アコム

イメージ先行の消費者金融が抱える様々な問題って何

一昔前までのテレビCMを思い出してください。若い女優さんが出てきて、大変明るいイメージで消費者金融のPRをしていました。これをステップに有名女優になった人もいますよね。しかし、最近はこういうCMを見かけないと思いませんか。消費者金融のCMはありますが、必ず『借りすぎに注意しましょう』というような言葉が入っているはずです。これにはいろいろな経緯があって、結局業界の自主規制ということで現在に至っています。

もともと消費者金融というのは現在の闇金などの違法業者と同根のもので、サラリーマン金融と呼ばれていた時期から、サラ金地獄などと陰口を言われるような体質の業界でした。取立てに暴力団を使うような業者も多数いたようです。その後法整備などが進んで、まっとうな企業に成長していくものと、闇金として地下にもぐってしまうもの、その中間で表向きは良いイメージを持ちつつ、過酷な取立ての体質を残すものなど、様々な業者が未だに残っています。

最近の問題としては、改正貸金業法の成立まで上限金利が2つの法律の間で曖昧だった頃のグレーゾーン金利と呼ばれる金利を取っていたというもので、判例からこれらの金利を支払っていた場合には、過払い請求をすれば過払い分は返還してもらうことができます。本来であれば業者側から利用者に積極的に返還するべきなのですが、請求しなければ返してもらえません。利用していた人は過払い請求してください。この過払い請求によって中小の消費者金融はかなり経営体力を失ったようです。(⇒グレーゾーン金利とは

この改正貸金業法では原則年収の3分の1までしか融資できなくなり、さらに過剰な取立てが問題となったためさまざまな規制が盛り込まれました。そこで以前には大変甘かった消費者金融の審査が厳しくなって、借りたくても借りられないというような状態も発生しています。これは貸す側のそれまでの体質の問題もありますが、安易にお金を借りてしまう利用者側の問題も大きく、結局このような人たちの考え方を変えるのは難しく、多くの人が闇金に流れてしまっています。

さらにこの闇金も大変大きな問題です。グレーゾーンならまだしも、それ以上の刑事罰を科されるような高金利を平気で掲げて利用者を募り、過酷な取立てを行って、地獄のような生活を強いています。

以上のような様々な問題を抱える消費者金融ですが、まっとうに商売をしている業者も沢山有りますし、利用者側もしっかりした返済計画を立てて、滞りなく返済すれば何も問題は有りません。双方とも順法意識を高く持って、上手にキャッシングなどの融資を利用してください。

ちょっと厳しい未成年のキャッシッグローンの利用

お金が必要になるのは、なにも成年になってからというわけではなく、未成年でも生活上お金が必要になることはあります。成年であればこういったときにキャッシングローンなど使うことが可能ですが、未成年の場合社会的信用から言って難しく、また改正貸金業法により年収の3分の1までという制限もできたため、収入が無い場合にはキャッシングは出来ませんから年齢的に言っても18以上でなければ、まず審査は通らないと考えたほうが無難です。

実際のキャッシングローンを見てみると、利用可能年齢が20歳以上になっている場合が多く、18歳でも借りられるものもありますが、かなり限定されることになります。ただし学生の場合には学生向けのキャッシングローンが存在するため、利用限度額は50万円程度になりますが多くの商品が存在します。ただし最近では改正貸金業法の影響で貸しにくくなってしまいこの分野から撤退する消費者金融もあります。収入の無い学生には厳しい時代になったというわけです。

いずれにしても20歳未満の場合を考えると、キャッシングローンの利用はまったく無理と言うわけでは有りませんが、選択肢も小さく難しいと考えられます。どうしても利用したいという場合にはもっと顧客を獲得したいと考えている消費者金融のものを狙うのが良いでしょう。それでも審査は厳しいので、何件か申込んで気長に探すことが必要になるでしょう。ただしそこまでして融資が必要なのか良く考えることも重要です。

普通に考えれば未成年の段階で、そんなに大きな金額が必要になるというのは実生活ではそれほどあることでは有りません。先ず行う必要がるのは本当にそのお金が必要なのかということを良く考えてることです。未成年で大きなお金ということであれば自動車の購入がありますが、普通はキャッシングローンではなく自動車ローンを考えますし、そう考えると大きなお金が必要なのはギャンブルとかレジャーのということになり、もしこれ等が目的でキャッシングローンを利用するのであれば申し込み自体を止めてください。

こういうものは自己資金ができてから行えばよいことで、借金して行うことでは有りません。生活費の足しにと考えているのであれば、それは現在分不相応の生活をしているということです。生活レベルを下げれば良いはずです。まずは着実に収入を増やし社会的信用を作った上で、将来お金の使い方を覚えてから必要に応じてキャッシングローンなどを借りるようにすれば良いのです。

銀行と消費者金融の関係を知ってキャッシング利用の参考にしましょう

終戦直後はまだ消費者金融というものは無く、金融機関といえば銀行という状態でした。しかし当時の銀行は復興の需要から主に産業界への融資が優先され、個人向けの融資はほとんど行われていませんでした、その後個人向けの融資も行われるようになりましたが、審査は厳しく担保や保障などが無ければ融資は受けることが出来ませんでした。このため個人向けの小口の融資を、もう少し甘い審査で行うようにした業者が1950年代後半に現れ、これが消費者金融になりました。。

このように消費者金融は銀行の業務の間隙を突くような事業展開を行っていましたので、この頃は住み分けが出来ており、関係を持つことも有りませんでした。また消費者金融は以前はサラリーマン金融と言われ厳しい取立てのために暴力団が使われることも珍しいことではなくサラ金地獄などという言葉まで出来て、大変暗く悪いイメージが有った為に、銀行が関係を持つというようなことはそもそも考えられないことでした。

しかし、バブル崩壊を機に消費者金融の利用者が増え、その後の法整備や業界の努力で女性でも利用し易い環境になったことから、かなりの成長を見せるようになり、株式を上場する消費者金融も現れるようになりました。この頃になると大手の消費者金融では暴力団との関係も一掃され、健全な業務が行われるようになりました。当時銀行はといえば、産業界への融資が頭打ちとなり、個人向け融資に目を向けるようになっていました。

そこで両者が接近を始めます。消費者金融側は銀行と提携することにより、以前の暗いイメージを払拭し、健全な事業者ということをアピールできますし、銀行側はそれまで持っていなかった無担保無保証での融資のノウハウを手に入れることができます。つまり両者にはそれぞれメリットがあったのです。そこで銀行は業務形態が健全だと判断できる大手の消費者金融と提携することになります。現在では消費者金融業者はxx銀行グループなどと宣伝に使うようになりました。

キャッシングを利用する際には、この提携も参考にすると良いでしょう。銀行のカードローンもありますが、消費者金融系のキャッシングを利用する場合にも、少なくとも銀行と提携できるだけの信用力が有る業者は特に初心者にとっては安心できる材料になります。もちろん銀行と提携せず独立系として頑張っている消費者金融も沢山有りますので、絶対に銀行と提携している所が良いということでは有りませんが、独立系の場合、未だに暴力団との関係を疑わせるような場合も有りますので十分注意してください。

自分の性格がキャッシングの返済方法のキーポイントって知ってますか

以前は借りたお金の返済方法は、借りるときに細かく規定されていて決して自分が勝手に決められるというものでは有りませんでした。しかし現在ではキャッシング商品も大手銀行の参入等によって顧客の獲得競争の時代になり、顧客の使い勝手の良い様に様々な方法が用意されるようになりました。したがって利用者はこれ等の中から好きなものを選ぶことが出来ます。通常は自分の生活パターンから選ぶ場合が多いですが、場合によっては性格から選んだほうが無難な場合もあります。

キャッシングの返済方法としてはどのようなものがあるのでしょうか。まず金融機関の窓口で返済する窓口返済、借入先金融機関のATM、借入先金融機関と提携する銀行等のATMあるいはCD、コンビニエンスストア、金融機関の指定口座への振込、自分の口座からの口座引落し、借入先金融機関への郵送、また最近ではインターネットも利用できます。これらの返済方法の中から選ぶことになります。ほぼ現在お金を動かすことが出来る方法は全て用意されているといって良いでしょう。

最も一般的なのは、忘れることの無い口座引き落としということになります。ただし使い勝手は良いのですが、残高不足になることもあるため、忘れっぽい人は要注意の方法です。口座への入金を忘れるような人の場合には、毎月決まった日に予定を入れておき、金融機関の窓口やコンビニエンスストア、ATMなどを利用して自分で入金するようにしておいたほうが忘れることは少ないかもしれません。また忘れっぽい性格の人は最近では返済日前にメールで連絡してくれるようなサービスも利用できます。

決めなければいけないのは返済方法だけではありません。返済方式も選ぶ必要が有ります。返済方式には1回で全額返済する一括払い、予め決めた回数に分けて返済する分割払い、毎月一定額や率で返済するリボルビング払いがあります。リボルビング払いには毎月の返済額を決める方式として定額方式、定率方式、残高スライド方式等様々な方式が存在します。この返済方法についても自分に合ったものを選ぶことができますので、良く考えることが必要です。

有る程度高額になってくるとリボルビング払いを利用する人が多いですが、借入れしている期間は短いほど利息が少なくてすみますので、早期に一括で返済することもお勧めの方式です。いずれの方式を選ぶにしても、返済が滞ってしまっては元も子もありませんから、各方式でシミュレーションを行って見ることを勧めます。このシミュレーションを行う際には、自分だけではどうしても返済能力を客観的に見ることが出来ないため、身近な人で良いので一緒に行うようにしましょう。

審査は厳しくなる傾向に!油断は出来ないアコムの審査

これからキャッシングローンの申し込みをしようという人が一番気になることは、自分が申込んでも審査が通るだろうかということではないでしょうか。本来消費者金融というのは、銀行の審査が担保などが必要であったために非常に厳しく、多くの人が借りることが出来なかったために、余程のことが無い限り誰でも借りられるようにということを目的として設立されてきたという経緯が有ります。アコムも本来はそういう会社に位置づけられていました。

特に消費者金融を管理する貸金業法が制定される前は、ほとんど審査らしい審査もせずに今から見ると高い金利で貸し出していました。しかし規制が徐々に厳しくなるにしたがって金利も低くなったのは良いのですが、返済に問題が生じそうな人には貸し出しが出来なくなるため、次第に審査が厳しくなる傾向が出て来るようになります。そうした中で利用者は金融機関のイメージや安全性を考えて、できるだけ大手に行く傾向が有りますので、消費者金融間で審査の基準に徐々に差が出てくることになります。

つまり大手になるほど審査が厳しく中小に向かうほど審査が甘くなっていきます。そして最後は審査など存在しない闇金ということになります。アコムは1994年の東京証券取引所への上場をはさんで消費者金融の中では最大手と位置づけられるようになり、審査は消費者金融の中では厳しい部類に入っています。特に改正貸金業法が成立してからは、総量規制もあって更に厳しくなってしまい、今まで借りていた人も借りられなくなるという問題も出てきています。

ただし、そうは言っても安定した収入があり、他からの借入が年収の3分の1以内で、特に返済に遅延するなど信用情報に問題が無いのであれば、審査に通らないというようなことは有りません。通常の会社員であれば収入は安定していますので、特に問題が無ければ、大丈夫です。ただし最近では正社員ではなく非正規社員とかパート、アルバイトなど決して収入が安定しているとは言えない人も多いため、申込む場合には、安定収入を示す資料を用意しておくと良いでしょう。

個人事業を行っている場合も、一律に駄目というようなことは無くて、やはりそれなりの年収があり、安定した収入を示す資料があれば、審査は通ります。無職の場合は年収があったとしても、安定収入は期待できないため、審査に通ることは難しいと考えられます。こういう場合アコムは駄目でも、もっと審査の甘い消費者金融では審査が通る場合がありますが、融資を受けることは見合わせたほうが利用者のためにも良いと考えられます。

必要な書類は何かキャッシングローンの申込の準備

キャッシングローンを申込もうと決めたら申し込みのための書類を準備する必要が有ります。これは消費者金融により若干の違いがありますので用意するときにはそれぞれの消費者金融のパンフレットやホームページなどを確認してください。これ等の書類は、まず本人を確認するものが必要です。これはなりすましなどを防止するためのものです。次に収入を証明するものが必要です。これは返済に当たって返済できるだけの安定収入があるかどうかを見るために必要です。

申込には当然ですが各種書類のほかに申込書が必要です。これは店舗に置いてある物、あるいはインターネットからのダウンロードなどによって手に入れることが出来ます。申込書には住所氏名や希望する借入額などを記入する必要が有ります。記述内容が添付する書類と矛盾するようなことが無い様に注意してください。申込書は店舗に行ってから記入しても良いですが、初めての人は慣れない所で落ち着けませんので、家で書いていったほうが無難です。

次に本人を証明する書類としては、運転免許証が基本ですが、当然ですが免許を取っていない人もいますので、健康保険証あるいはパスポートで代用できます。もしこれらの証明書類に既述されている現住所が申込書と異なる場合には、公共料金の領収書などで現住所が確認できるものを付けておけば良いはずです。本人を偽るようなことは違法ですので絶対に行ってはいけません。すぐに発覚して手が後ろに回ってしまうことになります。

最後に収入を証明する書類です。これは市役所などで貰う収入証明書や勤務先から貰う源泉徴収票などが必要です。場合によっては直近の給与明細なども要求されることがあります。ただし正社員の場合には良いのですが、派遣、パート、アルバイトなどで収入が安定していない可能性があるような勤務形態の場合には、安定していることを証明するため、1年分程度の給与明細を準備しておくと良いでしょう。その他の安定収入が証明できるものがあれば予め用意しておくことを勧めます。

さらにもし返済に口座引落を希望する場合には引落口座が分かるものと、届出印が必要になりますのでこれも準備しておきましょう。これ等を提出後、短い場合には30分程度で審査が終わります。もし収入についていろいろと説明が必要だと考えられる場合にはインターネットや郵送、自動契約機などは使わず、最初から店舗の窓口に行って相談しながら申込んだほうがスムーズに行く可能性があります。特に問題と考えられるものが無ければどれを選んでも構いません。

有利なローンを見つけるにはまず情報の収集が必要です

キャッシングローンと言えば消費者金融の独壇場と考えがちですが、現在ではこれに類するローンが、銀行系、信販系、クレジットカード系など多くの種類が存在しています。どれが一番良いのかということは一概に言うことはできません。利用者の使い方によって、向き不向きがありますので、利用者はどのローンが最も自分に向いているのかを判断することが必要になります。どのような場合にも判断を伴う場合には判断材料になる情報を集めることが必要になります。

この為にはまずそれぞれの金融機関に行ってパンフレットを入手するかインターネット上で金融機関のホームページから情報を集める事になります。ただし、情報はこれだけでは有りません、インターネット上にはこれらのローンに対する利用者の意見や使用感などを集めた掲示板などがあり、金融機関がいかに美辞麗句を駆使してローンを宣伝しても、実際にはどうなのかを知るには、これ等の意見も利用の仕方次第では非常に重要な判断材料になります。

これらの資料を集めることと平行して、自分の要求を纏めることも重要です。ローンに対して何を求めているのかをはっきりさせましょう。また自分が借りようとしているお金をどのように返していくかという返済計画も作る必要が有ります。金融機関によってはホームページ上で返済のシミュレーションを行えるようになっていますがこれは月々の返済額程度しか出ませんので、返済計画を立てるには自分の収入や支出を加味した条件での返済シミュレーションを行うことが必要です。

情報の収集と自分の要求、返済計画を立案したら、今度はそれぞれをつき合わせて、まず自分の要求を満たしているものをピックアップします。それが終わったらそのピックアップした中から立案した返済計画に沿う返済方法を行うことが出来るかどうかを判断してください。最終的に残ったローンが自分に合っていると思われるものです。この中から最終的に最も合っていると判断したものを第1候補として採用することにして、後のものは残しておいてください。

そこで先ずは第1候補のものに申し込みを出してみましょう。当然ですが申し込みをしても利用できるか出来ないかは、金融機関側の審査によりますので、審査を待って審査に通ったら再度返済計画を確認して利用を開始して下さい。審査に通らなければ、できれば何が問題だったのかを教えてもらい、改善できる場合には改善した上で、残しておいたローンの中から、次に合っていると思われる第2候補に申し込みをしてみてください。

時効はそう簡単に成立しない!借金踏み倒しは割に合いません

キャッシングローンの手軽さで、野放図に借りまくってしまい、結局返済に行き詰まった場合、普通の人であれば、債務整理を行うことを考えますが、時として逃げてしまう人もいます。要するに借金の踏み倒しです。踏み倒した人の狙いは民法に規定されている消滅時効というもので、これが成立すれば借金が無くなることになります。現在の規定では最終返済日、あるいはキャッシングの契約を結んだ日から起算して5年で消滅時効は成立するとされています。

しかし債務者はとにかく5年逃げ続ければと考えているかもしれませんが、債権者の特に回収部門というのは回収のプロですから、そう易々と時効を成立させるようなことは有りません。債務者は時効成立の期間しか頭に有りませんが、民法にはこの時効期間を中断させることについての規定も盛り込まれています。この規定では中断されるのは債務者側が借金のあることを認めてしまった場合と債権者側から返済を請求した場合です。

回収部門が手を咥えて5年間も借金の請求をしないはずは有りません。したがって時効の成立は事実上不可能です。またもし役に立たない回収部門で請求しなかったとして、5年の消滅時効が成立した後になっても、債務者側がもう時効が成立したと安心して借金の存在を認めてしまった場合も時効は無効になってしまいます。そもそもこの民法の規定は古き良き時代の個人間の貸し借りのようなもので何十年も会うことが無かったような時を想定したもので、債権者側が巨大組織となった現在は実態にそぐわないものです。

ですから、返済に窮したとしても、逃げて時効を狙おう等と考えていても、一生逃げ続けても時効は成立しません。まったく割に合わない行為です。相手は組織化され似たような事例を嫌というほど経験している人たちです。次々に巧妙な対抗措置を取ってくるでしょう。したがって返済が無理なのであれば、早めに弁護士に相談して債務整理を行ったほうが、ずっと良い結果を生みます。自分勝手にとにかく5年などと間違った判断をしないように注意してください。

法律というのは債務者、債権者双方の権利を守るように作られています。合法的な契約で融資している債権者に対しては一方的に逃げようと考えるほうが悪です。ですから勝手に時効を目指しても通用しないことをしっかり憶えておきましょう。ただし相手が闇金のような場合には相手のほうが悪ですから、時効を待つまでも無く、警察に行って、取り締まってもらうようにしましょう。

杜撰な返済計画を立ててしまうと返済中に破綻してしまいます

キャッシングローンは小口の借入ということで返済計画もいい加減なものか、あるいはそもそも返済計画すら立てずに借入をしてしまう場合が殆どかもしれません。しかし、借り入れが必要になるような人の場合、月々の返済に回せる資金の余裕はそれほど大きいとは思えず、返済では支障が出ることも充分考えられます。しかし返済日は迫ってきますので
返済資金を調達しなければならず、徐々に自分の首をしていくことにもなりかねません。

安易な判断で杜撰な返済計画しか持たないまま、借入をしてしまったとして、返済に行き詰ったときはどうしますか。借り入れ限度額までは借りられますが、その後は、預貯金があれば返済に回すことは出来ますが、それでなくてもキャッシングローンを借りるような人の場合、それほどの預貯金があるとは思えませんので、やむを得ず、別のキャッシングローンを借りてそれを返済に回すしか方法がなくなります。一時的な原因で返済が行き詰った場合にはこの方法で回避できる可能性はあります。

しかし原因が特になくて返済が難しくなってしまっているような場合には、その後も同じ状態が続くことが容易に予想できます。このため更に別のキャッシングローンに手を出す事になります。こうしていつの間にか多重債務になってしまいます。改正貸金業法では借り入れは収入の3分の1までと規定されていますので、ここまで借入してしまうともう借りることは出来なくなります。こうなってしまうともう弁護士に依頼して債務整理をするか、法律など気にしない闇金を頼るしか方法がなくなります。

さてなぜこうなったのでしょうか、これはそもそも自分の返済能力を良く考慮することも無く、杜撰な返済計画の下に、最初の借入をしてしまったことが原因です。このように杜撰な返済計画を立てると最終的に返済中に破綻してしまう可能性があるということを良く憶えておきましょう。闇金を使えば結局どういうことになるか、説明は要らないと思いますが、闇金から借りても状況は変りませんので、結局返済できず、厳しい取立てに晒されるだけです。

したがって借り入れが出来ず、返済が出来なくなったら債務整理をするしか方法は無いと言って良いでしょう。債務整理をすると最悪の場合には自己破産になりますが、自己破産というと信用も失い悪いイメージがありますが、最悪の状態からの救済措置であって人生をリセットするために法律的に用意されたものだという面も有ります。ですから安易に自己破産することは勧められませんが弁護士が勧めるような場合には、自己破産を選ぶことも致し方ありません。

キャッシングローンの返済はどのように行えば良いのか

キャッシングローンは借金ですから利息をつけて必ず返済しなければなりません。ではキャッシングローンはどのように返済するのでしょうか。消費者金融のイメージからすると窓口に行って返済するようなものを思い浮かべる人もいるかもしれませんが、現在はハイテクの時代で、次々に便利な方法が開発されていて、消費者金融では銀行に先駆けて、返済に様々な方法が提供され、一部に残る暗いイメージの店舗にわざわざ行く必要はなくなっており、これも利用者を増やす一つの理由になっていると考えられます。

最初の返済方法は、当然ながら金融機関の窓口で返済する窓口返済です。いうまでもなく窓口で店員さんに返すわけですが、店舗に行く必要があるため最近では少なくなりました。ただ店員さんにいろいろと相談できる機会も出来るわけで、返済の方法についてもアドバイスを受けることも出来る可能性が有ります。返済上何か困っているような場合には時には店舗に行って返済してみるのも良いのではないでしょうか。

次は借入先金融機関のATM、借入先金融機関と提携する銀行等のATMあるいはCD、コンビニエンスストアから金融機関の指定口座への振込を行う方法です。要するに何等かの方法で金融機関の口座に振り込むわけです。店舗まで出かける必要がないので会社帰りなどでも返済することが出来ます。ただし、ATMなどを利用する場合、時間帯によっては手数料が発生することが有ります。手数料は微々たる物かもしれませんが、元金が少ないような場合には利息より高くつく場合があるので要注意です。

最近ではパソコンを利用してインターネットから振込むことも可能になりました。基本的には他の振込みと同じですが、パソコンや携帯電話、最近ではスマートフォンにも対応しており、自宅からも出先からもまたその他の出先からも、いつでもどこからでも返済できるようになりました。ただし特に携帯電話やスマートフォンの場合、紛失するとそこから情報が漏れてしまうことも有りますので、取り扱いには充分な注意が必要です。

最も利用者が多いと思われるのが自分の口座からの自動引落しによる返済方法です。これは毎月返済日に自動的に引落してくれますので、大変便利です。ただしこれにも残高不足になる可能性があるという問題点が有ります。この他郵送による返済にも応じてもらえます。このように返済方法には様々なものが用意され利用者が利用し易いものを選べるようになっています。今後もお金を動かす新しい方法が開発されれば消費者金融はすぐに対応するのではないでしょうか。

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 >