アコム

近づくな!甘い言葉で誘う闇金は法律違反の激高金利

現在では改正貸金業法によって金融機関の個人への貸出し金利は、利息制限法の定める20.0%を上限としています。もう1つ利息の制限を規定しているのが出資法で現在29.2%となっていて、改正前の貸金業法ではどちらを取るかが規定されておらず、この間の金利をグレーゾーン金利といっていました。現在では20.0%以上の金利を付けると刑事罰の対象となります。闇金の定義ははっきりとは決まっていませんがここでは20.0%以上の金利の業者とします。

もちろんこれ等の業者は違法ですから、本来あってはいけないものです。しかし貸金業法というものも無くサラリーマン金融と呼ばれていた頃は、まともな業者も、悪質な業者も区別は曖昧でした。このような金融業者では当時の上限ギリギリの金利で貸付、返済できなくなると債権を暴力団に売って、暴力団が取立てを行うというようなことが横行している業界でした。現在では大手の業者は暴力団との関係を絶っていますが、闇金ではなくても中小の業者ではこういう体質が残っている所も有ります。

貸金業法が出来て、さらに上限金利が低く抑えられてくると、これに従う業者と、地下にもぐって高金利で貸し付ける闇金に分かれていくことになります。当然利用者はまともな業者を利用しますので、問題がある業者が利用者を獲得するためには審査を緩めることになり、闇金に至っては審査など無しで貸し出すことになります。利用者は最初は審査が比較的厳しいまともな業者から借りますが、返済が難しくなっていくと、徐々に審査の甘い業者を利用するようになり、最後には闇金に手を出すようになります。

そもそも返済に窮しているような人が闇金に行ったらどうなるか、利息は雪だるま式に膨れ上がり、とても返せる額ではなくなります。そうなることは分かっていても窮地に陥った人は、とりあえず窮地を乗り越えるために利用してしまうのだそうです。こうなると闇金は暴力団まがいの取り立て屋を動員して、過酷な取立てを行うようになります。臓器を売れだの、生命保険で返済しろなど、とんでもない要求をされる場合も少なく有りません。

こんな地獄のようなことにならないためにも、どんなことがあっても闇金などには近づいてはいけません。闇金に行く前にまともな業者での返済に窮したら、まずは公的機関や弁護士に相談してください。また闇金に手を出して過酷な取立てにあっている場合は、既に犯罪ですので、元本を含めて返済の必要はありません。すぐに警察に相談してください。自分ひとりで悩むよりも、その道の専門家に相談したほうがずっと楽ですし安心ですよ。

金利と手数料を知ってキャッシングを有利に利用しましょう

もうちょっとお金があれば給料日まで繋げられるというときに便利なのがキャッシングで、利用者数は年々増加傾向に有ります。最近では大手銀行なども参入して、大変使いやすくなりました。多くの人はキャッシング商品を選ぶ場合に気にするのが金利で、様々なキャッシング商品を比較する場合も、金利をキーポイントとしている人がほとんどではないでしょうか。もちろん金利は第1に考えなければならないものですが、利用に当たっては更に考慮するポイントがあります。

まずキャッシングする場合の利息を計算してみる場合、簡単のために金利10%で1万円を30日借りたとすると、
 10,000円(借入)×10%(金利)÷365×30=82.2円
となって、利息は30日で82.2円ということになります。次にキャッシングを利用する場合を考えて見ましょう。多くの場合は会社を退社後になりますから18:00を回ってからということになります。通常キャッシングは金融機関のATMを利用することになりますのでこの時間だと時間外手数料が必要です。

この手数料は通常の場合は1回に付き105円が掛かることになります。つまり30日で利息が82.2円なのに手数料が105円となって利息よりも大きな出費になります。何か割り切れないものを感じる人は少なくないでしょう。もっと借り入れ額が大きいのであれば微々たる物だと言えるのかもしれませんが、利用の仕方によっては利息以上に手数料がかさんでしまうこともあるということを忘れないようにしましょう。

そこでキャッシング商品の選択ということになりますが、利用方法次第で金利だけで選ぶのは危険だということになります。このため選ぶ際にはキャッシング商品の説明資料だけではなく、各金融機関のATMの利用規則も検討対象として調べておく必要が有ります。利用の仕方によっては、銀行のキャッシング商品よりも、消費者金融の物の方が利用し易いことも考えられます。いずれを選ぶにしても、自分の利用方法を良く考えてからでなければ、選べないということです。

さて急にお金が必要になった場合に、例えば1万円引き出すとしてATMを利用しますが、近くに取引銀行のATMが無かった場合、他の金融機関のATMを利用すると105円の手数料が掛かることになります。しかし、このATMの金融機関のキャッシングが利用できるとすると、前記の例であれば1ヵ月以内に返済すれば最大82.2円の利息で済むことになります。つまり借りたほうが得だということです。このように手数料を考慮に入れないと様々な場面で損をすることになるということを憶えておきましょう。

便利なキャッシング!でもそのお金本当に借りないといけないの?

キャッシングローンはいまや豊かな生活を送るための生活ツールの一面を持っていますが、反面借りすぎによる多重債務に陥ることもあり、両刃の剣というのが実像です。冷静になって考えれば分かりますが、1万円借りたとして、返済に当たっては、これに利息が付いて1万円+αが必要になりますので、トータルで考えるとαの分だけ損をすることになります。実際にはこれに手数料なども掛かることもありますから、さらに負担は増える事もあります。

したがって、純粋に経済的なことを考えれば借りないほうが得なのは言うまでも有りません。しかも借りなければ返済に窮する可能性も有りませんので多重債務に陥ることも有りません。住宅ローンなどは住宅が資産として残りますから話は別ですが、それ以外のたとえば生活を充実させるためとか言う理由であるのであれば、先ず必要なのは、本当に借入れしなければならないのかということをじっくり考えることです。そして出来れば借りなくて済む方法を探しましょう。

考える際は自分ひとりで考えてはいけません。まずは配偶者、いなければ両親、高齢の場合は子供、そういった家族がいない場合は親戚関係、上司や同僚でも良いでしょう。自分だけでは、どうしても考え方が偏ってしまうため、別の価値観を持つ人が必要です。もし最初から反対されると考えられるような借り入れ理由であるのであれば、借りないことです。これによって相談してでも借りなければならないと考えられるものだけに絞れる事になります。

それでは相談するという仮定で話を進めます。まず借金の理由がギャンブルや買い物依存などでどうしても止められないものということであれば、借金をするのではなく依存症の治療を行う方向で考えてください。これらの理由の場合には早いうちに手を打たないと、借金が膨らんでしまったり、精神的に追い詰められてしまうこともあります。依存症かも知れないと思ったら、まずは心療内科で診察を受けることを考えるべきです。決してキャッシングなどを利用してはいけません。

次に考えられるのは借金の返済のための借金です。これが進むと多重債務に陥り、最終的には自己破産に至ることも有ります。したがって、この場合には借金をすることを考えるのではなく、借金の連鎖を止める事を考えることが必要です。次は生活を維持していくという理由です。しかし特に理由も無く借金をしなければならないという生活は、レベルを落として借金をしなくても良い様にする方向で考えなければなりません。このようにして借りる前に先ずは借りないようにすることを考えてください。

専業主婦注目!改正貸金業法施行下でキャッシング利用は可能なのか

貸金業法が改正される前は、収入が無くても条件さえ満たしていれば融資を受けることが出来、専業主婦でも容易にキャッシングの利用が可能でした。しかしこれによる弊害として、パチンコなどのギャンブル依存症になったり、買い物をし続けなければいられない買い物依存症に陥る人もいて様々な問題を惹き起こしていました。これも1つ引き金になって、改正貸金業法では年収によって融資が規制されるようになりました。これによって専業主婦への野放図な融資は行われなくなっています。

改正貸金業法によれば1社50万円あるいは他社を合わせて100万円の超える融資を行う場合には、審査に当たって年収を証明する書類を添付することが義務付けられて、この年収の3分の1を超える融資を原則として禁止することになりました。したがってこの規定によれば、融資を受けていない状態で融資枠の最大は何社かに分けて100万円までとなります。すでに融資を受けている状態だと、融資枠はさらに狭まり、場合によっては融資を断わられる可能性も有ります。

ただし専業主婦向けの例外規定により、ご主人の承諾を前提として、夫婦合算でご主人の年収の3分の1まで融資が受けられるようになっています。どうしても必要な場合にはこの例外規定を使うしか方法は有りません。これによって前記のような問題は排除できそうです。家計が苦しいという専業主婦の方は安易にキャッシングなどを利用するのではなく、夫婦でよく話し合って家計の状態を共有し、まずは支出の見直しなどすることから始めてはいかがでしょうか。

この改正は、無理な融資を排除するという面では大変有効ですが、従来行われていた専業主婦への融資が打ち切られることによって、前記のような依存症の重傷者にとっては大変困った状況に追い込まれてしまうこともあります。依存症をご主人に相談するわけにもなかなかいきませんから、結局闇金を利用してしまいとんでもない事になるというような事例も多々あります。もしどうしても依存症から抜け出せない場合には、自分で可決することは無理ですので、心療内科に行って相談することを勧めます。

専業主婦の場合、ギャンブルや無駄な買い物に使うのは論外ですが、家族のために使うお金であれば、積極的にご主人に相談しましょう。相談しないで自分を追い詰めてしまう必要は有りません。家族のために必要なことであれば、情報を共有して、きっちりした返済計画を立てた上で、必要なお金は借りましょう。自分の判断で安易に怪しい金融機関を利用するようなことが無いように気をつけてください。

審査はこのように行われる!キャッシングローンの申込の前の注意

キャッシングローンに限らず合法的な金融機関からお金を借りるときは、利用者がしっかりした返済能力を持っているかを確認するための審査が行われます。この審査の基準は金融機関ごとに異なるため、ある金融機関では通らなかったけれども、別の金融機関では通ったという様な事例も別に珍しくはありません。しかしこの審査基準は金融機関のノウハウであってこの審査力が売りにもなることから、内容については極秘です。したがって以下の審査の行われ方については予想できる基本的なものに限られます。

まず基本的な審査としては、法的に貸し出せる相手かということです。改正貸金業法では原則全金融機関合わせての貸出が年収の3分の1までとされる総量規制が行われることになりました。これによって今まで借りられた人が借りられなくなるというような問題が指摘されていましたが、返済能力を考えた場合、やはり規制が必要となり導入されました。このため借入が年収の3分の1を超えるような申込は通さない、あるいは利用限度額を年収の3分の1までとすることになります。
(⇒改正貸金業法について

次に申込者の信用情報の確認が行われます。いままでの各種ローンで返済が滞った事があるか、あるいは現在滞っていないか、またクレジットカードの引き落としが出来ないようなことは無かったかなどが確認されます。この信用情報の判断によっては融資不可でブラックと判断する金融機関も有ります。ただし信用情報内にブラックリストがあるわけではなく、ブラックかどうかの判断は金融機関の判断によります。ですから何件か試してみる価値は有ります。
(⇒ブラックとは

次に利用者の収入が安定しているかが問われます。会社員であれば年収だけでなく、月々の収入も安定していると判断されますが、派遣やパート、アルバイトの場合には安定性を証明する書類も添付していれば通り易いでしょう。また水商売の場合、まったく無理と言われることもありますが、自身の安定収入と勤務先のお店が長期に安定して経営されていることが証明されれば、通る可能性はあります。いずれの場合にも残念ながら安定性が無い場合には、厳しいかもしれません。

審査の詳細は分かりませんが、どういう基準なのか、他は全て通っているのに1社だけ通らなかったとかという事例も存在します。ですから特に収入や信用情報に問題意識を持っていないにもかかわらず、審査が通らなかったというような場合には、他社ではすんなりと通る可能性がありますので、1社駄目でも諦めずに2社あるいは3社と試してみることが必要です。また通らない理由も分かっているのであれば申し込みを続けるのではなく問題を取り除くことを先に考えるべきです。

言葉の違いは何?カードローンとキャッシングの歴史を知ろう

現在ではあまり使い方に違いが無く、キャッシングローンという名称で一括りにされがちなカードローンとキャッシングですが、実は言葉の生い立ちには歴史があり、もともと出発点が違っていたということを知っている利用者はほとんどいなくなってしまいました。ここまで利用方法が便利になってしまえば、これからまた別々の道を歩む事はありえませんので、知らなくても何ら問題は有りませんが、1つのウンチクとして知っておいても良いでしょう。

これから説明する話は歴史的経緯の話であって、現実のキャッシングローンの話では有りません。実際の商品のことを知りたいのであれば、金融機関のパンフレットやホームページで確認してください。

まずはカードローンですが、言葉が示すようにローンの一種です。ローンというのは本来は、比較的金額の大きいお金を借りて、以後月々小額づつ返済する商品のことを言います。一般的な例としては住宅ローンを思い浮かべますが、その他自動車ローンや最近では教育ローンなども良く使われています。またこのような目的を限定したもの以外にも多目的ローンというようなものも有ります。これ等は主に銀行が長い間提供してきたものです。

カードローンというのは、このローンを利用し易いように小額の融資にも適用してATMやCDから簡単に利用できるようにしたものです。このためカードローンの基本的な使い方は、ローンの元々の利用法である月々少しづつ返済していくものです。現在ではこれがリボルビング払いになっているのが一般的です。ただしカードローンでは返済中の一括返済や、返済回数を一回にするような返済方法も利用できるように進化してきています。

キャッシングもそうだろうと言われそうですが、実はキャッシングというのは本来の使い方は小額のお金を借りて1回で返済する商品の事を指していました。これではさすがに返済しにくいということで、その後分割返済に対応して、ある程度大きなお金の融資も出来るようになってきたものです。このようにカードローンとキャッシングには当初それぞれに特徴があり、用途も違うものでしたが、利用者のニーズに合わせる事によって、同じような商品に進化してきたものです。

現在ではこのような歴史的経緯などは関係なく、利用し易い商品を選ぶ事が重要で、借りるに当たってはどのような商品を利用するにしても、しっかりした返済計画を立ててから利用するということが必要になります。

アコムの評判は上々!しかしキャッシングは利用方法重視で決めよう

インターネット上にはアコムをはじめ多くの消費者金融についての口コミを掲載しているサイトが存在します。評価のランキングを示している所もありますがアコムは大体上位に位置しているようです。ただしこれ等の口コミサイトを読んでみると、決して良い評判ばかりでは有りません。特に審査については駄目だと思っていたのだが貸出限度額は小さかったものの通ったというものがあるかと思えば何が悪くて審査が通らないのか分からないというものまで様々です。

そもそもインターネット上の情報は高い信頼性を誇っているわけではありませんので、参考程度と考えておく必要はあるのですが、意見があまりにもバラバラでは参考にもなりません。ただし利用者はアコムを大手消費者金融と認めており期待していることは伺えます。これはアコムが大手の消費者金融であるから安心して借りられるということを表しており、やはり初心者でも利用できる消費者金融の一つと言って良いでしょう。

様々な口コミがありますが、特徴として一つ言えることは多くの消費者金融がサラ金と呼ばれた頃の怖いイメージを未だに引きずっているのに対して、アコムの場合ほぼ払拭されているということです。アコムは1994年の株式上場前から、裏社会とのかかわりを断ち会社の体質を改善して怖いと言うイメージから脱皮することに努力してきました。新人女優を使ったCMは評判を呼びましたがあのCMがアコムのイメージを決定的に変え、優良顧客を呼び込んで、評判を上げる事に成功したと言っても良いでしょう。

ただし評判が良いことイコール自分に使いやすいというものでは有りません。いくら評判が良くても自分にとって利用し難いキャッシングローンでは、良いものとは言えません。評判を調べることはいくらでも出来ますが、大切なのは自分の返済がうまく行えるかどうかということです。キャッシングローンを選ぶ際にはあまりに評判が悪い所は別ですが、好評、悪評様々というような場合には、やはり自分向きかそうで無いかで判断することが大切です。

大手だからアコムを利用したいと思うのも良いですが、アコムに決める前にその他の大手なら大手のキャッシングローンについて調べてみてからでも決して遅くは有りません。先ずは様々な情報を集め、自分の借入額と収入および支出を勘案したしかっりした返済計画を立てた上でどのキャッシングローンが最も自分の返済計画にとって都合が良いのかを検討したうえで利用先を決めるようにしてください。この点あまり評判を気にしすぎるのは良くありません。

返済期日を忘れ返済しなかった場合は正しい対処方法で自己防衛しよう

借金というものは決められた返済期日までに利息を添えて返済するのが決まりです。借金はこれが守られるという前提で金融機関が利用者に対して融資するという契約と言うことが出来ます。しかし時としてこの契約が守られない場合があり、この場合には以後この金融機関はこの契約者に対して、同じような契約には応じない可能性が高くなります。ところが忙しい現在社会では返済期日を忘れてしまい返済が出来ず契約が守れないことが結構頻繁に有ります。

現在ではこのようなケースは金融機関側でも承知いていて、すぐに契約違反などと言い出すことはなくなりつつあり、積極的にこういうことが無い様にいろいろな手を打ってきています。例えばいろいろな返済方法を用意して利用者のライフスタイルに合わせられるようにしており、最近ではインターネットにも対応していますので、自宅からでも出先からでも返済が出来るようになっています。口座引落しも用意されていますが、口座引落しの場合今度は残高不足という可能性もあるため良い方法かどうかは利用者次第です。

さらにそれでも忘れている人がいるということを前提に、返済期日前にメールを使って返済期日を教えるサービスを行っているところも有ります。これは例えば返済期日3日前、当日、返済されない場合は期日後というように教えてくれますので、先ずは自分のキャッシングローンにそのようなサービスがあるかどうか確かめ、ある場合は自己防衛のためにすぐに登録してください。特に忘れっぽい人にとってはかなり有用なサービスになりますので是非使ってみてください。

そういう防衛をしても返済期日を忘れ、返済が遅れてしまった場合には、出来るだけ早く金融機関に連絡して判断を仰いでください。できれば金融期間が接触してくるまで思い出さなかったというようなことが無い様にして欲しいものです。まずは金融機関には良く謝って他意はなかったということを理解してもらったうえで指示通りに返済に応じるようにしてください。悪意が無かったということが分かってくれれば、良くあることなので金融機関も事を荒立てるようなことはありません。

ただし、こういうことが頻繁に発生することになってくると金融機関側の態度も変ってきます。そして、どうもこれは悪意が有るのではないかと判断すれば信用情報にもその旨記載されることになります。こうなると以後、お金を借りることが難しくなる可能性も出てきます。したがって、なるべく返済が遅れるようなことが無い様に十分注意することが重要で、忘れっぽい人は、それなりの方法で、期日前には、気づけるような仕掛けを作っておくことを勧めます。

キャッシング商品の選択には自分の判断基準を持つ事が必要です

キャッシングローンの利用を考えている人は多いと思いますが、最近では大手銀行も参入して商品の種類が多すぎて、どれを利用したらよいのか迷ってしまう人も大勢いるのではないでしょうか。多くの商品の情報を集めても良し悪しの判断がつくとは限りません。誰かが良いというものが自分にも良いというものでも有りません。したがって自分の状態をよく把握して自分なりの判断基準を持って、もっとも適正だと考えるものを選ぶ必要が有ります。

まず最も重要な判断基準は、本当に借りなければいけないのかということです。これは商品の選択の前に必ず行うべきことです。たかだか小口のキャッシングではないか考える人もいますが、このキャッシングを契機として自己破産に至ってしまったという人も大勢いるのです。キャッシングで借りるのは本当に必要なお金だけにすることが基本です。決してギャンブルや遊興費、不要不急の買い物に当てるようなことの無いようにしなければなりません。

次に金利です。もちろん金利は低ければ低いほど良いので、長期間毎月一定額を返済する計画を持っている場合には大変重要な判断基準になります。この基準で行けば、大手銀行のカードローンが良いでしょう。大手消費者金融の商品もこれについで低いので、これらも選択範囲に入れても良いでしょう。もちろん金利は社会情勢によって変動していきますので、借りる場合にはその都度確認する必要が有ることは言うまでも有りません。

もし自分の返済計画が長期間一定額ではなく短期間に一括返済するような場合には、一定期間無利子という商品が消費者金融の場合には存在します。それらの商品は表面上の金利は高くなっていますが、一定期間内に確実に返済できるのであれば、無利子ですので、銀行のカードローンよりも大変有利なものになります。また商品の中にはポイントが付いたりして実質的な金利が使い方次第で、銀行のカードローンよりもお得になったりする場合も考えられます。

これらを総合的に判断して、借りなくて済ませられないか、借りる場合には自分の返済計画にとってどのような借り方が有利なのかを考えた上で、商品を選ぶようにしましょう。雑誌やインターネット上の紹介記事で勧めている商品が必ず有利だということは有りません、あくまで自分の利用方法にあわせて、商品の特徴が効果的に働くものを選んでみることが良いのではないでしょうか。じっくり選んで、なるべくお得な商品を選んでください。

比較的低金利の信販系キャッシングも選択の有力候補です

キャッシングローンは銀行や消費者金融だけではなく信販会社も運営しています。信販会社は銀行に次いで資本の規模も大きく安心感が有りますし、消費者金融のように過去のサラ金時代の暗い歴史を引きずっていることも無いため、比較的好意的な見方を持たれているようです。このため心理的な抵抗感が少なく初心者でも利用し易いキャッシングローンと言えるでしょう。先ずは銀行系を考える人が多いと思いますが、銀行系、信販系同列程度に考えてもおかしくはありません。

信販系のキャッシングローンの大きな特徴は資本規模を背景として金利は比較的低く設定されていると言うことです。もちろん銀行系よりは少々高いですが、消費者金融系から比べると低く設定されています。最近のイメージですと銀行系と消費者金融系の間で埋没してしまいがちですが、金利から選ぶ場合には銀行系に次いで2番手に考えてもまったく問題は有りません。自分に合ったものを探す際には信販系を積極的に検討しても良いのではないでしょうか。

また信販系のキャッシングローンの中には銀行系には無い特徴である、一定期間は無利息と言うキャッシングローンも存在しているため、様々な特徴を提供する消費者金融系のキャッシングローンに対しても充分対抗できるだけの魅力を持っているのです。この無利息の物を利用すれば、一定期間内に返済する目処が立っているお金であれば、利息を払う事無く融資を受けることができて便利でお得になります。利用の仕方次第ですので、良く自分の利用方法を考える必要が有ります。

このように特徴のあるキャッシング商品を展開している信販系キャッシングですが、基本はやはり自分の返済計画です。返済が出来るかできないかと言う問題は、融資を受ける際の最大の問題ですが、大きな要素となるのが返済計画です。良いキャッシング商品を選んだとしても返済計画が杜撰なものであれば、完済できるかどうかは疑問です。キャッシングを受けようとする際はまずはしっかりした返済計画を立てることのほうが重要問題です。

最近では銀行、信販会社、消費者金融の系列化が進み、様々な合併や子会社化が行われており、単に信販会社といっても親会社が銀行であったり、消費者金融と提携していたりで独立系に比べると独特な特徴を持つものがなくなるような場合もありますが、頑張っている信販会社も少なく有りません。安易な選び方ではあとで自分の首を絞めることになるので利用する場合には少し時間をかけて本当に自分の返済計画に有ったキャッシング商品を選ぶようにしましょう。

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 >