アコム

あなたは融資を拒否されるのか!信用情報のブラックとは何?

金融機関といえばまだ銀行しかなかった頃は、融資といえば担保を取ってという形が普通でした。このため担保の無い人は融資が受けられず、大変不便な形になっていました。そこで担保を取らずに融資を行う機関が登場し、これが現在の消費者金融の原型になります。しかしこういった場合審査が甘くなってしまうため、返済に窮する利用者も多く、苛酷な取立てで『サラ金地獄』などという言葉までできて幾多の悲劇を生むことになりました。

そこで考えられたのが利用者の信用情報を登録し、審査に利用しようというものです。現在日本には何種類かの信用情報の管理会社がありますが、金融機関はこのうちのどれかを利用して、融資の申し込みの審査をすることになります。この審査を経る事によって、返済に問題の有る人が排除されて、取立てまで発展することは大変少なくなりました。ここで融資が受けられる人は良いのですが、融資を断られるような人をブラックと呼ぶことが有ります。

ただし、その申込者をブラックと判断するか否かは信用情報を判断する各金融機関であって、信用情報の中にブラックリストが作られているわけでは有りません。したがって微妙な情報が登録されている場合にはA社では融資が断られても、B社では融資が行われる可能性も有ります。また審査の厳しい銀行では融資が無理でも、多少審査が甘くなる大手消費者金融では融資が利用できることも有ります。さらに大手が駄目でも中小というように徐々に審査が甘くなっていく傾向に有ります。

ただし審査が甘くなるということは、こういう金融機関は返済不能になるリスクを背負うことになるため、徐々に貸し出し金利は上昇しますし、返済が滞ってしまった場合には、厳しい取立てが行われることもあります。したがって、銀行や大手消費者金融の融資が断られた場合には、無理をせず融資は一時諦めて、信用情報が改善できるような地道な努力をしたほうが無難です。融資を受けられない場合、生活保護を申請したり、債務整理など必要な手段をとって生活を立て直すことから始めましょう。

必要なのはブラックだからといって悲観することではなく、どうして行けばよいのか前向きに考えることです。そのような人のためには公的な相談窓口も用意されていますので、遠慮せずに相談することを勧めます。そこでは生活を立て直すために様々な助言を受けることが出来ます。また借金で首が回らないということであれば、弁護士に相談して必要な処置を取って下さい。いずれにしても早め早めの対応が大切です。

海外キャッシングは便利ですが押さえておくべき注意点が有ります

海外旅行に行くのも特に珍しいことではなくなり、場所によっては国内旅行よりも安かったりすることが有りますが、面倒なのが通貨の交換ですね。そこで多くの人が使っているのがクレジットカードで、現金を待たず、現地通貨で決済できますのでこれだけで済むのであれば大変便利です。しかし、国や場所によっては、どうしても現金が必要になることがあって、予め分かっていれば用意するのですが、急な場合には困ることがあります。そこで利用しやすいのがクレジットカードの海外キャッシングです。

この海外キャッシングは利息は付きますが両替手数料はかかりませんので、大変お得で、クレジットカードさえ持っていれば、通常のお買い物や、現金が必要になったときに何とかなりますので、お勧めです。しかしクレジットカードということで押さえておくべき注意事項があります。このあたりを理解しておかないとかえってお金のかかるような事態になってしまいまいますので、憶えておいて、なるべく有利な使い方をして下さい。

クレジットカードのキャッシングは借り続けると徐々に利息が積み上がりますので、帰国後一括して返済すると大変お得です。リボ払いなどで長期間をかけて返済していると、国際キャッシュカードなどを使って現金を引き出した場合にかかる現地銀行での非常に高い手数料を上回る利息が必要になってしまいます。したがって海外キャッシングを利用したら、一括返済して、できるだけ利息分を少なくするのがもっともお得な利用方法になります。

次に、海外旅行をしようという人にはこういう人は少ないと思いますが、キャッシング枠を利用した後、帰国してから返済できないということがあります。ですから便利な海外キャッシングですが、国内のキャッシングローンを使う場合と同じように、返済の見込みが無いようなキャッシングは利用してはいけません。海外旅行で気分が大きくなっている場合往々にして使いすぎる人がいますが、楽しんで帰ってきたら、窮地に陥っていたということだけは無い様にしましょう。

このようにクレジットカード特有の注意点や、海外旅行という環境下での注意点などいろいろと注意すべき点がありますが、要は使いすぎに注意して、借りたものは早く返すという、借金では特に珍しくない注意事項を守れば良いということです。楽しい海外旅行ですから、後になって困るようなことが無い様に、無駄な利用は慎み自分の経済状態に見合った節度のある使い方をして欲しいと思います。

改正貸金業法がアコムに与えた衝撃と経営安定化の関係

サラ金と呼ばれてイメージの悪かった貸金業を管理する目的で作られたのがいわゆる貸金業法で、サラ金から消費者金融と呼ばれるようになり、イメージの向上にも役立ちましたが、法的にはまだまだ不備な部分があり多くの問題が残されていて、業界の体質的にはなかなか脱皮できない状態が続きました。またその後の社会情勢の変化もあり新たな問題も出てくるようになって、いくつかの改正を経て2006年に成立したのが現在の改正貸金業法です。

この改正では、従来利息制限法と出資法で差があった上限金利(この間の金利をグレーゾーン金利と言う)を撤廃して利息制限法の20.0%を上限金利とし、これ以上の金利での契約が出来なくなりました。またもう1つの改正点は過剰貸付けの抑制(総量規制)と呼ばれるもので、原則として融資の上限が年収の3分の1までとされたことです。この他貸金業協会の自主規制、夜間および日中の厳しい取立ての規制、生命保険金による返済の禁止、特定公正証書作成の委任状取得の禁止などが含まれています。
(⇒改正貸金業法について

この改正によって、貸金業法に不備とされていた問題点や、社会情勢による新たな問題に対応できるようになりました。しかしこの改正では利息の上限が明記されて、従来のグレーゾーン金利部分は過払いとして返還請求できるという認識が広がったこと、および総量規制により従来顧客であった一部の人には貸し出しが出来なくなったことなどで、消費者金融会社には経営上の大きな影響を与えることになりました。また利用者側にも従来は借りられたものが借りられなくなるなどの影響が出る事になりました。

アコムも消費者金融である以上、同じように経営的に大きな影響を蒙ることになりました。特に過払いの返還請求は貸倒引当金を大きく積み増ししなければならず、財務基盤の悪化を招くことになってしまいました。そこでこの経営悪化を解消するため、提携関係にあった三菱UFJフィナンシャルグループが株式公開買い付けを行って救済しました。この株式公開買い付けによって三菱UFJフィナンシャルグループの持株比率は40%になったためアコムは三菱UFJフィナンシャルグループの連結子会社になっています。

このように経営悪化も有りましたが、良く考えれば、この法改正はアコムは昔のサラ金の悪い体質を完全に脱して、優良企業になるための1つのポイントではないかと考えられます。子会社となったとはいえ相手は巨大銀行グループです。アコムの信用力は弱まるどころか、ますます大きくなったと考えられます。ただし、利用者側から見ると、従来は審査が通っていた人が、優良企業になるにしたがって審査が難しくなるような傾向があるためその辺りの救済方法も整備されるべきだと考えます。

詳細な返済シミュレーションを行わないうちは申込をしてはいけません

キャッシングローンは要するに借金です。したがって必ず利息をつけて返済することが求められます。しかしキャッシングローンは多くの場合大した金額ではないため、返済時のことを良く考えないままに借りてしまう人が多く、中には返済に窮し、更に別のキャッシングローンに手を出して、終いには多重債務に陥ってしまうという結果を招いてしまう人もいます。このためたとえ1万円でも申し込みの前にしっかりした返済計画が必要と言われています。

キャッシングローンを利用する場合最も重要なのは返済できるかどうかということです。借りた後、自分の返済能力を超えていることが分かり破綻するようでは、そもそも審査は通ったとしても借りてはいけません。そのためには予め返済シミュレーションを行ってみることが重要です。ただこの場合良く消費者金融業者のホームページにあるような月々の返済額を計算するだけでは意味は有りません。そもそもシミュレーションは返済状況を予め予想してみることであって、返済額を計算する事では有りません。

本当のシミュレーションは自分の収入と支出を予想し、返済までの月々の余裕資金を割り出して、これが返済シミュレーションで計算した月々の返済金額をすべて上回っていることを確かめることです。上回っていなければ赤字になる月が出てくることになりますので、これを預金などから回して支払うことが可能かどうかなどを判断して、全ての月で多少の余裕を持って返済可能という結論が出ないうちは借りてはいけません。この時支出を厳密に予想すればするほどシミュレーションは信頼性が高くなります。

返済可能となった場合、それを返済計画としてまとめ、返済はその計画に沿って行うことになります。この時自分の独りよがりの計画にならないためにも利害関係のない第3者に見てもらって不備が無いことを確認してもらいましょう。この計画の下、借入を行った後は、毎月計画に狂いが無いかどうかを確認して行く必要が有ります。計画が狂い、赤字になる月が出てきたら、何が悪かったのか理由を確かめて、計画自体を改善することが必要です。

この狂った理由は次の借入を行う場合の資料になりますので忘れないようにしてください。もし計画に大きな狂いが生じ返済に支障が出る場合には、返済に支障が出ることがわかっら時点で、なるべく早く店舗の窓口に行って減額の交渉を行うようにしましょう。大手の消費者金融では一時的に減額に応じてくれる場合があります。しかしこれは返済計画に大きなミスが有ったという事になるので大きな反省点になります。忘れないようにしましょう。

申込は見合わせよう!無職のキャッシングローンの利用

改正貸金業法の規定では融資は年収の3分の1までと規定されていますが、例外としてい金融機関で50万円、他金融機関と合わせて100万円までは年収に関係なく借りられる規定があります。したがって無職の場合でも1金融機関のキャッシングローンでは50万円までは申込むことが出来ます。ただしこれは法的な規定であって、金融機関はそれぞれ独自の審査基準をもって貸出の可否を判定しています。収入が無い場合金融機関はどのように判断するでしょうか。
(⇒改正貸金業法について

金融機関は何故お金を貸すかというと、簡単に言うと貸したお金に利息分をつけて返してもらうことによって儲けが出るからです。しかし儲けを出すには利息を含めて完済してもらうことが前提になります。無職の場合安定収入は有りませんから、返済できるかどうかは極めて不透明です。それなりの資産がある場合には、考慮されるでしょうが、そういうものも無い場合には、貸出を拒否したほうが無難だということは誰でも考えることです。

したがって無職の人の場合、あまり無理をしてキャッシングローンを借りても、先々返済に窮することになって、自分の首を絞めることになりまねません。ですから、お金が必要なのは理解できますが、借りるのは賢明な判断では有りません。もし無職だったものが、就職が決まり、当面の生活費のために借りたいというのであれば、交渉の余地は有ります。就職したという証明があり、今後は安定収入が期待できるというのであれば金融機関も話を聞いてくれるでしょう。

では無職の人は死ねというのか言う人もいるかもしれませんが、無職でお金を借りるのはいくらなんでも無責任です。考え方を変えて、一時的にでも生活保護を申請したほうが良いと思います。収入が無いわけですから、すぐに手続きをしてくれると思います。経済状態が悪いわけですから、仕事を探すとしても長期戦が必要になることが多いですので、生活保護は生き残るためにも必要なことです。長年税金を納めているわけですから、困ったときには利用しましょう。

無職の人は、今までまじめにやってきた人ほど精神的のも追い詰められるケースが多く、キャッシングローンの審査が通らなかっただけでも、かなりの痛手になる人もいます。キャッシングローンの審査も金融業者によって様々で中には大変甘い審査で、無職でも50万円を貸してくれるところも有ります。しかしこういう業者は取立てがひどかったり問題が多い所が多く、安易に借りるにはリスクが高いことを知っておきましょう。

キャッシングローンの返済期間は返済計画に沿ったものを選びましょう

キャッシングローンを借りたいけど月々返済に回せるお金の余裕はあまり無いというときは、本来は借りないほうがいいのですが、返済期間を長く設定して、月々の返済額を出来るだけ小さくするという方法が考えられます。そこで気になるのがキャッシングローンの最長返済期間ということになります。キャッシングローンを選ぶ場合には、自分の支払能力を充分把握したうえで、ライフサイクルに合ったものを選ぶことが重要になります。

まず大変重要なことを確認しておきます。キャッシングを利用すれば借りた元金に決められた金利で計算された利息が加算された金額を返済しなければなりません。この利息は返済期間に応じて累積していきますので、返済期間を長く取るということはそれだけ掛かる利息は増え、場合によっては元本にも増す形で利息が掛かることも有ります。したがってキャッシングローンを選ぶときには支払能力だけでなく、利息の額も良く考えて選ぶことにしましょう。

キャッシングローンの最長返済期間は、最短のものでは最終借り入れ後3年間36回の返済になります。最も長いものになると同じく13年半で140回までということになります。13年半あれば返しきれると思いがちですが、期間が長くなればこの間にもお金が必要になる可能性も増えるわけですから、返済に対するリスクは残ります。しかも13年半借りれば利息も半端な額ではすまなくなり、はっきり言ってあまり上手な借り方とは言えません。

とにかく最長期間としては、様々なものがあり、充分利用者のニーズにはこたえられると考えられます。利用者は自分の返済計画に沿って、返済期間や金利などから選んでください。注意が必要なのはこの返済計画を立てる場合、返済能力と利息の額です。返済能力は充分あるが、月々の返済はいろいろと物入りなので、低い金額を設定したいという場合、あまりに長い期間を設定すると利息が増えて、あまり勧められません。かといって短過ぎると返済できなくなるということになり、慎重な計算が必要です。

ただし、最初は長い返済期間を設定しておいて、余裕が出来た所で、一括あるいは多めに返済すれば返済期間が短くなる、あるいは元金が小さくなるため、利息は当初の予定よりも大幅に少なくなります。したがって当初返済に問題がありそうな場合には、長期の返済期間を設定しておくのも良い戦略になる可能性も有ります。ただしお金を借りるときの鉄則としては、借り入れは自分の返済能力以上に借りてはいけないということです。返済期間を設定する場合もこの点を忘れてはいけません。

杜撰な返済計画はあなたを自己破産に追い込みかねません

ちょっとお金が足りないというときに、手軽で便利なのがキャッシングローンで、利用している人も多いと思いますが、手軽すぎるためか返済計画が無いあるいは大変杜撰なものしか作らないといった安易な利用者が激増しています。この結果返済できず債務整理に追い込まれる人も利用者数に比例して増加傾向に有ります。債務整理には、任意整理、特定調停、個人民事再生、自己破産の4つが用意されていて、できる範囲で返済を行えるようになっています。

その中で残念ながら資産を全て返済に充てても債務が残り、返済の見込みが立たない場合に行われるのが自己破産です。自己破産は要するに残りの債務を帳消しにするということで債務整理の方法の中でも最終手段ということになります。、当然ですが社会的信用は失墜してしまいます。最近では安易に自己破産をしてしまうケースも増加していますが、確かに債務は消えますが、社会生活を営む上では大きなリスクがあることも忘れてはいけません。

自己破産を考える場合には、弁護士などに相談して、あらゆる返済方法を検討してみて、出来るだけ自己破産を避けられる方法を考えてみてください。それでもどうしても避け難いというときに限って取る方法だということを憶えておきましょう。自己破産の手続きは、まず弁護士に頼んで、破産手続開始の申立てと免責許可の申立てを地方裁判所に対して行います。自分で行う事も可能ですが、法的手続きのため専門家に頼んだほうが無難です。

1~2ヵ月後に裁判所において破産の審尋を裁判官から受け、免責不許可事由に当たらないと判断されれば数日中に破産手続開始決定が行われます。このあと資産が有る場合には管財人が選出され資産を処分して債権者に配分され、免責の審尋を経て免責許可を受けた場合に官報に掲載され自己破産したことになります。したがってこの時点で所有していた不動産などは処分されてしまうわけです。自分にとっても非常にリスクの高い方法だということが分かると思います。

自己破産が成立するまでには最短でも3ヶ月程度、長い場合には1年以上かかってしまうこともあります。既に説明したとおり自己破産には大きなリスクがありますが、この自己破産は人生をリセットさせるチャンスが出来ることでもあります。法律によって用意された再出発の機会と言えるでしょう。ですから安易に自己破産するのは周囲に対しても迷惑をかけるため勧められませんが、どうにもならなくなった場合の有効な手段と言え、利用したからと言って恥ずかしいと言うような性質のものではありません。

返済できるか出来ないか!まずは返済シミュレーションをやってみよう

お金を借りたときに最も気になるのは、本当に返していけるのかということです。しかしキャッシングの場合利用額が非常に小口のため、このような心配をする気持ちが希薄になりがちで、じっくり考える機会を作らない人も多いのではないでしょうか。返済が破綻してしまった人の中には、この時点でじっくり考えておけば破綻を回避できた人も大勢いるはずです。ですから小口と言えどもこのような機会を持つことは極めて重要なことになります。

ではどうやってじっくり考えるかということになりますが、それは返済を融資を受ける時点から完済するまでシミュレーションすることです。それなら行ったと言う人がいるかもしれません。しかし多分それは金融機関のホームページにある返済シミュレーションを行ったと言うことだと思います。この返済シミュレーションはシミュレーションとは言いながら借入額と返済期間を入力して返済額を計算するもので、単なる計算であって、お世辞にもシミュレーションなどと言うものでは有りません。

シミュレーションと言うのは実際の状況を仮想的に実施して、返済して行けるかを見ることであって、返済額を計算することでは有りません。この為には返済期間中の自分の収入と支出を出来るだけ正確に予想することが必要です。正確性を上げるには前年の同時期の収入と支出を参考にして季節変動なども加味することが必要です。さらに返済がぎりぎりの状態では、突発的な出費に対応できませんから、ある程度の余裕を持たせることも忘れてはいけません。

こうして返済までの各月の収入と支出が予想できれば、どの程度の余裕ができるかが分かりますから、これが返済金額を上回っていれば返済できることになります。ここまでやってはじめて返済シミュレーションということです。もし返済できないということであれば支出内容を見直してみてください。不要不急の支出を削るなどをして再度シミュレーションしてみましょう。それでも駄目なときは返済期間を見直すことも必要になります。

なかなか返済が出来ないときは、そもそもその借り入れ自体に無理があると考えたほうが無難です。自分の返済能力ではその借り入れはできないと言うことです。したがって前提を曲げておかしなシミュレーションを行うのではなく、借り入れ自体を一度白紙に戻し、本当に借り入れが必要なのか、借入額をもっと減らせないかなどから考え直すことが必要です。必要なお金であっても、返済の破綻が予想されるようなキャッシングはしてはいけません。

返済のための新たなキャッシングは多重債務の入り口かもしれません

生活をしていく中ではお金が足りなくなることも多々あります。そこでキャッシングを利用してそういうときの助けにしようと考える人は大勢いて実際に利用している人も少なくは有りません。この中には慢性的に収入が不足していて返済ができず借入残高が徐々に増えて行っている人もいます。すぐに分かるように、このような場合には近い将来、利用限度額に達してしまいます。利用限度額に達すればもう借りられませんから、そこでどうするか考えなければならなくなります。

普通であれば、借入残高が徐々に増え始めた時点で生活を見直すなどして、借入残高を減少に転じさせることを考えますが、一部の人は生活の維持を優先して、借入を続けるため、新たな借入先を探すことになります。法的には年収の3分の1までは借りることが出来ますから、新たなキャッシング先を探すこともそう難しくは無いでしょう。このため一つ目のキャッシング分の返済するためにさらに別のキャッシングを利用する形が出来上がります。

これが進むと、さらに別のキャッシングというように借り続けるようになってしまいます。こうして最終的には年収による制限枠まで借りることになって、それ以上借りられなくなります。当然返済は難しいですから多重債務を負って債務整理ということになります。さらに闇金から借りるという人もいますが、とにかく返済できないことには変りは有りません。ここまで行く前に何とかしてキャッシングの利用を止めて、借入額を減少させていかなければなしません。

そのためには、何件もキャッシングを利用してしまうと月々の返済額が大きくなってしまいますので、返済を目的とした2件目以降のキャッシングは借りないようにすることが必要です。1件目で借入額が増加していっている時点での対策が是非必要です。そのためにはなぜ収入の中から返済できないのかを考える必要が有ります。まず収入と支出を全部洗い出してみましょう。その中から不要不急の買い物を排除します。それでも足りないときはそもそもの生活レベルを見直す必要が有ります。

日本の経済状況はデフレによって国民の収入も減ってしまっていますが、生活は従来のままというのでは無理が出てくるのは当たり前です。収入額に見合った生活レベルまで下げなければ、生活は破綻してしまいます。ですからお金を借りて生活レベルを維持するということは止めて、自分の生活力に見合った生活をすることが、多重債務を回避して借入額を減らしていくためには大変重要なことになります。

あなたは金融機関の審査をパスしてキャッシングが利用できるのか

ちょっとお金が足りないからキャッシングでも利用しようと考える場合は多いと思いますが、キャッシングローンというか各種ローンでも同じですが、借りる前には金融機関の審査に通る必要が有ります。ようするに借り手に十分な返済能力があるかどうかを金融機関側が事前に確認する手続きということです。もちろん金融機関によって審査基準が違いますし、公になっているわけではありませんので、通るか通らないかは実際にやってみるしか有りませんが、基本的なところは確認しておきましょう。

まず調査されるのは借り手が信用情報にブラックとして登録されているか居ないかということです。たとえば以前に何等かのローンの返済に支障があったとか、クレジットカードの引き落としが出来なかったとか言うだけでも情報として登録されます。これを各金融機関が判断して問題が有る場合には、キャッシングローンの利用は許可されません。ですから、現在キャッシングローンを利用する必要が無くても、日々の支払いを怠るようなことがあると将来影響が出ることが有りますので注意が必要です。

次に最も重要なのが安定した収入ということになります。法律が改正される前には収入が無くても資産状況などから審査が通ることは有りましたが、たとえば専業主婦の買い物依存症やパチンコ依存症などに利用されたりすることがあり、法律の改正後には年収の3分の1までしか借りることが出来なくなりました。したがって審査の最も大きなポイントは安定した収入があるかどうかということになります。このためどんなに資産があっても、無職の場合には借りることが難しくなりました。

では専業主婦の場合には審査は通らないかというと、収入の有るご主人の同意があれば収入についてはクリアできます。これで以前のようにご主人に内緒で借入れを繰り返すようなことは少なくともなくなりました。また以前は学生相手の学生ローンのようなものもありましたが、現在では収入が証明できない限り学生相手に貸し出すことも難しくなりましたので、業務から撤退する消費者金融業者も増えています。いずれにしても、以前のような無理な取立てによる悲劇は減少したと言えるのではないでしょうか。

この他各金融機関で様々な基準が設けられていますが、概して言えば大手銀行の審査が最も厳しく、次が大手消費者金融となり、審査が甘くなればなるほど、リスクの高い金融機関になる傾向が有ります。それでも審査に通らず、やむを得ず闇金に手を出してしまうという場合もありますが、借り入れができず行き詰ってしまった場合にはなるべく早く、公的機関や弁護士などに相談することを勧めます。

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 >