アコム

無職で収入が無くてもキャッシングローンを使うことはできるのか

キャッシングローンを利用しようという場合、申し込みに際して必ず審査が行われ、返済が難しいと判断された場合には利用することが出来ません。この審査で利用されるのが申込者の信用情報や資産、年収などですが、以前は無収入であっても不動産など十分な資産があれば、簡単に審査が通りましたが、貸金業法が改正されて、借入額により違いますが年収が無ければ、借り入れすることが出来なくなってしまい、事実上無職では審査を通るのが難しくなりました。

改正貸金業法の規定によれば1社50万円あるいは他社を合わせて100万円の超える融資を行う場合には、審査に当たって年収を証明する書類を添付することが義務付けられて、この年収の3分の1を超える融資を原則として禁止することになっています。ですから年収の証明をする必要の無い額以内であれば審査が通る可能性はあるわけですが、無職ということになると、通常は返済に支障が出ると判断されるのが普通で、審査が通る可能性は極めて低いといわざるを得ません。

無職の場合でも、パートやアルバイトなどを行っており、安定して収入が有って、それが証明できれば、年収の3分の1まで融資を受けられる可能性はあります。ただしトータルとしての年収がいくら高くても、月々の収入が安定していない場合には、審査を通さない金融機関もあります。また無職であっても高齢者で年金収入がある場合には、安定収入とみなされて、審査が通る可能性があります。これらは金融機関の判断によりますので、1社駄目でも何社か試してみると良いでしょう。

さらに結婚している場合には自分は無職であっても配偶者に収入があり、配偶者の同意が得られれば、配偶者の融資額と合算して配偶者の年収の3分の1以内で融資が受けられる可能性があります。専業主婦の場合はこれにあたりますので、キャッシングの申し込みの際にはご主人の了解の下に行うと良いでしょう。以前は専業主婦だけでも利用できたために借金がかさんでしまったという事例が多発したことから、収入の無い人の場合、配偶者に言わずに申し込みが出来ないようにこれが規定されました。

インターネットを見ていると無職で収入が無いような場合でも融資できるというような広告を目にすることが良くありますが、前記の3分の1の規定は法律によって決まっているもので、勝手にそれを曲げて融資できるようなことは有りません。通常の状態であればこういう記述を信用するようなことは無くても、お金に窮した状態になると判断を誤ることも良く有りますので、気をつけてこんな話に乗らないようにしてください。生活上どうしてもお金が必要という場合には、生活保護を受けることも1つの方法です。

利用者の多い人気のキャッシングローンは本当に良いローンなのか

キャッシングローンは各社多数ありますが、これ等の中には利用者が多く人気の高いものから、使用者が少なく消えていくものまで様々なものが有ります。現在ではインターネットが発達したため、インターネット上で利用者数から人気ランキングのようなものを作成して掲載している所が多数存在しています。キャッシングを利用しようとする場合、これを参考にして選んだ人も多いのではないでしょうか。しかしこれ等のランキングを鵜呑みにするのは問題が有ります。

インターネットというのは個人でも情報を発信できますので、故意に人気を作り出すこともうまく行えば出来ないことでは有りません。したがってこれ等のランキングにも故意に人気を誘導しているものがあるかもしれません。現に人気ランキングといいながらランキングが同じになるようなことはまずありません。このためインターネット上の情報を利用する場合には、情報の検証を行うことが重要です。参考にするけれども最終判断は自己責任でということです。

さてランキングに乗るような人気の高いキャッシングローンですが、自分も最も人気の高いもので良いだろうと短絡的に結論を出して良いというものでは有りません。他の人の利用に向いていたとしても、それが自分にも当てはまるということではありません。キャッシングローンの種類が多いということは、それぞれに特徴があり、ニーズがあるからこそ出来たわけで、人気が無いものであっても、その特徴が自分に最も合っている様な場合には、そちらを選択したほうが良いということになります。

自分にとって何が良いかを判断するためには、まず自分の返済計画を検討しなければなりません。自分にもっとも合っている返済計画をよく検討して立案してください。この返済計画が出来上がったら、次にこれに最も合ったキャッシングローンを選んでください。大人気のものでもこの返済計画にそぐわないようなものは、返済が難しくなるだけです。ランキング等は有用な情報ではありますが、選ぶときにはあくまで自分の返済計画を基にして選ぶことが重要です。

インターネット上にはランキング以外にも特定の情報を一押ししている場合や、ある商品に誘導しているような場合がありますが、それに乗せられて、安易に選んでしまうと後々困ったことになる可能性も有ります。ある情報に誘導しているような場合には、様々な思惑が隠れている場合もありますので、参考にするだけなら良いですが、決してそのまま乗せられてしまってはいけません。様々な情報から自分の必要とする情報を選ぶ力を持つようにしてください。

買い物依存症の人にはキャッシングローンを利用させてはいけません

パチンコ依存症と並んで女性に見られる病気に買い物依存症があります。これは使うでもないブランド品を買い漁っていないと落ち着いていられないというもので、当然すぐに自分やご主人の収入など使ってしまいます。それでも買い続けないといられませんから、貯金にも手をつけることになり、家族に発覚してしまうか、さらにキャッシングローンを使って買い続け、経済的に破綻するまで行って、苦境に陥る人もそう少なくは有りません。

このような買い物依存症の人には当然ですがキャッシングローンの契約などさせてはいけません。改正貸金業法ができる前は、年収の3分の1までというような規定は無く、無職でも借りることが出来ましたから、専業主婦も買い物依存症になる場合がありましたが、改正貸金業法ができてからはご主人の同意が必要になって数が減りました。しかしまだ結婚していないOLなどの場合は収入もあり、キャッシングローンの契約が出来るため、湯水のようにお金を使ってしまうことになります。

家族は、監視しろというわけでは有りませんが、様子がおかしい場合、特に毎日のように買い物袋を提げて帰ってくるようなときは、よく話を聞いて早めに異常を掴む事が必要です。一人暮らしをしているような場合でも、友人や会社の同僚は異常を感じたら、やはり話を聞くようにするべきです。気付いたときにはもう自己破産しかないというようなことが無い様に、お互いに相手のことに関心を持つ事が必要です。

話を聴いた上で、どうも買い物依存症ではないかと感じたら、すぐに診療内科を受診させましょう。買い物依存症は本人だけでは治せないと考えておいた方が無難です。買い物依存症に陥るのには様々な原因があり、治療は専門家でなければ出来ません。原因によっては治療に家族の参加も必要になる可能性があるため、家族も一緒に受診するのが良いでしょう。長期間を要しても自己破産に追い込まれるよりは本人にとっても家族にとっても、ずっと良い選択のはずです。

買い物依存症は病気です。浪費家などと言って叱っても何も解決しません。かえって精神的に追い詰める結果になって、症状が進んでしまう可能性すら有ります。大きなお金を使ってしまったということで家族にも大きな傷を残しますが、みんなが協力して医師の指示に従った治療をしていくのが最も良い方法です。もし治療を受ける事無く、買い物もさせないような状態が続けば、症状は更に進んで、日常生活すら送れなくなることも有りますので、細心の注意が必要です。

これだけは行っておこう!キャッシングローンを申込む前

キャッシングローンはちょっとお金の足りないときに利用できる便利な生活ツールとして捉えている人も多いと思いますが、お金を借りるということには違いは有りません。返済の度に多少なりとも利息を支払うことになるわけですから、借りない場合に比べれば多少は損をしている事になります。これを頻繁に続けていれば大きな金額になって行くことは間違い有りません。キャッシングローンを申込むときはそういうこともよく理解したうえで申込んでください。

キャッシングローンは申込むことイコール借りることというわけでは有りませんから、いざという時に備えて、申し込みだけはしておこうという人もいるので、必ずしも申込み前ということではないのですが、通常の場合、申込もうと考える時にはお金が必要なときということになります。そういうときにまず行っておかなければならないことの一つ目は、本当にそのお金が必要なのかをよく考えることです。小額とは言っても借金ですから、それなりのリスクを負うことになります。

たとえば借金をすれば返済をすることは理解していると思いますが、それが返せるかどうかは本当の所そのときになってみなければ分かりません。もし返せなければ、別の所から用立てなくてはなりません。家族や親類から借りることがきればまだ良いですが、こういう場合他のキャッシングローンを考えるのが普通です。もしこれが繰り返されると、昔のサラ金や闇金のように雪だるま式にとは言いませんが、徐々に借金が増えて、そのうちには借金総額が年収の3分の1に達し、それ以上借りられなくなることも有ります。

借金をするということはこういったリスクを負うことを忘れてはいけません。したがって先ず行うことは本当にやりくりできないのかということです。どうしても必要なお金ということであれば、今度は極力金額を少なくする方法を考えます。そして必要最小限を借りるようにします。

次にその金額を元に、実際の返済をイメージして返済のシミュレーションを行い、返済できる確信がもてたら、それを返済計画にまとめてください。ここまでやったら実際に申込む準備に取り掛かりましょう。先ずはいろいろなキャッシングローンの情報を集めて自分の返済計画に最も合った物を選びます。こうして申込むキャッシングローンが決まったら提出する書類を集めます。既にシミュレーションするときに参考にしたはずですので、簡単に集まるでしょう。

次に実際の申込書を貰って、必要な金額等を記入した上で提出します。ここで提出書類や申込書には、調べればすぐ分かってしまいますので絶対に虚偽の内容を既述してはいけません。もしシミュレーションがうまく行かずどうしても返済の目処が立たないときは、いかにお金が必要であってもキャッシングローンに手を出してはいけません。別な方法を考えてください。

キャッシングローンの審査では年収で返済能力が評価されます

改正貸金業法によると、融資を受けている全金融機関からの融資金額の合計が年収の3分の1を超えてはいけないことになっています。すでにこれに近い金額の融資を受けている場合には、金融機関の独自の判断というよりも法的な拘束によって審査が通らない可能性が高くなります。要するに法的には個人の返済能力というのは年収の3分の1までということになります。ですからすでにキャッシングローンなどを利用して融資を受けている場合には、融資額に注意して申し込みをする必要が有ります。

法的には年収の3分の1までということになっていますが、申し込みの際提出する書類では今年の収入見込みなどではなく、前年の収入証明書などであるため正確な年収ということにはなりませんが、金融機関はこれを参考に審査を行う事になります。ただし会社員のように、毎月安定した収入がある場合には年収だけ証明されれば良いのですが、派遣やパート、アルバイトの場合には、これだけでは収入の安定性が証明できませんので、返済能力の判定には月々の収入も証明する必要がある場合も有ります。

このため申し込みに際しては年収を証明する書類だけではなく、提出するしないはともかく求められたらすぐに提出できるように月々の給与明細なども準備しておくと良いでしょう。また前年には収入が安定していなくても、今年は安定しているのであればそれを証明する書類も一応準備しておきましょう。金融機関の考え方次第ですが、返済能力の評価に使ってもらえる可能性も有ります。とにかく使えそうな資料は予め全て揃えておくようにしましょう。

本来であれば一律年収の3分の1というのもおかしな話で、例えが預貯金が非常に多い場合とか、非常に大きな収入があって年収の2分の1程度借りても十分返済に回せるというような人もいるでしょう。ですから一律3分の1というよりも金額別に細かく既定するべきなのですが、残念ながら現在はそうなっていません。そうは言っても法律ですから、見直しが図られて改正されるまでは、返済能力はこの規定で評価されることになります。

キャッシングローンは金額的にはかなり小口のローンですので安易に借りてしまい、徐々に借入額が増加していく人を見かけます。そういう人の問題はお金を借りるということ自体に既に抵抗感がなくなってしまっているということです。返済能力云々の問題ではなく、余力があったとしても、そういう人は借りてはいけません。まず必要なのは考え方を変えて、自分の収入内で生活するということです。ですからお金を借りるということを考えるのではなく、場合によっては診療内科に行ったほうが良いでしょう。

利息が戻るかもしれない!改正貸金業法によるグレーゾーン金利の撤廃

消費者金融はもともとサラリーンマン金融(通称サラ金)と呼ばれ『サラ金地獄』という言葉が出来るほど問題の多い業界でした。このサラ金を管理するために制定されたのが貸金業法です。この法律によってそれなりに管理が進んで一定の成果があったのですが、様々な問題も残っていました。その一つがグレーゾーン金利と言われるものです。もともと上限金利を定義している法律が2つあって、これが一致していなかったことから生まれた問題です。

上限金利は利息制限法によれば現在20.0%とされていますが、これに対して出資法では29.2%とされています。法令間の調整不備ということになりますが、この上限金利のどちらを使うのかにについて貸金業法が定めていなかったことも大きな問題で、この20.0%以上29.2%の間の金利は長らく法的にグレーとされていて、この間の金利はグレーゾーン金利と呼ばれるようになりました。はっきり言って今考えればあまりにも杜撰な法制化だったと言って良いでしょう。

当然ですが消費者金融はそれでなくても以前よりも金利が低くなっている状況でしたから、キャッシングローン商品の上限金利をこのグレーゾーン内に設定していました。しかし利用者は20.0%が上限ではないかと言うわけです。当初は業界側を向いていた政治家も、次第に消費者金融が世間の批判に晒されることになり、改正貸金業法によって利息制限法の20.0%を上限とする規定が盛り込まれることになりました。制定過程では、業界向きかどうか知りませんが反対する議員もいたといわれています。

この改正によって20.0%より高い金利を設定することは出来ず、さらに今まで払いすぎていた利息の払い戻しにも対応せざるを得なくなってしまったため、消費者金融の経営は軒並み傾くことになってしまいました。この結果銀行などと提携あるいは子会社となって経営危機を乗り越える消費者金融も現れています。現在でもこの払い過ぎの利息は過払い請求というものを行う事によって取り戻すことが出来ます。借りていた人は利息を確認して請求してみてください。

法改正によって従来の定義のグレーゾーン金利が撤廃されたことで多くの人は利益になりましたが、金利が低くなったということは、金融機関としては少ない利益になるということで、確実に回収できる、信用力の人しか貸せないことになります。したがって審査が厳しくなったということも言えるわけです。このためそれまで借りることが出来ていた人が、借りられなくなったという話もあります。グレーゾーンの撤廃に反対していた議員はこれを心配していたと主張しています。

自力での返済が不可能になってしまったときの対処はどうすべきか

借金というものは、将来の収入を返済に充てることを約束して金融機関からお金を借りるわけですが、将来というのは何が起こるかわからないので、場合によっては収入が続かない場合も考えられます。キャッシングローンのような小口の融資であっても病気やリストラなどで収入が無くなれば、キャッシングローンは基本的に担保や保証人はいませんから、すぐに返済に困る人が出てくるのは間違い無いでしょう。これは誰にでも起こることで決して他人事ではありません。

返済に困ったときに取る行動としては、まず金融機関との相談をすることが必要です。金融機関も返済に困るような人は日常茶飯事で存在するのですから、例えば利子分だけ入れてくれればとりあえず待ちましょうということになる可能性も有ります。来月以降返済できる確かな見込みがあり、それで乗り越えられるとの確信があれば、とにかく利子分を用意して乗り切るようにしてください。しかし、そう簡単に収入が戻りそうに無い場合には安易な約束はしないほうが無難です。

次に取りうる方法としては、何らかの方法でお金を作るということです。不用品を売る、あるいは家財道具を売る、不動産を売るなどです。収入が無いわけですから、お金を作るためにはこういう方法しかありません。他のキャッシングローンを借りるという方法も考えられますが、一つ返せないのですから、すぐに二つ目も返せなくなってしまうのは確実で、この方法は禁じ手です。いろいろと売ってしまったらもはや生活が出来ないということであれば、この方法も使えません。

次に取る方法としては無収入ということで生活保護を申請しましょう。生活保護を恥ずかしいことだと考える人もいますが、国が用意した最低限の生活をするために必要な救済措置ですので、困ったときには堂々と使いましょう。生活保護の申請のためには様々な制約が付きますが、収入の目処が付くまでは我慢してください。キャッシングローンの返済については生活保護の申請時に自治体に相談してみてください。

これらの方法と平行して消費者金融との返済のトラブルについては公的機関で相談することが出来ますので、一度利用して相談することが必要です。個々に利用者に沿った対処方法や、場合によっては金融機関との間に入ってもらうことも出来る場合があります。また個人だけではなかなか金融機関と渡り合うのは難しいので、弁護士に相談することも必要になるかもしれません。場合によっては債務整理をお願いすることになります。

人気商品が良いわけではない!キャッシング商品の選び方

銀行系、信販系、消費者金融系、クレジットカードなどキャッシングローンを提供する商品は山のようにあります。この中から利用しようと言うキャッシングローンを選ぶのは容易なことでは有りません。多くの人はインターネットなどで人気の有りそうなものに当たりをつけて闇雲に申し込みをしてしまっているのが実態です。しかし、自分の利用方法などを良く考えずにこのような決め方で決めてしまうのは危険です。

まず検討しておかなければならないのは、自分がキャッシングに何を求めているかということと、しっかりした返済計画です。たまに発生するような生活費が足りないときに短期間だけ借りて、すぐに一括して返済してしまうのか、大きな買い物に利用して長期に返済するのか。返済方法はどのようにするのかなどを考えましょう。次に必要な金額を借りた上で、返済する場合をシミュレーションし、完済するまでの詳細な返済計画を立案して下さい。

商品を選んでから返済計画を考えるのではなく、返済計画を立てた上でそれに合った商品を選ばなければ、本当に自分の要求するキャッシング商品とは言えません。したがってインターネット上にあるキャッシング商品の人気ランキングにあるようなものが必ずしも自分に合っているとはいえず、多くの商品を時間をかけて自分の返済計画に沿って最も合ったものを探す必要が有ります。おかしな商品を選んでしまうと返済計画に支障が出ることも有り、決して拙速に決めて良いことでは無いのです。

選ぶに当たっては、まずできるだけ情報を集めます。この中にはインターネット上の口コミ情報なども含めて下さい。インターネット上の情報は玉石混交ですので必要なのはその情報が正確で有用な情報なのか、あるいは単なる宣伝であって不必要な情報なのか、判断する力を持つことです。この判断は自分で行わなければなりません。必要な情報が揃ったら、今度は自分の返済計画に沿ったキャッシング商品なのかどうかその情報を利用して判断します。

こうして残ったものが自分に合ったキャッシング商品であると考えて良いでしょう。ここまで来るのにはかなりの時間が掛かりますが、安心して融資を受けてしっかり返済するためには、どうしてもこの手順を踏む必要が有ります。選んだ中から最も自分に合っていると考えられるものから申込をしてみて、審査が駄目だったら次と言う風に順に申込んでみましょう。既に年収の3分の1近くまで借入をしている場合を除いて、安定した収入さえあればそうそう審査が通らないと言うようなことはありません。

借りる前にキャッシングローンについて知っておきましょう

借金というとあまり良いイメージを抱きませんが、現在ではローンという言葉を使い、多くの人が住宅ローンだとか自動車ローンを組んで利用しています。これ等のローンは年収に対して比較的大きい額を借りることになるため、手続きや審査が大変厳密に行われ面倒な思いをした人も多いのではないでしょうか。これに対してキャッシングローンというのは多くても100万円程度で年収から見れば容易に返済可能な小口のローンのことを言います。

このキャッシングローンは金額が小額なため、ある程度の収入さえあれば手続きや審査が簡単で利用し易く、利用用途も限定されていませんので、大変便利で利用者が増えています。このような小口のローンは最近では大手銀行なども参入していますが、一昔前までは消費者金融業者が高金利で提供しており、返済できず幾多の悲劇も生まれ『サラ金地獄』などという言葉までありました。しかし現在では関連法規も整備され、利用し易いものになっています。

このような経緯もあって、今でもキャッシングローンというものに抵抗感を持っている人も少なく有りませんが、抵抗感の無い人も増えてこのキャッシングローンを生活ツールの一つとして捉え、上手に使うことで豊かな生活を実現している人も多いようです。日本においては社会が成熟して来るにしたがって返済可能な範囲の借金は生活を安定させるためには積極的に利用しても良いものだという意識が広がってきていると言えるのではないでしょうか。

しかし、キャッシングローンというのは借金であることには変りは有りません。安易に利用すると痛い目に遭うことは昔ながらの借金と同じだということを忘れてはいけません。手続きや審査が比較的簡単だということで、安易に多くのキャッシングローンを限度額まで借りてしまって、返済できなくなるという多重債務の状態に陥ってしまう人もいるということは憶えておきましょう。こういう場合主な原因は借りる前に行っておくべき返済計画や返済シミュレーションが杜撰だった事が挙げられます。

キャッシングローンは一回あたりの借入額が非常に小さいためか、きちっとした返済計画など立てる事無く借りてしまう場合が多いですが、借りたものは利子をつけて返済しなければいけないものだということを忘れてはいけません。たとえ1万円の借入れであったとしても、自分の収入と月々の返済額などを勘案した返済シミュレーションを行って、必ず返せる返済計画を作った上で借りなければなりません。

お金を借りるリスクを知って安易なキャッシングの利用は止めよう

お金を借りるということは、経済活動の1つとして特に悪いことでは有りません。経済が停滞する中にあっては経済活動を活発にするという意味でも、積極的に利用したほうが良いのかもしれません。特にキャッシングローンという小口で比較的審査の甘い商品が出現し、銀行などの大手金融機関が参入してイメージも向上してきたことと、法整備もされて暴利といわれるような金利も無くなって借り易くなりました。実際に利用者は急増して、今後も利用者は増えていくでしょう。

しかしいくら借り易くなったとは言っても借金は借金です。必ず利息をつけて返済することが必要になります。小額だからといって安易に借りると自分の首を絞めることになります。そういうこともあって最近では法律で借り入れは前年の年収の3分の1までとされています。つまり法律を変えねばらないような困った状況に陥ってしまった人が、多数居たということです。自分は大丈夫と思う人も多いと思いますが、たとえ1万円でも安易に借りてはいけないという事例はいくらでもあるのです。

借りる前には返済計画を立てますが、陥り易く最も多いリスクとしては、返済計画が破綻するというものです。何故破綻するのかというと、多くの場合が、小額だからということで、良く検討をしないでいい加減な返済計画を作ってしまう場合です。これは月々の収支をギリギリで考えてしまうことから生じる場合がほとんどで、多少の出費でも返済に支障が生じ破綻してしまうというものです。返済計画は少し余裕を考えておくことが重要です。

次に多いリスクは返済計画の想定外の事態が発生してしまう場合です。例えば病気になったり、事故に遭ったりした場合には、返済計画に無い事態と言って良いでしょう。天変地異のような場合には様々な救済措置が講じられますが、単なる病気や事故ではそういうこともありませんので返済に窮してしまうことも考えられます。したがって返済計画を考える場合には、このような場合の対処方法についても一応考えておいたほうが無難です。

この他にも考え出したらきりが無いほどリスクというものは有ります。すべてに対処しなければならないということでは有りませんが、返済計画を立てる場合には、単なる返済だけではなくて、発生するリスクへの対処方法についても2重3重の対応策を考えておく必要が有ります。返済に窮した場合、ブラックとして信用情報に記録され、肝心なときにお金が借りられないようなことになりかねません。お金を借りる場合にはよくよく考えることが必要です。

<1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 >