アコム

アコムでキャッシングするとこんなに便利!

アコム

初めてのアコム

お金が必要ならアコムで借りましょう!初めての人にも親切丁寧にサービスの説明をしてくれますし、三菱UFJファイナンシャル・グループだから安心です。全国に店舗はありますし無人契約機も充実。キャッシングをするならアコムで決まりですね!



キャッシング

キャッシングの知識

キャッシング利用が初めての方も、そうでない方も、キャッシングについての基礎知識を知っておきましょう。総量規制ってなに?利用規約などでの注意点は?闇金や悪徳業者と関わってしまわないために、などとても重要な情報が満載です。



キャッシング 申込み

キャッシングの申込みや審査

アコムでお金を借りるなら無人契約機や店舗、またネットなどから申込みをしましょう。その後審査をされてOKであれば融資を受けられます。申込みには何が必要なのか、どんな人なら申し込めるのか、また審査は何を見られるの?といった皆さんギモンを解決いたします。



返済 金利

返済方法や金利は大丈夫?

キャッシングでの返済方法や金利計算の仕方は大丈夫ですか?「とりあえず返せばいいや」なんて思っていると損してしまうかもしれません。一括と分割返済それぞれのメリット・デメリットを紹介。また金利についても自分で計算できうようになってしまいましょう。



借入

アコムが便利でオススメする理由

お金を借りたければ、銀行ローンもありますし、クレジットカードのキャッシング枠、また貯金を崩したり、友人や親から借りるなんて手段もあります。それでもアコムがオススメなのには理由があります。何故アコムなのか?そこに迫っていきます。



外国人はキャッシングが難しいの?申し込みに必要なものは?

外国人だと、日本人といろいろと違うところがあるものです。キャッシングもそのひとつ。外国人だとキャッシングできるのでしょうか。

外国人がキャッシング申し込みするのに必要なもの

カードローンの会社やクレジットカードの会社では、外国人であっても、ある条件さえ満たせば申し込みと審査ができます。

それは、日本人が申し込みするときに必要な書類の他に、「外国人登録証明書」を提出することです。カードローン会社は基本的に保証人がいらないでキャッシングができるところですから、保証人よりも、収入や立場などが重視されるので、保証人のことはそこまで気にしない方がいいでしょう。

ですので、収入が安定してさえいれば、外国人であっても審査や申し込みはできます。大切なのは、本人確認ができることと、収入があって、返済能力があるということです。

外国人だと審査に通りづらい?

ですから、上に上げたことを満たせば、外国人でもキャッシングができる、というのが表向きではあるのですが・・・。多くのカードローン会社では、外国人への審査がどうも厳しく?なっているのかもしれません。

それは、外国人の場合、「帰国してしまうかもしれない」というカード会社のデメリットがあるからです。

もし、外国人がキャッシングを100万円して、返済せずに帰国してしまった場合、その連絡や返済までの道のりが、日本よりもややこしく大変なことになります。ですから、万が一のことを考えると、キャッシング会社は、できるかぎり身分のはっきりしていて連絡の取りやすい日本人の方を審査に通りやすくするのです。

「外国人でも大丈夫」のカード会社に注意!

こういう実態があるので、外国人は、ヤミ金融のいいお客さんになってしまうことがあります。外国人だと大手では借りにくいですよ、と持ちかけて、法外な金利を取ってむりやり貸し付けるのです。

ですから、「外国人でも借りやすい」というようなあまいうたい文句を宣伝する、聞いたことのないようなカード会社には注意しましょう。

キャッシングの本来の意味は?カードローンや消費者金融とどう違う?

このカタカナ言葉。勘違いしていませんか?

「カードローン」「キャッシング」。それに加えて、消費者金融会社や銀行系カードローン?これらはすべてお金の貸し借りに関係するものだということはわかりますが・・・具体的にはどう違うのでしょうか。

キャッシングの意味

キャッシングは本来「借りたら一括で返済する」という意味です。

たとえば、あなたが10万円のハンドバッグをどうしても買いたいとします。しかし、今はお給料前であり、10万円が用意できません。

そんなとき、クレジットカードなどを利用すれば、お金を払うのより先に、ハンドバッグを手に入れることができます。10万円はお給料が入ったあとの「支払日」に、あなたの指定の銀行口座などから引き落とされます。

その10万円を一括で、いっぺんに返済する(引き落とされる)というのが、キャッシングのそもそもの意味です。

カードローンはキャッシングとどう違う?

対して、カードローンはなんなのでしょうか。

カードローンは、カードを使った「ローン」の総称です。ローンとは、一括で返済するのではなく、一ヶ月に○○○円と決めて、数ヶ月単位で返済するという意味です。「12回払い」のようなものですね。実際は金利がついているので微妙に違ったりもするのですが、だいたいそんな意味です。

ですから、同じカードを使った借り入れではあるものの、キャッシングとカードローンは意味がもともと違うのです。

しかし、実際のところ、キャッシングとカードローンは混ぜて使われています。カードを使った借り入れのことを、カードローンと呼んだりキャッシングと呼んだりしている人が多いのです。

実際は、消費者金融会社は基本的にカードローンを商品としていて、キャッシングとは違うのですが・・・「消費者金融でキャッシングする」などという感じで使われているようですね。

複数の借り入れがあって困っている時に少しでも楽になる方法

キャッシングを重ねている人の多くは、ひとつの会社にキャッシングしているわけではなくて、複数の会社にキャッシングやローンを重ねているという現状があります。

なぜ複数の会社で借り入れをするの?

キャッシングがひとつの会社だけで済まないのは、キャッシングにどんな点があるからでしょうか。

ひとつの会社で審査が通ってキャッシングできるようになっても、いつでもお金を自由に借りられるというわけではありません。なぜなら、カードには「限度額」があるからです。

あなたの限度額が40万円であれば、40万円分お金を借りたら、返済するまで追加で借り入れができません。

でも、どうしてもお金が足りない・・・。そんなときは困ってしまいますね。ですから、新たな会社に申し込みをして、新しくカードを作り、そこから借り入れするという方法を取るのです。

複数の会社から借り入れがある人は、こんな道を通っている人が多いです。

複数のカードを作るデメリット

複数の会社に申し込み・審査を受けるというだけでは、そこまでのデメリットではありません。デメリットとなるのは、お金の借り入れが複雑になって、管理がしきれずに、返済が大変になってしまう、ということです。

会社ごとに、限度額も金利も違いますし、支払い方法も違うように指定すればそれも違ってきますよね。カードが増えれば増えるほど、どこにいくら借りていくら返済すなければならないのか、なにがなんだかよくわからなくなってくるのは当然です。

お金の管理ができないということは、返済しきれないくらいかりてしまうということにつながります。これが、複数の会社から借りる大きなデメリットです。

返済が大変!どうしたら・・・。

最初は小さな金額であっても、いつの間にかどんどん増えていく。どうしたらいいの?!頭を悩ませてしまいますよね。

そんなときには、返済専用のローンに借り換えするというのもひとつの方法です。借り換えすれば、もうお金を借りることはできなくなってしまいますが、返済するプランは立てやすくなります。しかし、審査が難しいのと、これまでお金を借りるのが当たり前だった生活を変えるのは大変であるという、壁があります。

借り入れする生活も守りながらも返済するためには、脇目もふらず返済し続けるしか方法はありません。諦めてしまえばそこで終わり。自己破産までいってしまうこともあります。

しかし、とにかくがむしゃらに働き続け、1円でも多く返済し続ける。仕事で忙しくて悩むひまもない。そんな生活をある期間おくれば、返済ができることでしょう。

キャッシングの利用歴があると住宅ローンの審査にどう影響が出る?

人生で一度!の、高い買い物といえば、住宅ですよね。一度で払うことができればいいけれど、そんな大金、一度に用意できない!そんなあなたの味方が、住宅ローンです。

住宅ローンの審査に通りづらい人って?

金利も低く、何千万円もする住宅の費用を少しづつ支払うことができる住宅ローン。多くの人が、住宅ローンを利用しています。

しかし、人によっては、住宅ローンが組めないこともあります。たくさんのお金を銀行などが貸してくれるのが住宅ローンですから、絶対に返済してローンを終わらすことのできる人ではないと、銀行などの金融機関も、住宅ローンを組ませてくれません。

ですから、住宅ローンには審査があります。審査では、あなたの返済能力を見られます。つまり、一定の収入があるかどうか、社会的信用がきっちりあるかどうか、住宅を建ててもそれを守っていけるかどうか、などが審査の基準です。

当然ながら無職の人は審査に通ることはできません。収入が不定期のような人も、難しいかもしれません。

キャッシング利用歴があると住宅ローンは通らない?

気になるのが、キャッシングのことです。住宅ローン以外に借り入れがあれば、もしかしたら住宅ローンの審査に影響が出るのではないか?と考える人が多いのです。

確かに、カード会社や銀行などにキャッシングを重ねていて、返済するのが現状で難しいような人は、住宅ローンの審査に影響が出るかもしれません。しかし、キャッシングを利用したことがあるというだけでは、住宅ローンの審査にはほぼ関係がないといってもいいのです。

先程も説明しました通り、住宅ローンではあなたが返済できるかどうかを審査します。あなたがキャッシングをしていたとしても、滞りなく返済していて便利に使っているだけであれば、住宅ローンも同時に組むことができるのです。

同じ銀行でキャッシングと住宅ローンを同時に利用する

むしろ、キャッシングは住宅ローンの味方?といえるかもしれません。「銀行カードローン」などで、各銀行でキャッシングしていた場合は、同じ銀行での住宅ローンに申し込みやすいということがあるからです。

もちろん、あなたがうまくカードローンを使えていなくて、返済が厳しい状態なら別ですが、あなたが、たくさん借りてすぐに返してくれるような、銀行側にとっては良いお客さんだった場合、銀行側にとってもあなたがお客さんになることはメリットになるのです。

キャッシュカードでキャッシングはできない!適したカードは?

多くの人が勘違いしていること。それが、「キャッシュカード」と「キャッシング」の関係です。

キャッシュカードってどんなカード?

キャッシュカードとは、銀行などの金融機関が発行しているカードのひとつです。

あなたがとある銀行で口座を作ります。そのときには通帳をもらいますよね。昔はその通帳が、銀行にとってのあなたの身分証でした。通帳があればお金を入れたり出したり自在にできるというわけです。

一方、現代では、お金を銀行から引き出したり預けたりするのには多くの場合機械を使います。町中にたくさんあるATMですね。

つまり、出先でかんたんにお金を引き出すことができる世の中になっています。そんなときに、通帳をいちいち持ち歩くのは大変。ですから、持ち歩きやすい本人確認用のカードで、身分証代わりにしているのです。それが、キャッシュカードです。

キャッシング?キャッシュカード?

ところで、「キャッシング」という言葉があります。キャッシングは、お金を銀行やカード会社から借りることの総称として扱われているカタカナ言葉です。

「キャッシュカード」と「キャッシング」。語感がとても似ていますよね。ですから、カードで借りるキャッシングとキャッシュカードがひとつのイメージになってしまって、「キャッシュカードがあれば銀行からお金が借りられる」という間違ったイメージが生まれてしまったのでしょう。

しかし、あくまでお金を預けたり引き出したりするためのカードがキャッシュカードであって、お金を借りる機能はない、ということを覚えておきましょう。

キャッシングするのはクレジットカード

それでは、「キャッシング」できるのはどんなカードなのでしょうか。

クレジットカードがそのひとつです。クレジットカードを持っていれば、現金を持っていなくても便利に買い物ができます。お金はあとからはらえばよく、しかも、自動的に銀行口座から引き落とされるからです。

そのクレジットカードには、「ショッピング枠」と「キャッシング枠」がついています。あなたの銀行口座にお金が十分にあって、そこからあなたの買い物の代金が引き落とされるのがショッピング枠です。

対して、今月はちょっと厳しいな・・・というときに、1ヶ月や2ヶ月あとに返済するために一時的にお金を借りることができる機能がキャッシングです。

キャッシングの返済を諦めない!悩んでいないでとにかく返済しよう

初めてのキャッシングでは、なにかと不安なことがありますよね。

きっちり将来のことを考えているあなたなら、「もし返済できなかったらどうしよう・・・」と、少しでも、考えたことがあるのではないでしょうか。

キャッシングを返済できなくなる時

本来なら、ちょっとお金に困ったときに便利に使えるキャッシング。お金はあとから支払い、欲しいものを先に手に入れる。そんなふうに時間を買うのがキャッシングです。

しかし、カード一枚さえあればお金をすぐに借りることができる手軽さも手伝い、ちょっと借りるだけのつもりだったのが、返済しきれないくらい借りてしまった!なんてことも実際にあるのがキャッシングの恐ろしいところです。

キャッシングを返済できない時は、お金の管理ができなくなってしまう時です。今月はいくら使った、というのが、現金だとわかりやすいですが、お財布に入っているお金以外が動いているキャッシングでは、あなたが使った分のお金が実感できないのです。

そうなると、ついつい買い物をしすぎてしまったり、気持ちが緩んでしまったりします。気がついたときには「えっ?!こんなに返済しないといけないの?どうしよう・・・」となってしまうのですね。

もしキャッシングの返済に苦しんだら

「自分はまさかこんなことにならない」と、誰もが最初は思うものですが、キャッシングを利用する以上は、返済し切れなくなる日が来る可能性はゼロではないということを覚えておきましょう。たとえば、病気になって働けなくなってしまったら・・・と想像しても、その意味がわかりますよね。

万が一キャッシングの返済に悩んだら、このことをぜひ実践してみてください。

まずは、新しい借り入れを作らないこと。借金を借金で返済するのは絶対によくないことです。借金が増えることにほかなりません。

そして、悩むひまもないほどに、一生懸命に働いてとにかく返済し続けることです。たとえば100万円もキャッシングがあると考えると気が遠くなってしまいますが、明日1000円返そうと思うとできるような気がしませんか。千里の道も一歩からと言いますが、返済も、まさにこれが当てはまるのです。

「生活保護でもキャッシングできる」甘い文句にだまされないで!

「生活保護でもキャッシングできる」あなたはそんな宣伝文句を聞いたことはありませんか。

生活保護の暮らしではキャッシングはできない

生活保護を受けていると、新たな借り入れはできません。バレた場合は生活保護を取り消されてしまいます。

しかし、生活保護を受けているからといって、今持っているキャッシングのためのカードを取り上げられるというわけではありません。生活保護を受ける前のあなたの持ち物は基本的にそのまま持っていることができるからです。

しかし、カードを持っているからといって、新たな借り入れをすることはできません。

カード会社の真っ当な対応

もしあなたが生活保護を受けていることを隠してカード会社に借り入れを申請したとしても、ちゃんとしたカード会社ならば、あなたを審査に通さないでしょう。個人情報を開示できるからです。

しかし、ルールを侵しているとわかってはいても、どうしてもお金に困ることもあるのが人間なので、生活保護だろうがキャッシングをしたいというふうに考えてしまう時もあります。

その気持ちを利用して、悪質な業者がお金もうけを考えているのです。

「生活保護でもキャッシングできる」はワナだった!

正規の届けを出していないカード会社は「ヤミ金融」と呼ばれています。ヤミ金融の中には、あらゆる甘いうたい文句で宣伝して、お金に悩んでいる人たちからたくさんのお金をふんだくる!という悪質な業者が多いことはご存知の方が多いでしょう。

生活保護でもキャッシングできるというオイシイ話はふつうはありません。ヤミ金融に引っかかって大切なお金を失わないようにしてくださいね。

キャッシングできない?!いきなり利用停止になった理由は・・・

とつぜんキャッシングができなくなった!あなたはそんな経験がありませんか。なぜキャッシングが停止されてしまうのでしょうか。

突然「キャッシング停止」の知らせが来た

カードを作った銀行やカード会社から、とつぜん「キャッシング枠利用停止のお知らせ」が来た!驚いてしまいますよね。

もしあなたがキャッシングを使いすぎて返せないくらいの借金を背負ってしまったとしたら、キャッシングが停止になるのも納得できます。

しかし、これまでにカード利用でなんの失敗もしていないはず。むしろ、キャッシング枠は一度も使ったことがない!それなのに、キャッシング利用枠が停止されてしまった、という場合は・・・焦ってしまいますね。

まさか誰かが不正利用したの?!

最初に疑ってしまうのは、「もしかして、自分のカードを使って誰かが買い物やキャッシングをしてしまったのでは?」という恐ろしいことです。

自分に身に覚えのない停止の知らせがきたら、第三者のことを疑ってしまうのも当然ですが、どうやら、カード会社は、そのようなことだけであなたのキャッシング枠を停止したりはしないようです。

もし心配なら、不正利用されたかどうかを確かめることができますので、カード会社に問い合わせてみましょう。

しかし不思議です。なぜキャッシング枠が急に停止されたのでしょうか。

カード会社の都合で止められた可能性もある

キャッシング停止の理由をカード会社に問い合わせてみたところ、「個人情報なので開示できません」のように言われてしまうことでしょう。カードローンなどの審査に通らなかった場合も同様にその理由は教えてもらえません。ですから、詳細は闇の中なのですが・・・。

どうやら、カード会社の都合でキャッシング枠が止められてしまったという場合もあるようです。もともとキャッシングを利用していなくて、今後も使う予定がなければ、そこまで気にすることはないのかもしれません。

銀行でのキャッシングとカード会社のキャッシングはどう違う?

キャッシングの基礎知識のひとつである、銀行でのキャッシングとカード会社でのキャッシングの違いについてわかりやすく解説します。

銀行で申し込むキャッシングって?

多くの人が誤って認識しているのが、「銀行からもらったカードでキャッシングできる」ということです。

銀行などの金融機関で口座を開くと、通帳とともに「キャッシュカード」がもらえます。キャッシュカードがあれば、銀行の他、街の中にたくさんあるATMで、銀行が閉まっている時間でもお金を引き出すことができます。

キャッシュカードはあなたの銀行での身分証のようなものです。キャッシュカードとキャッシングは言葉が似ていますが、キャッシュカードを持っているだけではキャッシングはできません。

キャッシングを銀行でするなら、新たに申し込みをしなければなりません。申し込みして審査に通れば、晴れて銀行からキャッシングをすることができます。

消費者金融会社でのキャッシング

一方、銀行ではなく、カードを使ってお金を便利に借りることができるサービスを行なっている会社がたくさんあります。あまり名の知られていないものも合わせると大変多い数になります。

銀行では、キャッシュカードなどでのお金の引き出しや預入ができたり、他にもたくさん私たちの身近なことを相談できますが、消費者金融会社(カード会社)では、基本的にキャッシングだけのサービスです。

カード会社と銀行のキャッシングの違いは?

さて、カード会社と銀行のキャッシングはどう違うのでしょうか。

銀行は、カード会社に比べて、金利が低めです。お金を安く借りられるのですね。できるだけお金を安く借りたい場合は、まずは銀行に申し込んでみるのもよいかもしれませんね。

しかし、銀行は審査がカード会社に比べると厳しいともいわれています。

一方、カード会社は、サービスが銀行に比べて充実しています。キャッシングだけを商品としていますから、銀行よりも充実したサービスを行ってお客さんを集めるのです。

ですから、即日審査をしてくれたり、銀行では借りるのが難しい場合もカード会社ならば素早く借りることができたりもします。

キャッシングは人気で選ぶな!初めてのキャッシングで重視したいこと

キャッシングを初めてする時には、どの会社にしたらいいか迷ってしまいますよね。初心者のあなたに最適な決め方をご紹介します。

カード会社がありすぎ!どうしよう?

インターネット上で「キャッシング」と検索しても、あまりにたくさんヒットするので、どれからどう見ていけばいいか迷ってしまうのではないでしょうか。

その上、「キャッシング」「カードローン」「クレジットカード」など、お金を借りる方法は様々あるために、どれから始めればいいかも迷ってしまいます。

たくさんありすぎてわからないから、とりあえず、誰もが使っている人気のキャッシング会社や銀行カードを探そう、というふうに思うかもしれませんね。

しかし、安易に人気だけで選んでしまうと、もしかして失敗してしまうかも・・・?

人気のキャッシング会社が必ずしも人気ではない?!

インターネットのサイトのランキングなどで、人気ナンバーワンとかナンバーツーとかでキャッシング会社が分けられていることがあります。

人気の会社がすぐに分かって便利なように思えますが・・・そういうサイトの中には、宣伝目的のみでサイトをたちあげているものもあるので注意が必要です。

キャッシング会社がお金をはらって「1位にしてください」と頼んでいるのです。それでは、本当に人気とは言えませんよね。

しかし、そのランキングが本当に人気でランク付けかされているかどうかを見抜くのは、キャッシング初心者ではなかなか難しいところがあるのです。

初心者のカードは有名なものから選択しよう

人気なカードを選ぶ自信が今のところなければ、とりあえず、名前の知れた会社を選ぶのがよいでしょう。

大手や有名な会社であれば、ヤミ金融のような厳しい取り立てもありませんし、ていねいな接客をしてもらえます。また、サービスも充実している場合が多いです。

さらに、大手の会社が審査に通りやすいかどうかは別問題ではありますが、審査を初めて受けるときの基準にはなりやすいでしょう。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 >