進国となり、外の目などを気にせず、このような見栄で生活している人は徐々に少なくなって来ています。多くの人は自分に見合った生活が楽しめるようになって来ました。しかし、現在に至ってもまだまだ競争意識が高く見栄を張りたがる人も大勢います。そのような人は、そうではない人から見て、逆に嘲笑の対象になっていることを覚えておきましょう。もっと自分の生活を大切にすることを考えてください。

ブラック判定は金融機関によって様々!すぐに諦めてはいけません

キャッシングローンをはじめ各種ローンなどの契約額や、返済状況、返済に支障が出る事故情報などを記録した信用情報は、新たなキャッシングローンの申込み時の審査などに利用されます。この情報内の内容によっては融資不適格(いわゆるブラック)と判定され、キャッシングローンをはじめ様々なローンを利用することが出来ません。とくに注目されるのが事故情報で、返済期限になっても返済していなかったりした事がある場合に記録されます。

ただし信用情報の中にブラックリストのようなものがあるのではなく、あくまでその人がブラックか否かを判定するのは、その情報を解釈する金融機関側の判断です。したがって例えば審査の厳しい銀行系のキャッシングローンではブラックの判定であっても、消費者金融系のキャッシングローンでは審査を通る可能性はあります。ただし審査が甘くなるにしたがって金利が上がったり、取立てが厳しかったり徐々に怖い業者になる傾向が有ります。

それでも駄目な場合には、まっとうな業者ではもはや無理で、貸してくれるのは闇金しかないという状態になります。もちろんそんなところから借りてはいけません。先ず考えなければいけないのはなぜ自分がブラックになるに至ったのかということです。最初からブラックになろうなどと考えている人はもちろんいませんから、なりたくてなったわけではないはずです。殆どの場合には以前借りたローンの返済計画が杜撰で、途中で破綻してしまったというものです。

そこまで至ってさらに借りようというのは、かなり虫のいい話といわざるを得ません、まずは自分の信用を回復することを優先しなければなりません。それまでの間は新たなローンを組むことなど考えず、収入に見合った生活レベルまで落としてしっかり働いて収入を増やし少しずつ生活レベルを向上させていけば良いのです。地道に頑張れば5年後、10年後には信用力も回復してくるでしょう。そうなる頃にはローンを必要としないような生活が出来るようになるかもしれません。

ブラックになってしまうと狡賢い人は結婚や養子縁組をして名前を替え、新たなローンを組むというようなことを行う人がいますが、これは犯罪まがいの行為であって、そもそもこうやってローンを組んだとしても、自分の生活習慣自体が変らなければ、近い将来またブラックに陥る可能性が高い筈です。したがってこのような方法は一時的な逃げ手であって根本的な解決にはならないということを覚えておきましょう。

怖いお兄さんが来てしまったら遠慮なく警察に行きましょう

キャッシングローンの借りすぎなどで返済が出来なくなると、金融機関側ではその債権を不良債権として不良債権回収部門が動き出すことになります。まっとうな消費者金融業者では昔のような怖いお兄さんを動員して厳しい取立てをするようなことは有りませんが、このような取立てが完全に根絶されたわけでもありません。業者によっては裏世界と通じている場合も有りますし、まっとう業者を装いながら実は経営実態は暴力団だったりする場合もあります。

以前は厳しい取立ては消費者金融の常套手段のように考えられていた時期があり、その頃の体質を引きずっている業者は沢山ありました。しかし改正貸金業法により夜間および日中の厳しい取立ての規制が盛り込まれたため、表向きこのような取立ては行えなくなり、通常は怖い目つきの人ではありますがあくまで紳士的な対応が取られるようになりました。したがってまっとうな業者の名前を使っている限り従来のような怖いお兄さんが来ることは有りません。ただし債務者としては怖く感じるかもしれません。

しかしまっとうを装っているような業者の場合はこれでは済みません。このような業者ははじめからまっとうでない業者つまり闇金などに不良債権を多少安い値段で売るところが有ります。ちょっと損をすることになりますが回収できないよりはずっとましと言う訳です。そこで闇金はいつもの怖いお兄さんを登場させて回収させて利益を得るということになります。ここでは、臓器を売れだの生命保険で払えなど、常軌を逸した要求をされることがあります。

しかしこのような取立ては当然改正貸金業法違反になりますから、遠慮することは有りません。すぐに警察に相談して取り締まってもらってください。頻繁に拠点を変える業者も居ますから、できるだけ早く相談するのが良いでしょう。きびしい取立てというのがどの程度のものを指すのか難しいところですが、とにかく自分が恐怖を感じたら、相談してよいはずです。もたもたしていると怖い取立てが続いて、地獄を味わうことになります。

ただし、警察にお願いするのは良いのですが、そうなった原因は自分にあることを忘れてはいけません。そもそもキャッシングローンが返済できなくなったということはそもそも返済計画が無かったか返済計画に問題が有ったということです。ですから自分自身も充分反省する必要が有ります。一件落着したら、またまた借金をし始めたというようなことが無いように必要なら性格自体を変えるくらいの気持ちでやり直して欲しいと考えます。

キャッシングで自動引落しによる返済を選んではいけない人

キャッシングローンを選ぶ際に何を気にしますか、たぶん金利と答える人が多いと思います。もちろん金利は重要なポイントですが、金利以外にも様々なポイントを挙げる人がいると思います。しかし返済方法をポイントとして挙げる人は殆どいないのではないでしょうか。大概の人はローンを考えるときはとにかく借りることを重点的に考えているので無理は無いのですが、返済方法をミスると信用情報に傷が付くことさえ考えられる重要なポイントなのです。

キャッシングの返済方法としては当然ながら金融機関の窓口で返済する窓口返済、借入先金融機関のATM、借入先金融機関と提携する銀行等のATMあるいはCD、コンビニエンスストア、インターネットなどを使った金融機関の指定口座への振込、そして最も利用者が多いと言われる自分の口座からの自動引落しによる返済方法などがあります。これら様々な方法は金融機関によって有ったり、無かったりします。したがって金融機関によっては返済方法が限定されることになります。

さて問題なのは自分の口座からの自動引落しです。この方式は殆ど全てのキャッシングローンで利用できますし、これだけと言う場合も有ります。これは忘れていても引き落とされるため、一見大変便利に見えますが、じつは落とし穴が有ります。要するに残高不足です。公共料金などで時々経験すると思いますが、同じことがキャッシングの返済でも起こるわけです。キャッシングの返済で延滞が発生すると、悪くすると信用情報に記載されてしまうことになります。

そうなると、以後ローンを組むときに支障が出る可能性があるため、キャッシングローン程度のために肝心なときに借りられないということにならないように、気をつけなければなりません。したがってこの口座自動引落しは忘れっぽい人には一見良さそうに見えても実は向いていないのです。最近ではこれを防ぐために、期日前にメールで知らせてくれるサービスを行ってくれる金融機関も存在します。それだけ忘れてしまう人が多いと言うことです。

このため忘れっぽい人は期日を決めて機械的に振込む習慣をつけるなど忘れないような方法を取ったほうが良いでしょう。そこで困るのが口座自動引落ししか方法が無いような金融機関です。消費者金融では顧客獲得のためか様々な方法を用意していますが、それ以外の場合は、意外に用意されていないことが多く、残念ながら他の方法が選べません。忘れっぽい人がこのような金融機関を選ぶ場合には二重三重の予防措置をとっておくことが重要になります。

利用するキャッシングローンが決まったら申込み方法を調べよう

様々なキャッシングローンの中から自分に最も合っていると思われるものを選んだら、申し込みの準備をする必要が有ります。せっかく返済シミュレーションまでして苦労して選んだものであれば審査で拒否されるようなことが無い様に、まずは申し込みの方法を調べることから始めましょう。いきなり店舗に行って申込み書類を書くという人もいるかもしれませんが、特に初心者の場合には、戸惑うことも多いと思いますから、何事も先ずは調査です。

そこで先ずは申込書を手に入れてください。店舗にもおいて有りますし、インターネット上からダンウロードもできます。また電話で請求すればすぐに送ってくれますし、最近ではコンビニの端末から出すことが出来る所も有ります。手に入れたら、説明や記入情報などについて一度確認してください。この時申込に必要な書類も確認してこれらの書類を準備してください。この時点までに必要な金額や自分の返済能力などを調べて返済計画を立てていると思いますからこの時に使った資料で十分だと思います。

もしこの時点でしっかりした返済計画ができていない人は、全部を白紙に戻して、先ずは返済計画をたて、そこから自分の利用し易いキャッシングローンを選びなおしてください。たいした金額ではないからいい加減な返済計画でよいなどと考えている人は、多重債務に陥る典型的な例ですので、自分を見つめなおすことから始めたほうが良いかもしれません。とにかく申込などを考える前にしっかりした返済計画をたてる事が必要です。

必要書類が準備できたら、これ等に基づいて申込書を作成しましょう。当然ですが、申込書と準備した書類に矛盾があってはいけません。また審査の過程で、いろいろと聞かれることも有りますから、書類に書かれていることを良く憶えておくことも必要です。言っていることと書いてあることがまったく違っていては通るものも通りません。審査は厳しいように感じるかもしれませんが、安定した収入があって、他の借入が年収の3分の1以内、信用情報に問題無しであれば心配することは有りません。

何がしかの問題があって審査が通らなかった場合には、理由を聞いてみてください。改善できるものであれば、改善して再度申込むことも出来ます。また審査は金融機関ごとに基準が違いますので、1社が駄目でも、2社3社と試してみると、通る可能性も有ります。どこに行っても駄目というときは、収入や信用情報などに大きな問題があるはずです。そういう場合には借りることは難しいと考えて、問題点の改善をまず行うことを考えないといけません。

返済に窮しているあなた踏み倒したら自分の首を絞めますよ

これを読んでいる人の中にも返済に行き詰って困っている人は結構いるのではないかと思いますが、どうしようと考えているのでしょうか。普通の感覚を持っていれば、何とか返済方法を考えて、返済しようとして飛び回ると思います。しかし万策尽きてしまったら今度は弁護士に相談して債務整理に進むのではないでしょうか。しかし世の中にはいろいろな考え方の人がいるもので、極々少数ではありますが、返済せずに踏み倒してしまおうと考える人がいます。

返済が滞ると、遅延損害金を含めた返済用の振替用紙が入った督促状が送られてきます。それを無視していると電話が掛かって来るようになります。電話に出なかったり、のらりくらりとかわしていると、いよいよ不良債権と判断されて不良債権部門の人の訪問を受けることになります。それでもまっとうな金融機関であれば、以前のよな怖いお兄さんが来ることは有りませんが、人当たりが良いようには見えません。利用者としてはちょっと怖い存在でしょう。

もちろん誠意も示さず返済する気配も見せないわけですから、信用情報には最悪の状態が記載されますので、暫くはお金は借りられなくなります。通常ここまで行くには多くの金融機関から利用限度額一杯まで借りているようになっている筈です。多くの場合ここまで行ってしまった場合にはもはや債務整理として最悪自己破産して人生をリセットさせることを選びますが、人によってはここで踏み倒すという大変リスクの高い方法をを選ぶわけです。

踏み倒しても、このようなお金の返済についての話の場合、契約で虚偽の記述でもしていなければ刑事事件になることは有りません。しかし金融機関の債権回収部門というのは回収を生業としている集団ですので、今までの経験もあってあらゆる手を打ってきます。最悪の場合には債権自体を闇金に叩き売ってしまうことも行われることが有ります。もしそういうことになると、今度は債権回収部者の人とは違います。本格的に怖いお兄さんの登場ということになります。その後はどうなるか分かりますよね。

たとえキャッシングローンと言っても、利用の仕方次第では、このような状態に落ち入ってしまう可能性は誰にでもあります。ですからどんなに小額のキャッシングローンであっても安易に利用することだけは避けましょう。また不幸にして返済不能の状態に陥ったとしても、踏み倒してはいけません。踏み倒せば逃げ回る必要がありますが、債務整理をすれば、たとえ自己破産であっても、逃げ回る必要もなく、もう一度人生をやり直す機会が与えられるのです。

キャッシングを上手に利用するために改正貸金業法を理解しておこう

従来銀行から融資を受ける場合は担保が必要となり、担保が無い人には十分返済能力があるにもかかわらず、なかなか融資を受けることが難しい状態でしたが、担保を取らず融資を行う消費者金融ができて多くの人が融資を受けることが出来るようになりました。しかし、当初はこの消費者金融を規制・管理する法律が無かったことから利用者との間で問題が起こることも多く、これを規制・管理するために1983年に出来たのが貸金業法(当初は貸金業の規制等に関する法律)です。

その後、法外な利息を取っているような闇金を規制するための改正などを経て、2006年に成立したのが現在の改正貸金業法です。この改正では、従来利息制限法と出資法で差があった上限金利(この間の金利をグレーゾーン金利と言う)を撤廃して利息制限法の20.0%を上限金利とし、これ以上の金利での契約が出来なくなりました。これによって出資法の上限以上の金利は従来どおり刑事罰の対象となり、従来のグレーゾーンの金利は行政処分の対象になっています。(⇒グレーゾーン金利とは

今回の改正でのもう1つの大きな改正点は過剰貸付けの抑制(総量規制)と呼ばれるもので、原則として融資の上限が前年の収入の3分の1までとされたことです。これは1つの業者内だけではなく、何社かから融資を受けたとしても全部合わせた上限になるため、収入が少ない場合には、必要とするお金を借りることが出来ない場合も出てきます。これは従来収入のない専業主婦などに融資を行った結果、返済に窮し、様々な問題を惹き起こしたことも1つの原因になっています。(⇒キャッシングの総量規制とは何か

これ等のほかこの改正では、貸金業協会の自主規制、夜間および日中の厳しい取立ての規制、生命保険金による返済の禁止、特定公正証書作成の委任状取得の禁止などが含まれており、従来消費者金融に付きまとっていた闇の部分にメスが入れられ、利用者保護の色彩の強い改正になっています。キャッシングを利用する際、これ等に抵触するような要求を出された場合には、その業者は闇金かそれに近い業者ではないかと思われますので、すぐに退散して下さい。

これ等の改正によりまっとうな消費者金融は大変利用し易くなりました。しかし、従来消費者金融を何社か利用してお金をやりくりしていた人が総量規制によって利用できなくなった場合、最後の手段としてまっとうでない消費者金融要するに闇金に手を出さざるを得ない状況に追い込まれることも問題になっています。もしこのような理由で融資を断わられて、困窮している場合には、闇金に手を出すのではなく、公的機関で相談することを勧めます。

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15