アコム

任意整理が出来なくなる?最近の債務整理の問題点

キャッシングローンの利用者が増えて、お金が足りないときに安易に借りる人が増えていますが、このような場合返済計画が杜撰で返済が出来なくなるケースが増加傾向に有ります。これらの返済不能者を救済する仕組みが法的に整備されており、これが債務整理と呼ばれるものです。債務整理には任意整理、特定調停、個人民事再生、自己破産の4つの方法が用意されていますが、これ等の方法を実施するには、法令に詳しい事が要求されるため、普通の人では難しく、弁護士に頼むしか有りません。

債務整理の方法の一つである任意整理は、四つの債務整理の方法の中では最も以後の生活に影響の少ない方法です。債務整理は債権者と債務者が裁判所で法の下で返済方法を決めることですが、任意整理は裁判所には行かずに弁護士と債権者の間の話し合いで返済方法を決めるものです。したがってこの方法は正式な法的手続きでは有りませんから、両者間で合意に達することが無ければ、返済方法は決められず、債務整理を行うことは出来ません。

任意整理では、利息制限法を適用して債務自体を出来る限り減らし、通常は3年、最長で5年で返済する返済計画を立てます。当然ですが任意整理では返済計画の実行が前提になりますから債務者にある程度の収入があることが必要になります。もし、収入自体が無いのであれば、任意整理で合意することは事実上無理で、別の方法を考えなければなりません。したがって債務整理する場合には自分の状態というものを弁護士に良く相談することが必要です。

任意整理自体は本来正式な法的手続きという訳ではありませんので、弁護士に頼らないで自分で行っても良いのですが、債権者である金融機関は金融のプロ集団であるため、債務者に対して不利な合意を結ばされる可能性が高いくなってしまいます。したがって費用はかかっても必ず弁護士に依頼するようにしましょう。

ただし今までの任意整理では、グレーゾーン金利などを使っている以前のローンを前提に利息制限法を厳格に適用して金利を減らし、債務自体を減らすという手法で行われるのが普通でした。しかしこの方法は金利が利息制限法の上限金利を守っていた場合には使うことが出来ません。したがってこのようなローンの場合には金利自体を減らしてもらうなどの交渉が必要になりますが、合法な金利ですので合意に至ることは大変難しくなります。特に改正化資金業が成立した後の最近のローンでは任意整理は難しくなるとされています。

このようにいったん返済に窮してしまうと大変ですので、借入額がどれほど小額であっても借金であることを忘れず、事前にしっかりした返済計画を立て、これに則って着実に返済していくことが必要です。

専業主婦の場合50万円以上はご主人の同意が無ければ借りられません

改正貸金業法によると50万円以上あるいは他の金融機関での借入を合わせて100万円以上の場合、借入先の全金融機関の総借入額が年収の3分の1までしか借りることが出来ないとされています。したがって収入の無い専業主婦の場合、自分では最大1金融機関では50万円まで、全部合わせても100万円までしか、借りることが出来なくなっています。ただし100万円というのは考え方次第ですが専業主婦としてはかなりの金額で、それで困るということは普通に考えるとあまり有りません。
(⇒改正貸金業法について

改正前まではこの規定が無かったためギャンブルや買い物の依存症に陥ってしまいご主人に内緒で大きな金額を借りてしまう事例が沢山あったことから、それも要因の1つとなってこの規定が作られることになりました。しかし専業主婦でも時としてお金が必要になる可能性もあるかもしれないということで、その救済規定としてご主人の保証があれば、夫婦の借入額を合わせて、ご主人の収入の3分の1まで借りることができます。つまり借りるためにはご主人の同意が必要ということです。

もしご主人が保証を拒否したら、残念ながら借りることは法的の無理ということになります。もし、ギャンブルや買い物依存症になっているのであれば、闇金などに行くのではなく、これを機会に足を洗うべく心療内科に行きましょう。ご主人あるいは家族は、闇金などに行くのを防いで正常な金銭感覚を取り戻させることが重要ですので、心のケアに協力してあげてください。かわいそうになって大きなお金を渡すようなことをしてはいけません。

もし家族のためにどうしても必要なお金であるのであれば、ご主人も無下に拒否するのは止めましょう。全ての責任を奥様に押し付けることは精神的な虐待です。専業主婦に作れるお金はそれほど大きくは有りません。夫婦の協力が絶対に必要なのです。もちろんご主人としては、自分がお金で返済することになるわけですからおいそれと保証できるものでは有りませんが、家族のために使うのであれば、収入源であるご主人が負担してしかるべきです。夫婦でよく話し合って妥協点を見つけてください。

専業主婦にも様々あって収入は無いけれども、大きな資産を持っているような場合もあり、一律に法律の規定を適用するのにも問題があると思いますが、合法的な消費者金融では法を曲げることは出来ません。以前に比べて使い勝手が悪いという人もいるかもしれませんが、以前はこのような規定が無かったがために、幾多の家庭を崩壊させたことも忘れてはいけません。不便なこともあるかもしれませんが、止むを得ないということで理解してください。

利用する前にアコムという消費者金融を知っておこう

アコムの歴史は意外に古く1947年に神戸の呉服店主が始めた質屋がその前進で、1978年にアコムとなりました。1993年に店頭売買有価証券市場に登録され、1994年には東証二部に株式上場を果たしました。2004年に三菱東京フィナンシャルグループの関連会社になり、2008年には三菱UFJフィナンシャル・グループの連結子会社になっています。消費者金融には様々な業者がありますが、いち早く経営を健全化して株式上場を果たし、大手消費者金融の一角を占めています。

アコムの功績は2000年から使用した「はじめての、アコム」というフレーズを使ったCMと2001年からCMに起用された新人女優によってそれまでのサラ金の暗いイメージが一新されこの業界自体を明るいイメージに変えることに成功したことです。これと明るい店舗展開で、現在では女性でも入りやすい雰囲気が作られ、消費者金融の発展の基礎になったと言っても良いでしょう。

アコムのカードは「ACカード」というもので表向きアコムの文字は使われていません。現在ではあまり気にする必要も無いのかもしれませんが、やはり従来からのサラ金のイメージを感じる人もいるためか、名前を隠しているのかもしれません。またこの「ACカード」のキャッシング枠を使えるクレジットカードである「アコムマスターカード」を発行して、キャッシングに加えてマスターカードでの買い物にも対応しています。こちらは特にアコムの名前を隠すようなことは無いようです。

このキャッシング業務のほか、アコムは多くの銀行の無担保消費者ローン、事業性資金ローンの信用保証業務を行っています。有名どころでは三菱東京UFJ銀行、スルガ銀行、セブン銀行などがあり、これらの銀行が行っているカードローンなどが対象となっています。このようにアコムは単なる消費者金融を脱して、消費者金融で培った無担保での信用保証ノウハウを使って、銀行の業務の一翼を担うまでに成長しています。

アコムはやはりサラ金というイメージを完全には払拭できているわけでは有りませんが、大手消費者金融として、裏の業界とは縁を断ち、信用第一の銀行と業務提携できるだけの大きな信用力を持つに至っています。ですからキャッシングローンにおいても銀行に次いで2番手ぐらいの信頼性があって安心して利用して良いでしょう。もちろんそれだけに審査は中小の消費者金融よりも厳しいものがあり、利用者の信用情報によっては利用できない場合もあります。

キャッシングローンには基本的に担保は必要ありません

昔は金融機関(つまり銀行)からお金を借りる場合、必ず担保と保証人を求められていました。そこに風穴を開けたのが消費者金融で個人の信用を元に比較的小額を無担保で融資するというものです。しかし以前の担保という考えが日本人には染み付いており、一定以上の年齢の人には無担保ということのほうが不思議に見えてしまうようです。このため消費者金融を利用する場合でも担保のことを心配するような人が未だに存在しています。

結論を先に言うと、キャッシングローンでは担保は必要有りません。安定した収入があり、他から年収の3分の1を超えるような借入さえしていなければ基本的には融資は受けられます。そもそも消費者金融が出現した理由が担保や保証人の無い人にもお金を貸そうということにありますので、担保の心配は要らないのです。ただしキャッシングローンといえどもお金を借りることに違いは有りませんから、金融機関側から見ると担保という形では無くても、やはり何か資産を持っていたほうが融資はしやすいと思われます。

現在では、改正貸金業法によって全ての金融機関からの貸金の合計が年収の3分の1を超えることは出来なくなりましたが、以前は年収が無くても融資を受けることは可能でした。融資についての審査基準は各金融機関のノウハウですので極秘になっていて見ることは出来ませんが、それが預貯金であろうが、不動産であろうが、要するに返済できるだけの資産を持っていればよかったわけです。したがって現在でも審査においては担保という形ではないですが、利用者の資産状況が参考にされることはあるかもしれません。

ただし、担保が必要ということが悪い面ばかりではないことを理解しておくべきです。担保になっているにしても、しっかり返済できればそれで良いわけですし、返済に困るようなことがあっても担保さえ渡せば、それ以上困るようなことにはなりませんでした。しかし、現在の信用保証では、返済に困った場合には、他からお金を探してくるか、債務整理して、最悪の場合自己破産するしか有りません。法的整備が進む前にはこのような場合ひどい取立てなども横行していたことを思い出してください。

担保を取ったほうが良いか、信用保証でよいのか、意見は分かれるところですが、現在では小額の融資では殆どの場合担保は必要なくなっています。担保が無いから借りられないと思っている皆さん、借りることを奨励するわけでもないし、借りなくて済むものなら借りないほうが良いとは考えますが、少なくとも手続き的には、キャッシングローンを使う場合には担保は必要はありませんので、困っている場合には、思い悩んでいないで、積極的に利用してみてください。

借り替えて楽々返済!改正貸金業法に基くアコムの借り換え専用ローン

特にアコムだけというわけではありませんが貸金業法により規制が厳しくなったため、従来のグレーゾーンの金利のキャッシングローンや年収3分の1以上借りてしまっている人のために、適法の範囲内で借り換えるための借り換え専用ローンが用意されています。このローンを利用すれば従来の高い金利で苦しんでいるものを、利息制限法で定められる金利以内に変更できることになって、大変有利な条件のローンに変更できることになります。

まず借り換えが出来る条件は貸金業者からの借入債務だけとなるため、例えば銀行やクレジットカードの債務等は借り換えすることは出来ませんから、まず自分の債務にはどのようなものがあるのかを全部チェックしてみましょう。申込む場合には銀行などのものも混じっていると思いますのでそれらを除いた形で申込むことになります。そもそも銀行のものはそれほど金利が高いはずは有りませんから、1つに纏めることは出来なくても纏められるものを纏めるだけで十分利用価値はあると思います。

借り換え専用ローンを利用した場合には、前記のように金利が減る分、毎月の返済額を抑えることが出来ます。借入が長期になればなるほど、利息が減ることの効果が現れてきますので、劇的に返済額が減ることも有ります。返済能力にもよりますが返済期間を短くすることも出来るかもしれません。次に各社バラバラの返済期日を一つに纏めることが出来ますので、管理が大変楽になりますし、精神衛生的にも気が楽になって良い効果があるはずです。

借り換えを考えている人はまずアコムのフリーコールに電話して相談してみることから始めます。このとき申込み前に行っておく必要のある事項と、必要書類の案内が有ります。次に店舗の窓口か自動契約機(むじんくん)あるいは郵送で申し込みを行います。現在の所インターネットでの申込には対応していません。返済は原則として口座振替のみとなっています。通常のキャッシングローンのように様々な方法に対応しているわけではありませんので注意が必要です。

このあと審査をしてすぐに回答してくれます。とにかく纏めることの利便性は様々有りますので現在複数の債務を持っている人は、検討してみてはいかがでしょうか。しかし、こういう人の場合、暫くするとさらに別のキャッシングローンに手を出してしまうということも良くあることですので、纏めたのを機に、そのような生活習慣に決別して生活レベルを落としてでも、借金から抜け出す方向を模索してください。そうしないと将来的に多重債務に陥る可能性もあるのです。

学生だってお金は必要!学生が利用できるキャッシングローンはあるか

学生というのは将来社会の役に立つ事を目指して勉強するために学校に行っているわけで遊ぶお金ならともかく勉強や生活の維持のためにお金の苦労をさせるような社会はまだ成熟した社会とは言えません。残念ながら日本もまだそのような社会には至らないばかりか、バブル崩壊後には親の収入も減ってますますお金に困っている学生が増えつつあります。したがって時として学生でもキャッシングに頼らなければならないような事態に陥ることが有ります。

学生が利用できるキャッシングローンとしては、1つは利用者を学生に限定したキャッシングローンと、もう1つは学生でも利用できる通常のキャッシングローンがあります。学生限定の場合には、利用限度額や金利が低く抑えてあり、通常利用は学生の間だけですが、返済は卒業後になっても良い様な内容になっていて、学生にも使いやすい工夫がなされています。これらのキャッシングローンも利用方法は通常のものと違いは無いので、利用しようという学生は良く調べて自分に合ったものを選べば良いでしょう。

ただし改正貸金業法の規定によって1社50万円あるいは他社を合わせて100万円を超える融資を行う場合には、審査にでは年収を証明する書類を添付することが義務付けられて、この年収の3分の1を超える融資を原則として禁止することになったため、通常収入の無い学生の場合、複数の業者を合わせて100万円、通常はそう何社とも契約しませんから50万円までしか利用できなくなりました。ただ殆どの学生はこれだけの利用枠があれば、浪費癖でもない限り、それほど困ることはないでしょう。

もし遊興目的でお金が必要になっている場合には、この枠では足りなくなる可能性がありますが、そのような場合には借りることを考えるのではなく、アルバイトでもして自分で稼ぐことを考えましょう。勉学優先とは思いますが、自分で稼ぎ出したお金を何に使おうと自由です。遊びはお金を借りてまでするものでは有りませんが、自分で稼いだ範囲内で行う分にはまったく問題ありません。ギャンブルに嵌って抜け出せないような場合には、お金を借りに行くのではなく、心療内科に行きましょう。

学生だからといって、借りたお金は利息をつけてきっちり返済する必要が有ります。キャッシングする金額が小さいからといって、自分の返済能力を超えてまで借りてはいけません。したがって融資を受ける場合には一般の人と同じように、しっかりとした返済計画を立てて完済させることが必要です。収入が無く返済の目処も無い場合には、いくら小額でも借りてはいけません。

利息の知識が無ければキャッシングで損をする

キャッシングは年収から見るとかなり小額であるため、安易な気持ちになってしまい、多くの人が見落としがちになるのが利息です。利息とは元金の金額と返済までの期間によって決まり、通常年間に換算した借入金額に対する割合によって表される年利によって計算します。キャッシング商品には必ずこの年利が明記されていますので借りている人は確認してみてください。自分は1年も借りる予定はないという人も、通常は年利を元に借りた期間で利息が計算されます。

この年利から自分の利息を計算した人は一体どのくらいいるのでしょうか。おそらく金融機関が計算した月々の返済金額は確認したとしても、残念ながら利息を自分で計算してみた人はほとんどいないでしょう。しかしこれでは万が一過払いが発生していたとしても、その存在すら気付けないことになります。お金を借りるからには利息というものを理解し、万が一騙されたりしないように自己防衛ができるように勉強しておくことが必要です。

では例を用いて実際に利息を計算して見ましょう。分かり易くするため10万円を、年利10%で借りたとして30日で一括返済したと仮定します。年利ですから365日借りて10万円の10%ですから、利息は365日後には10万円×10%になります。借りたのは30日ですから、実際の利息は365日で割って一日分を計算し30日をかける事によって借りた期間の利息が計算できると言うことになります。したがって利息は次の計算式で求めることが出来ます。

    10万円(元金)×10%(年利)÷365日×30日=821.9…

そこでこの例の場合の利息は822円と計算できます。このため30日後の元利合計の返済金額は100,822円ということになります。さて今度は条件を替えて自分で計算してみてください。これで自分で利息の計算が出来るようになったはずです。利息の意味がわかったでしょうか。ここまで理解できたら、実際のキャッシング商品の条件を読んでも何を言っているのか意味が分からないということは無いと思います。

このようにして様々な金融商品の説明も理解できるはずです。ただし実際のキャッシング商品では、一定期間無利息となっているものがあり、こういう場合には計算に注意する必要が有ります。もしこの一定期間内に返済する計画があるのであれば、たとえ年利の高いキャッシング商品であっても、利息が掛からないということになりますので、単純に年利で比較してはいけません。借入れする場合には、各キャッシング商品の特徴も重要になります。

自分にぴったりなキャッシングローンと金融機関を決めよう

昔はお金を借りるといえば銀行と決まっていましたが、一般消費者が簡単な手続きで借りられるように消費者金融が出現しキャッシングローンが出来て、今や銀行系、信販系、消費者金融系、クレジットカードキャッシングなどで乱立状態となっています。その後の法改正などで、経営体力の無い金融機関が淘汰されたとはいえ、基本的にこの状態は変っていません。このような中で各金融機関は特徴のあるキャッシングローンを作り顧客獲得にしのぎを削っています。

こういった少々乱立気味のキャッシングローンの中からどうやって利用するものを決めれば良いのか困っている人も多いのではないでしょうか。先ず1つの考え方は、信用第1の銀行系のカードローンを選ぶということです。金利も低いですし、悪い選択では有りません。特に初心者にはお勧めかもしれません。銀行はちょっと審査が心配という人では、次に続く信販系や大手消費者金融が出しているキャッシングローンを狙っても良いでしょう。様々な申込み方法や返済方法が用意されて使い易いかもしれません。

しかし、使い方によってはこういった大手のキャッシングローンよりも、断然お得なものも存在していることを知っているでしょうか。例えば一定期間内に返済すれば利息のかからないものがあります。給料日まで5日といったときに、この無利息のキャッシングローンを利用して5日後に給料を貰って即返済すれば、まったく利息が無いため元金だけ返せば良い事になります。微々たる金額かもしれませんが、お得なものに違いは有りません。

また条件は大変良いのですが、提携ATMが少なかったりすると、たとえば旅行先などで、いざ使いたいといったときに利用できないというような状態になってしまうこともあります。また利用時間帯によっては、利息よりも提携ATMの利用手数料のほうが高いというようなおかしな状態になってしまうことも考えられます。このほか、いろいろと考えていくとその人のライスサイクルによって同じキャッシングローンであっても得になったり、損をしたりというようなことがあることが分かります。

そこで必要なのは自分の返済計画やライフサイクルから利用方法を良く考えた上で、最もお得なキャッシングローンと金融機関を選ぶ必要が有るという事です。そのためには口コミ情報なども含めてできるだけキャッシングローンについての情報を集めて、自分の利用方法とつき合わせた上で、決める必要が有ります。多くの人が利用しているとか、皆がお勧めのものが本当に自分に合っているという保証はまったく無いのです。そういうことはあくまで参考程度にして、自分の判断で決めてください。

海外で現金が必要になった場合には海外キャッシングが便利です

最近は誰でも海外旅行が出来るような時代になり、海外に行くこと自体珍しい事もなくなりました。このような時に買い物などの支払いは、余程辺鄙な所は別にして観光で行くような場所では、普通は現金ではなくクレジットカードを使いますので、問題は無いのですが、時として現金が必要になる場合があって、困った思いをした人もいるのではないでしょうか。このような時に利用できるのが、国際キャッシュカードや海外キャッシングと呼ばれるものです。

日本国内の感覚で言うと特に都市部ではちょっと歩けば取引銀行のATMや提携ATMを見つけることが出来ますが、海外では、どこでも取引銀行のATMが揃っているような環境が整っている訳はありません。したがって現地銀行のATMを利用しなければならず、通常の感覚からすると非常に高い手数料を取られることになります。こんな馬鹿らしい話は有りません。したがってこのような場合には国際キャッシュカードはあまりお勧めできません。

お勧めなのは、クレジットカードを使った海外キャッシングです。キャッシングですから当然利息はかかりますが、現地通貨が出てきますので、空港やホテルで扱う両替の手数料はかかりません。利用方法によっては国際キャッシュカードを利用するよりも、ずっとお得に利用できることになります。ただしこのキャッシングはクレジットカードのキャッシングローンであって。日本国内カードローンとは違いますので、その点注意してください。

このように海外ではクレジットカードが通常の支払いにもキャッシングにも利用できて大変便利に使えますので、まだ1枚も持っていないという人は、海外に行く前にぜひ1枚作っておくことを勧めます。作る場合には、現在では提携が進んでそれほどではありませんが、国内では便利だけれども、海外では加盟店が少なくて使いにくい場合も有りますので、事前に調べた上で、海外で通用するものを作っておくと良いのではないでしょうか。

日本では禁止されていますが、海外にはカジノがあって、ここで海外キャッシングを利用している人もいるかもしれません。カジノの利用を勧めることはできませんし、できれば近づかないほうが良いと考えますが、せっかくの機会ですからやってみようと考えるのも分かります。しかし海外キャッシングを利用してまで行うことでは有りません。持ち合わせの余裕の資金だけで楽しんだら、それで終わりにしておきましょう。深みに嵌ってキャッシング枠を使い切るというようなことの無いようにしてください。

様々な返済方法の中からどのように自分に合ったものを選ぶのか

キャッシングローンでなくてもお金を借りたら当然返済するわけですが、初期には店頭窓口に行くしか有りませんでした。しかし技術の進歩でお金を扱う様々な方法が出現してきたため、消費者金融側もこれ等に対応して返済できるようにしてきました。最近では利用者が利用し易いものを選ぶことが出来、たとえ窓口が閉まっている時間帯でも容易に返済できるようになっています。しかし便利なものには落とし穴もあるので返済方法を選ぶときには注意が必要です。

まずは提供されている返済方法を確認しておきましょう。まず金融機関の窓口で返済する窓口返済、借入先金融機関のATM、借入先金融機関と提携する銀行等のATMあるいはCD、コンビニエンスストアなどから金融機関の指定口座への振込、自分の口座からの口座引落し、借入先金融機関への郵送、また最近ではインターネットも利用可能になっています。今後も新しい方法が開発され、利用者のニーズがあると判断されれば、すぐに対応してくるのではないかと思われます。

どれを選ぶかは利用者の自由ですが、注意が必要なのは自分の口座からの口座引落しです。他のものはその返済時に利用し易いものを選択して臨機応変に使い分ければ良いのですが、口座引落しを選んでしまうと自動的に引き落されるため、一見便利ですが、残高不足という落とし穴があります。普段返済を意識しませんのでその分、残高の確認を怠り、入金しておくのを忘れることが多くなる傾向が有ります。公共料金が引き落とせなかったという経験がある人は注意が必要です。

ですから入金を忘れがちの人や、残高が少ない人はいくら便利に感じたとしても、お勧めできる方法では有りません。ただ最近では引落前にメールで知らせてくれる場合も有りますので忘れっぽい人はこれを利用すれば入金忘れの危険性は少なくなります。できれば自分の性格をよく理解して、最も便利な方法という選び方ではなくて、もっとも性格に合ったものという基準で選ぶことを勧めます。忘れっぽい性格であるのであれば、かえって窓口で返済するほうが忘れることが少ない可能性も有ります。

技術の発達で便利な時代になりましたが、利用方法によっては、返済に遅れが出てしまう可能性があることを忘れないようにしましょう。返済が遅延すると、それは信用情報に記載されることになり、度重なると、将来重要なローンを借りようとする場合に借りられないという可能性さえあるのです。遅れても返せば良いなどといい加減なことを考えていると、痛い目にあうということを忘れないようにしてください。

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 >