アコム

キャッシングローンを収入代わりに使う場合は生活保護を利用しよう

最近の日本の経済情勢は大変苦しく、バブル崩壊後はデフレが進み経済規模が縮小していく始末で、以前は大きな収入があり、かなりレベルが高い生活を営んでいた人が、生活レベルを大きく下げざるを得ないような境遇に陥ることも珍しいことではありません。こういった中でリストラも進んである日突然、職を失い収入を断たれる人も大勢います。従来であればこういう場合には失業保険を貰う間に次の仕事先を探しますが、現在ではなかなか見つけることが出来ない場合もあります。

このため失業保険の利く期間を過ぎてしまうと、本当に無収入になってしまい路頭に迷うことになります。このため年収制限がかからない間はキャッシングローンを利用して生活を維持しようという人がいますが、よく考えればこれは大変無謀なことです。境遇は分かりますが、経済的に見れば収入の見込みがないのに借入をしても返済の見込みは有りません。遠からず破綻することは間違い無いのです。ですから、暫くは凌げるとしても使ってはいけない禁じ手ということになります。

もし収入もなく、就職の見込みもないということであれば、キャッシングローンなどに逃げるのではなく、生活保護の申請を考えるべきです。収入がなく生活の危機を迎えたときの最終的な救済方法として用意されているのが生活保護ですので、躊躇う必要は有りません。日本国民としての権利ですので困ったときには利用すべきなのです。たまに生活保護を受けるのは羞じであるように考える人がいますが、それは間違いです。今の日本ではそういう人でも何時そういう状況になるかもしれないのです。

経済状況がこのような状況なので、いつ改善され好景気になるかも分かりませんし、人口ボーナスの時代が終わって、これからは人口オーナスの時代になり、今後とも経済は縮小するという仮説が正しいとすれば、そう簡単にこの状況は抜け出せないことになります。したがっていつまでもキャッシングローンで繋ぐことなどそもそも無理なのです。ですから、収入のないときにキャッシングローンなど使ってはいけません。

経済状況と高齢化問題、少子化問題などで今後生活保護を利用しなければならない人は増加していくことが考えられます。しかし憲法に保障されている以上、日本国民は一定以上の生活をする権利があります。困ったときには使えるものは使いましょう。ただし、最近では不正受給の問題が大きな注目をされていますので、今後の申請が難しくなるようなことが無い様に、不正な申請は絶対にしてはいけないということは忘れないようにしてください。

即日OKのスピードキャッシングが利用できるのはどんな時?

お金を借りようとする場合、金融機関に申込むと、利用者に返済能力があるかどうかを判断するための審査が行われます。この方法はキャッシングローンにおいても同じように行われ、長い場合には数日かけて行われるのが普通です。ところが、利用者の中には急に現金が必要になって即日貸してもらいたいというような場合があるため、多くの消費者金融では、そのような要望に対応するため融資の申込から一日以内に審査を行って融資するスピードキャッシングという商品を用意しています。

このスピードキャッシングの審査は通常金融機関が独自に行って、早い対応が出来るようになっています。スピードキャッシングといっても業者ごとに様々なものがあるため、お金の入金時間に合わせて利用する金融機関を選ぶ必要が有ります。通常改正貸金法の規定を満たしていれば誰でもスピードキャッシングを利用することが出来ますが、銀行系のキャッシングローンなどと比較すると多少金利は高く設定されています。緊急の場合には利用を検討してみても良いでしょう。

ただし通常の生活の中では、即日大きなお金が必要になるということは、個人事業でも行っていない限り、まず有りません。経済活動として融資を受けるということは悪いことでは無いのですが、本当にそんなお金が必要なのか、申し込みを行う前に十分考えてみる必要があります。犯罪性のあるものに使う、あるいはギャンブルに使うなどの場合には、断じて借りてはいけません。こういう場合には自分だけで考えるのではなく、身近な人にも相談して頭を冷やすことが必要です。

急な融資を受ける場合には時間がないのでおろそかになり易いのですが、スピードキャッシングであろうが普通のキャッシングローンであろうが、必ず行っておく必要があるのはしっかりとした返済計画を立てることです。特にスピードキャッシングの場合には考える時間が限られてしまい、計画が杜撰になってしまうことが多いですが、後々返済に窮してしまうようなことを避けるためにも、必ず返済計画だけは十分検討して立てて置くようにしましょう。

返済計画を立てる場合、どうしても返済できそうに無い場合には、スピードキャッシングの申し込みは見合わせましょう。即日必要な理由は様々でしょうが、そもそもそういうことが起きる可能性があるもともとの原因になる行為が存在したはずです。ですから即金が準備できないような経済力に人は予めそのような行為を行わないようにすることが必要です。安易な判断で自分を追い詰めるのは大変馬鹿らしいことだということを憶えておきましょう。

今日お金が必要の場合には短時間の審査を行う消費者金融が有ります

通常の生活を送っている場合、時にはお金を借りなければならないことも有ります。しかしその場合でも、普通は予め何月何日には必要になるというように、有る程度前から分かっている場合が殆どです。その日になって急に現金が必要になるというようなことは、まずありません。事業を行っているような場合には時としてそのような場合が発生することが考えられますので、そういった場合に備えて予め短期間借りられるように準備をしていることも有ります。

ですから、その日になって急にお金が必要になるということは、日常ではあまり考えられず、余程の異常事態と考えられます。そういった場合の対応として消費者金融では、即日審査を行ってすぐに融資してくれるようなサービスを行っているところも有ります。もしどうしても即日必要になった場合には、こういうところを利用することを検討してみましょう。即日だからといって金利が異常に高い設定と言うことはありませんので、その点は安心しても構いません。

ただし、即日貸すといっている場合にも、信頼に足る消費者金融を選ぶ必要があることは言うまでも有りません。できれば上場済みの大手消費者金融を使いましょう。中小の消費者金融になるにしたがって顧客獲得のために即日などのサービスを充実させている所がありますが、こういった消費者金融の場合には大手に比べて、全部が全部というわけでは有りませんが、まだ昔の体質が抜けておらず過酷な取立てを行うようなところも残っている場合がありますので、利用には十分注意が必要です。

また更に借り易いのが、いわゆる闇金と言われるものです。闇金では連絡すればすぐに振り込んでくれますが、説明するまでも無く、法外な利息で過酷な取立てが行われます。いくらお金が必要になったとしても、こういうものには近付いてはいけません。多少の審査時間は必要になりますが、大手消費者金融を利用してください。申し込みの方法はいろいろと用意されていますが、出来れば店舗に行って相談するのが最も手っ取り早いと思います。

もし万一審査が通らなければ、借りることは見合わせたほうが良いと考えられます。審査が通らないということは返済が難しいのではないかと判断されたということです。ということは後々、自分の首を絞める事になる可能性があるということです。お金が必要なのはわかりますが、どうしても困るという場合には、支払い先と再交渉してみたり公的機関の相談窓口などを利用したほうが良いと思われます。特に借りたお金の返済のために再度借りるようなことは借金が膨らむだけですので止めましょう。

アコムに決めた!でも申込には注意が必要です

さまざまな条件を考えて利用しようという消費者金融をアコムに絞ったとします。申し込みに当たって何に注意すればよいのでしょうか。アコムは消費者金融業界では最大手と言える位置にいますので、それなりに審査の敷居は高いものがあります。したがって審査のための書類をまずそろえることが必要です。本人の証明書類や、年収を証明する書類、アルバイトなどの場合には月々安定した収入があることを証明するような書類も用意しておくと良いでしょう。

必要書類が準備できたら申込み書類を作成してください。例えば店舗に行って自動契約機のむじんくんのブースに入ってから申込書を作るのでは落ち着いて書けませんので、予め申込書を貰ってくるか、送ってもらって作成してから行けば、すぐにむじんくんを使うことが出来ます。特に初心者の場合には慣れていませんから、思わぬ時間がかかってしまうことも有り得ます。自宅でゆっくり書いたほうが間違いも少なく、絶対にお勧めです。

審査では様々な点について聞かれる可能性があります。特にアコムでは書類に記述されているような内容についても改めて聞かれることが多いようですから、書類の記述と違うことを言うと審査に影響が出るようなことも考えられます。むじんくんで理由も分からず拒否された場合には、やはり窓口に行って何が問題なのかを確認したほうが良いでしょう。簡単な記述ミスなどで撥ねられているとしたら、すぐに訂正できますし、何か理由があるのであれば、改善しなければ他の消費者金融でも拒否されるかもしれません。

電話で申し込みをする場合、簡易審査を行った後、書類を郵送することになりますからその場合には簡易審査で言ったことと矛盾するような既述があっった場合には簡易審査を通っていたとしても審査が通るとは限りません。ですから電話での申し込みであっても予め書類を用意して、それに沿って簡易審査を受けたほうが無難です。どんな審査でもそうですが、内容に矛盾が有ってはどちらを信じてよいか分かりませんので、十分注意する必要があります。

アコムではこの他にもインターネットを使った申し込みも受け付けてもらえ、大変便利なのですが、本来であれば、必要な情報を対面で説明できる店舗の窓口に行くのが最も良いといえるでしょう。特に収入などの情報に問題がある場合は言いくるめる訳では有りませんが、今は安定しているということを説明できるだけでも印象は違ってくると思います。ただし、どの申し込みを利用するにしても、嘘の記述だけはしてはいけません。調べれば分かることですので、嘘が発覚した時点で、審査は駄目です。

住宅ローンがあるとキャッシングローンの審査に影響が出るのか

バブル期には一般人にはなかなか手が出せなかった持ち家ですが、バブル崩壊後には不動産価格も下がり、購入に踏み切る人も増加に転じています。不動産特に住宅を購入する場合にほとんどの人が利用するのが住宅ローンです。住宅ローンは大きな金額になりますので非常に返済期間が長くなる特徴が有ります。もちろんその金額は年収どころではありません。デフレ経済の中で給料が減り、返済に四苦八苦している人も少なくは無いでしょう。

しかしここで一つ疑問が出てきます。改正貸金業法によれば利用している全金融機関の融資総額が年収の3分の1までしか借りられないのだとすると、住宅ローンを借りてしまうと、他のローンたとえばキャッシングローンなどはもう借りることが出来ないのだろうかということ疑問です。よく考えればそもそも年収より多い住宅ローンはもう借りられないのかとう疑問を抱く人もいるかもしれません。しかし法律はうまく出来ていて、借りることが出来ます。

改正貸金業法によれば住宅ローンや自動車ローンは対象外扱いになっています。特に住宅ローンはキャッシングローンなどと違い住宅の購入が目的ですから、不動産という資産を持つ事が出来るため、別格扱いになります。したがってこのようなローンは年収の3分の1以上になっても借りることが出来ますし、別途キャッシングローンを借りることも出来ます。ただし住宅ローンや自動車ローンを借りる場合には当然ですがキャッシングローンよりも厳しい審査が行われますので、誰もが借りられるものでは有りません。

ですから、これからキャッシングローンを借りようとする人は住宅ローンを使っているからといって、申し込みを遠慮している必要は有りません。必要であれば積極的に利用してください。ただし収入的が減ってしまい住宅ローンの返済が厳しいので、キャッシングローンをつかって返済に回そうと考えているような場合には、よく考えたほうが良いと思います。返済が苦しいのが一時的だった場合、それでやりくりできるのであれば利用すべきだと思います。

しかし、返済の苦しい時期がいつ終わるか展望が無いような場合には、キャッシングローンでいつまでも繋ぐことは無理です。年収の3分の1まで使った時点で破綻するということです。ですから、もし住宅ローンの返済に窮している場合には他の方法を模索したほうが良いでしょう。破綻してしまったら、悪くすると自己破産です住宅などと言っていられません。この際思い切って有利な条件で売れるときに住宅を売るなりすることを考えたほうが良いはずです。

金利には法的な上限がありキャッシングもこれを遵守しています

お金を借りたら利息をつけて返済するのがあたりまえですが、この利息を計算する基になるのが金利で、通常年利であらわされます。この金利は金融機関が勝手に設定すると、とんでもなく高いものにしてしまうこともあるため、法令によって上限が決められています。1992年までは54.75%という今考えると目を疑うような数字になっていましたが、現在では、利息制限法では20.0%、出資法では29.2%とされていて、改正貸金業法では利息制限法の上限を用いることになっています。
(⇒改正貸金業法について

貸金業法が改正される前にはどちらの上限を取るかが決められておらず、消費者金融では出資法の上限を採用して20.0%以上29.2%以内で金利を設定している所が多く存在していました。しかし法的にはこの間の金利は長くグレーとされていて、グレーゾーン金利などと言われ続けていたものが2006年の改正で20.0%となって、これ以上の金利は違法とされました。したがってこれ以上の金利を支払っていた場合には過払いとして元本の返済に充てるか利息の返済をしなければなりません。

ただし金利というのは、経済状態で変動するものですので、この利息制限法の規定も経済変動次第で見直される可能性もあり、いずれキャシングローンを利用しようという場合は、最新の金利を確認することが必要です。またこのグレーゾーン金利の撤廃で消費者金融業界では経営が傾くところもあるため、政治家の中には、上限金利を見直してはどうかと言い出す人もいます。経済動向で見直されるのは仕方が有りませんが、政治的判断で見直されるのはいかがなものかと思います。

キャッシングを利用する際にはなるべく金利が低いものを狙うのが常道ですが、中には表向きは金利が上限に届きそうに高いにもかかわらず、一定期間以内に返済すれば無利息というようなキャッシングローンが存在します。この場合、その期間内であれば高い金利設定のキャッシングローンであっても、実際の金利は0ということになって、断然こちらのほうが有利になります。したがってキャッシングローンは上限に近い金利であっても、選択肢から外すのは早計です。

金利の上限が決められていてもこれを無視して高い金利を付けている消費者金融も存在します。これが闇金で、『トイチ』という言葉がありますが、これは10日で1割の金利という意味です。べらぼうな金利ですが。追い込まれてしまっている人はこれでも融資を受けてしまうことが有ります。借りた金額にもよるかもしてませんが、この金利では、まさに雪だるま式に膨らんでしまってすぐにとても返済できる金額ではなくなってしまうことが分かるでしょう。

闇金に捕まってしまったときは公権力を使ってでも逃げ切りましょう

借り入れが溜まってもう借りられなくなってしまったとき、あるいは甘い言葉で誘われて知らないうちになど、様々な理由で闇金の罠に嵌ってしまう人は今も後を絶ちません。闇金というのは上限金利を超えた高い金利でお金を貸す、昔で言えば高利貸しというようなもので、現在では法定の上限金利を超えているわけですから、当然刑事罰の対象になる金融機関ということになります。したがってこんな金融機関から借りてはいけないのは言うまでも有りません。

元はと言えば闇金は現在の消費者金融と同種に業者だったわけです。当時はサラリーマン金融(通称サラ金)と呼ばれかなりの高金利で貸付て返済できないとなると『サラ金地獄』と呼ばれる言葉が出来るほどひどい取立てが行われました。これは金融機関が債権を暴力団に少し割り引いて売って、暴力団がその割引分を含めて回収して割引分を利益にするというようなことを行っていたものです。今から考えるとそんな金融機関をよく使っていたものだと思います。

その後このサラリーマン金融を管理・制御するために法令による締め付けがひどくなると、法令にしたがって、裏組織と縁を切りまっとうな道を歩む業者と、法令を無視して裏社会そのものになってしまう業者に別れ、前者が現在の消費者金融、後者が闇金の道を歩み始めます。今や大手消費者金融は銀行と提携できるほど健全になりましたが、闇金は更に開き直って、法定上限金利の倍以上の金利をつけているところも存在します。こんな金融機関がどんなに危ないか言わなくても分かりますよね。

さてこのような金融機関の存在を知っていても、困ったときには藁をも掴むということでついつい利用してしまった人は、後悔しても後の祭りです。すぐに返済できなくなって、怖いお兄さんの取立て屋がやってくるようになります。そうなったらもう自分の力ではどうしようもありません。相手は法律を守る気などさらさら無い人たちです。脅かすわけでは有りませんが、臓器を売らせたり、生命保険金で払わせたりということもあります。まさに地獄を見るわけです。

こうなったら、もはや警察を頼る以外に方法はありません。ですからすぐに契約書などの書類を集めて、警察に相談に行きましょう。早くいかなければ相手は拠点を頻繁に変えて逃げ回っていますから、逃げられてしまい、しつこく付き纏われることも考えられます。ですからできるだけ早く警察に駆け込んで検挙してもらうことが重要です。またこの契約自体は違法なものですから、元金を含めて返済の必要もなくなります。

利用の仕方次第ではかなり便利なゆうちょのキャッシング

消費者金融に触発される形で銀行業界もカードローンとしてキャッシング分野へ参入しましたが、さらにゆうちょ銀行もキャッシングのサービスを始めました。ゆうちょ銀行と言えば前身は当然郵便局ですから、つい最近まで親方日の丸でちょっと付き合い難い印象やサービスにも問題がありそうと思ってしまうのですが、ところがどっこいこのゆうちょ銀行のキャッシングはなかなか魅力のある商品に仕上がっており、使い方次第では第1候補にしても良いといえるものです。

ゆうちょ銀行のキャッシングはゆうちょ銀行で発行するクレジットカードである『JP BANKカード』の機能の一部として提供されています。このクレジットカードも支払方法が様々選べてたり、ポイントサービスも充実して大変便利なもので、これはこれでお勧めですが、キャッシングもリボルビング払いと一括払いが選べて、一括払いにしていたものを後からリボルビング払いに変更できるなどの特徴があります。このようにゆうちょのキャッシングは使い勝手が大変良いことが分かります。

また何と言っても、ゆうちょですから経営に問題が有るわけは無く、また郵便局ですから日本中そこらじゅうにあるわけです。さらに提携先もあるのでATMを探すのに困ることはまず考えられず、これだけでもかなり魅力的です。利用するのがATMを主に想定しているのであれば、この点でも大変使い勝手が良いと言えます。

ただしクレジットカードのキャッシングという形ですので、他のクレジットカードと同じように金利はちょっと高めになっています。したがって、長期に返済することを想定する場合にはあまりお勧めはできません。
(⇒クレジットカードキャッシングとは

海外に行った場合にはクレジットカードなので海外キャッシングが利用できます。海外では通常クレジットカードで買い物をしますが、時として現金が必要になった場合には、国際キャッシュカードで現地金融機関に高い手数料を払うよりも海外キャッシングを利用したほうがお得です。ただしクレジットカードですから帰国後すぐに返済することが必要です。返済しなければ高めの金利で利息が溜まってしまい手数料よりも高くつくことになります。

このように長期で借りるには難がありますが、短期に借りるには大変便利なキャッシング商品と言えます。クレジットカードとして持っていて、短期の利用に限って困ったときに使うようにすればかなり便利なカード&キャッシングと言えるでしょう。自分の利用方法および返済方法に沿って、充分考えた上で、使えそうであれば検討対象にしてみる価値のあるキャッシング商品と言えるでしょう。

キャッシングローンが利用できる年齢は何歳から何歳までか

お金というものは生きている限り必要なもので、若年であっても逆に高齢であっても、時には足りないという事態に陥る可能性があります。したがってこのような場合にはキャッシングローンが利用できれば大変便利なのですが、しかし金融機関も商売ですから、あまりに若い人であったり、非常に高齢では貸し出しが出来ないと判断することがあると思われます。比較的小額のキャッシングローンの場合、貸し出しの下限や上限となる年齢はあるのでしょうか。

先ず下限ですが、多くのキャッシングローンの場合、申込が出来るのは20歳以上とされています。ただし数は少ないですが中には18歳とされている場合もあり、下限としてはこのあたりではないかと思われます。もちろんこの年齢になれば誰でもが融資を受けられるわけではなく、安定した収入があって、それなりの年収がある人で、信用情報に問題が無ければ審査に通ることができますが、通常の場合には18歳ではなかなか審査を通すことは難しいと考えられます。

次に上限ですが、上限の場合は各社のまちまちで、65歳までというのが多いようですが、70歳までとか中には75歳までというものまであります。しかしそれ以上というのは今のところ無いようです。高齢者の場合、余命の関係も有りますからあまりに高い年齢になると貸すほうもリスクが高くなるため、75歳というのはかなり頑張っているといえるでしょう。ただしこの場合でも、やはり安定収入や信用情報はチャックされます。ただし高齢者の場合には年金が安定収入と判断されます。

現在のような社会情勢・経済情勢では、借りるなというほうが無理があるのかもしれませんが、あまりに若年の人や、高齢者はやはりなるべく融資を受けるようなことはお勧めしません。若年の場合には、まだ収入が多くありませんので返済に窮する場合も考えられますし、高齢者の場合には健康問題もあり、返済を続けていくことが難しくなることも考えられます。こうなった場合周囲の家族にも迷惑が掛かることも考えられますので、借りないで済むものは借りないようにしておいたほうが無難です。

どうしても借りなければならないと考える場合には、周囲の誰かに相談してその人から見て本当に必要なものなのか判断を聞いてみましょう。生活上止むを得ないと考える場合でも、生活レベルを落とすなどして切り抜けられないかを一緒に考えたり、趣味やレジャーに使うことを考えているのであれば、借金してまで行うことには反対してくれるとおもいます。自分ひとりで考えるとどうしても価値観が偏ってしまうので、なるべくいろいろな意見を聞いて判断してください。

馬鹿にしてはダメ!1万円のキャッシングローンが多重債務に発展する

キャッシングローンは審査も比較的通り易く、借入額も殆どの場合大変小口のため借りるにあたって、返済計画などを立てる人は多くは有りません。必要なときに借りて、なんとなく返済しているというのが普通でしょう。これで済んでいる間は良いのですが、お手軽なだけに、慣れてくるとついつい借りてしまうようになる場合が少なく有りません。そうなってくると、借入額がだんだん増加していくことになります。最初は1万円だったものが、いつの間にか借り入れ限度額近くになっている場合も有ります。

さてそうなるとおいそれとは返せなくなりますから、人間が次に考えることは、別から調達することです。もう一つ別のキャッシングローンを用意してそちらからの借り入れが始まります。このあたりで将来の自分の破綻する姿が見えれば、引き返すことも出来るかもしれませんが、なかなかここから引き返すのは難しいのが人間というもので、残念ながらこれを繰り返し、次第に法律の上限である年収の3分の1に近づいていきます。さてもう別のまっとうな貸し手はありません。

多くの人はこのあたりで、周囲にも気付かれ、なんとか生活再建に乗り出すわけですが、一部の人はさらに他を当たる事になります。しかし法律も有りますから、貸し出しに応じる業者は違法なところつまり闇金ということになります。闇金に借りるようになったら、もうまともな生活をしている人には返済は不可能です。遠からず返済できなくなって、厳しい取立てが始まることになり、自分や家族が地獄のような生活に晒されることになります。

こうなってしまうと、自己破産したとしても、相手はそもそも違法な人たちです。そんなことはお構いなく追いすがってくる可能性があります。逃れるためには、警察に頼るしかないでしょう。違法な金利の取引ですから、元本含めて返済の必要は有りませんが、そういった業者とお付き合いがあったということが発覚するわけですから自分の信用は地に落ちます。いずれにしても地獄を見るわけです。闇金を利用することはまったく不合理なことだと言うことを知りましょう。

このように最初は1万円から始まったとしても、多重債務に陥る可能性は常に存在するのです。どこにでもその落とし穴は開いているのだと理解しましょう。ですからキャッシングローンを借りる際には、たとえ1万円であっても、自分の収入に見合ったしっかりした返済計画を立てて、さらに1件の融資が完済するまでは、再度の利用はしないというような自己管理の方法をしっかり決めておくようにすることが必要ではないでしょうか。

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 >