アコム

お金の返済は自分に合った方法で!アコムの提供する返済方法

キャッシングローンは利用者にとっては借りるときがもっとも重要なときと感じるかもしれませんが、最も重要なのはきっちり返済することです。借りるときには一生懸命になりますが、返済まではよく考えていない、とにかく急場を凌げれば良いと言う人が結構いて、のちのち返済に困るということも少なく有りません。返済計画は十分検討が必要です。この返済計画に沿って行う返済は自分が利用し易い方法を選ぶことが出来るようにアコムでも様々な方法が用意されています。

まず利用者が多い方法としてはATMを利用するものが有ります。借り出す場合と同じく殆どの提携先都市銀行や地方銀行、信用金庫のATMが利用できますので、たとえ出先や旅行に行っていたとしても、返済期限を良く覚えておく必要はありますが、期限を守れなくなることは先ず有りません。またもちろん店舗の窓口で返済することも可能です。この場合は借入のときと同じように、例えば今後の返済についてなどいろいろと相談することが出来ます。何か不安がある場合には良い方法です。

返済方法ではインターネットなど様々な手段でアコムの口座へ振り込む方法や自動引き落しも利用することが出来ます。ただし自動引き落しは、残高が足りなくなると引き落すことが出来ず、返済が遅れてしまうことが有りますから、最も簡単な返済方法ですが忘れっぽい人には向かないことが有ります。また忘れっぽい人には返済期限の3日前、返済期限当日、返済を忘れている場合には期限後にメールによって知らせてくれるサービスも行っています。忘れっぽい人は是非利用してください。

この返済方法を考えるときは利便性よりも自分の性格を考えて決めたほうが間違いは有りません。普段公共料金などの返済時に残高不足になることが多い人には自動引き落しは向いていない方法と考えて良いでしょう。かえって自分で振り込み操作をするほうが忘れないかもしれません。引き落しできないだけでも信用情報に記載されることになりますので何回もそういうことが発生すると、以後の利用にも影響するようなことになりかねません。肝心なときに借りられなくなったりしないように注意してください。

いずれの方法を選ぶにしてもこれ等の中から自分の希望する方法を選ぶことになります。キャッシングローンは借りることで終わりではありません。完済して初めて取引が終わるのです。ですから借りる前に立てた返済計画に従って確実に返済することが重要です。もし途中で返済に支障が出そうになった場合にはアコムでは、一時的に返済額を削減できるサービスが有りますので、そういう場合は事前に窓口に行って相談してみてください。

利息が減らせる!余裕資金が有ったら繰り上げ返済を

長い人生では時としてお金が足りなくなり借金をしなければならなくなる事があります。こういうときに便利なのがキャッシングローンですが、これと逆に思わぬ予定外の収入が入る場合もあります。そのような場合にどうしますか。人によっては気前良く使ってしまう場合も有るでしょうし、将来を考えて貯金に回す人もいるでしょう。もしこの時何等かのキャッシングローンを返済中でしたら、繰り上げ返済を検討してみてはいかがでしょうか。

せっかく使えるお金が出来たのに何を言っていると言われそうですが、キャッシングローンでは元金の残高に対して利息が掛かりますから、これを繰り上げ返済することで、この金額を小さく出来るため、以後の返済では利息がその分だけ少なくなって、大変お得ですし、以後の返済も楽になる可能性があります。ですから貯金したり不要不急の買い物に使ってしまうのであれば是非繰り上げ返済を検討してみてください。買い物をするのであれば支払うはずだった利息分で使えば良いではないですか。

そんなことは無い、将来に備えて貯金しておきたいという人もいるかもしれませんが、その場合には貯金なり預金なりの利息を考えてみて下さい。その金利がキャッシングローンの金利よりも高いのであれば、貯金したほうが得ですので、是非貯金してください。しかし通常そんなことは逆立ちしたって有り得ませんので、純粋に数学的に考えたときには、キャッシングローンを繰り上げ返済してしまったほうが得ということになります。

もし貯金したいのであれば、繰上げ返済をすることによって、以後の返済で浮いた分のお金を月々積み立てなどをして貯金していけば良いのです。貯金してしまったほうが後に残るのかもしれませんが、損得を考えた場合には絶対に繰り上げ返済のほうが得だということを憶えておきましょう。ただし月々少しずつ積み立てるということが性格的に出来ずたぶん使ってしまうだろうという人は、あえて貯金を選ぶというのも決して間違った選択だということでは有りません。

借金の返済については、それぞれの利用者の考え方があり、損得だけで考えるのは短絡的だと言われてしまうかもしれませんが、やはり人生には何があるか分かりませんので、利息という話だけではなく、借金のリスクを考えた場合には、やはり返せるものは早く返してしまうというのは鉄則です。せっかく余裕資金が出来たのであれば、繰上げ返済をして、リスクを払拭しておいたほうが賢明な使い方だと考えます。

初心者でも安心!銀行のカードローンのことを知ろう

カードローンというのは銀行のキャッシングローンのようなもので、利用方法も大きな違いは有りません。これ等のローンを選ぶ場合様々な判断基準がありますが、その一つに金利が有ります。金利を基準にして選ぶのであれば、消費者金融やその他の金融機関を含めて、このカードローンが最も低金利に属するもので、お勧めできるものです。また銀行からの借り入れということになりますので安心感があり初心者でも安心して利用できると言えます。

カードローンと言うのはそれまでの銀行のローンとは一線を画し、契約時に設定された貸出限度額以内であれば、銀行のATMなどからカードを利用して何回でも貸出が可能になっています。カードは通常利用しているキャッシュカードとの併用や専用カードを利用する場合も有ります。専用カードを利用する場合には特にその銀行に預金口座を持っていない場合でも利用可能ですが、預金口座を持ちいつも利用しているほうが、審査は通り易くなるでしょう。

カードローンでは通常は担保や保証が必要有りませんが、中には不動産や有価証券などを担保にする必要があるものも有ります。カードローンの保証は保証会社が行うことになりますので、銀行と保証会社の両方の審査が必要で、返済が滞ると銀行に対して保証会社が弁済し、保証会社が利用者から取立てを行うという構造になります。返済は通常はリボルビング払いとなり、借り入れがなくなるまで毎月一定額が口座引落される事になります。

カードローンにも長所と短所があり長所としては消費者金融のキャッシングローンなどよりも多少低金利であること、銀行口座から公共料金などが引き落とされるとき残高不足になっている場合には利用範囲内で自動的に借り入れが出来ること、カードに付いている特典などが受けられることなどがあります。また短所としては変動金利になっているため返済中に金利が変動し返済額が変る事があること、カードが利用されるため、盗難や紛失の危険があることなどが有ります。

注意としてはいくら安心の銀行系カードローンと言っても返済には厳しくたとえ1日遅れただけでも回収され、信用情報に記載が残ります。したがって、返済には充分気を配り、しっかりした返済計画を立てた上で自分が返せる範囲で融資を受ける必要が有ります。また借りる前にはカードが悪用された場合の規定などをよく読み、補償の有無などを良く確認して、自分の負担がどの程度になるのかなど万一の場合にどうなるのかを知っておく必要が有ります。

キャッシング前にこれをしておけば借入額を減らせます!

以前は銀行などでお金を借りるのは、手続きや審査に手間が掛かるため、そう簡単なことでは有りませんでした。反面これ等の審査が厳密に行われるため、安易な借金には歯止めがあったということも出来ます。しかし消費者金融(通称サラ金)というようなものが出来てこの審査が甘くなったおかげで、かなり楽にお金を借りられるようになりました。しかし当然安易な貸し出しにより、多重債務や自己破産などを歩む人も増えていく事になりました。

その後法整備も進んで、金利は低下し、キャッシングローンという大変借り易い商品が出来る事になって、誰もが借り易い環境が整備されてきましたが、基本的な構図は変っていないということを憶えておく必要が有ります。安易に借りられるということで今もって多くの悲劇が生まれていることに違いは有りません。最も良いのは借りないようにすることです。先ずは借りなくて済む方法を考えてみて、それでも借りざるを得ない場合だけキャッシングを利用しましょう。

借りなければならないと判断した場合は、先ずは用途をはっきりさせましょう。借りたとしてもそれ以外には使わないことが重要です。次に借入れする金額を正確に掴むことが重要です。小額の借入れということでここをおろそかにする人が多いのですが、しっかりした返済計画を立てることは絶対に必要なことです。この借り入れ金額を計算する場合には、できる限り金額を小さくするためにあらゆる方向から検討し、削れる部分を探しましょう。

この金額を考慮して一括返済なのか、あるいは月々少しずつ返済するのかを考えます。この場合、自分の月々の収入とボーナスなどを勘案して返済方法を検討することになります。このとき自分の月々の返済能力を正確に掴むことが重要です。返済能力は有る程度の余裕を取っておかなければなりません。このあと各金融機関の提供するキャッシング商品を調べるます。多くの金融機関ではWeb上で返済シミュレーションが出来るようになっていますので、自分の返済能力で耐えられるかシミュレーションしてみましょう。

もしシミュレーションで自分に合うものが無かった場合には、自分の返済能力では借り入れは厳しいということになります。そういう結果が出た場合には、最初から考え直しさらに金額を絞るか、あるいは借り入れ自体を断念したほうが無難です。返済シミュレーションの結果十分返済が可能という判断が出た場合には、実際に借入れする方向で申込などの準備を始めてください。

アコムの利用可否診断と返済シミュレーションを使ってみよう

消費者金融を利用する場合、特に始めて利用しようとするような人は、審査に通るかどうか気になっている人も多いのではないでしょうか。また審査は通ったとしても、実際に返済していけるかどうかということも大変大きな問題で、このために実際に融資を受けることを躊躇っている場合もあるのではないでしょうか。これ等を解決とまでは言いませんが、解決の手助けをしてくれるツールがアコムには用意されていて3秒診断と呼ばれる利用可否診断と返済シミュレーションです。

これ等はアコムのホームページ上に用意されているもので、3秒診断は簡単な情報入力で借入の可否を判定してくれるものです。利用は大変簡単ですが、残念ながらこれが審査ということでは有りません。この後実際に申込む場合には書類を提出して審査を受けることになります。したがってこの3秒診断で貸し出しが可と出たからといって、必ず審査が通るということでは有りません。あくまで参考程度ということは理解しておくことが必要です。

次に返済シミュレーションですが、これは借入額や返済期間などを入力すると月々の返済額を計算して表示してくれるというものです。ここで便利だと考えて、返済金額だけで返せると考えている人は借りないほうが良いかもしれません。というのは返済シミュレーションとは言っていますが、これは単に月々の返済額を計算しているに過ぎません。要は返済額だけしか分からないわけです。シミュレーションというのは返済していけるかどうかを仮想的に試してみることを指す言葉であって単なる計算では有りません。

したがって、これ等2つのツールを使ったとしてもあまり問題は解決しません。申し込みを迷っている人は借りる借りないは別にして、思い切って申込してみてはいかがでしょう。申し込みだけであれば別にお金がかかるわけでも有りませんし、自分の信用度の判定にもなりますから迷う必要は有りません。駄目な場合は何故駄目なのかを聞いて、改善出来るものは改善すれば良いのです。遠慮なく申込みしても誰の迷惑にもなりません。

次にシミュレーションは返済額だけではなく、自分の収入と支出を予想して月々どの程度の余裕があるのかを見極めて、返済シミュレーションで計算した返済額以上の余裕がある場合に返済可能と判断することが必要です。この収入と支出の予想こそが本来のシミュレーションに必要なことです。これができて初めて返済計画を立てることが出来、返済に当たってはこの返済計画に沿って返済できてこそ、安心して融資を受けることが出来るようになります。
(⇒返済シミュレーションをしてみよう

便利なキャッシング!でもそのお金本当に借りないといけないの?

キャッシングローンはいまや豊かな生活を送るための生活ツールの一面を持っていますが、反面借りすぎによる多重債務に陥ることもあり、両刃の剣というのが実像です。冷静になって考えれば分かりますが、1万円借りたとして、返済に当たっては、これに利息が付いて1万円+αが必要になりますので、トータルで考えるとαの分だけ損をすることになります。実際にはこれに手数料なども掛かることもありますから、さらに負担は増える事もあります。

したがって、純粋に経済的なことを考えれば借りないほうが得なのは言うまでも有りません。しかも借りなければ返済に窮する可能性も有りませんので多重債務に陥ることも有りません。住宅ローンなどは住宅が資産として残りますから話は別ですが、それ以外のたとえば生活を充実させるためとか言う理由であるのであれば、先ず必要なのは、本当に借入れしなければならないのかということをじっくり考えることです。そして出来れば借りなくて済む方法を探しましょう。

考える際は自分ひとりで考えてはいけません。まずは配偶者、いなければ両親、高齢の場合は子供、そういった家族がいない場合は親戚関係、上司や同僚でも良いでしょう。自分だけでは、どうしても考え方が偏ってしまうため、別の価値観を持つ人が必要です。もし最初から反対されると考えられるような借り入れ理由であるのであれば、借りないことです。これによって相談してでも借りなければならないと考えられるものだけに絞れる事になります。

それでは相談するという仮定で話を進めます。まず借金の理由がギャンブルや買い物依存などでどうしても止められないものということであれば、借金をするのではなく依存症の治療を行う方向で考えてください。これらの理由の場合には早いうちに手を打たないと、借金が膨らんでしまったり、精神的に追い詰められてしまうこともあります。依存症かも知れないと思ったら、まずは心療内科で診察を受けることを考えるべきです。決してキャッシングなどを利用してはいけません。

次に考えられるのは借金の返済のための借金です。これが進むと多重債務に陥り、最終的には自己破産に至ることも有ります。したがって、この場合には借金をすることを考えるのではなく、借金の連鎖を止める事を考えることが必要です。次は生活を維持していくという理由です。しかし特に理由も無く借金をしなければならないという生活は、レベルを落として借金をしなくても良い様にする方向で考えなければなりません。このようにして借りる前に先ずは借りないようにすることを考えてください。

金利と手数料を知ってキャッシングを有利に利用しましょう

もうちょっとお金があれば給料日まで繋げられるというときに便利なのがキャッシングで、利用者数は年々増加傾向に有ります。最近では大手銀行なども参入して、大変使いやすくなりました。多くの人はキャッシング商品を選ぶ場合に気にするのが金利で、様々なキャッシング商品を比較する場合も、金利をキーポイントとしている人がほとんどではないでしょうか。もちろん金利は第1に考えなければならないものですが、利用に当たっては更に考慮するポイントがあります。

まずキャッシングする場合の利息を計算してみる場合、簡単のために金利10%で1万円を30日借りたとすると、
 10,000円(借入)×10%(金利)÷365×30=82.2円
となって、利息は30日で82.2円ということになります。次にキャッシングを利用する場合を考えて見ましょう。多くの場合は会社を退社後になりますから18:00を回ってからということになります。通常キャッシングは金融機関のATMを利用することになりますのでこの時間だと時間外手数料が必要です。

この手数料は通常の場合は1回に付き105円が掛かることになります。つまり30日で利息が82.2円なのに手数料が105円となって利息よりも大きな出費になります。何か割り切れないものを感じる人は少なくないでしょう。もっと借り入れ額が大きいのであれば微々たる物だと言えるのかもしれませんが、利用の仕方によっては利息以上に手数料がかさんでしまうこともあるということを忘れないようにしましょう。

そこでキャッシング商品の選択ということになりますが、利用方法次第で金利だけで選ぶのは危険だということになります。このため選ぶ際にはキャッシング商品の説明資料だけではなく、各金融機関のATMの利用規則も検討対象として調べておく必要が有ります。利用の仕方によっては、銀行のキャッシング商品よりも、消費者金融の物の方が利用し易いことも考えられます。いずれを選ぶにしても、自分の利用方法を良く考えてからでなければ、選べないということです。

さて急にお金が必要になった場合に、例えば1万円引き出すとしてATMを利用しますが、近くに取引銀行のATMが無かった場合、他の金融機関のATMを利用すると105円の手数料が掛かることになります。しかし、このATMの金融機関のキャッシングが利用できるとすると、前記の例であれば1ヵ月以内に返済すれば最大82.2円の利息で済むことになります。つまり借りたほうが得だということです。このように手数料を考慮に入れないと様々な場面で損をすることになるということを憶えておきましょう。

近づくな!甘い言葉で誘う闇金は法律違反の激高金利

現在では改正貸金業法によって金融機関の個人への貸出し金利は、利息制限法の定める20.0%を上限としています。もう1つ利息の制限を規定しているのが出資法で現在29.2%となっていて、改正前の貸金業法ではどちらを取るかが規定されておらず、この間の金利をグレーゾーン金利といっていました。現在では20.0%以上の金利を付けると刑事罰の対象となります。闇金の定義ははっきりとは決まっていませんがここでは20.0%以上の金利の業者とします。

もちろんこれ等の業者は違法ですから、本来あってはいけないものです。しかし貸金業法というものも無くサラリーマン金融と呼ばれていた頃は、まともな業者も、悪質な業者も区別は曖昧でした。このような金融業者では当時の上限ギリギリの金利で貸付、返済できなくなると債権を暴力団に売って、暴力団が取立てを行うというようなことが横行している業界でした。現在では大手の業者は暴力団との関係を絶っていますが、闇金ではなくても中小の業者ではこういう体質が残っている所も有ります。

貸金業法が出来て、さらに上限金利が低く抑えられてくると、これに従う業者と、地下にもぐって高金利で貸し付ける闇金に分かれていくことになります。当然利用者はまともな業者を利用しますので、問題がある業者が利用者を獲得するためには審査を緩めることになり、闇金に至っては審査など無しで貸し出すことになります。利用者は最初は審査が比較的厳しいまともな業者から借りますが、返済が難しくなっていくと、徐々に審査の甘い業者を利用するようになり、最後には闇金に手を出すようになります。

そもそも返済に窮しているような人が闇金に行ったらどうなるか、利息は雪だるま式に膨れ上がり、とても返せる額ではなくなります。そうなることは分かっていても窮地に陥った人は、とりあえず窮地を乗り越えるために利用してしまうのだそうです。こうなると闇金は暴力団まがいの取り立て屋を動員して、過酷な取立てを行うようになります。臓器を売れだの、生命保険で返済しろなど、とんでもない要求をされる場合も少なく有りません。

こんな地獄のようなことにならないためにも、どんなことがあっても闇金などには近づいてはいけません。闇金に行く前にまともな業者での返済に窮したら、まずは公的機関や弁護士に相談してください。また闇金に手を出して過酷な取立てにあっている場合は、既に犯罪ですので、元本を含めて返済の必要はありません。すぐに警察に相談してください。自分ひとりで悩むよりも、その道の専門家に相談したほうがずっと楽ですし安心ですよ。

借りる前にアコムのキャッシングローンの特徴を知ろう

アコムは現在様々な事業を行っていますが、もともと消費者金融業ですから、キャッシングローンが最も主要な事業になります。大手だけに様々な契約方法や返済方法が用意され様々なニーズに対応していますので、基本的には誰でも使い勝手の良い方法を選ぶことが出来ます。審査も比較的スピーディーに行われますが、以前とは違い、大手消費者金融といわれるだけに、銀行ほどでは有りませんが、誰もが通るような甘いものでは有りません。

まず契約の方法ですが、店頭窓口、店頭備え付けの自動契約機(むじんくん)、電話、郵送のほかインターネット上からもパソコンや携帯電話、スマートフォンに対応した方法が選べるようになっています。ホームページにはどの方法が向いているかを利用者ごとに診断するためのチャートも用意されていますので初心者でも利用し易くなっています。インターネットから利用する場合には申込み前に、借りられそうかどうかを3秒で診断してくれる3秒診断と言うものも用意されています。

店頭であれば窓口でもむじんくんであっても書類さえ整っていればすぐに審査して最短30分で契約が可能です。郵送の場合は書類郵送後に審査を行って、担当者から結果が連絡されることになります。電話の場合にはその場で簡易審査を行い、後日書類を郵送することになります。もちろん電話の説明と書類の記載事項が違ってはいけません。インターネットを利用する場合には申込み後書類をアップロード・FAX・郵送などで送って審査を受け、結果はメールで知らせてくれます。

審査が通ればカードが送られてきますので振込みやATMなどで利用できるようになります。返済は期日前の返済にも対応されています。利息の計算は借りている期間で計算されますので、期日前に返せれば速いほどお得です。返済は窓口、ATM、インターネットから可能で自分の利用し易い方法が選べるようになっています。また忘れっぽい人のためにメールで返済期日の3日前と当日、返済されていない場合には期日後に連絡してくれます。

また、返済が難しいようなときは、利息以上という制限は付きますが、一時的に返済額を減額できる特徴も有ります。全ての利用者にアコムが絶対良いとは言えませんので、他社のものも含めて様々比較して、自分の経済状態やライフスタイルに合ったものを選んで欲しいと思います。もちろん最も重要なことは無計画に借りてはいけないということで、小額であってもきっちりした返済計画をたてる前に借りるようなことはしてはいけません。

経営安定化に貢献するアコムの超有名な提携先

アコムは当初はサラ金の1つとしてあまり良いイメージを持たれる事は有りませんでしたが、企業として成長している段階で1994年に東京証券取引所に上場を果たします。上場するためには当然ですが社会的な信頼が必要不可欠になりますので、旧来のサラ金が持っていた反社会的な体質とはそれまでの間に決別し、健全な会社として評価されたということになります。当初三菱信託銀行がメインバンクであったため、このあと三菱UFJフィナンシャル・グループとの関係が深くなっていきます。

このあと三菱東京フィナンシャルグループ、ディーシーカード・ジャックス (信販)との合弁で銀行系消費者金融DCキャッシュワンを設立しました。しかし改正貸金業法による過払い請求などで経営に悪化の兆しが見えると三菱UFJフィナンシャル・グループが救済し、2008年には同グループの連結子会社になっています。このような中で子会社の整理と思われますが、アコムが2009年にはDCキャッシュワンを吸収合併することになります。

また三菱東京UFJ銀行もノウハウの無い無担保カードローンの信用保証業務にアコムのノウハウを利用することで深い提携関係を持つようになり、これを皮切りにスルガ銀行、セブン銀行、じぶん銀行…と多くの銀行と提携関係を築くことになっていきます。銀行は信用第一ですから銀行と提携できるということは大きな信用を得たということになります。したがってこの提携は銀行側もアコム側も大きな恩恵があったということになります。

アコムの連結子会社としては債権の管理回収を行うアイ・アール債権回収株式会社とベンチャー企業への投資や育成を目的とするエーシーベンチャーズ株式会社があります。アコムレンタル株式会社というレンタル会社を聞いたことがあるかもしれませんが、以前は子会社でしたが株式を譲渡したことから名前にはアコムと付いていますが現在は子会社ではなくなりました。また以前行っていたレンタルビデオ事業は事業自体をTSUTAYAに譲渡しました。

このように様々な紆余曲折があり提携先も様々に変ってきていますが、株式上場以降アコムは一時的な経営悪化も有りましたが、健全な大手企業としての地位を築くことが出来ました。できれば信用保証業務の拡大も良いのですが、本業である一般消費者への融資業務をより借り易く多くの人が利用できるものにしていくことも忘れないようにして欲しいものです。

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 >