アコム

審査無しで貸出をするような金融機関には近づいてはいけません

消費者金融だけでなく金融機関は貸出の際には必ず審査をして、借り手の返済能力を評価します。しかし金融機関の中にはこうした審査をせずに融資をするところがあります。本来であれば、審査をして少なくとも法律で決められた条件を満たしていることは確認が必要です。審査をしないということは、すなわち法律も無視して何でも良いから貸してしまえば良いということです。審査をしても返済が滞る人がいるのに審査無しでは困るだろうと思う人もいるのではないでしょうか。

しかし、そんなことは心配無用、この人たちは、貸した後は高い利息をつけてどんな手段を使ってでも取立てすれば良いと考える人たちです。具体的には暴力団を使うか、そもそもその金融機関は実質的に暴力団が経営しているものです。要するにこれが闇金です。雑誌や最近ではインターネット上の掲示板や迷惑メールに見ることが出来る、『融資できます』とか『すぐに振込み』などの文句で誘っているのがこの手の金融機関です。連絡先が携帯電話の場合が多いために、090金融などと言われる事も有ります。

最近ではさすがに、こういった金融機関は怖いということが知れ渡ってきているため、誘導方法も巧妙化していると言われていて、まだまだ被害者は出続けています。借りるときは気軽に電話一本で出来ますので、お金に困った人が利用したいと思うのも分かりますが、普通の感覚なら当然怪しいと感じるところが、こういった人たちは感覚が麻痺してしまっているのか、藁をも掴む気持ちなのか、多くの人が罠に嵌ってしまいます。安易過ぎる貸出には要注意です。

取立ての例としては臓器を売れとか生命保険で支払えというような脅し方をされることもあります。また一度被害にあった人のところには、再度別業者を名乗って接触してくる場合もありますが、こういう業者は裏で繋がっていて、カモになる人からは徹底的に吸い取ろうとします。まさに蟻地獄のようです。ですから、いくらお金が必要でも、金融機関を見る目を失ってはいけません。怪しいと思ったら近づかないことが重要です。

しかし他ではもう貸してくれなくなって、お金を作るにはどうすればよいのかという人がいますが、そこまで追い詰められてしまった場合には、もはや弁護士に債務整理を依頼するしか方法は無いでしょう。最悪自己破産して、やり直しを図ることです。自己破産というのは悪いイメージを描く人がいますが、法律的に作られた救済方法でもあるのです。安易な自己破産は良く有りませんが、もう死ぬしかないと思うように追い詰められたときは自己破産して、やり直したほうが良いことも有るのです。

キャッシングを携帯端末で利用するときに注意しなければならないこと

キャッシングは世の中に便利なツールが出現すれが、すぐにそれに対応する利用方法が提供されるようになります。最初は暗いイメージの店舗の窓口で利用するしか有りませんでしたが、CDやATMが出現するとすぐにそれに対応し、インターネットが普及すると、ネットキャッシングと称してインターネット上からの利用方法を提供してきました。携帯電話などの携帯端末が普及してインターネットに接続できるようになると、ネットキャッシングの一環として携帯端末に対応するようにもなりました。

ただし、パソコンからにしろ携帯端末からにしろ、利用方法が増えただけで、商品の内容自体に大きな違いがあるわけでは有りません。携帯を使うからといって金利が有利になったり、特別な扱いがあったりするわけでも有りません。利用するためには同じように金融機関の審査があることも違いませんし、当然決められた限度額以内で利用する事になります。携帯の場合パソコンよりも持ち運びが容易ですから、家だけではなくどこからでも利用できるということが特徴になります。

しかしこの特徴は持ち運びがしやすい分、紛失もしやすいもので、携帯をなくしてしまった事があるという人も少なくは無いはずです。携帯端末自体は買い換えれば良いのですが、紛失した携帯端末から情報が漏洩してしまうこともあり、ネットキャッシングの情報も漏れる可能性が無いとは言えません。携帯端末を使う場合の管理はしっかりと行う必要が有ります。また携帯端末だけでは有りませんがネットキャッシングではなりすましの被害に遭う場合もあり、口座番号やパスワードの管理もしっかり行いましょう。

携帯端末を使う場合、パソコンを使う場合以上に手軽にキャッシングを使うことが出来てしまうため、利用に歯止めが掛からないような人も時々見受けられます。こうなると利用できる所を全て利用してしまい、多重債務に陥る可能性すらあります。便利なのは良いのですが、小額だからといって自分の返済能力を認識せず、しっかりとした返済計画も立てないような自己管理が出来ない人は、最初から手軽な方法での利用は避けておいたほうが良いでしょう。

携帯端末利用というか携帯電話を利用する金融機関にはもう1つ090金融というのが有ります。これは金融機関側の窓口が携帯電話になっている金融機関で、インターネットなどで『すぐ入金』などの誘い文句を見たことがあるかもしれません。これはほぼ闇金に間違いありませんので、誘い文句に乗ってはいけません。連絡をとることもしないようにしましょう。お金に困ってくるとこのように見るからに怪しい所にも手を出してしまうことがありますが、絶対に近付いてはいけないものです。

女性有利か?レディスキャッシングローンとキャッシングローンの違い

以前は消費者金融はサラリーマン金融といわれ、お世辞にも良い雰囲気の店舗では有りませんでしたので女性が利用するのは正直憚られるような場所でした。要するに業界自体が男性向きに出来ていたといって良いでしょう。しかし女性の社会進出は目覚しく、お金が必要になるのは何も男性だけとは言えなくなりました。また消費者金融側としても新たな顧客を開拓していくには女性を無視しておくことが出来なくなっていきました。そこで女性も入りやすい店舗作りや商品が模索されるようになりました。

そこで作られたのが女性が利用しやすい店舗構成も含めたレディスキャッシングローンと呼ばれるものです。レディスキャッシングローンを扱う店舗は応対するオペレータや窓口など多くの店員を女性にしている場合が多く、中には店長以下全て女性で構成されている場合も有ります。キャッシング商品としてみた場合には、通常のキャッシングローンと殆ど変りは有りませんが、中には女性向けとして多少金利を抑えたものを用意している所もあります。女性の場合これ等も利用候補として考えても良いでしょう。

こうして女性だけの応対でキャッシングローンが利用できるのは大変安心感があって良いのですが、返済が滞ると男性から電話があり返済を促すということが行われることが有ります。急に男性が対応するとドキッとしてしまいますが、この場合でも怖いお兄さん風の対応ではなく、あくまで紳士的な対応で接してくれるのが普通ですので、特に怖がる必要はありません。すぐに返済すれば大丈夫です。こういうことが嫌な場合には、返済を忘れないことが大切です。

いくら女性であっても借りたものは利息をつけて返すのが当然です。その辺に甘えを持ってはいけません。女性男性区別無く、たとえ1万円の融資であったとしても事前にしっかりした返済計画を立てる必要があることは言うまでもありません。しっかりした返済計画さえあれば、返済に困るような事態にはそうそう至るものではありません。しかし一回の融資が小額の場合には、安易な利用が多く、これを繰り返すことによって多重債務に陥ってしまうことも有ります。十分気をつけてください。

2006年に改正された貸金業法によればキャッシングローンであっても年収の3分の1までしか利用できません。収入の無い女性の場合、借りることが出来ない場合も有ります。困る時は、結婚している場合には例外規定を使ってご主人の了解により融資を受けることが出来ます。これ以外の場合は法律上融資は受けられませんので、『融資する』というような広告を出している所は違法業者の可能性が有り、近寄ってはいけません。

アルバイトでもキャッシングローンの利用は可能なのか

最近では雇用情勢の悪化で正社員ではなくアルバイトをしている人も珍しくなくなってきました。アルバイトの場合雇用の点から言って正社員に比べれば、大変不安定といわざるを得ませんので、キャッシングを申込む場合でも審査は不利になります。しかし完全に無理かというとそうでもありません。さすがに審査が厳しい銀行系のものは難しいかもしれませんが、金融機関側の判断にもよりますが消費者金融系であればわりと大手であっても審査が通る可能性は高いでしょう。

消費者金融の場合にはなるべく利用者を増やしていきたいという思惑があるため、アルバイトといえども収入があり、信用情報上も大きな問題が無ければ、審査を通す可能性が高いはずです。ただし改正貸金業法がありますので他社分も含めて既に年収の3分の1まで利用してしまっている場合にはそれ以上借りることは出来ませんから、審査は通りません。またアルバイトで収入があったとしてもそれが証明できなければやはり無理ですので、証明になる書類は保管しておくことが必要です。

アルバイトの場合に次に障害となるのは収入の安定性の問題です。同じ年収であっても、不定期に入ってくる場合よりも、毎月同じように入ってくるものの方が評価は高くなります。したがってアルバイトの場合年収を証明するものだけでなく、月々の収入を証明すようなものをを保管しておいて、必要があればそれを見せる事によって、審査が通り易くなることもあります。そこでアルバイトをしている間は、その時点では使い道が無くても給与明細などは保管しておくようにしてください。

毎月入金が有って金額的に安定していたとしても、収入額が低いような場合には、やはり審査は厳しいと考えておきましょう。場合によっては利用限度額を低く設定して審査を通すことも考えられますが、返済のことを考えると、最初からキャッシングの利用は見合わせたほうが良いでしょう。計算上は返済が可能かもしれませんが、実生活上は厳しいことが予想できます。結局さらに借入れを考えねばならなくなり、多重債務に陥る可能性も有ります。

アルバイトでは、ある程度以上の安定収入さえあれば審査は通ると思いますが、経済状況によってはその収入が将来的に続く保証は無いため、正社員の場合以上に様々な可能性を考慮した返済計画を立てる必要が有ります。返済期間中の収入予想と、ある程度の余裕を取って不測の事態にも対応できるようにしておくことが重要です。まずは借りなくて済む方法を考え、借りる場合であっても、厳しく自分をチェックして、返済の目処が立っている場合にのみ利用するようにしてください。

お勧めの利用方法でキャッシングローンを有効に活用しよう

誰しも長い生活の中ではお金に困ることがあります。昔は銀行はおいそれとは貸してくれませんでしたから、知り合い関係に頼み込んだり、いわゆる高利貸しから借りるしか方法が有りませんでしたが、現在では簡単な審査である程度の融資が受けられるキャッシングローンが有り、助かっている人も多いでしょう。しかしキャッシングローンといえども借金は借金ですから、野放図な使い方では、自分の首を絞めることになります。どのように使うのが良いのでしょうか。

お金を借りるという行為自体は一つの経済活動で、経済活性化のためにも悪いことでは有りません。ですが自分の生活を考えてみると、やはり借金は利息もつけて返済しなければなりませんので、トータルで考えると損をするということです。したがって最もお勧めなのは、借りないということです。お金が足りないという場合、安易にキャッシングを利用するのではなく、まず借りなくても良い方法を考えてみることが必要です。借りるにしてもどうやったら借り入れ金額を低く出来るのか良く考えてみましょう。

もう1つ大変重要なことは、返済期間中には新たなキャッシングローンによる融資は受けないということです。自己破産の主な原因は多重債務によってどうしようもなくなることです。キャッシングローン程度で多重債務にはならないと考えている人も多いかもしれませんが、突き詰めて考えていくと、多重債務の最初の引き金は小額のキャッシングローンだったという場合も少なくは無いのです。したがって一つ借りたら、完済するまでは新たな借金はしないという決まりを作っておいたほうが無難です。

いろいろ検討して融資を受けようという場合には、借りる前に完済するまでの返済計画を立ててください。たとえ1万円であっても、いつまでにどのような方法で返済していくのかを、自分の毎月の収支をよく分析して、多少の余裕も考えた上で、返済シミュレーションを行って十分返済が可能という計画にする必要が有ります。収支ギリギリの計画や細部まで詰めきれていない杜撰な計画あるいは計画無しのままで借りるようなことは絶対に止めましょう。

以上をよく理解したうえでキャッシングローンの融資を受けるようにすれば、途中で返済に窮するようなことは無いと思います。もし返済段階で何か計画外のことがおこり、返済計画が破綻しそうな場合、それは計画が詰め切れていなかったということです。不測の事態も当然考えておかなければなりません。そのような場合には、返済が滞ると信用情報に記載されることになりますので、早め早めに周囲の人に相談して、時には助けてもらうようにしましょう。間違っても別の融資を受けるというようなことは止めましょう。

消費者金融のトラブルは公的な相談窓口で解決の糸口を見つけよう

金融関係でなくてもそれぞれの業界にトラブルはあるものです。しかし、利用者側から見ると単なるトラブルでは済みません。死活問題になることすらあります。以前は産業振興のためか企業側を向いているように見えた公的機関も、近年では消費者保護を主眼とした体制に代わりつつあり、多くの相談窓口を設けるなど、意識が変ってきています。特に消費者金融は以前は問題のある企業が多かったためか、消費者保護が徹底されています。問題を感じたらすぐに相談してみてください。

これらの相談窓口は政府広報オンラインのWebページに纏められています。まず最も有名な所では消費生活センターが全国各地に有ります。また消費者ホットラインという全国共通番号を用意して最寄の消費生活センターに誘導してくれるようになっています。全国各地に開設されていますので地域の事情に詳しい相談員が対応でき、決めの細かい相談に応じることが出来ます。困ったときにはまずここで相談してみてはいかがでしょうか。

次に法テラス(日本司法支援センター)があります。これも公的な機関で、法令関係のトラブルの場合、関係する法令の案内や、関係する地方公共団体、弁護士会、司法書士会、消費者団体などの連絡先を教えてくれます。法テラスは詳細なホームページが有りますしコールセンターも用意されていますので、法令あるいは法令が関係するかどうか分からないような場合でも相談を受け付けてくれます。借金などに対しても関係法令から相談に応じてもらえます。

また闇金など悪質なものについては迷わず警察に相談してください。全国の警察署には警察総合相談窓口が設置されており、電話も全国共通番号で最寄の窓口に繋がるようになっています。闇金などは一刻の猶予も有りません。悪質性を感じたらすぐに相談して警察に一網打尽にしてもらうことが重要です。もたもたしていると拠点を移されて、捕まえることが出来ず逃げられてしまうことも考えられます。そうなるとしつこく付き纏われることになることもあります。

さらに金融関係のトラブルであれば金融庁の開設する金融サービス利用者相談室があります。これは電話あるいはメールで相談する形になりますが、相談の例として預金・融資等に関するご相談や貸金業に関するご相談が含まれていますので、消費者金融に関するトラブルでは最適な相談窓口といえるかもしれません。

いずれの窓口を使うかは状況にもよりますが、いずれにしても、早め早めに相談するのが問題を早期に解決するためには重要なポイントです。うまく利用して、早く問題を解決するようにしましょう。

情報収集が決め手!キャッシングローンの選択はこうやって行え

キャッシングローンは使用目的が限定されておらず、生活上お金に困ったときには頼もしい味方になってくれます。このため利用者は年々増加傾向にあり、今後もこの傾向は変わらないと考えられます。しかしこのように便利なキャッシングローンですが、突き詰めて考えれば借金です。借金が悪いということでは有りませんが、借金は借り方によって得にもなったり、損にもなったりします。同じ金額を借りたのに返済総額には差が出てくるということは良くある話です。

ですからキャッシングローンもどうせ利用するのであれば、賢く借りて自分の支払能力の中でできるだけ返済総額を少なくすることを考える事が重要です。そのためにまず必要なのは自分の返済能力での返済計画を立てることです。これが全ての元になります。そしてこの返済能力で返済できるもっとも有利な条件のキャッシングローンを見つけることが最も良い借り方に繋がります。そのためにはまずキャッシングローンの情報を出来るだけ集めることです。

集める情報は消費者金融等の金融機関に有るパンフレットやホームページにあるような情報だけではなく、インターネット上の口コミ情報のようなものも必要です。インターネット上の口コミ情報は信頼性はそう高い情報では有りませんが、あまりにも悪評ばかりのキャッシングローンは怪しいと考えたほうが良いでしょう。条件がすばらしくても、とんでもない取立てが行われているというようなことが無いとは言えません。必要なのはその情報を判断する目を持つことです。

こうして情報を集めたらその情報と自分の立てた返済計画を付き合わせて、計画した返済期間で最も返済総額が少なくなるもの、自分の返済しやすいもの、自分のライフサイクルに合ったものなどの基準で選んでください。何件か選んだら、再度吟味して1つに絞ります。他のものは、審査が通らなかった場合にとっておきましょう。候補が決まったら、もい一度検証し直して返済が可能かどうか確認してから、決定することにしましょう。

ここまでやったらいよいよ書類の準備をして申込書を用意することになります。金融機関各社にはそれぞれ審査基準が有って、何が問題として上がるか分からないため選んだものが必ず審査に通る保証は有りません。もし審査が通らなかったら理由を良く聞いて、次の候補の申し込みをすることにしましょう。特に安定収入があって、信用情報に問題が無ければ、そうそう断わられることはありませんので2~3件試せば審査は通る筈です。

担保って何?以前はお金を借りるためには担保が必要だった

キャッシングローンという概念が成立する前には金融機関といえば銀行だけでしたが、この銀行にお金を借りる場合に必要になっていたのが担保と保証人です。この頃はこれが無いとお金を借りることが出来なかったため、多くの人が不便を感じていました。そこで登場したのがサラリーマン金融で現在の消費者金融というわけです。この消費者金融のキャッシングローンは無担保、無保証でも貸し出すことが特徴で、ほとんど誰でも借りることができるようになりました。

しかし、大きなお金を借りたことが無い人は知らないかもしれませんが、現在でも銀行から大きな融資を受ける場合には担保や保証人が必要なのは変っていません。担保というのは融資したお金の返済が無理になった場合に、その担保を銀行が貰うというものです。担保になるものは利用者の持っている資産ということになりますが、通常は不動産などになります。つまり返済が出来なくなれば担保としている不動産を銀行に取られてしまうということです。

ここまで理解できれば、分かると思いますが、銀行は担保を取る代わりに融資をするということです。昔借りられなかったというのは担保となる自分の資産が無い人が多かったということです。銀行はずっとこういう方式でお金を貸してきたので、無担保、無保証でお金を貸すというノウハウを持っておらず、現在のようにキャッシングローンが隆盛を極めても、その波に乗ることが出来ませんでした。そこで考えたのがこのノウハウを持つ消費者金融との提携です。

銀行と消費者金融の提携が進んだのは、消費者金融側が大きな資本と結んで安定性を求めたためだけではなく、銀行側が無担保、無保証での信用保証ノウハウを手に入れることも大きな目的だったのです。これによって両者の思惑を満たすことが出来るため、一気に提携が進みました。このノウハウを利用することで現在では銀行のカードローンでも無担保で貸し出ししてもらえるようになりました。かついては暗いイメージであった消費者金融のノウハウを銀行が使うという驚きの提携のおかげです。

ただし、担保も悪いものであるわけでは有りません。融資の返済に困ってしまっても担保さえ手放せば、なんとかなったわけです。しかし無担保で借りたものは返済に困ると、他から借りるか、借りられない場合には、最悪の場合自己破産するしか有りません。どちらが健全かというと、やはり担保を設定して融資を受けたほうです。利便性から無担保での融資が成長してきましたが、どちらにも長所や短所があることは理解しておきましょう。

年金以外に収入が無くてもキャッシングローンは借りられるのか

長い現役時代を終えて、これからは年金で細々と生活しようと考えている人も多いと思いますが、リタイアした後でも長い間にはお金が必要になることも無いとは言えません。しかし年金以外に収入も無い場合、収入の評価としては無収入になるのか、それとも収入として評価されてキャッシングローンを借りることが出来るのか、不安に感じている人もいるかもしれません。年金の取り扱いというものは一体どのような評価になるのでしょうか。

年金は、確定申告が必要になりますので、しっかりした収入として評価されます。したがって年金による収入であっても年収として取り扱われ、年金だけしか収入が無かったとしても、その3分の1までは法的にキャッシングローンは利用することが出来ます。ただし審査基準にはそれ以外の基準もあるので、審査に通るかどうかは金融機関の判断になります。もしどうしてもお金が必要であるのであれば申し込みをしてみてください。年金ですから非常に安定した収入として評価されます。

ただし高齢者の場合、年収の制限のほかに年齢による制限があることを忘れてはいけません。これは特に法的な制限があるわけでは有りませんが、キャッシングローンの商品としての決まりとして年齢制限があります。金融機関側にしてみればあまりに高齢の場合、不測の事態も想定できますので、返済とは別の大きなリスクとなります。多くの場合65歳となっていますが、中には70歳、最高では75歳まで対応しているものがあります。それ以上の場合は無理としか言いようがありません。

ただし借りることが出来るとしても、あまり借りることはお勧めできません。若い人でも多重債務に陥るリスクが無いとは言えないのに、高齢で年金以外に収入の道が無いところに借金まで背負い込むのはあまり勧められることでは有りません。返済できなくなった場合、どうすることも出来なくなって家族に迷惑をかけるのが落ちです。借りる前に、よく考えて何とか借りなくて済む方法を模索してください。自分ひとりで考えるのではなく、お子さんなどと一緒に考えることが重要です。

またもし不審な電話で急にお金が必要になったような場合には、犯罪の可能性があります。電話で現金を要求されても決してキャッシングローンなどを利用してはいけません。通常そういうことはありませんので、話に乗せられる事無く、そういう場合には金融機関に行くのではなくて、警察に行くか電話して相談することが先です。要するにいわゆる振り込め詐欺というものの可能性が高いと思われます。高齢者は狙われているということを忘れないようにしましょう。

利息が付かないキャッシングが有る!利用方法によっては大変有利です

キャッシングローンを選ぶ場合に、誰でも最も参考にするのが金利ではないでしょうか。金利によって返済総額が大きく変ってくるのですから当然です。しかし、本当に金利だけで選んで大丈夫なのでしょうか、そうだとすればキャッシングローンは横並びの金利にならざるを得なくなります。しかしキャッシングローンには様々な金利のものが沢山有ります。人気の無いものは淘汰されていきますが、金利が高いのになぜか生き残っているものも多数あります。

これらのキャッシングローンにはそれぞれ特徴が有って、利用者はそれぞれその特徴を利用する事によって、他のキャッシングローンよりも有利性を感じているのです。もっとも分かり易いのが無利息のキャッシングローンです。無利息なら誰でもそれを使うだろうと言われそうですが、これらの無利息のキャッシングローンの表向きの金利はそれほど低くはなく金利だけから見るとそれほど注目されるものではありません。無利息じゃないのかと言われそうですね。

実はこれらのキャッシングローンは融資を受けた後の一定期間内に返済すれば、無利息だというものです。無利息の期間はキャッシングローンによって違いがあり、一週間以内のものや一ヶ月以内のもの、長い場合には半年以内というものもあります。したがって、自分の返済計画によりますが、この期間内に返済することが確実であるのであれば、表向き金利が高い場合であっても、これらのキャッシングローンを利用したほうが得だということになります。

したがって必要なのは出来るだけ正確な返済計画を作ることです。返済計画が狂って、大幅に返済が遅れてしまうような場合には、かえって高い金利で返済しなければならないことになり、これらのキャッシングローンを利用する意味はありません。このため狂いの無い返済計画を立てるため、自分の収入や支出を出来るだけ正確に予想できることが必須となります。返済できる目処がある場合には、これらのキャッシングローンは一押しと言って良いでしょう。

無利息のキャッシングローンだけではなく様々なキャッシングローンには差別化を図るため、それぞれに売りになる特徴があります。ですから使い方によっては金利の低いものよりも得になるものも有ります。キャッシングローンを選ぶ場合にはこのような特徴を良く掴んで自分に合ったものを選んでください。どれも使い方次第ですので、友人が良いというものがそのまま自分にも良いということでは有りません。あくまで自分を基準で選んでください。

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 >