キャッシングした後の金利や返済について

記事一覧

返済期日を忘れ返済しなかった場合は正しい対処方法で自己防衛しよう

借金というものは決められた返済期日までに利息を添えて返済するのが決まりです。借金はこれが守られるという前提で金融機関が利用者に対して融資するという契約と言うことが出来ます。しかし時としてこの契約が守られない場合があり、この場合には以後この金融機関はこの契約者に対して、同じような契約には応じない可能性が高くなります。ところが忙しい現在社会では返済期日を忘れてしまい返済が出来ず契約が守れないことが結構頻繁に有ります。

現在ではこのようなケースは金融機関側でも承知いていて、すぐに契約違反などと言い出すことはなくなりつつあり、積極的にこういうことが無い様にいろいろな手を打ってきています。例えばいろいろな返済方法を用意して利用者のライフスタイルに合わせられるようにしており、最近ではインターネットにも対応していますので、自宅からでも出先からでも返済が出来るようになっています。口座引落しも用意されていますが、口座引落しの場合今度は残高不足という可能性もあるため良い方法かどうかは利用者次第です。

さらにそれでも忘れている人がいるということを前提に、返済期日前にメールを使って返済期日を教えるサービスを行っているところも有ります。これは例えば返済期日3日前、当日、返済されない場合は期日後というように教えてくれますので、先ずは自分のキャッシングローンにそのようなサービスがあるかどうか確かめ、ある場合は自己防衛のためにすぐに登録してください。特に忘れっぽい人にとってはかなり有用なサービスになりますので是非使ってみてください。

そういう防衛をしても返済期日を忘れ、返済が遅れてしまった場合には、出来るだけ早く金融機関に連絡して判断を仰いでください。できれば金融期間が接触してくるまで思い出さなかったというようなことが無い様にして欲しいものです。まずは金融機関には良く謝って他意はなかったということを理解してもらったうえで指示通りに返済に応じるようにしてください。悪意が無かったということが分かってくれれば、良くあることなので金融機関も事を荒立てるようなことはありません。

ただし、こういうことが頻繁に発生することになってくると金融機関側の態度も変ってきます。そして、どうもこれは悪意が有るのではないかと判断すれば信用情報にもその旨記載されることになります。こうなると以後、お金を借りることが難しくなる可能性も出てきます。したがって、なるべく返済が遅れるようなことが無い様に十分注意することが重要で、忘れっぽい人は、それなりの方法で、期日前には、気づけるような仕掛けを作っておくことを勧めます。

返済が遅延しそうな場合には信用情報に傷がつかないように注意しよう

キャッシングローンではそれほど大きな金額を借りることは少ないため、短期に返済してしまう人もいますが、多くの人の場合は、自分の返済能力を考えて月々少しずつ返済している場合が多いはずです。このような返済の場合、返済は比較的長期に渡ることが普通ですが、長期になればなるほど、時として物入りの月があったりして、余裕資金がなくなってしまい、返済に回す資金が足りなくなることが有ります。こうした場合にはどうすれば良いのでしょうか。

返済が出来ない場合、消費者金融が共通して使っている信用情報に記載されることになり、これが傷となってブラックと判定されることになる可能性もあります。しかし金融機関も返済中たまにはこういうことがあるということは分かっていますので、いきなり昔のような怖いお兄さんが取り立てに来るというようなことはありません。ただし、利用者のほうも誠意を見せるためには、返済が難しいと分かった時点ですぐに窓口に相談に行くか、少なくとも電話連絡して以後の対処方法を確認してください。

キャッシングローンによってはそういう時のための対応が組み込まれているものもあります。返済できない場合には、利用者の申告によって一時的に返済額を減額するというものです。キャッシングローンを利用している人は自分のキャッシングローンはどうなっているか確認してみてください。ただしこの場合でも、最低限利息分だけは返済することが条件になります。返済が難しい場合にはすぐに金融機関に連絡して減額の手続きをとりましょう。

絶対にしてはいけないのは、金融機関に対して何も連絡を取らないことです。金融機関側から見れば踏み倒して逃げたと思われてもしょうがありません。返済できないのだから同じことだろうと考える人もいるかと思いますが、闇金ならいざしらず普通の金融機関なら話を聞いてくれますので窮状を訴えて、減額などが組み込まれていなかったとしても、利息分だけ払うことで待ってくれることも考えられます。連絡も取らずにいると、怖い人ではないですが回収担当の人が来ることになります。

決められた額の返済が出来ない場合には信用情報に記載されることになりますが、予め連絡を取って対処した場合にはそれほどひどいことは書かれない筈です。しかし無視しているような場合には、それこそ以後ブラックと判断されるような信用情報の傷として残る内容が記載されることになるでしょう。ですから、今後の事も考えて、無視するようなことが無い様にしてください。

借入には返済計画の立案が必須!小額の場合も例外ではありません

キャッシングローンで一気に100万円も借りる人は稀で、通常の使い方では多くても数万円です。したがって、返済も安定した収入があれば難しくないと考える人が殆どでしょう。しかし良く考えてみてください。キャッシングを使う時点で要するに収入が足りなくなったということです。ですから返済中にも同じことが起こらないという保証は有りません。収入が足りないということになれば、返済にも支障を来すことになってしまいます。

そこでそういうことにならないためにも、借り入れが非常に小額であったとしても、返済計画というものが必ず必要になります。消費者金融のホームページを見ると返済シミュレーションというようなものが用意されていることがありますが、これは使ってみると分かりますが借入額と返済期間を入力して月々の返済額を計算してくれるものです。しかしこれは単なる計算であってシミュレーションではありません。計算したからといって返済計画が完了したと思うのは早計です。

返済計画というのはこの月々の返済額だけでは立てることが出来ません。先ずは毎月の自分の収入と支出を列挙する事が必要です。これが分かれば、収入から支出を差し引いた残りが月々に利用できる資金ということになります。これを返済期間中の月ごとに予想する必要が有ります。出来れば前年を参考にして季節的な変動を加味し、また想定外の出費にも有る程度対応できるように少し余裕をもたせることが必要です。こうして計算した利用可能な資金が全ての月で返済金額を上回っている必要が有ります。

もちろんボーナスを加味したり、資金が不足する月にはそれを預金などから補填することが出来れば、それも返済計画に盛り込みます。こうして返済に支障が出ないことを確かめることが本来の返済シミュレーションです。この返済シミュレーションを纏めて返済計画とします。もし返済シミュレーションでどうしても返済に問題が残る場合には、借り入れ金額を見直したり、返済期間を長くするなどの調整をするか、借り入れ自体を見合わせることが必要になります。

この返済計画は出来れば一人で行うのではなくて、配偶者の人とか家族とかで良いので一緒に検証してみることが重要です。自分だけで行うとどうしても自分の考え方に固執することがあり、自分の都合の良い様に解釈してしまう場合が多くなります。他の人に見てもらう事によってそれらを排除することが出来るでしょう。思うようにいかないからといっていい加減に終わってしまってはいけません。思うように行かないということはまだそこには問題が潜んでいる可能性があります。少しずつ改善して良い返済計画にして下さい。

怖いお兄さんが来てしまったら遠慮なく警察に行きましょう

キャッシングローンの借りすぎなどで返済が出来なくなると、金融機関側ではその債権を不良債権として不良債権回収部門が動き出すことになります。まっとうな消費者金融業者では昔のような怖いお兄さんを動員して厳しい取立てをするようなことは有りませんが、このような取立てが完全に根絶されたわけでもありません。業者によっては裏世界と通じている場合も有りますし、まっとう業者を装いながら実は経営実態は暴力団だったりする場合もあります。

以前は厳しい取立ては消費者金融の常套手段のように考えられていた時期があり、その頃の体質を引きずっている業者は沢山ありました。しかし改正貸金業法により夜間および日中の厳しい取立ての規制が盛り込まれたため、表向きこのような取立ては行えなくなり、通常は怖い目つきの人ではありますがあくまで紳士的な対応が取られるようになりました。したがってまっとうな業者の名前を使っている限り従来のような怖いお兄さんが来ることは有りません。ただし債務者としては怖く感じるかもしれません。

しかしまっとうを装っているような業者の場合はこれでは済みません。このような業者ははじめからまっとうでない業者つまり闇金などに不良債権を多少安い値段で売るところが有ります。ちょっと損をすることになりますが回収できないよりはずっとましと言う訳です。そこで闇金はいつもの怖いお兄さんを登場させて回収させて利益を得るということになります。ここでは、臓器を売れだの生命保険で払えなど、常軌を逸した要求をされることがあります。

しかしこのような取立ては当然改正貸金業法違反になりますから、遠慮することは有りません。すぐに警察に相談して取り締まってもらってください。頻繁に拠点を変える業者も居ますから、できるだけ早く相談するのが良いでしょう。きびしい取立てというのがどの程度のものを指すのか難しいところですが、とにかく自分が恐怖を感じたら、相談してよいはずです。もたもたしていると怖い取立てが続いて、地獄を味わうことになります。

ただし、警察にお願いするのは良いのですが、そうなった原因は自分にあることを忘れてはいけません。そもそもキャッシングローンが返済できなくなったということはそもそも返済計画が無かったか返済計画に問題が有ったということです。ですから自分自身も充分反省する必要が有ります。一件落着したら、またまた借金をし始めたというようなことが無いように必要なら性格自体を変えるくらいの気持ちでやり直して欲しいと考えます。

返済に窮しているあなた踏み倒したら自分の首を絞めますよ

これを読んでいる人の中にも返済に行き詰って困っている人は結構いるのではないかと思いますが、どうしようと考えているのでしょうか。普通の感覚を持っていれば、何とか返済方法を考えて、返済しようとして飛び回ると思います。しかし万策尽きてしまったら今度は弁護士に相談して債務整理に進むのではないでしょうか。しかし世の中にはいろいろな考え方の人がいるもので、極々少数ではありますが、返済せずに踏み倒してしまおうと考える人がいます。

返済が滞ると、遅延損害金を含めた返済用の振替用紙が入った督促状が送られてきます。それを無視していると電話が掛かって来るようになります。電話に出なかったり、のらりくらりとかわしていると、いよいよ不良債権と判断されて不良債権部門の人の訪問を受けることになります。それでもまっとうな金融機関であれば、以前のよな怖いお兄さんが来ることは有りませんが、人当たりが良いようには見えません。利用者としてはちょっと怖い存在でしょう。

もちろん誠意も示さず返済する気配も見せないわけですから、信用情報には最悪の状態が記載されますので、暫くはお金は借りられなくなります。通常ここまで行くには多くの金融機関から利用限度額一杯まで借りているようになっている筈です。多くの場合ここまで行ってしまった場合にはもはや債務整理として最悪自己破産して人生をリセットさせることを選びますが、人によってはここで踏み倒すという大変リスクの高い方法をを選ぶわけです。

踏み倒しても、このようなお金の返済についての話の場合、契約で虚偽の記述でもしていなければ刑事事件になることは有りません。しかし金融機関の債権回収部門というのは回収を生業としている集団ですので、今までの経験もあってあらゆる手を打ってきます。最悪の場合には債権自体を闇金に叩き売ってしまうことも行われることが有ります。もしそういうことになると、今度は債権回収部者の人とは違います。本格的に怖いお兄さんの登場ということになります。その後はどうなるか分かりますよね。

たとえキャッシングローンと言っても、利用の仕方次第では、このような状態に落ち入ってしまう可能性は誰にでもあります。ですからどんなに小額のキャッシングローンであっても安易に利用することだけは避けましょう。また不幸にして返済不能の状態に陥ったとしても、踏み倒してはいけません。踏み倒せば逃げ回る必要がありますが、債務整理をすれば、たとえ自己破産であっても、逃げ回る必要もなく、もう一度人生をやり直す機会が与えられるのです。

<1 2 3