キャッシングの審査・申込みについて

記事一覧

住宅ローンがあるとキャッシングローンの審査に影響が出るのか

バブル期には一般人にはなかなか手が出せなかった持ち家ですが、バブル崩壊後には不動産価格も下がり、購入に踏み切る人も増加に転じています。不動産特に住宅を購入する場合にほとんどの人が利用するのが住宅ローンです。住宅ローンは大きな金額になりますので非常に返済期間が長くなる特徴が有ります。もちろんその金額は年収どころではありません。デフレ経済の中で給料が減り、返済に四苦八苦している人も少なくは無いでしょう。

しかしここで一つ疑問が出てきます。改正貸金業法によれば利用している全金融機関の融資総額が年収の3分の1までしか借りられないのだとすると、住宅ローンを借りてしまうと、他のローンたとえばキャッシングローンなどはもう借りることが出来ないのだろうかということ疑問です。よく考えればそもそも年収より多い住宅ローンはもう借りられないのかとう疑問を抱く人もいるかもしれません。しかし法律はうまく出来ていて、借りることが出来ます。

改正貸金業法によれば住宅ローンや自動車ローンは対象外扱いになっています。特に住宅ローンはキャッシングローンなどと違い住宅の購入が目的ですから、不動産という資産を持つ事が出来るため、別格扱いになります。したがってこのようなローンは年収の3分の1以上になっても借りることが出来ますし、別途キャッシングローンを借りることも出来ます。ただし住宅ローンや自動車ローンを借りる場合には当然ですがキャッシングローンよりも厳しい審査が行われますので、誰もが借りられるものでは有りません。

ですから、これからキャッシングローンを借りようとする人は住宅ローンを使っているからといって、申し込みを遠慮している必要は有りません。必要であれば積極的に利用してください。ただし収入的が減ってしまい住宅ローンの返済が厳しいので、キャッシングローンをつかって返済に回そうと考えているような場合には、よく考えたほうが良いと思います。返済が苦しいのが一時的だった場合、それでやりくりできるのであれば利用すべきだと思います。

しかし、返済の苦しい時期がいつ終わるか展望が無いような場合には、キャッシングローンでいつまでも繋ぐことは無理です。年収の3分の1まで使った時点で破綻するということです。ですから、もし住宅ローンの返済に窮している場合には他の方法を模索したほうが良いでしょう。破綻してしまったら、悪くすると自己破産です住宅などと言っていられません。この際思い切って有利な条件で売れるときに住宅を売るなりすることを考えたほうが良いはずです。

審査無しで貸出をするような金融機関には近づいてはいけません

消費者金融だけでなく金融機関は貸出の際には必ず審査をして、借り手の返済能力を評価します。しかし金融機関の中にはこうした審査をせずに融資をするところがあります。本来であれば、審査をして少なくとも法律で決められた条件を満たしていることは確認が必要です。審査をしないということは、すなわち法律も無視して何でも良いから貸してしまえば良いということです。審査をしても返済が滞る人がいるのに審査無しでは困るだろうと思う人もいるのではないでしょうか。

しかし、そんなことは心配無用、この人たちは、貸した後は高い利息をつけてどんな手段を使ってでも取立てすれば良いと考える人たちです。具体的には暴力団を使うか、そもそもその金融機関は実質的に暴力団が経営しているものです。要するにこれが闇金です。雑誌や最近ではインターネット上の掲示板や迷惑メールに見ることが出来る、『融資できます』とか『すぐに振込み』などの文句で誘っているのがこの手の金融機関です。連絡先が携帯電話の場合が多いために、090金融などと言われる事も有ります。

最近ではさすがに、こういった金融機関は怖いということが知れ渡ってきているため、誘導方法も巧妙化していると言われていて、まだまだ被害者は出続けています。借りるときは気軽に電話一本で出来ますので、お金に困った人が利用したいと思うのも分かりますが、普通の感覚なら当然怪しいと感じるところが、こういった人たちは感覚が麻痺してしまっているのか、藁をも掴む気持ちなのか、多くの人が罠に嵌ってしまいます。安易過ぎる貸出には要注意です。

取立ての例としては臓器を売れとか生命保険で支払えというような脅し方をされることもあります。また一度被害にあった人のところには、再度別業者を名乗って接触してくる場合もありますが、こういう業者は裏で繋がっていて、カモになる人からは徹底的に吸い取ろうとします。まさに蟻地獄のようです。ですから、いくらお金が必要でも、金融機関を見る目を失ってはいけません。怪しいと思ったら近づかないことが重要です。

しかし他ではもう貸してくれなくなって、お金を作るにはどうすればよいのかという人がいますが、そこまで追い詰められてしまった場合には、もはや弁護士に債務整理を依頼するしか方法は無いでしょう。最悪自己破産して、やり直しを図ることです。自己破産というのは悪いイメージを描く人がいますが、法律的に作られた救済方法でもあるのです。安易な自己破産は良く有りませんが、もう死ぬしかないと思うように追い詰められたときは自己破産して、やり直したほうが良いことも有るのです。

必要な書類は何かキャッシングローンの申込の準備

キャッシングローンを申込もうと決めたら申し込みのための書類を準備する必要が有ります。これは消費者金融により若干の違いがありますので用意するときにはそれぞれの消費者金融のパンフレットやホームページなどを確認してください。これ等の書類は、まず本人を確認するものが必要です。これはなりすましなどを防止するためのものです。次に収入を証明するものが必要です。これは返済に当たって返済できるだけの安定収入があるかどうかを見るために必要です。

申込には当然ですが各種書類のほかに申込書が必要です。これは店舗に置いてある物、あるいはインターネットからのダウンロードなどによって手に入れることが出来ます。申込書には住所氏名や希望する借入額などを記入する必要が有ります。記述内容が添付する書類と矛盾するようなことが無い様に注意してください。申込書は店舗に行ってから記入しても良いですが、初めての人は慣れない所で落ち着けませんので、家で書いていったほうが無難です。

次に本人を証明する書類としては、運転免許証が基本ですが、当然ですが免許を取っていない人もいますので、健康保険証あるいはパスポートで代用できます。もしこれらの証明書類に既述されている現住所が申込書と異なる場合には、公共料金の領収書などで現住所が確認できるものを付けておけば良いはずです。本人を偽るようなことは違法ですので絶対に行ってはいけません。すぐに発覚して手が後ろに回ってしまうことになります。

最後に収入を証明する書類です。これは市役所などで貰う収入証明書や勤務先から貰う源泉徴収票などが必要です。場合によっては直近の給与明細なども要求されることがあります。ただし正社員の場合には良いのですが、派遣、パート、アルバイトなどで収入が安定していない可能性があるような勤務形態の場合には、安定していることを証明するため、1年分程度の給与明細を準備しておくと良いでしょう。その他の安定収入が証明できるものがあれば予め用意しておくことを勧めます。

さらにもし返済に口座引落を希望する場合には引落口座が分かるものと、届出印が必要になりますのでこれも準備しておきましょう。これ等を提出後、短い場合には30分程度で審査が終わります。もし収入についていろいろと説明が必要だと考えられる場合にはインターネットや郵送、自動契約機などは使わず、最初から店舗の窓口に行って相談しながら申込んだほうがスムーズに行く可能性があります。特に問題と考えられるものが無ければどれを選んでも構いません。

担保って何?以前はお金を借りるためには担保が必要だった

キャッシングローンという概念が成立する前には金融機関といえば銀行だけでしたが、この銀行にお金を借りる場合に必要になっていたのが担保と保証人です。この頃はこれが無いとお金を借りることが出来なかったため、多くの人が不便を感じていました。そこで登場したのがサラリーマン金融で現在の消費者金融というわけです。この消費者金融のキャッシングローンは無担保、無保証でも貸し出すことが特徴で、ほとんど誰でも借りることができるようになりました。

しかし、大きなお金を借りたことが無い人は知らないかもしれませんが、現在でも銀行から大きな融資を受ける場合には担保や保証人が必要なのは変っていません。担保というのは融資したお金の返済が無理になった場合に、その担保を銀行が貰うというものです。担保になるものは利用者の持っている資産ということになりますが、通常は不動産などになります。つまり返済が出来なくなれば担保としている不動産を銀行に取られてしまうということです。

ここまで理解できれば、分かると思いますが、銀行は担保を取る代わりに融資をするということです。昔借りられなかったというのは担保となる自分の資産が無い人が多かったということです。銀行はずっとこういう方式でお金を貸してきたので、無担保、無保証でお金を貸すというノウハウを持っておらず、現在のようにキャッシングローンが隆盛を極めても、その波に乗ることが出来ませんでした。そこで考えたのがこのノウハウを持つ消費者金融との提携です。

銀行と消費者金融の提携が進んだのは、消費者金融側が大きな資本と結んで安定性を求めたためだけではなく、銀行側が無担保、無保証での信用保証ノウハウを手に入れることも大きな目的だったのです。これによって両者の思惑を満たすことが出来るため、一気に提携が進みました。このノウハウを利用することで現在では銀行のカードローンでも無担保で貸し出ししてもらえるようになりました。かついては暗いイメージであった消費者金融のノウハウを銀行が使うという驚きの提携のおかげです。

ただし、担保も悪いものであるわけでは有りません。融資の返済に困ってしまっても担保さえ手放せば、なんとかなったわけです。しかし無担保で借りたものは返済に困ると、他から借りるか、借りられない場合には、最悪の場合自己破産するしか有りません。どちらが健全かというと、やはり担保を設定して融資を受けたほうです。利便性から無担保での融資が成長してきましたが、どちらにも長所や短所があることは理解しておきましょう。

年金以外に収入が無くてもキャッシングローンは借りられるのか

長い現役時代を終えて、これからは年金で細々と生活しようと考えている人も多いと思いますが、リタイアした後でも長い間にはお金が必要になることも無いとは言えません。しかし年金以外に収入も無い場合、収入の評価としては無収入になるのか、それとも収入として評価されてキャッシングローンを借りることが出来るのか、不安に感じている人もいるかもしれません。年金の取り扱いというものは一体どのような評価になるのでしょうか。

年金は、確定申告が必要になりますので、しっかりした収入として評価されます。したがって年金による収入であっても年収として取り扱われ、年金だけしか収入が無かったとしても、その3分の1までは法的にキャッシングローンは利用することが出来ます。ただし審査基準にはそれ以外の基準もあるので、審査に通るかどうかは金融機関の判断になります。もしどうしてもお金が必要であるのであれば申し込みをしてみてください。年金ですから非常に安定した収入として評価されます。

ただし高齢者の場合、年収の制限のほかに年齢による制限があることを忘れてはいけません。これは特に法的な制限があるわけでは有りませんが、キャッシングローンの商品としての決まりとして年齢制限があります。金融機関側にしてみればあまりに高齢の場合、不測の事態も想定できますので、返済とは別の大きなリスクとなります。多くの場合65歳となっていますが、中には70歳、最高では75歳まで対応しているものがあります。それ以上の場合は無理としか言いようがありません。

ただし借りることが出来るとしても、あまり借りることはお勧めできません。若い人でも多重債務に陥るリスクが無いとは言えないのに、高齢で年金以外に収入の道が無いところに借金まで背負い込むのはあまり勧められることでは有りません。返済できなくなった場合、どうすることも出来なくなって家族に迷惑をかけるのが落ちです。借りる前に、よく考えて何とか借りなくて済む方法を模索してください。自分ひとりで考えるのではなく、お子さんなどと一緒に考えることが重要です。

またもし不審な電話で急にお金が必要になったような場合には、犯罪の可能性があります。電話で現金を要求されても決してキャッシングローンなどを利用してはいけません。通常そういうことはありませんので、話に乗せられる事無く、そういう場合には金融機関に行くのではなくて、警察に行くか電話して相談することが先です。要するにいわゆる振り込め詐欺というものの可能性が高いと思われます。高齢者は狙われているということを忘れないようにしましょう。

情報収集が決め手!キャッシングローンの選択はこうやって行え

キャッシングローンは使用目的が限定されておらず、生活上お金に困ったときには頼もしい味方になってくれます。このため利用者は年々増加傾向にあり、今後もこの傾向は変わらないと考えられます。しかしこのように便利なキャッシングローンですが、突き詰めて考えれば借金です。借金が悪いということでは有りませんが、借金は借り方によって得にもなったり、損にもなったりします。同じ金額を借りたのに返済総額には差が出てくるということは良くある話です。

ですからキャッシングローンもどうせ利用するのであれば、賢く借りて自分の支払能力の中でできるだけ返済総額を少なくすることを考える事が重要です。そのためにまず必要なのは自分の返済能力での返済計画を立てることです。これが全ての元になります。そしてこの返済能力で返済できるもっとも有利な条件のキャッシングローンを見つけることが最も良い借り方に繋がります。そのためにはまずキャッシングローンの情報を出来るだけ集めることです。

集める情報は消費者金融等の金融機関に有るパンフレットやホームページにあるような情報だけではなく、インターネット上の口コミ情報のようなものも必要です。インターネット上の口コミ情報は信頼性はそう高い情報では有りませんが、あまりにも悪評ばかりのキャッシングローンは怪しいと考えたほうが良いでしょう。条件がすばらしくても、とんでもない取立てが行われているというようなことが無いとは言えません。必要なのはその情報を判断する目を持つことです。

こうして情報を集めたらその情報と自分の立てた返済計画を付き合わせて、計画した返済期間で最も返済総額が少なくなるもの、自分の返済しやすいもの、自分のライフサイクルに合ったものなどの基準で選んでください。何件か選んだら、再度吟味して1つに絞ります。他のものは、審査が通らなかった場合にとっておきましょう。候補が決まったら、もい一度検証し直して返済が可能かどうか確認してから、決定することにしましょう。

ここまでやったらいよいよ書類の準備をして申込書を用意することになります。金融機関各社にはそれぞれ審査基準が有って、何が問題として上がるか分からないため選んだものが必ず審査に通る保証は有りません。もし審査が通らなかったら理由を良く聞いて、次の候補の申し込みをすることにしましょう。特に安定収入があって、信用情報に問題が無ければ、そうそう断わられることはありませんので2~3件試せば審査は通る筈です。

キャッシングローンには基本的に担保は必要ありません

昔は金融機関(つまり銀行)からお金を借りる場合、必ず担保と保証人を求められていました。そこに風穴を開けたのが消費者金融で個人の信用を元に比較的小額を無担保で融資するというものです。しかし以前の担保という考えが日本人には染み付いており、一定以上の年齢の人には無担保ということのほうが不思議に見えてしまうようです。このため消費者金融を利用する場合でも担保のことを心配するような人が未だに存在しています。

結論を先に言うと、キャッシングローンでは担保は必要有りません。安定した収入があり、他から年収の3分の1を超えるような借入さえしていなければ基本的には融資は受けられます。そもそも消費者金融が出現した理由が担保や保証人の無い人にもお金を貸そうということにありますので、担保の心配は要らないのです。ただしキャッシングローンといえどもお金を借りることに違いは有りませんから、金融機関側から見ると担保という形では無くても、やはり何か資産を持っていたほうが融資はしやすいと思われます。

現在では、改正貸金業法によって全ての金融機関からの貸金の合計が年収の3分の1を超えることは出来なくなりましたが、以前は年収が無くても融資を受けることは可能でした。融資についての審査基準は各金融機関のノウハウですので極秘になっていて見ることは出来ませんが、それが預貯金であろうが、不動産であろうが、要するに返済できるだけの資産を持っていればよかったわけです。したがって現在でも審査においては担保という形ではないですが、利用者の資産状況が参考にされることはあるかもしれません。

ただし、担保が必要ということが悪い面ばかりではないことを理解しておくべきです。担保になっているにしても、しっかり返済できればそれで良いわけですし、返済に困るようなことがあっても担保さえ渡せば、それ以上困るようなことにはなりませんでした。しかし、現在の信用保証では、返済に困った場合には、他からお金を探してくるか、債務整理して、最悪の場合自己破産するしか有りません。法的整備が進む前にはこのような場合ひどい取立てなども横行していたことを思い出してください。

担保を取ったほうが良いか、信用保証でよいのか、意見は分かれるところですが、現在では小額の融資では殆どの場合担保は必要なくなっています。担保が無いから借りられないと思っている皆さん、借りることを奨励するわけでもないし、借りなくて済むものなら借りないほうが良いとは考えますが、少なくとも手続き的には、キャッシングローンを使う場合には担保は必要はありませんので、困っている場合には、思い悩んでいないで、積極的に利用してみてください。

専業主婦の場合50万円以上はご主人の同意が無ければ借りられません

改正貸金業法によると50万円以上あるいは他の金融機関での借入を合わせて100万円以上の場合、借入先の全金融機関の総借入額が年収の3分の1までしか借りることが出来ないとされています。したがって収入の無い専業主婦の場合、自分では最大1金融機関では50万円まで、全部合わせても100万円までしか、借りることが出来なくなっています。ただし100万円というのは考え方次第ですが専業主婦としてはかなりの金額で、それで困るということは普通に考えるとあまり有りません。
(⇒改正貸金業法について

改正前まではこの規定が無かったためギャンブルや買い物の依存症に陥ってしまいご主人に内緒で大きな金額を借りてしまう事例が沢山あったことから、それも要因の1つとなってこの規定が作られることになりました。しかし専業主婦でも時としてお金が必要になる可能性もあるかもしれないということで、その救済規定としてご主人の保証があれば、夫婦の借入額を合わせて、ご主人の収入の3分の1まで借りることができます。つまり借りるためにはご主人の同意が必要ということです。

もしご主人が保証を拒否したら、残念ながら借りることは法的の無理ということになります。もし、ギャンブルや買い物依存症になっているのであれば、闇金などに行くのではなく、これを機会に足を洗うべく心療内科に行きましょう。ご主人あるいは家族は、闇金などに行くのを防いで正常な金銭感覚を取り戻させることが重要ですので、心のケアに協力してあげてください。かわいそうになって大きなお金を渡すようなことをしてはいけません。

もし家族のためにどうしても必要なお金であるのであれば、ご主人も無下に拒否するのは止めましょう。全ての責任を奥様に押し付けることは精神的な虐待です。専業主婦に作れるお金はそれほど大きくは有りません。夫婦の協力が絶対に必要なのです。もちろんご主人としては、自分がお金で返済することになるわけですからおいそれと保証できるものでは有りませんが、家族のために使うのであれば、収入源であるご主人が負担してしかるべきです。夫婦でよく話し合って妥協点を見つけてください。

専業主婦にも様々あって収入は無いけれども、大きな資産を持っているような場合もあり、一律に法律の規定を適用するのにも問題があると思いますが、合法的な消費者金融では法を曲げることは出来ません。以前に比べて使い勝手が悪いという人もいるかもしれませんが、以前はこのような規定が無かったがために、幾多の家庭を崩壊させたことも忘れてはいけません。不便なこともあるかもしれませんが、止むを得ないということで理解してください。

自分にぴったりなキャッシングローンと金融機関を決めよう

昔はお金を借りるといえば銀行と決まっていましたが、一般消費者が簡単な手続きで借りられるように消費者金融が出現しキャッシングローンが出来て、今や銀行系、信販系、消費者金融系、クレジットカードキャッシングなどで乱立状態となっています。その後の法改正などで、経営体力の無い金融機関が淘汰されたとはいえ、基本的にこの状態は変っていません。このような中で各金融機関は特徴のあるキャッシングローンを作り顧客獲得にしのぎを削っています。

こういった少々乱立気味のキャッシングローンの中からどうやって利用するものを決めれば良いのか困っている人も多いのではないでしょうか。先ず1つの考え方は、信用第1の銀行系のカードローンを選ぶということです。金利も低いですし、悪い選択では有りません。特に初心者にはお勧めかもしれません。銀行はちょっと審査が心配という人では、次に続く信販系や大手消費者金融が出しているキャッシングローンを狙っても良いでしょう。様々な申込み方法や返済方法が用意されて使い易いかもしれません。

しかし、使い方によってはこういった大手のキャッシングローンよりも、断然お得なものも存在していることを知っているでしょうか。例えば一定期間内に返済すれば利息のかからないものがあります。給料日まで5日といったときに、この無利息のキャッシングローンを利用して5日後に給料を貰って即返済すれば、まったく利息が無いため元金だけ返せば良い事になります。微々たる金額かもしれませんが、お得なものに違いは有りません。

また条件は大変良いのですが、提携ATMが少なかったりすると、たとえば旅行先などで、いざ使いたいといったときに利用できないというような状態になってしまうこともあります。また利用時間帯によっては、利息よりも提携ATMの利用手数料のほうが高いというようなおかしな状態になってしまうことも考えられます。このほか、いろいろと考えていくとその人のライスサイクルによって同じキャッシングローンであっても得になったり、損をしたりというようなことがあることが分かります。

そこで必要なのは自分の返済計画やライフサイクルから利用方法を良く考えた上で、最もお得なキャッシングローンと金融機関を選ぶ必要が有るという事です。そのためには口コミ情報なども含めてできるだけキャッシングローンについての情報を集めて、自分の利用方法とつき合わせた上で、決める必要が有ります。多くの人が利用しているとか、皆がお勧めのものが本当に自分に合っているという保証はまったく無いのです。そういうことはあくまで参考程度にして、自分の判断で決めてください。

悲観する必要は全然無し!キャッシングの審査が通らなかったとき

キャッシングローンに限らずお金を借りる場合には、審査をされるのが普通です。したがって貸し手の審査基準に合わない場合には審査に通ることが出来ませんから、借りることが出来ません。キャッシングローンはローンとしては小口の部類に入るため、それほど厳しい審査は有りませんが、それでも場合によっては審査が通らないこともあります。もし自分が申込んだとして審査が通らなかったらどうでしょう。特に収入や信用情報に心当たりが無い場合には何故だと思いますよね。

しかし、審査基準は金融機関によって違いますので、別に1つ断わられたからといって悲観する必要はまったく無いのですが、初心者であればあるほど、ショックが大きいようです。自分の信用力が問われるわけですから無理も有りませんが、何度も申込んで慣れている人はまったく気にもしないでしょう。いろいろ思い悩むのも良いですが、そんなことを考えても意味がありませんので、気持ちを切り替えて、次を考えたほうが賢明です。

審査基準は分かりませんが、収入の安定性か信用情報に問題を感じたかどちらかです。自分で見て収入に問題が無い場合には信用情報の問題が考えられます。それでは自分はブラックなのかと考えてしまいますが、信用情報の中にはブラックリストが含まれているわけでは有りません。情報を解釈するのは金融機関側です。したがってブラックの判断は金融機関によって違います。ですから一つ駄目であってもまったく心配する必要は無いのです。
(⇒ブラックとは

そこで次の対応を考えましょう。候補の一つ目が駄目なのですから候補の二つ目の所に申し込みをして見ましょう。特に問題が思い当たらないのであれば、二つ目は簡単に通ってしまう可能性があります。ただし、やはり提出書類は見直しが必要です。本当に問題が無いかどうかしっかりチェックしておきましょう。また申込書と添付書類の既述に矛盾などが無いか良くチェックしてください。申し込みは機械や郵送、インターネットを利用するのはやめて窓口に行って説明しながら申し込んで見ましょう。

もしそれでも審査が通らないのであればできるだけ理由を聞いて、何が問題なのかを考える必要が有ります。収入の安定性が問題なのか、過去を思い出して信用情報に何か問題があるのかよく考えて見ましょう。消費者金融によってはxxの資料を提出してくださいとか言ってくれるところもあるので、続けて何件か申込んでみるのも原因を探ることになるかもしれません。どうしても問題に心当たりが無い場合には弁護士などに相談してみてください。

1 2 >