キャッシングした後の金利や返済について

記事一覧

キャッシングローン借り換えの利点を理解して必要なら借り換えよう

やっと審査が通ったキャッシングローンを借り換える人がいるのが信じられないという人がいるかもしれませんが、現実にそういう人が存在します。この借り換えというのは現在借りている金融機関のキャッシングローンを別の金融機関のキャッシングローンあるいは現在借りている金融機関の別のキャッシングローンを借りて、現在借りているキャッシングローンを返済し、新しく借りたほうのキャッシングローンの返済を続けるというものです。何故こんな面倒くさいことをするのでしょうか。

第1の目的は返済総額を減らすことです。何故減るのかというと、その時期の経済状況によって金利が変動してしまうためです。つまり借りているキャッシングローンの金利が、現在のキャッシングローンよりも高い場合には、借り換える事によって利息を減らすことが出来、返済総額を少なくすることが出来ます。このためまだ長い返済期間が残っているような場合は、金利が低くなってきたようなときに、様々な手数料を差し引いても特になる場合には、借り換えを行いましょう。

第2の目的としては、現在のキャッシングローンを借りたときは良かったのですが、時間の経過と共に月々の返済が苦しくなってきたような場合です。この場合には、返済期間を長くして、月々の返済額を減らすようにすれば、返済を継続できます。しかしこの場合は当初の返済計画が杜撰だったことになりますので、新しく借り換えるとしても、もう一度しっかりした返済計画を立て直す必要が有ります。ここでまたいい加減なことをすると、再度借り換えが必要になるというようなことのならないとは限りません。

第3の目的としては、複数のキャッシングローンを利用しているような人は、返済期日がそれぞれ違うことになり、返済が煩雑になって、返済を忘れるなど自分で管理が難しくなってしまう場合があったりします。そこで借り換える事によって一つに纏めることができます。纏める場合には金利にも気をつけて借り換えを行いましょう。ただしこの場合にも、なぜ複数のキャッシングローンを利用しなければならなくなってしまったのか、よく考えて、また同じ事を繰り返さないようにしてください。

このように様々な目的がありますし、それぞれの目的がうまく達成できるのであれば、積極的に借り換えを考えましょう。ただし、借り換えるに当たっては、再度返済計画を見直し、返済シミュレーションを行ってみて、充分返済できるような条件を考えてください。借り換えの場合であっても、返済計画次第で破綻することを忘れてはいけません。借り換えしたとして、近い将来また借り換えを検討せざるを得ないような事の無い様にしなければなりません。

様々な返済方法の中からどのように自分に合ったものを選ぶのか

キャッシングローンでなくてもお金を借りたら当然返済するわけですが、初期には店頭窓口に行くしか有りませんでした。しかし技術の進歩でお金を扱う様々な方法が出現してきたため、消費者金融側もこれ等に対応して返済できるようにしてきました。最近では利用者が利用し易いものを選ぶことが出来、たとえ窓口が閉まっている時間帯でも容易に返済できるようになっています。しかし便利なものには落とし穴もあるので返済方法を選ぶときには注意が必要です。

まずは提供されている返済方法を確認しておきましょう。まず金融機関の窓口で返済する窓口返済、借入先金融機関のATM、借入先金融機関と提携する銀行等のATMあるいはCD、コンビニエンスストアなどから金融機関の指定口座への振込、自分の口座からの口座引落し、借入先金融機関への郵送、また最近ではインターネットも利用可能になっています。今後も新しい方法が開発され、利用者のニーズがあると判断されれば、すぐに対応してくるのではないかと思われます。

どれを選ぶかは利用者の自由ですが、注意が必要なのは自分の口座からの口座引落しです。他のものはその返済時に利用し易いものを選択して臨機応変に使い分ければ良いのですが、口座引落しを選んでしまうと自動的に引き落されるため、一見便利ですが、残高不足という落とし穴があります。普段返済を意識しませんのでその分、残高の確認を怠り、入金しておくのを忘れることが多くなる傾向が有ります。公共料金が引き落とせなかったという経験がある人は注意が必要です。

ですから入金を忘れがちの人や、残高が少ない人はいくら便利に感じたとしても、お勧めできる方法では有りません。ただ最近では引落前にメールで知らせてくれる場合も有りますので忘れっぽい人はこれを利用すれば入金忘れの危険性は少なくなります。できれば自分の性格をよく理解して、最も便利な方法という選び方ではなくて、もっとも性格に合ったものという基準で選ぶことを勧めます。忘れっぽい性格であるのであれば、かえって窓口で返済するほうが忘れることが少ない可能性も有ります。

技術の発達で便利な時代になりましたが、利用方法によっては、返済に遅れが出てしまう可能性があることを忘れないようにしましょう。返済が遅延すると、それは信用情報に記載されることになり、度重なると、将来重要なローンを借りようとする場合に借りられないという可能性さえあるのです。遅れても返せば良いなどといい加減なことを考えていると、痛い目にあうということを忘れないようにしてください。

怖いお兄さんが来るの?取立てはこのように行われる

キャッシングローンは殆どの場合、非常に小口の融資ということになりますから、入金をし忘れることはあっても、返済が出来なくなるようなことは利用者全体の数から見れば、そう多くは有りません。しかし、キャッシングローンが引き金となって多重債務に陥って返済できなくなる場合もあり、小口だからといって安心していると徐々に深みに嵌ってしまう可能性も有ります。返済できない場合に行われるのが、不良債権の回収すなわち俗に言う取立てです。

取り立ては金融機関によって違いがあるかもしれませんが、大体どのような手順で行われるのでしょうか。まず最初に返済が遅れた場合に何が行われるかというと、単なる遅れであればよくある話なので、金融機関側もそう強硬な手段を取ることは有りません。延滞しているということで遅延損害金というものを含めた返済のための振込用紙が送られてくるのが普通です。これを支払っていればそれ以上に話が進むことは無く事は丸く収まります。

それでも支払われなかった場合には、次に金融機関側から電話が入るようになります。最近では窓口などでは女性が対応する場合が多いですが、この電話あたりからは男性が相手をするようになってきます。ただし怖い印象ではなく、まだ人当たりの良い声で早めに支払ってくださいというような話をします。このあたりになると自分でも返済が出来るかどうかはっきりしている筈ですので、出来そうに無いときは公的機関などで相談したほうが良いでしょう。

それでも返済が行われない場合には、いよいよ債権は不良債権と判断されて不良債権回収部門の登場ということになります。こんどは電話ではなくて、回収員が訪問してきます。ただし回収というと以前のような怖いお兄さんというわけではなく、あくまで紳士的な対応をしてくれます。ただし、こういう人はそれほど人当たりの良い人というわけでは有りません。債務者から見るとちょっと怖い印象を受けるでしょう。この時点で返済が無理であれば、弁護士に相談して債務整理をお願いすることを考えましょう。

大手消費者金融の場合は、以降この回収部門とのやり取りが続くわけですが、裏社会と繋がっているような消費者金融の場合には、更に債権を闇金や暴力団に売ってしまうということも行われる可能性があります。そうなると闇金から借りたのと同じように、今度こそ怖いお兄さんが来ることになります。そうなればどういうことになるか説明の必要は無いでしょう。そんなことにならないように、返済が出来ない場合には、早め早めの対応を心掛けるようにしてください。

キャッシングローンはすぐに返済すれば利息を低く抑えられお得です

キャッシングローンに限らず借金をする場合には、利息はつき物で利用者は元金にこの利息を付けて返済する必要が有ります。借金を上手にするにはこの利息を如何に少なくするかということを考えることだといわれます。この利息を少なくする方法としては、まずは金利の低いものを選ぶのが基本ですが、もう一つの方法としては、なるべく早く返してしまうということです。利息は借入している間掛かりますから、この借り入れ期間を短くすればするほど利息は少なくなります。

キャッシングローンの使い方で多いのが給料日前になって、ちょっと懐が寂しいという人が給料日が来るまで借りるというものです。この場合借入れ期間はせいぜい1週間程度ですから、良い借り方と言えなくは無いのですが、良く考えてみると、少し節約するなり、やりくりを工夫するなりすれば、借りなくて済むのではないかと思われます。短期間の借り入れといえども借りたからには利息が掛かります。多少の我慢で済むのであれば、まずは借りないことを考えましょう。

借りなければならない場合には、基本を思い出して、借り入れ期間を出来るだけ短くすることを考えましょう。給料日まで1週間であれば、ちょっと我慢して5日にできれば、さらに利息は減ることになります。微々たる物じゃないかという人もいますが、つもりつもって大きな金額になることを忘れてはいけません。お金を使うのは経済を活性化するという点で非常に大切なことですが、使わなくても良いお金を使う必要は有りません。

もう1つ短期間のキャッシングローンでお勧めできるのは一定期間内は無利息というものです。このようなキャッシングローンも何社かから出ていて1週間、1ヶ月、長いものでは半年の間は利息が掛からないという特徴が有ります。これを利用すれば給料日前の1週間だけ借りるというような借り方をしている場合、利息を払う必要が有りません。ただしこれらのキャッシングローンは一定期間を超えると多少他のものよりも金利が高い場合があるため利用には注意しましょう。

このようにすぐに返済すると分かっている場合には、利息が掛からない場合もありますし、少し工夫する事によって利息を減らすことも出来るようになります。ただしキャッシングローンの短期借入であっても、借金は借金です。返済してしまうまでは気を抜いてはいけません。この小口の貸出が将来多重債務となる引き金を引く可能性も無いとは言えないのです。借金にはそうしたリスクが常に付きまとっていることを忘れないようにしましょう。

利息が戻るかもしれない!改正貸金業法によるグレーゾーン金利の撤廃

消費者金融はもともとサラリーンマン金融(通称サラ金)と呼ばれ『サラ金地獄』という言葉が出来るほど問題の多い業界でした。このサラ金を管理するために制定されたのが貸金業法です。この法律によってそれなりに管理が進んで一定の成果があったのですが、様々な問題も残っていました。その一つがグレーゾーン金利と言われるものです。もともと上限金利を定義している法律が2つあって、これが一致していなかったことから生まれた問題です。

上限金利は利息制限法によれば現在20.0%とされていますが、これに対して出資法では29.2%とされています。法令間の調整不備ということになりますが、この上限金利のどちらを使うのかにについて貸金業法が定めていなかったことも大きな問題で、この20.0%以上29.2%の間の金利は長らく法的にグレーとされていて、この間の金利はグレーゾーン金利と呼ばれるようになりました。はっきり言って今考えればあまりにも杜撰な法制化だったと言って良いでしょう。

当然ですが消費者金融はそれでなくても以前よりも金利が低くなっている状況でしたから、キャッシングローン商品の上限金利をこのグレーゾーン内に設定していました。しかし利用者は20.0%が上限ではないかと言うわけです。当初は業界側を向いていた政治家も、次第に消費者金融が世間の批判に晒されることになり、改正貸金業法によって利息制限法の20.0%を上限とする規定が盛り込まれることになりました。制定過程では、業界向きかどうか知りませんが反対する議員もいたといわれています。

この改正によって20.0%より高い金利を設定することは出来ず、さらに今まで払いすぎていた利息の払い戻しにも対応せざるを得なくなってしまったため、消費者金融の経営は軒並み傾くことになってしまいました。この結果銀行などと提携あるいは子会社となって経営危機を乗り越える消費者金融も現れています。現在でもこの払い過ぎの利息は過払い請求というものを行う事によって取り戻すことが出来ます。借りていた人は利息を確認して請求してみてください。

法改正によって従来の定義のグレーゾーン金利が撤廃されたことで多くの人は利益になりましたが、金利が低くなったということは、金融機関としては少ない利益になるということで、確実に回収できる、信用力の人しか貸せないことになります。したがって審査が厳しくなったということも言えるわけです。このためそれまで借りることが出来ていた人が、借りられなくなったという話もあります。グレーゾーンの撤廃に反対していた議員はこれを心配していたと主張しています。

自力での返済が不可能になってしまったときの対処はどうすべきか

借金というものは、将来の収入を返済に充てることを約束して金融機関からお金を借りるわけですが、将来というのは何が起こるかわからないので、場合によっては収入が続かない場合も考えられます。キャッシングローンのような小口の融資であっても病気やリストラなどで収入が無くなれば、キャッシングローンは基本的に担保や保証人はいませんから、すぐに返済に困る人が出てくるのは間違い無いでしょう。これは誰にでも起こることで決して他人事ではありません。

返済に困ったときに取る行動としては、まず金融機関との相談をすることが必要です。金融機関も返済に困るような人は日常茶飯事で存在するのですから、例えば利子分だけ入れてくれればとりあえず待ちましょうということになる可能性も有ります。来月以降返済できる確かな見込みがあり、それで乗り越えられるとの確信があれば、とにかく利子分を用意して乗り切るようにしてください。しかし、そう簡単に収入が戻りそうに無い場合には安易な約束はしないほうが無難です。

次に取りうる方法としては、何らかの方法でお金を作るということです。不用品を売る、あるいは家財道具を売る、不動産を売るなどです。収入が無いわけですから、お金を作るためにはこういう方法しかありません。他のキャッシングローンを借りるという方法も考えられますが、一つ返せないのですから、すぐに二つ目も返せなくなってしまうのは確実で、この方法は禁じ手です。いろいろと売ってしまったらもはや生活が出来ないということであれば、この方法も使えません。

次に取る方法としては無収入ということで生活保護を申請しましょう。生活保護を恥ずかしいことだと考える人もいますが、国が用意した最低限の生活をするために必要な救済措置ですので、困ったときには堂々と使いましょう。生活保護の申請のためには様々な制約が付きますが、収入の目処が付くまでは我慢してください。キャッシングローンの返済については生活保護の申請時に自治体に相談してみてください。

これらの方法と平行して消費者金融との返済のトラブルについては公的機関で相談することが出来ますので、一度利用して相談することが必要です。個々に利用者に沿った対処方法や、場合によっては金融機関との間に入ってもらうことも出来る場合があります。また個人だけではなかなか金融機関と渡り合うのは難しいので、弁護士に相談することも必要になるかもしれません。場合によっては債務整理をお願いすることになります。

杜撰な返済計画はあなたを自己破産に追い込みかねません

ちょっとお金が足りないというときに、手軽で便利なのがキャッシングローンで、利用している人も多いと思いますが、手軽すぎるためか返済計画が無いあるいは大変杜撰なものしか作らないといった安易な利用者が激増しています。この結果返済できず債務整理に追い込まれる人も利用者数に比例して増加傾向に有ります。債務整理には、任意整理、特定調停、個人民事再生、自己破産の4つが用意されていて、できる範囲で返済を行えるようになっています。

その中で残念ながら資産を全て返済に充てても債務が残り、返済の見込みが立たない場合に行われるのが自己破産です。自己破産は要するに残りの債務を帳消しにするということで債務整理の方法の中でも最終手段ということになります。、当然ですが社会的信用は失墜してしまいます。最近では安易に自己破産をしてしまうケースも増加していますが、確かに債務は消えますが、社会生活を営む上では大きなリスクがあることも忘れてはいけません。

自己破産を考える場合には、弁護士などに相談して、あらゆる返済方法を検討してみて、出来るだけ自己破産を避けられる方法を考えてみてください。それでもどうしても避け難いというときに限って取る方法だということを憶えておきましょう。自己破産の手続きは、まず弁護士に頼んで、破産手続開始の申立てと免責許可の申立てを地方裁判所に対して行います。自分で行う事も可能ですが、法的手続きのため専門家に頼んだほうが無難です。

1~2ヵ月後に裁判所において破産の審尋を裁判官から受け、免責不許可事由に当たらないと判断されれば数日中に破産手続開始決定が行われます。このあと資産が有る場合には管財人が選出され資産を処分して債権者に配分され、免責の審尋を経て免責許可を受けた場合に官報に掲載され自己破産したことになります。したがってこの時点で所有していた不動産などは処分されてしまうわけです。自分にとっても非常にリスクの高い方法だということが分かると思います。

自己破産が成立するまでには最短でも3ヶ月程度、長い場合には1年以上かかってしまうこともあります。既に説明したとおり自己破産には大きなリスクがありますが、この自己破産は人生をリセットさせるチャンスが出来ることでもあります。法律によって用意された再出発の機会と言えるでしょう。ですから安易に自己破産するのは周囲に対しても迷惑をかけるため勧められませんが、どうにもならなくなった場合の有効な手段と言え、利用したからと言って恥ずかしいと言うような性質のものではありません。

キャッシングローンの返済期間は返済計画に沿ったものを選びましょう

キャッシングローンを借りたいけど月々返済に回せるお金の余裕はあまり無いというときは、本来は借りないほうがいいのですが、返済期間を長く設定して、月々の返済額を出来るだけ小さくするという方法が考えられます。そこで気になるのがキャッシングローンの最長返済期間ということになります。キャッシングローンを選ぶ場合には、自分の支払能力を充分把握したうえで、ライフサイクルに合ったものを選ぶことが重要になります。

まず大変重要なことを確認しておきます。キャッシングを利用すれば借りた元金に決められた金利で計算された利息が加算された金額を返済しなければなりません。この利息は返済期間に応じて累積していきますので、返済期間を長く取るということはそれだけ掛かる利息は増え、場合によっては元本にも増す形で利息が掛かることも有ります。したがってキャッシングローンを選ぶときには支払能力だけでなく、利息の額も良く考えて選ぶことにしましょう。

キャッシングローンの最長返済期間は、最短のものでは最終借り入れ後3年間36回の返済になります。最も長いものになると同じく13年半で140回までということになります。13年半あれば返しきれると思いがちですが、期間が長くなればこの間にもお金が必要になる可能性も増えるわけですから、返済に対するリスクは残ります。しかも13年半借りれば利息も半端な額ではすまなくなり、はっきり言ってあまり上手な借り方とは言えません。

とにかく最長期間としては、様々なものがあり、充分利用者のニーズにはこたえられると考えられます。利用者は自分の返済計画に沿って、返済期間や金利などから選んでください。注意が必要なのはこの返済計画を立てる場合、返済能力と利息の額です。返済能力は充分あるが、月々の返済はいろいろと物入りなので、低い金額を設定したいという場合、あまりに長い期間を設定すると利息が増えて、あまり勧められません。かといって短過ぎると返済できなくなるということになり、慎重な計算が必要です。

ただし、最初は長い返済期間を設定しておいて、余裕が出来た所で、一括あるいは多めに返済すれば返済期間が短くなる、あるいは元金が小さくなるため、利息は当初の予定よりも大幅に少なくなります。したがって当初返済に問題がありそうな場合には、長期の返済期間を設定しておくのも良い戦略になる可能性も有ります。ただしお金を借りるときの鉄則としては、借り入れは自分の返済能力以上に借りてはいけないということです。返済期間を設定する場合もこの点を忘れてはいけません。

利息が減らせる!余裕資金が有ったら繰り上げ返済を

長い人生では時としてお金が足りなくなり借金をしなければならなくなる事があります。こういうときに便利なのがキャッシングローンですが、これと逆に思わぬ予定外の収入が入る場合もあります。そのような場合にどうしますか。人によっては気前良く使ってしまう場合も有るでしょうし、将来を考えて貯金に回す人もいるでしょう。もしこの時何等かのキャッシングローンを返済中でしたら、繰り上げ返済を検討してみてはいかがでしょうか。

せっかく使えるお金が出来たのに何を言っていると言われそうですが、キャッシングローンでは元金の残高に対して利息が掛かりますから、これを繰り上げ返済することで、この金額を小さく出来るため、以後の返済では利息がその分だけ少なくなって、大変お得ですし、以後の返済も楽になる可能性があります。ですから貯金したり不要不急の買い物に使ってしまうのであれば是非繰り上げ返済を検討してみてください。買い物をするのであれば支払うはずだった利息分で使えば良いではないですか。

そんなことは無い、将来に備えて貯金しておきたいという人もいるかもしれませんが、その場合には貯金なり預金なりの利息を考えてみて下さい。その金利がキャッシングローンの金利よりも高いのであれば、貯金したほうが得ですので、是非貯金してください。しかし通常そんなことは逆立ちしたって有り得ませんので、純粋に数学的に考えたときには、キャッシングローンを繰り上げ返済してしまったほうが得ということになります。

もし貯金したいのであれば、繰上げ返済をすることによって、以後の返済で浮いた分のお金を月々積み立てなどをして貯金していけば良いのです。貯金してしまったほうが後に残るのかもしれませんが、損得を考えた場合には絶対に繰り上げ返済のほうが得だということを憶えておきましょう。ただし月々少しずつ積み立てるということが性格的に出来ずたぶん使ってしまうだろうという人は、あえて貯金を選ぶというのも決して間違った選択だということでは有りません。

借金の返済については、それぞれの利用者の考え方があり、損得だけで考えるのは短絡的だと言われてしまうかもしれませんが、やはり人生には何があるか分かりませんので、利息という話だけではなく、借金のリスクを考えた場合には、やはり返せるものは早く返してしまうというのは鉄則です。せっかく余裕資金が出来たのであれば、繰上げ返済をして、リスクを払拭しておいたほうが賢明な使い方だと考えます。

キャッシングで過払いしていた利息は返金してもらえます

過払いというのは利息を本来の金利以上に払いすぎたことを言います。以前は闇金などが上限金利を越えて設定した金利分の利息の話だったのですが、最近過払いというと、利息制限法の上限金利と出資法で定められた上限金利の食い違いから、グレーとされた金利のまま消費者金融が貸していたものが、貸金業法の改正によって利息制限法の上限金利が適応されることになったため、従来の金利との差が生まれこの分が過払いになっていると判断されているものです。

細かく言うと従来の上限金利は利息制限法では10万円未満で20%、10万円以上100万円未満で18%、100万円以上で15%でもちろんこれを超えた場合は刑事事件になりますが、出資法によれば29.2%とされていたため、消費者金融各社はこの出資法に倣って、この20.0%から29.2%の間で金利を設定していました。このギャップがグレーゾーンと呼ばれるものです。このグレーゾーン内の金利は改正貸金業法が成立する以前にも問題が提起されることがあり、裁判になることもありました。

結局2006年に改正貸金業法は成立し、2010年に施行されて金利の上限が20.0%に引き下げになったために、キャッシングを利用していて過払いとなっている人は、請求する事によって過払いになっている利息を返還して貰うことが出来るようになりました、利用していた人でまだ返還して貰っていない人は、無料相談なども行われていますので、どうすれば良いのかなど相談して、返還して貰うようにしましょう。

返還のためには申し立てが必要になりますので、費用が掛かってしまいますが弁護士などに行ってもらったほうが間違いは少なくなります。なにしろ相手は金融の専門家ですので良く分からない素人が相手をしても和解条件で不利になることも有ります。多少の出費は我慢して弁護士に頼んだほうが無難です。ただし、最近このような請求が増えて、こういう人をカモにしているような悪徳弁護士もいるので、予め弁護士の評判などを調べた上で依頼しましょう。

従来は過払い請求によって利子が返還された場合、それが信用情報に記載され、次に借りようとした場合にブラックと判断されるようなこともありましたが、これも2010年に撤廃されることになりましたから安心して過払い請求してください。もし従来29.2%を超えるような金利で、あるいは現在20.0%を超えるような金利で借りている場合には、犯罪ということになりますので、そもそも元金を含めて返済の必要は有りません。すぐに警察に相談してください。

<1 2 3 >