アコム

キャッシングローンの利用が難しいといわれる水商売の人の借り方

よく言われることに水商売の人はローンが組めないというものがあります。キャッシングローンの場合にもアルバイトなどと並んで実際に利用し難いのは本当ですが、だからといってまったく無理という話では有りません。条件さえ整えば水商売といえども審査に通ることは可能です。水商売は業種が違うだけでそこの従業員は毎月安定した収入があるわけですから、普通の会社員とそれほど違うわけでは有りませんが、問題は従業員ではなく勤務するお店のほうなのです。

水商売の場合、全国チェーン店でもなければ、通常の表現をすれば個人事業か小規模な会社ということになります。このような場合は普通でも、信用力は小さく審査に支障が出る場合がありますが、水商売では頻繁に店自体が閉店してしまったり、経営者が急に変ったり、逃げてしまったりという過去からの統計的実績があるため、大変信用力が小さく評価されています。したがって審査においては本人の情報の前に勤務先のお店の情報の時点で撥ねられてしまう場合が多いようです。

このためキャッシングローンの審査を通す条件としては、まず勤務先のお店が長期に渡って安定した経営状態にあることを証明する必要が有ります。歴史のある有名店であれば、わざわざ申込者が証明する必要は有りませんが、もし歴史は長いが知る人ぞ知るといったお店であれば、安定性を証明する書類を付けておけばまずは審査の第一関門を通すことができる可能性が高くなります。安定していても歴史が短かったり、歴史は長いが経営状態は安定していない場合には、難しいと思われます。

次に必要なのが、自分の収入を証明することです。源泉徴収票でも良いですし、確定申告の控え、収入証明書などでもよいですが、これだけでは駄目です。収入の安定性を証明するために月々の収入を証明するような書類、例えば給与明細などを準備しておくと良いでしょう。これがあれば一定以上の年収が有り月々も安定した収入があることを証明することが出来ます。したがってキャッシングを考えている場合にはこれらの書類を保管しておくことが必要になります。

最後に重要なのは利用者の信用情報にまずい記述が無いことです。以前借りたローンの返済が遅延してしまったとか、踏み倒したことがあるとかというような情報が残っている場合には、審査は通りません。以上3点がクリアされていれば、利用を断わる理由はありませんので、審査に通る可能性は高いです。1社駄目でも2社3社と申し込みを試してみてください。審査に通っても利用に当たっては十分注意して、以後の水商売の評価を下げることの無いようにしましょう。

毎月借りては返し借りては返しを繰り返している人は生活を見直そう

給料日近くになると、ちょっとお金が足りなくなってしまう人は多いと思います。キャッシングローンなどというものが無い場合は、知り合いなどから借りてしのいで、給料日になると返すというような人も大勢いました。最近ではキャッシングローンという便利なものがあって、知り合いに頼まなくても、楽にしのげるようになりました。そのため毎月給料日間近に借りては、給料が出ると返済している人は少なくないのではないでしょうか。

このような場合、このサイクルを続ける事によって、1回1回は大変少ない利息ですが、積もり積もって後から考えると、結構大きな金額を利息として払っている事になります。たまに困ったときに利用するというのはしょうがないと思いますが、毎月常態化しているというのはやはり問題が有ります。給料が出るとすぐに先月の融資分を利息と共に支払うわけですから、以後一ヶ月に使える給料はそれだけ減ってしまうことになります。そして給料日前にはまた借りる、改善できるような気がしませんか。

つまり少し使い方を調整すれば、給料日前の足りない分程度は節約でき、このおかしなサイクルから抜け出すことが出来るはずです。その間生活レベルを下げる必要があるかもしれませんが、トータルで考えると利息分の支払いがいらなくなるわけですから、絶対そのほうが得です。自分の生活スタイルを維持するために借金を繰り返すのはまったくばかげた話です。借金無しで生活が続けられないのであれば、それは収入に見合った生活ではないということです。

工夫してもどうしても借金から抜け出せないということであれば、全面的に生活を見直してみてください。まず支出を全部チャックします。家賃、食費、公共料金、趣味…様々なものが挙げられますが、全部挙げられたら、まず不要不急のものを選んでカットします。それでも無理なときは、全体の生活レベルを見直して、すこしレベルを下げた生活をすることです。それが自分の現状に合った生活ということです。

キャッシングローンは大変利用しやすい生活ツールになっていますが、利用の仕方次第ではかえって生活を圧迫することも有ります。貸し借りを繰り返さなければならないようなら、自分の生活のほうに問題があるということを憶えておきましょう。貸し借りが続けば、お金を借りるということに抵抗感が無くなり、ついつい借りすぎてしまって、そのうちに返済に窮する場合も出てくるようになります。信用情報に傷でも付くと肝心なときに借りられなくなることもあるのです。

悲観する必要は全然無し!キャッシングの審査が通らなかったとき

キャッシングローンに限らずお金を借りる場合には、審査をされるのが普通です。したがって貸し手の審査基準に合わない場合には審査に通ることが出来ませんから、借りることが出来ません。キャッシングローンはローンとしては小口の部類に入るため、それほど厳しい審査は有りませんが、それでも場合によっては審査が通らないこともあります。もし自分が申込んだとして審査が通らなかったらどうでしょう。特に収入や信用情報に心当たりが無い場合には何故だと思いますよね。

しかし、審査基準は金融機関によって違いますので、別に1つ断わられたからといって悲観する必要はまったく無いのですが、初心者であればあるほど、ショックが大きいようです。自分の信用力が問われるわけですから無理も有りませんが、何度も申込んで慣れている人はまったく気にもしないでしょう。いろいろ思い悩むのも良いですが、そんなことを考えても意味がありませんので、気持ちを切り替えて、次を考えたほうが賢明です。

審査基準は分かりませんが、収入の安定性か信用情報に問題を感じたかどちらかです。自分で見て収入に問題が無い場合には信用情報の問題が考えられます。それでは自分はブラックなのかと考えてしまいますが、信用情報の中にはブラックリストが含まれているわけでは有りません。情報を解釈するのは金融機関側です。したがってブラックの判断は金融機関によって違います。ですから一つ駄目であってもまったく心配する必要は無いのです。
(⇒ブラックとは

そこで次の対応を考えましょう。候補の一つ目が駄目なのですから候補の二つ目の所に申し込みをして見ましょう。特に問題が思い当たらないのであれば、二つ目は簡単に通ってしまう可能性があります。ただし、やはり提出書類は見直しが必要です。本当に問題が無いかどうかしっかりチェックしておきましょう。また申込書と添付書類の既述に矛盾などが無いか良くチェックしてください。申し込みは機械や郵送、インターネットを利用するのはやめて窓口に行って説明しながら申し込んで見ましょう。

もしそれでも審査が通らないのであればできるだけ理由を聞いて、何が問題なのかを考える必要が有ります。収入の安定性が問題なのか、過去を思い出して信用情報に何か問題があるのかよく考えて見ましょう。消費者金融によってはxxの資料を提出してくださいとか言ってくれるところもあるので、続けて何件か申込んでみるのも原因を探ることになるかもしれません。どうしても問題に心当たりが無い場合には弁護士などに相談してみてください。

様々な返済方法の中からどのように自分に合ったものを選ぶのか

キャッシングローンでなくてもお金を借りたら当然返済するわけですが、初期には店頭窓口に行くしか有りませんでした。しかし技術の進歩でお金を扱う様々な方法が出現してきたため、消費者金融側もこれ等に対応して返済できるようにしてきました。最近では利用者が利用し易いものを選ぶことが出来、たとえ窓口が閉まっている時間帯でも容易に返済できるようになっています。しかし便利なものには落とし穴もあるので返済方法を選ぶときには注意が必要です。

まずは提供されている返済方法を確認しておきましょう。まず金融機関の窓口で返済する窓口返済、借入先金融機関のATM、借入先金融機関と提携する銀行等のATMあるいはCD、コンビニエンスストアなどから金融機関の指定口座への振込、自分の口座からの口座引落し、借入先金融機関への郵送、また最近ではインターネットも利用可能になっています。今後も新しい方法が開発され、利用者のニーズがあると判断されれば、すぐに対応してくるのではないかと思われます。

どれを選ぶかは利用者の自由ですが、注意が必要なのは自分の口座からの口座引落しです。他のものはその返済時に利用し易いものを選択して臨機応変に使い分ければ良いのですが、口座引落しを選んでしまうと自動的に引き落されるため、一見便利ですが、残高不足という落とし穴があります。普段返済を意識しませんのでその分、残高の確認を怠り、入金しておくのを忘れることが多くなる傾向が有ります。公共料金が引き落とせなかったという経験がある人は注意が必要です。

ですから入金を忘れがちの人や、残高が少ない人はいくら便利に感じたとしても、お勧めできる方法では有りません。ただ最近では引落前にメールで知らせてくれる場合も有りますので忘れっぽい人はこれを利用すれば入金忘れの危険性は少なくなります。できれば自分の性格をよく理解して、最も便利な方法という選び方ではなくて、もっとも性格に合ったものという基準で選ぶことを勧めます。忘れっぽい性格であるのであれば、かえって窓口で返済するほうが忘れることが少ない可能性も有ります。

技術の発達で便利な時代になりましたが、利用方法によっては、返済に遅れが出てしまう可能性があることを忘れないようにしましょう。返済が遅延すると、それは信用情報に記載されることになり、度重なると、将来重要なローンを借りようとする場合に借りられないという可能性さえあるのです。遅れても返せば良いなどといい加減なことを考えていると、痛い目にあうということを忘れないようにしてください。

怖いお兄さんが来るの?取立てはこのように行われる

キャッシングローンは殆どの場合、非常に小口の融資ということになりますから、入金をし忘れることはあっても、返済が出来なくなるようなことは利用者全体の数から見れば、そう多くは有りません。しかし、キャッシングローンが引き金となって多重債務に陥って返済できなくなる場合もあり、小口だからといって安心していると徐々に深みに嵌ってしまう可能性も有ります。返済できない場合に行われるのが、不良債権の回収すなわち俗に言う取立てです。

取り立ては金融機関によって違いがあるかもしれませんが、大体どのような手順で行われるのでしょうか。まず最初に返済が遅れた場合に何が行われるかというと、単なる遅れであればよくある話なので、金融機関側もそう強硬な手段を取ることは有りません。延滞しているということで遅延損害金というものを含めた返済のための振込用紙が送られてくるのが普通です。これを支払っていればそれ以上に話が進むことは無く事は丸く収まります。

それでも支払われなかった場合には、次に金融機関側から電話が入るようになります。最近では窓口などでは女性が対応する場合が多いですが、この電話あたりからは男性が相手をするようになってきます。ただし怖い印象ではなく、まだ人当たりの良い声で早めに支払ってくださいというような話をします。このあたりになると自分でも返済が出来るかどうかはっきりしている筈ですので、出来そうに無いときは公的機関などで相談したほうが良いでしょう。

それでも返済が行われない場合には、いよいよ債権は不良債権と判断されて不良債権回収部門の登場ということになります。こんどは電話ではなくて、回収員が訪問してきます。ただし回収というと以前のような怖いお兄さんというわけではなく、あくまで紳士的な対応をしてくれます。ただし、こういう人はそれほど人当たりの良い人というわけでは有りません。債務者から見るとちょっと怖い印象を受けるでしょう。この時点で返済が無理であれば、弁護士に相談して債務整理をお願いすることを考えましょう。

大手消費者金融の場合は、以降この回収部門とのやり取りが続くわけですが、裏社会と繋がっているような消費者金融の場合には、更に債権を闇金や暴力団に売ってしまうということも行われる可能性があります。そうなると闇金から借りたのと同じように、今度こそ怖いお兄さんが来ることになります。そうなればどういうことになるか説明の必要は無いでしょう。そんなことにならないように、返済が出来ない場合には、早め早めの対応を心掛けるようにしてください。

自分に有利な消費者金融のキャッシングローンはどう選べば良いのか

いまや大手銀行でもキャッシングローンが有りますので、特に利用経験の無い人向けには大手銀行のもののほうが安心感もあって良いのかもしれません。しかし利用方法によっては消費者金融のもののほうが有利な場合も多いので一概にどれがお勧めということは言えません。ですから初心者でも特に金融機関に思い入れのようなものが無ければ銀行系のもの以外に、大手消費者金融系のもの検討対象にして選択肢を広げて考えるようにしても良いのではないでしょうか。

消費者金融というと昔のサラ金を思い浮かべる人も多いですが、現在大手消費者金融は株式の上場も果たしており、以前の様な暴力団を使った悪質な取立てもなくなっていますし、大手銀行との業務提携なども行われており、安心して利用できます。問題になるのは金融機関側ではなくて、ほとんどは自分の返済能力を超えて借入れしてしまうような、借り手側に問題がある場合ですので、借りる前には自分の能力を十分把握しておくことが重要です。

自分の返済能力を把握した上で、次は自分の利用方法を整理しておきましょう。たとえば1月以内程度の短期間に返済してしまうような借り方とか、会社員の場合にはボーナスも利用して返済するかしないか、あるいはリボルビング払いで返済するかしないかなど、自分の収入や生活パターンを良く考えて実際の返済をイメージしてみてください。これによって選択するキャッシングローンや返済方法が決まってきます。この時自分の返済能力を良く考えて無理の無い方法を考えることが重要です。

キャッシング商品を選ぶ場合、まず最も注目しておく必要があるのが金利です。もちろん金利が低いほうが良いわけですが、現在では法律で厳しく上限金利が決められていますので、上限金利以上の金利を付けているところは闇金です。近付いてはいけません。ただし金利は重要ですが、これだけで選んではいけません。特に自分の利用方法が短期間で返済するというものであれば、一定期間無利子になるものを選んだほうが、他のものよりも金利が高く設定されていたとしても得になります。

会社員の場合には返済方法にボーナス併用が可能なものを選べば月々の返済額を減らすことが出来ます。キャッシングローンには商品ごとに様々な特徴が有ります。特に消費者金融のものは大手銀行のものと差別化を図るため、利用者によっては大変魅力の有る商品になっています。したがってキャッシングローンを選ぶ際には、自分の返済能力、返済方法とキャッシングローンの特徴を良く理解して、最も利用し易く、得になるものを選ぶようにしましょう。

あなたに合った利用方法が必ず有る!アコムのキャッシング

無事審査が通れば、いよいよ借入限度額までであれば融資が受けられるようになります。だからといってどうしても借りなければいけないということではありませんから、本当に必要なときが来るまでは、本来は借りないほうが良いということは言うまでもありません。本当に借りなければいけない時が来たときは、利用方法に注意して、遠慮なく借りることにしましょう。アコムでは利用者のライフスタイルに合わせて様々な利用方法が用意されています。

まず従来から最もお金を借りるときに利用されるスタイルはATMを使うことです。これはアコムのATMのほか都市銀行や地方銀行・信用金庫などの提携先金融機関のATM、あるいはコンビニを利用することができますので、田舎にいるのなら別ですが、地方都市はもちろん小さな町であっても利用に困るようなことは有りません。また一部を除いて殆どのATMからは返済も可能になっています。パソコンなどを使わない人には最適な利用方法と言えます。

もちろん、店舗の窓口で借りることも出来ます。この場合様々な相談も出来ますので、返済に心配があるときには相談してから借りても良いのではないでしょうか。当然ですが窓口での返済も可能です。この方法の欠点は、いくら大手消費者金融といっても店舗数は銀行のようには多く無いため、どこでも使えるという方法ではありません。実際の使い方としては殆どはATMで利用して、相談などがある場合には窓口を利用するというような形が良いでしょう。

もう1つの方法は電話により指定口座に振り込んでもらう方法です。これには担当者と直接話す方式と、プッシュ回線による音声自動応答を利用したものがあります。この他インターネットから振込みを依頼することも可能です。この場合振込み依頼時間により振込みの時間も決まっていますので、すぐに必要というときには間に合わない場合も有りますから予め時間を確認しておきましょう。またこの振込み依頼による利用方法では予め振込み口座の登録が必要です。

このように様々な方法で融資を受けることが出来ますので、慣れない場所であったとしても、利用者は自分の最も利用し易い方法を選んで、利用すれば良いことになります。例えば普段はパソコンから振り込み依頼をしているが、旅先での急な出費という場合には、付近にある提携ATMからというような利用方法が選べます。肝心なのは借りる際にはしっかりした返済計画を持って返済できる範囲内で借りることです。

キャッシングローンはすぐに返済すれば利息を低く抑えられお得です

キャッシングローンに限らず借金をする場合には、利息はつき物で利用者は元金にこの利息を付けて返済する必要が有ります。借金を上手にするにはこの利息を如何に少なくするかということを考えることだといわれます。この利息を少なくする方法としては、まずは金利の低いものを選ぶのが基本ですが、もう一つの方法としては、なるべく早く返してしまうということです。利息は借入している間掛かりますから、この借り入れ期間を短くすればするほど利息は少なくなります。

キャッシングローンの使い方で多いのが給料日前になって、ちょっと懐が寂しいという人が給料日が来るまで借りるというものです。この場合借入れ期間はせいぜい1週間程度ですから、良い借り方と言えなくは無いのですが、良く考えてみると、少し節約するなり、やりくりを工夫するなりすれば、借りなくて済むのではないかと思われます。短期間の借り入れといえども借りたからには利息が掛かります。多少の我慢で済むのであれば、まずは借りないことを考えましょう。

借りなければならない場合には、基本を思い出して、借り入れ期間を出来るだけ短くすることを考えましょう。給料日まで1週間であれば、ちょっと我慢して5日にできれば、さらに利息は減ることになります。微々たる物じゃないかという人もいますが、つもりつもって大きな金額になることを忘れてはいけません。お金を使うのは経済を活性化するという点で非常に大切なことですが、使わなくても良いお金を使う必要は有りません。

もう1つ短期間のキャッシングローンでお勧めできるのは一定期間内は無利息というものです。このようなキャッシングローンも何社かから出ていて1週間、1ヶ月、長いものでは半年の間は利息が掛からないという特徴が有ります。これを利用すれば給料日前の1週間だけ借りるというような借り方をしている場合、利息を払う必要が有りません。ただしこれらのキャッシングローンは一定期間を超えると多少他のものよりも金利が高い場合があるため利用には注意しましょう。

このようにすぐに返済すると分かっている場合には、利息が掛からない場合もありますし、少し工夫する事によって利息を減らすことも出来るようになります。ただしキャッシングローンの短期借入であっても、借金は借金です。返済してしまうまでは気を抜いてはいけません。この小口の貸出が将来多重債務となる引き金を引く可能性も無いとは言えないのです。借金にはそうしたリスクが常に付きまとっていることを忘れないようにしましょう。

目的が決まっているなら絶対お勧め!元祖金融機関である銀行のローン

銀行は金融機関としての非常に長い歴史を持ち、経済をうまく回していくためには無くてはならない存在です。このためキャッシングに類するもの以外にも様々なものを目的としたローンが取り揃えられており、利用目的によっては何でもかんでも目的を問われないキャッシングを使うよりも目的を明示してそれに関するローンを使ったほうが金利などの点で大変有利に借りることが出来ます。ですからなんとなく借りるのではなく目的をはっきりさせることが重要です。

銀行の提供するローンで最も有名なのは住宅ローンです。もちろん住宅を購入する場合に利用するローンです。即金で住宅を買うような特殊な人は別にして、ほとんどの人はこの住宅ローンを借りることになります。このローンの特徴としては借入額が非常に大きく、住宅の種類によりますが金利が低く設定され、かなり長期に渡って返済するというものです。住宅を購入する場合には利用できる可能性があれば大変有利なローンなので是非利用するようにしましょう。

次に自動車ローンがあります。これはもちろん自動車を購入するためのローンです。このローンは通常のローンとそれほどの違いは有りませんが、住宅ローンよりは高いですが、その他のローンに比べると低い金利で借りることができます。次に教育ローンが有ります。これは教育費用のためのローンで、自動車ローンと同程度の金利ですが、在学中は元本を据え置くことが出来、利息だけの返済で済むという特徴を持っています。子供の進学時には利用を考えたいローンです。

目的が特に限定されていないものに多目的ローンとカードローンが有ります。多目的ローンでは比較的大きな金額を想定して、自動車ローンや教育ローンより多少高い金利で借りることができます。次のカードローンが消費者金融で言うキャッシングローンと同じ性質のもので、カードが利用でき必要に応じて利用限度額まで順次融資を受けることが出来るものです。結婚や旅行に使うなら多目的ローンがお勧めですが、生活費のやりくり等のように必要なときにちょと借りようという場合にはカードローンがお勧めです。
(⇒銀行カードローンについて

このように銀行は主要な金融機関として利用者の目的に合わせるために様々なローンを用意しています。審査は厳しいですが、初心者にも安心して利用できるものばかりです。ですからキャッシングローンに固執するのではなく、目的等がはっきりしているのであれば、金利的には絶対に有利になりますから、一度銀行に行って相談してみる事が重要です。銀行は近くに必ずあるものですから、うまく利用して生活の力になってもらいましょう。

インターネットを使っていつでもどこでもキャッシングを利用しよう

インターネットが普及しだしてから、様々なものが様変わりしましたが、従来では金融機関に出向かなければ出来ないようなことが、インターネットを介してパソコンや携帯端末上から行うことが出来るようになって来ました。たとえば銀行が行っているネットバンキングでは居ながらにして残高照会や振込みなどを行えます。この傾向はキャッシングについても例外ではなく、インターネット上からキャッシングを利用することが出来これをネットキャッシングと呼んでいます。

ただネットキャッシングとは言っても、利用がインターネットを介して行われるということ以外は別に他の方法で利用する場合と大きな違いは有りません。他の商品と同じように良く調査して自分の収入や生活スタイルに合わせて利用すべきキャッシング商品を選んでください。注意しなければならないのはインターネット上の詐欺行為です。大手金融機関のホームページに似せて、おかしな契約を結ばされてしまうということも無いとは言えません。十分注意してください。

経済の活性化という点では、お金を預ける人もお金を借りる人も必要なことですが、安易に借りるのは、自分を追い込むことに繋がることも有ります。特にキャッシングは比較的小口の貸し出しのため借り易く、ネットキャッシングは非常に簡単な操作で借りることが出来るためについつい借りすぎてしまうことも良くあることです。しかし借りたからには必ず利息をつけて返済することが必要になることを忘れてはいけません。したがってネットキャッシングの場合であっても、しっかりした返済計画を予め立ててください。

ネットキャッシングで時々見られることとしては、パソコンや携帯端末での操作をすれば、自分の口座にお金が振り込まれますので、ゲーム感覚のバーチャルの世界と区別が付かなくなってしまうというものです。こういう状態に陥ると大変厄介ですので、ネットキャッシングを利用しようとする人は他の方法での利用者よりもさらに自己管理ができるような人でなければなりません。普段ゲーム漬けのような人は始めから利用しないほうが良いのかもしれません。

ネットキャッシングの場合、手軽さのためか、ついつい借りすぎてしまい、返済に支障が出てしまうこともあり、次々に別のキャッシングに手を出して、いつの間にか多重債務を負い、最後には自己破産に至ってしまうというケースも見られます。ですから利用に当たっては、借りたものを返した後でなければ、新たなキャッシングは行わないなど、ルールを決めて、多重債務などに陥らないように自己防衛する方法を考えておくことが必要です。

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 >