アコム

任意整理が出来なくなる?最近の債務整理の問題点

キャッシングローンの利用者が増えて、お金が足りないときに安易に借りる人が増えていますが、このような場合返済計画が杜撰で返済が出来なくなるケースが増加傾向に有ります。これらの返済不能者を救済する仕組みが法的に整備されており、これが債務整理と呼ばれるものです。債務整理には任意整理、特定調停、個人民事再生、自己破産の4つの方法が用意されていますが、これ等の方法を実施するには、法令に詳しい事が要求されるため、普通の人では難しく、弁護士に頼むしか有りません。

債務整理の方法の一つである任意整理は、四つの債務整理の方法の中では最も以後の生活に影響の少ない方法です。債務整理は債権者と債務者が裁判所で法の下で返済方法を決めることですが、任意整理は裁判所には行かずに弁護士と債権者の間の話し合いで返済方法を決めるものです。したがってこの方法は正式な法的手続きでは有りませんから、両者間で合意に達することが無ければ、返済方法は決められず、債務整理を行うことは出来ません。

任意整理では、利息制限法を適用して債務自体を出来る限り減らし、通常は3年、最長で5年で返済する返済計画を立てます。当然ですが任意整理では返済計画の実行が前提になりますから債務者にある程度の収入があることが必要になります。もし、収入自体が無いのであれば、任意整理で合意することは事実上無理で、別の方法を考えなければなりません。したがって債務整理する場合には自分の状態というものを弁護士に良く相談することが必要です。

任意整理自体は本来正式な法的手続きという訳ではありませんので、弁護士に頼らないで自分で行っても良いのですが、債権者である金融機関は金融のプロ集団であるため、債務者に対して不利な合意を結ばされる可能性が高いくなってしまいます。したがって費用はかかっても必ず弁護士に依頼するようにしましょう。

ただし今までの任意整理では、グレーゾーン金利などを使っている以前のローンを前提に利息制限法を厳格に適用して金利を減らし、債務自体を減らすという手法で行われるのが普通でした。しかしこの方法は金利が利息制限法の上限金利を守っていた場合には使うことが出来ません。したがってこのようなローンの場合には金利自体を減らしてもらうなどの交渉が必要になりますが、合法な金利ですので合意に至ることは大変難しくなります。特に改正化資金業が成立した後の最近のローンでは任意整理は難しくなるとされています。

このようにいったん返済に窮してしまうと大変ですので、借入額がどれほど小額であっても借金であることを忘れず、事前にしっかりした返済計画を立て、これに則って着実に返済していくことが必要です。

短期借入に向くクレジットカードキャッシングってどんなもの?

最近ではクレジットカードを持っていない人のほうが珍しくなりましたが、クレジットカードにはショピング枠のほかに利用者の信用力によって枠の大きさはそれぞれ違いますがキャッシング枠が付いている場合が殆どです。このキャッシング枠を利用して融資を受けることをクレジットカードキャッシングと言います。このクレジットカードキャッシングの良い所は、銀行のカードローンのように新たに申込んで審査を受ける必要が無いことです。クレジットカードの申し込みさえ通っていれば誰でも利用できます。

ただし、欠点もあります。それは他のキャッシング商品に対して少々金利が高いと言うことです。したがって利用する場合もその特徴を理解した使い方が有ります。基本はクレジットカードキャッシングを利用したら高い金利のために長引けば長引くほど利息が積まれてしまいますので出来るだけ早く返すことです。利用する場合にはせいぜい数日以内に返済してしまうようにして下さい。それ以上長引くのであれば別のものを利用することを考えましょう。

クレジットカードキャッシングのもう1つのお勧めの利用法は海外で急に現金が必要になった場合です。通常観光客が行くような所ではクレジットカードで用は足りるはずですが、時として現金が必要な場合、国際キャッシュカードだと現地銀行に非常に高い手数料を取られてしまいますす。しかしクレジットカードのキャッシング枠であれば手数料無しで現地通貨を引き出すことができます。注意が必要なのは帰国後にはすぐに返済することです。長引けばキャッシュカードの手数料以上に利息がかかってしまいます。

このようにクレジットカードには日常生活で支障が出たときに短期だけ利用するというクレジットカードの特徴に合った使い方が有りますので、日常生活でキャッシングローンをうまく使いたいと言う人は常時クレジットカードキャッシングを使うのではなくて、中長期には中長期向きのものを用意し、両者を使い分けると良いでしょう。便利だからクレジットカード1枚で済ませると言う人はシャッピング枠だけを使い、キャッシングには利用しないほうが良いかもしれません。

クレジットカードキャッシングも含めてキャッシングローンの最大の問題は利用し易すすぎて、ついつい利用額が多くなってしまうことです。特にクレジットカードキャッシングの場合金利が高いですから利用額がかさめばすぐに馬鹿にならい額の利息になってしまいます。したがって、キャッシングを良く利用するような人は短期の返済の目処が無いままクレジットカードキャッシングを利用しないというルールを予め決めておいたほうが良いかもしれません。

キャッシングローン返済の鍵はしっかりとした返済計画の存在です

キャッシングと言うのはそもそもローンとしては非常に小口の融資を指しますので、通常のローンであれば借り手のほうも一応の返済計画を持ちますが、残念ながらキャッシングの場合には返済計画自体を作る事も無く、軽い気持ちで融資を受ける人が多いのが実情です。しかし小口の融資だからと言っても借金は借金であって必ず利息をつけて返済することが求められることに違いは有りません。

しかし例えば1万円を借りた人に言わせれば1万円ぐらいの借入で返済計画なんで面倒なだけだと言うことになってしまいます。ところがこれは1万円に対して返済できるだけの余裕資金がある人の話です。10回で返すとすると月々千円ちょっとと言うことになりますが、利用者の収入が月10万円だったとしても返せそうだと判断してしまいがちですが、ところが支出が99900円だったとすると余裕資金は100円と言うことになって返済は破綻します。このように返済に対して収入だけで判断すると失敗します。

したがって、返済では返済期間中の月々の余裕資金がどの程度になるかをできるだけ正確に判断しておく必要が有ります。これには前年の同じ時期の季節変動なども考慮し、突発的な出費にも有る程度耐えることが出来るだけの余裕も残し、返済が可能かどうかを判断することが必要です。そうすれば返済期間中の返済シミュレーションを行うことが出来ます。そこまでしなくてもと言う人がいるかもしれませんが、そこまで行っても破綻する人はいるのです。

返済シミュレーションが完了したら、それを返済計画にまとめて、はじめて融資を受ける準備が整います。融資を受けた後は月々計画通り行っているかをチェックするようにしてください。もし計画が狂い始めたら、すぐに原因をはっきりさせます。はっきりしたら原因を取り除きなるべく計画を元に戻すようにします。戻せない場合には、以後の返済計画を見直す必要が有ります。ここで原因をはっきりさせずにおくと狂いがだんだん大きくなって、取り返しのつかない事態になってしまう可能性があります。

返済し終わったら返済計画を見直し、うまく行った点、狂いが生じた点を明らかにして、次の借り入れのときの基礎資料として使ってください。このような資料が溜まってくれば、返済計画の精度は徐々に上がっていくことになります。返済計画は立てるのが非常に面倒ですが、一度しっかりしたものを立てればある程度安心感を持って完済まで終えることが出来ます。ですから、面倒だと思っても返済計画が出来るまでは借りないということを鉄則にして下さい。

比較情報って意味が有るのか?キャッシングは自分の使い易いものを

今やキャッシングローンの種類は銀行系、信販系、消費者金融系、クレジットカードと星の数ほどとは言いませんが、かなり沢山あることは間違い有りません。この中からどれを選ぶかを決めなければならないとしたら何を基準に選べば良いのか困ってしまう人も多いのではないでしょうか。そこで1つの指針にされているのがインターネット上にあるキャッシングローンの比較情報です。中には人気ランキングと称して利用者数などを基にランキング形式で紹介している親切なサイトもあります。

しかし数多くのランキングサイトを見ると気が付くのですが、人気といいながら同じランキングになっているというのは稀です。したがってこれにはランキング作成者あるいは関係者の意図が反映されている可能性があります。全部そうだと言っているわけでは有りませんが、情報を操作する事によって商品の人気を意図的に上げたり下げたりすることを狙った可能性も無いとは言えません。このようにインターネット上の情報というのは信じられるもの、信じられないものなど玉石混交だと言って良いでしょう。

したがって比較情報の利用にも注意しなければなりません。参考にしようとした情報に意図的な操作がなされていたのでは、怖くて利用できません。このためインターネット上の情報を用いるためには利用者はそれがどのような意図の基に作られた情報なのかを見極めてから利用することが重要です。つまり情報を見る目を養うことが必要なのです。おかしな情報に迷わされると、そのまま闇金に誘導されてしまうこともそれほど珍しいことではありません。

ただし、自分の利用するキャッシングローンを選ぶ場合にインターネット上の情報に頼りすぎるのはお勧めできません。もちろんできるだけ沢山の情報を集めて判断することは重要ですが、必要なのは他人が勧めるものの中から選ぶのではなくて、自分の利用方法を追及して、それに合ったものを様々な情報の中から選ぶということのほうが正常な選び方です。自分の使うものですから当然のことです。比較するのは各キャッシングローンの情報と自分の利用方法であって、商品間の比較では有りません。

自分の利用方法さえはっきりしていれば、どのキャッシングローンが利用し易いかは分かるはずですから、それが例えば人気商品ランキングに有ろうが無かろうが関係有りません。ただしインターネット上のたとえば口コミ情報などの掲示板を見てあまりにも問題があるというような情報が多い場合には、その商品は敬遠しておいたほうが良いでしょう。いくら表向き自分に合っていたとしても、利用中に問題が多発してはまったく意味が有りません。

海外で現金が必要になった場合には海外キャッシングが便利です

最近は誰でも海外旅行が出来るような時代になり、海外に行くこと自体珍しい事もなくなりました。このような時に買い物などの支払いは、余程辺鄙な所は別にして観光で行くような場所では、普通は現金ではなくクレジットカードを使いますので、問題は無いのですが、時として現金が必要になる場合があって、困った思いをした人もいるのではないでしょうか。このような時に利用できるのが、国際キャッシュカードや海外キャッシングと呼ばれるものです。

日本国内の感覚で言うと特に都市部ではちょっと歩けば取引銀行のATMや提携ATMを見つけることが出来ますが、海外では、どこでも取引銀行のATMが揃っているような環境が整っている訳はありません。したがって現地銀行のATMを利用しなければならず、通常の感覚からすると非常に高い手数料を取られることになります。こんな馬鹿らしい話は有りません。したがってこのような場合には国際キャッシュカードはあまりお勧めできません。

お勧めなのは、クレジットカードを使った海外キャッシングです。キャッシングですから当然利息はかかりますが、現地通貨が出てきますので、空港やホテルで扱う両替の手数料はかかりません。利用方法によっては国際キャッシュカードを利用するよりも、ずっとお得に利用できることになります。ただしこのキャッシングはクレジットカードのキャッシングローンであって。日本国内カードローンとは違いますので、その点注意してください。

このように海外ではクレジットカードが通常の支払いにもキャッシングにも利用できて大変便利に使えますので、まだ1枚も持っていないという人は、海外に行く前にぜひ1枚作っておくことを勧めます。作る場合には、現在では提携が進んでそれほどではありませんが、国内では便利だけれども、海外では加盟店が少なくて使いにくい場合も有りますので、事前に調べた上で、海外で通用するものを作っておくと良いのではないでしょうか。

日本では禁止されていますが、海外にはカジノがあって、ここで海外キャッシングを利用している人もいるかもしれません。カジノの利用を勧めることはできませんし、できれば近づかないほうが良いと考えますが、せっかくの機会ですからやってみようと考えるのも分かります。しかし海外キャッシングを利用してまで行うことでは有りません。持ち合わせの余裕の資金だけで楽しんだら、それで終わりにしておきましょう。深みに嵌ってキャッシング枠を使い切るというようなことの無いようにしてください。

学生だってお金は必要!学生が利用できるキャッシングローンはあるか

学生というのは将来社会の役に立つ事を目指して勉強するために学校に行っているわけで遊ぶお金ならともかく勉強や生活の維持のためにお金の苦労をさせるような社会はまだ成熟した社会とは言えません。残念ながら日本もまだそのような社会には至らないばかりか、バブル崩壊後には親の収入も減ってますますお金に困っている学生が増えつつあります。したがって時として学生でもキャッシングに頼らなければならないような事態に陥ることが有ります。

学生が利用できるキャッシングローンとしては、1つは利用者を学生に限定したキャッシングローンと、もう1つは学生でも利用できる通常のキャッシングローンがあります。学生限定の場合には、利用限度額や金利が低く抑えてあり、通常利用は学生の間だけですが、返済は卒業後になっても良い様な内容になっていて、学生にも使いやすい工夫がなされています。これらのキャッシングローンも利用方法は通常のものと違いは無いので、利用しようという学生は良く調べて自分に合ったものを選べば良いでしょう。

ただし改正貸金業法の規定によって1社50万円あるいは他社を合わせて100万円を超える融資を行う場合には、審査にでは年収を証明する書類を添付することが義務付けられて、この年収の3分の1を超える融資を原則として禁止することになったため、通常収入の無い学生の場合、複数の業者を合わせて100万円、通常はそう何社とも契約しませんから50万円までしか利用できなくなりました。ただ殆どの学生はこれだけの利用枠があれば、浪費癖でもない限り、それほど困ることはないでしょう。

もし遊興目的でお金が必要になっている場合には、この枠では足りなくなる可能性がありますが、そのような場合には借りることを考えるのではなく、アルバイトでもして自分で稼ぐことを考えましょう。勉学優先とは思いますが、自分で稼ぎ出したお金を何に使おうと自由です。遊びはお金を借りてまでするものでは有りませんが、自分で稼いだ範囲内で行う分にはまったく問題ありません。ギャンブルに嵌って抜け出せないような場合には、お金を借りに行くのではなく、心療内科に行きましょう。

学生だからといって、借りたお金は利息をつけてきっちり返済する必要が有ります。キャッシングする金額が小さいからといって、自分の返済能力を超えてまで借りてはいけません。したがって融資を受ける場合には一般の人と同じように、しっかりとした返済計画を立てて完済させることが必要です。収入が無く返済の目処も無い場合には、いくら小額でも借りてはいけません。

審査の可否を大きく左右する信用情報とはどのようなものか

金融機関がまだ銀行だけで個人の信用情報の管理が行われていない頃のお金の融資の可否は、借り手の職業や年収、担保の有無などによって行われていましたが、担保が無いような場合には必要なときにお金を借りることが出来ず、困る人も大勢いました。そこで無担保でも融資を行う消費者金融が登場して誰でもというわけでは有りませんが、今まで融資が受けられないような人でも融資を受けられるようになりました。しかし、当然問題も発生することになります。

もともと支払能力の確認が十分でないわけですから、当然返済が滞るような人も出てくることになります。このころ消費者金融はサラリーマン金融(通称サラ金)と呼ばれ、暴力団を利用した過酷な取立てが問題となり、幾多の悲劇も生まれていました。そんなこともあって、個人の信用情報を管理して審査の段階で信用情報に問題がある場合には、融資をしなかったり、法的な整備が進んだりして、次第に利用し易い環境が構築されることになります。

この信用情報には個人を特定する情報のほか、現在契約している融資契約内容情報、返済状況、キャッシング残高、延滞などの情報が登録されています。実際の審査ではこの情報と法律で規定された収入状況によって、融資の可否が審査されます。融資などがしっかり返済されて、延滞などが無ければ、信用力は上がり、審査も簡単に通りますが、虚偽の申告や延滞などがあると、当然審査は厳しいものになります。ですから入金し忘れて延滞などが発生すると信用は下がりますから十分気をつける必要が有ります。

日本における信用情報の管理機関は全国銀行協会が運営する全国銀行個人信用情報センター、クレジットカード会社、信用保証会社、ローン・リース会社、小売店、一部の消費者金融会社などが加盟するシー・アイ・シー、消費者金融会社や商工ローン会社が設立して様々な信用情報会社を吸収した日本信用情報機構があり、この3者の情報は通常は共有させませんが、問題情報が有る場合には一定期間クリン情報というものに登録されて共有できるようにすることが有ります。

キャッシングの申し込みに伴う審査でも当然これらの信用情報が参照され融資の可否を大きく左右することになります。年収が十分あったとしても、それまでのローンなどの返済に大きな問題が有る場合には融資を拒否されることがあります。この基準は金融機関ごとに異なりますので、A社では駄目でも、B社では通るということも有ります。どうしても融資が必要であれば何社か試してみてください。ただし審査が甘い場合、取立てなどが厳しい場合もあるので十分気をつける必要が有ります。

キャッシングの利用限度額はあなたの信用度で決まります

キャッシング商品の説明書には利用限度額が明示され、通常50万円から500万円の間で決められています。ただし、ここに明示された利用限度額はそのキャッシング商品の限度額であって、これがそのまま利用者に適用されるわけでは有りません。500万円の商品の審査に通ったからといって皆が皆500万円借りられるわけでは無いのです。利用者の利用限度額はこの商品の利用限度額以内で、利用者を審査することにより状況にあわせて利用者ごとに利用限度額が決められることになります。

たとえばAさんとBさんがいて同じ利用限度額500万円のキャッシング商品の利用申し込みをしたとしましょう。しかし実際にはAさんの利用限度額は100万円、Bさんの利用限度額は500万円となったとします。Bさんのことを知ればAさんとしては何でと疑問を抱くと思いますが、この金額は両者の信用情報や収入状況を判断して、金融機関が判断して決定した金額です。つまりAさんはBさんよりも信用が低かったということになります。

このように金融機関の審査の結果、決められた利用限度額は現在のあなたの信用度といっても良いでしょう。もっと信用力を付けたいということであれば、収入を増やす努力のほかに、キャッシングなどによって融資された融資をしっかり返済して、自分の力を金融機関に対して示すことが重要です。そのためには一回一回の返済もおろそかにせず、借り入れがどれほど小額でも、しっかりした返済計画をたて、必ず返済していくことが重要になります。

こうして徐々に信用力を増していく事によって、将来は商品の利用限度額まで借りられるようになるかもしれません。しかし、計画通りにいかず、返済が滞るようなことがあれば、それまで培ってきた信用も一気に崩れて、下手をすると信用情報にまで記載されてしまい、利用限度額アップが無理になるだけでなく、他社も含めてキャッシング商品自体が利用できなくなる恐れも出てきます。小額な融資でもしっかりした返済計画が必要なのはこのためです。

利用限度額が計画したものより小さい場合には、他社のものにも申込んでしまおうと考える人もいますが、まずは審査された範囲の利用限度額内で利用することをお勧めします。現在では法律により借り入れは全て合わせても前年の収入の3分の1までと決まっていますし、金融機関の専門家が審査して決めた利用限度額にはそれなりの意味があって、彼らは利用者の返済能力はここまでと判断したわけですから、それ以上借りれば自分の首を絞めることになりかねません。

利息の知識が無ければキャッシングで損をする

キャッシングは年収から見るとかなり小額であるため、安易な気持ちになってしまい、多くの人が見落としがちになるのが利息です。利息とは元金の金額と返済までの期間によって決まり、通常年間に換算した借入金額に対する割合によって表される年利によって計算します。キャッシング商品には必ずこの年利が明記されていますので借りている人は確認してみてください。自分は1年も借りる予定はないという人も、通常は年利を元に借りた期間で利息が計算されます。

この年利から自分の利息を計算した人は一体どのくらいいるのでしょうか。おそらく金融機関が計算した月々の返済金額は確認したとしても、残念ながら利息を自分で計算してみた人はほとんどいないでしょう。しかしこれでは万が一過払いが発生していたとしても、その存在すら気付けないことになります。お金を借りるからには利息というものを理解し、万が一騙されたりしないように自己防衛ができるように勉強しておくことが必要です。

では例を用いて実際に利息を計算して見ましょう。分かり易くするため10万円を、年利10%で借りたとして30日で一括返済したと仮定します。年利ですから365日借りて10万円の10%ですから、利息は365日後には10万円×10%になります。借りたのは30日ですから、実際の利息は365日で割って一日分を計算し30日をかける事によって借りた期間の利息が計算できると言うことになります。したがって利息は次の計算式で求めることが出来ます。

    10万円(元金)×10%(年利)÷365日×30日=821.9…

そこでこの例の場合の利息は822円と計算できます。このため30日後の元利合計の返済金額は100,822円ということになります。さて今度は条件を替えて自分で計算してみてください。これで自分で利息の計算が出来るようになったはずです。利息の意味がわかったでしょうか。ここまで理解できたら、実際のキャッシング商品の条件を読んでも何を言っているのか意味が分からないということは無いと思います。

このようにして様々な金融商品の説明も理解できるはずです。ただし実際のキャッシング商品では、一定期間無利息となっているものがあり、こういう場合には計算に注意する必要が有ります。もしこの一定期間内に返済する計画があるのであれば、たとえ年利の高いキャッシング商品であっても、利息が掛からないということになりますので、単純に年利で比較してはいけません。借入れする場合には、各キャッシング商品の特徴も重要になります。

返済シミュレーションを行って返済途中で困らないようにしよう

キャッシングは比較的小額の利用がほとんどですので、利用の前にわざわざ返済計画を立てる人はそれほど多くは無いでしょう。ましてや客観的な目で評価しようなどとは思わないのが普通です。しかし多くの多重債務者は、このような先に対しての計画性に乏しい借金から始まっています。金額が小額ですから返済に困ったときに、安易に別のキャッシングに手をつけるというようなことが往々にして行われてしまうのです。したがっていくら小額であってもしっかりした返済計画が必要です。

ただし返済計画を立てただけでは駄目で、その返済計画が実際に機能するかどうかを検証するための返済シミュレーションをすることが大変重要です。金融機関のホームページにはこの返済シミュレーションが簡単に出来る機能が提供されている場合があります。これは借り入れ金額と返済期間を入力するとシミュレーションしてくれて簡単な操作で月々の返済金額が分かり大変使い勝手が良いのですが、残念ながらこれだけでは安心できるシミュレーションとは言えません。

シミュレーションとは実際の返済を予め予想するために行うものであって、返済金額を計算するのは極一部でしか有りません。シミュレーションを行うためには自分の収入や生活パターンを反映していく必要が有ります。会社員であれば収入は前年などを参考にすれば残業時間など季節的な変動を含めて概ね分かると思いますが、自営業などの場合には、変動が大きいので慎重な検討が必要になります。ここで安易な予想するとすぐに破綻することになります。

次に支出です。まずは自分が何にどの程度お金を使っているのかを詳細に検証して見ることが必要です。季節毎の変動も加味した生活費の他、遊興費や医療費などもすべて把握し、さらに返済期間内の連休などでのレジャーにかかる費用も予め計算に入れておくことも忘れないようにしましょう。また先のことなので、何が起こるかわかりませんから、有る程度の余裕を見ておくことも忘れないようにしましょう。

ここまで行えば、毎月の収支がはっきりしますので、差し引きの余剰金額が分かり、これが返済に回せる金額となります。これを前記のシミュレーションによる月々の返済金額と比べてみてください。余剰金額が返済金額を上回っていれば、キャッシングを利用しても大丈夫ということになります。下回っている場合は多重債務に陥るのがおちですからキャッシングの利用は見合わせましょう。このように返済シミュレーションというのは単に返済金額を計算するものではなく、様々な情報を使って返済の可否を判断出来なければ意味は有りません。

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 >