銀行ローン、クレジットカードキャッシングなどについて

記事一覧

利用の仕方次第ではかなり便利なゆうちょのキャッシング

消費者金融に触発される形で銀行業界もカードローンとしてキャッシング分野へ参入しましたが、さらにゆうちょ銀行もキャッシングのサービスを始めました。ゆうちょ銀行と言えば前身は当然郵便局ですから、つい最近まで親方日の丸でちょっと付き合い難い印象やサービスにも問題がありそうと思ってしまうのですが、ところがどっこいこのゆうちょ銀行のキャッシングはなかなか魅力のある商品に仕上がっており、使い方次第では第1候補にしても良いといえるものです。

ゆうちょ銀行のキャッシングはゆうちょ銀行で発行するクレジットカードである『JP BANKカード』の機能の一部として提供されています。このクレジットカードも支払方法が様々選べてたり、ポイントサービスも充実して大変便利なもので、これはこれでお勧めですが、キャッシングもリボルビング払いと一括払いが選べて、一括払いにしていたものを後からリボルビング払いに変更できるなどの特徴があります。このようにゆうちょのキャッシングは使い勝手が大変良いことが分かります。

また何と言っても、ゆうちょですから経営に問題が有るわけは無く、また郵便局ですから日本中そこらじゅうにあるわけです。さらに提携先もあるのでATMを探すのに困ることはまず考えられず、これだけでもかなり魅力的です。利用するのがATMを主に想定しているのであれば、この点でも大変使い勝手が良いと言えます。

ただしクレジットカードのキャッシングという形ですので、他のクレジットカードと同じように金利はちょっと高めになっています。したがって、長期に返済することを想定する場合にはあまりお勧めはできません。
(⇒クレジットカードキャッシングとは

海外に行った場合にはクレジットカードなので海外キャッシングが利用できます。海外では通常クレジットカードで買い物をしますが、時として現金が必要になった場合には、国際キャッシュカードで現地金融機関に高い手数料を払うよりも海外キャッシングを利用したほうがお得です。ただしクレジットカードですから帰国後すぐに返済することが必要です。返済しなければ高めの金利で利息が溜まってしまい手数料よりも高くつくことになります。

このように長期で借りるには難がありますが、短期に借りるには大変便利なキャッシング商品と言えます。クレジットカードとして持っていて、短期の利用に限って困ったときに使うようにすればかなり便利なカード&キャッシングと言えるでしょう。自分の利用方法および返済方法に沿って、充分考えた上で、使えそうであれば検討対象にしてみる価値のあるキャッシング商品と言えるでしょう。

有利なローンを見つけるにはまず情報の収集が必要です

キャッシングローンと言えば消費者金融の独壇場と考えがちですが、現在ではこれに類するローンが、銀行系、信販系、クレジットカード系など多くの種類が存在しています。どれが一番良いのかということは一概に言うことはできません。利用者の使い方によって、向き不向きがありますので、利用者はどのローンが最も自分に向いているのかを判断することが必要になります。どのような場合にも判断を伴う場合には判断材料になる情報を集めることが必要になります。

この為にはまずそれぞれの金融機関に行ってパンフレットを入手するかインターネット上で金融機関のホームページから情報を集める事になります。ただし、情報はこれだけでは有りません、インターネット上にはこれらのローンに対する利用者の意見や使用感などを集めた掲示板などがあり、金融機関がいかに美辞麗句を駆使してローンを宣伝しても、実際にはどうなのかを知るには、これ等の意見も利用の仕方次第では非常に重要な判断材料になります。

これらの資料を集めることと平行して、自分の要求を纏めることも重要です。ローンに対して何を求めているのかをはっきりさせましょう。また自分が借りようとしているお金をどのように返していくかという返済計画も作る必要が有ります。金融機関によってはホームページ上で返済のシミュレーションを行えるようになっていますがこれは月々の返済額程度しか出ませんので、返済計画を立てるには自分の収入や支出を加味した条件での返済シミュレーションを行うことが必要です。

情報の収集と自分の要求、返済計画を立案したら、今度はそれぞれをつき合わせて、まず自分の要求を満たしているものをピックアップします。それが終わったらそのピックアップした中から立案した返済計画に沿う返済方法を行うことが出来るかどうかを判断してください。最終的に残ったローンが自分に合っていると思われるものです。この中から最終的に最も合っていると判断したものを第1候補として採用することにして、後のものは残しておいてください。

そこで先ずは第1候補のものに申し込みを出してみましょう。当然ですが申し込みをしても利用できるか出来ないかは、金融機関側の審査によりますので、審査を待って審査に通ったら再度返済計画を確認して利用を開始して下さい。審査に通らなければ、できれば何が問題だったのかを教えてもらい、改善できる場合には改善した上で、残しておいたローンの中から、次に合っていると思われる第2候補に申し込みをしてみてください。

金利だけでは決められない!キャッシング商品選びのポイント

ちょっとお金が入用なのでキャッシングローンを利用したいと思ったときに、何をポイントに選ぶ人が多いのか考えてみると、多くの人は金利が低いことと答えると思います。これは極めてまっとうな意見で、良い判断では有るのですが、利用方法によっては損をすることになります。キャッシング商品を選ぶ際には、どのような利用方法をするのか良く考えてから選ばなければならないと言われますが、金利の話だけに絞ってもやはり利用方法からの判断が必要です。

まず利用方法が会社が終わった後の利用ということになると提携ATMで借り出したとして、時間外になる可能性が高いので手数料が掛かることになります。そうすると利用金額によっては利息よりも手数料のほうが高いと言うおかしなことが起こる可能性があります。これではいくら利息を重視してもまるで意味が有りません。利用方法から考えるのではなくて手数料が掛かるような使い方はしないと言うことであれば別ですが、しっかり利用方法も詰めておかないと、思わぬ損をすることになります。

金利と言う面ではもう一つ重要な問題があります。金利が高い設定なのに、利息が安いと言うか利息が付かないというような商品が有ります。どういうことだと言う人もいるでしょうが、要するに融資後一定期間無利息と言う商品です。それ以降の金利は少し高めの設定ですので金利としては高いけれども、一定期間内に返済すれば何回借りたとしても利息無しで借りられます。これもやはり一定期間内に返済するというような使用方法が重要になるわけです。

このように利用の仕方次第では利息が安いものよりも得になったりする特徴を持つキャッシング商品がいろいろを有るわけです。ですから一概に利息の低いものを選べば良いというものではありません。やはり基本は自分の利用方法です。したがってキャッシング商品を選ぶ際には利用方法をはっきりさせたしっかりした返済計画を立てることが重要で、これが有るか無いかで得にもなれば損にもなると言うことになります。このため先ずは商品を選ぶのではなく、この返済計画を立てることを優先することが必要です。

ところが現実は利用方法をはっきりさせるどころか、とにかくお金が必要だから金利の安そうなものであれば何でもいいから申込んでしまえば良いという人が多く、このうちの少なからぬ人が実は損をしていると言うのが実情です。今から利用を考えているのであればこのような人たちの真似をすることは有りません。多少時間が掛かっても、充分検討してから申込むようにしましょう。

キャッシングローン返済の鍵はしっかりとした返済計画の存在です

キャッシングと言うのはそもそもローンとしては非常に小口の融資を指しますので、通常のローンであれば借り手のほうも一応の返済計画を持ちますが、残念ながらキャッシングの場合には返済計画自体を作る事も無く、軽い気持ちで融資を受ける人が多いのが実情です。しかし小口の融資だからと言っても借金は借金であって必ず利息をつけて返済することが求められることに違いは有りません。

しかし例えば1万円を借りた人に言わせれば1万円ぐらいの借入で返済計画なんで面倒なだけだと言うことになってしまいます。ところがこれは1万円に対して返済できるだけの余裕資金がある人の話です。10回で返すとすると月々千円ちょっとと言うことになりますが、利用者の収入が月10万円だったとしても返せそうだと判断してしまいがちですが、ところが支出が99900円だったとすると余裕資金は100円と言うことになって返済は破綻します。このように返済に対して収入だけで判断すると失敗します。

したがって、返済では返済期間中の月々の余裕資金がどの程度になるかをできるだけ正確に判断しておく必要が有ります。これには前年の同じ時期の季節変動なども考慮し、突発的な出費にも有る程度耐えることが出来るだけの余裕も残し、返済が可能かどうかを判断することが必要です。そうすれば返済期間中の返済シミュレーションを行うことが出来ます。そこまでしなくてもと言う人がいるかもしれませんが、そこまで行っても破綻する人はいるのです。

返済シミュレーションが完了したら、それを返済計画にまとめて、はじめて融資を受ける準備が整います。融資を受けた後は月々計画通り行っているかをチェックするようにしてください。もし計画が狂い始めたら、すぐに原因をはっきりさせます。はっきりしたら原因を取り除きなるべく計画を元に戻すようにします。戻せない場合には、以後の返済計画を見直す必要が有ります。ここで原因をはっきりさせずにおくと狂いがだんだん大きくなって、取り返しのつかない事態になってしまう可能性があります。

返済し終わったら返済計画を見直し、うまく行った点、狂いが生じた点を明らかにして、次の借り入れのときの基礎資料として使ってください。このような資料が溜まってくれば、返済計画の精度は徐々に上がっていくことになります。返済計画は立てるのが非常に面倒ですが、一度しっかりしたものを立てればある程度安心感を持って完済まで終えることが出来ます。ですから、面倒だと思っても返済計画が出来るまでは借りないということを鉄則にして下さい。

短期借入に向くクレジットカードキャッシングってどんなもの?

最近ではクレジットカードを持っていない人のほうが珍しくなりましたが、クレジットカードにはショピング枠のほかに利用者の信用力によって枠の大きさはそれぞれ違いますがキャッシング枠が付いている場合が殆どです。このキャッシング枠を利用して融資を受けることをクレジットカードキャッシングと言います。このクレジットカードキャッシングの良い所は、銀行のカードローンのように新たに申込んで審査を受ける必要が無いことです。クレジットカードの申し込みさえ通っていれば誰でも利用できます。

ただし、欠点もあります。それは他のキャッシング商品に対して少々金利が高いと言うことです。したがって利用する場合もその特徴を理解した使い方が有ります。基本はクレジットカードキャッシングを利用したら高い金利のために長引けば長引くほど利息が積まれてしまいますので出来るだけ早く返すことです。利用する場合にはせいぜい数日以内に返済してしまうようにして下さい。それ以上長引くのであれば別のものを利用することを考えましょう。

クレジットカードキャッシングのもう1つのお勧めの利用法は海外で急に現金が必要になった場合です。通常観光客が行くような所ではクレジットカードで用は足りるはずですが、時として現金が必要な場合、国際キャッシュカードだと現地銀行に非常に高い手数料を取られてしまいますす。しかしクレジットカードのキャッシング枠であれば手数料無しで現地通貨を引き出すことができます。注意が必要なのは帰国後にはすぐに返済することです。長引けばキャッシュカードの手数料以上に利息がかかってしまいます。

このようにクレジットカードには日常生活で支障が出たときに短期だけ利用するというクレジットカードの特徴に合った使い方が有りますので、日常生活でキャッシングローンをうまく使いたいと言う人は常時クレジットカードキャッシングを使うのではなくて、中長期には中長期向きのものを用意し、両者を使い分けると良いでしょう。便利だからクレジットカード1枚で済ませると言う人はシャッピング枠だけを使い、キャッシングには利用しないほうが良いかもしれません。

クレジットカードキャッシングも含めてキャッシングローンの最大の問題は利用し易すすぎて、ついつい利用額が多くなってしまうことです。特にクレジットカードキャッシングの場合金利が高いですから利用額がかさめばすぐに馬鹿にならい額の利息になってしまいます。したがって、キャッシングを良く利用するような人は短期の返済の目処が無いままクレジットカードキャッシングを利用しないというルールを予め決めておいたほうが良いかもしれません。

比較情報って意味が有るのか?キャッシングは自分の使い易いものを

今やキャッシングローンの種類は銀行系、信販系、消費者金融系、クレジットカードと星の数ほどとは言いませんが、かなり沢山あることは間違い有りません。この中からどれを選ぶかを決めなければならないとしたら何を基準に選べば良いのか困ってしまう人も多いのではないでしょうか。そこで1つの指針にされているのがインターネット上にあるキャッシングローンの比較情報です。中には人気ランキングと称して利用者数などを基にランキング形式で紹介している親切なサイトもあります。

しかし数多くのランキングサイトを見ると気が付くのですが、人気といいながら同じランキングになっているというのは稀です。したがってこれにはランキング作成者あるいは関係者の意図が反映されている可能性があります。全部そうだと言っているわけでは有りませんが、情報を操作する事によって商品の人気を意図的に上げたり下げたりすることを狙った可能性も無いとは言えません。このようにインターネット上の情報というのは信じられるもの、信じられないものなど玉石混交だと言って良いでしょう。

したがって比較情報の利用にも注意しなければなりません。参考にしようとした情報に意図的な操作がなされていたのでは、怖くて利用できません。このためインターネット上の情報を用いるためには利用者はそれがどのような意図の基に作られた情報なのかを見極めてから利用することが重要です。つまり情報を見る目を養うことが必要なのです。おかしな情報に迷わされると、そのまま闇金に誘導されてしまうこともそれほど珍しいことではありません。

ただし、自分の利用するキャッシングローンを選ぶ場合にインターネット上の情報に頼りすぎるのはお勧めできません。もちろんできるだけ沢山の情報を集めて判断することは重要ですが、必要なのは他人が勧めるものの中から選ぶのではなくて、自分の利用方法を追及して、それに合ったものを様々な情報の中から選ぶということのほうが正常な選び方です。自分の使うものですから当然のことです。比較するのは各キャッシングローンの情報と自分の利用方法であって、商品間の比較では有りません。

自分の利用方法さえはっきりしていれば、どのキャッシングローンが利用し易いかは分かるはずですから、それが例えば人気商品ランキングに有ろうが無かろうが関係有りません。ただしインターネット上のたとえば口コミ情報などの掲示板を見てあまりにも問題があるというような情報が多い場合には、その商品は敬遠しておいたほうが良いでしょう。いくら表向き自分に合っていたとしても、利用中に問題が多発してはまったく意味が有りません。

目的が決まっているなら絶対お勧め!元祖金融機関である銀行のローン

銀行は金融機関としての非常に長い歴史を持ち、経済をうまく回していくためには無くてはならない存在です。このためキャッシングに類するもの以外にも様々なものを目的としたローンが取り揃えられており、利用目的によっては何でもかんでも目的を問われないキャッシングを使うよりも目的を明示してそれに関するローンを使ったほうが金利などの点で大変有利に借りることが出来ます。ですからなんとなく借りるのではなく目的をはっきりさせることが重要です。

銀行の提供するローンで最も有名なのは住宅ローンです。もちろん住宅を購入する場合に利用するローンです。即金で住宅を買うような特殊な人は別にして、ほとんどの人はこの住宅ローンを借りることになります。このローンの特徴としては借入額が非常に大きく、住宅の種類によりますが金利が低く設定され、かなり長期に渡って返済するというものです。住宅を購入する場合には利用できる可能性があれば大変有利なローンなので是非利用するようにしましょう。

次に自動車ローンがあります。これはもちろん自動車を購入するためのローンです。このローンは通常のローンとそれほどの違いは有りませんが、住宅ローンよりは高いですが、その他のローンに比べると低い金利で借りることができます。次に教育ローンが有ります。これは教育費用のためのローンで、自動車ローンと同程度の金利ですが、在学中は元本を据え置くことが出来、利息だけの返済で済むという特徴を持っています。子供の進学時には利用を考えたいローンです。

目的が特に限定されていないものに多目的ローンとカードローンが有ります。多目的ローンでは比較的大きな金額を想定して、自動車ローンや教育ローンより多少高い金利で借りることができます。次のカードローンが消費者金融で言うキャッシングローンと同じ性質のもので、カードが利用でき必要に応じて利用限度額まで順次融資を受けることが出来るものです。結婚や旅行に使うなら多目的ローンがお勧めですが、生活費のやりくり等のように必要なときにちょと借りようという場合にはカードローンがお勧めです。
(⇒銀行カードローンについて

このように銀行は主要な金融機関として利用者の目的に合わせるために様々なローンを用意しています。審査は厳しいですが、初心者にも安心して利用できるものばかりです。ですからキャッシングローンに固執するのではなく、目的等がはっきりしているのであれば、金利的には絶対に有利になりますから、一度銀行に行って相談してみる事が重要です。銀行は近くに必ずあるものですから、うまく利用して生活の力になってもらいましょう。

人気商品が良いわけではない!キャッシング商品の選び方

銀行系、信販系、消費者金融系、クレジットカードなどキャッシングローンを提供する商品は山のようにあります。この中から利用しようと言うキャッシングローンを選ぶのは容易なことでは有りません。多くの人はインターネットなどで人気の有りそうなものに当たりをつけて闇雲に申し込みをしてしまっているのが実態です。しかし、自分の利用方法などを良く考えずにこのような決め方で決めてしまうのは危険です。

まず検討しておかなければならないのは、自分がキャッシングに何を求めているかということと、しっかりした返済計画です。たまに発生するような生活費が足りないときに短期間だけ借りて、すぐに一括して返済してしまうのか、大きな買い物に利用して長期に返済するのか。返済方法はどのようにするのかなどを考えましょう。次に必要な金額を借りた上で、返済する場合をシミュレーションし、完済するまでの詳細な返済計画を立案して下さい。

商品を選んでから返済計画を考えるのではなく、返済計画を立てた上でそれに合った商品を選ばなければ、本当に自分の要求するキャッシング商品とは言えません。したがってインターネット上にあるキャッシング商品の人気ランキングにあるようなものが必ずしも自分に合っているとはいえず、多くの商品を時間をかけて自分の返済計画に沿って最も合ったものを探す必要が有ります。おかしな商品を選んでしまうと返済計画に支障が出ることも有り、決して拙速に決めて良いことでは無いのです。

選ぶに当たっては、まずできるだけ情報を集めます。この中にはインターネット上の口コミ情報なども含めて下さい。インターネット上の情報は玉石混交ですので必要なのはその情報が正確で有用な情報なのか、あるいは単なる宣伝であって不必要な情報なのか、判断する力を持つことです。この判断は自分で行わなければなりません。必要な情報が揃ったら、今度は自分の返済計画に沿ったキャッシング商品なのかどうかその情報を利用して判断します。

こうして残ったものが自分に合ったキャッシング商品であると考えて良いでしょう。ここまで来るのにはかなりの時間が掛かりますが、安心して融資を受けてしっかり返済するためには、どうしてもこの手順を踏む必要が有ります。選んだ中から最も自分に合っていると考えられるものから申込をしてみて、審査が駄目だったら次と言う風に順に申込んでみましょう。既に年収の3分の1近くまで借入をしている場合を除いて、安定した収入さえあればそうそう審査が通らないと言うようなことはありません。

返済できるか出来ないか!まずは返済シミュレーションをやってみよう

お金を借りたときに最も気になるのは、本当に返していけるのかということです。しかしキャッシングの場合利用額が非常に小口のため、このような心配をする気持ちが希薄になりがちで、じっくり考える機会を作らない人も多いのではないでしょうか。返済が破綻してしまった人の中には、この時点でじっくり考えておけば破綻を回避できた人も大勢いるはずです。ですから小口と言えどもこのような機会を持つことは極めて重要なことになります。

ではどうやってじっくり考えるかということになりますが、それは返済を融資を受ける時点から完済するまでシミュレーションすることです。それなら行ったと言う人がいるかもしれません。しかし多分それは金融機関のホームページにある返済シミュレーションを行ったと言うことだと思います。この返済シミュレーションはシミュレーションとは言いながら借入額と返済期間を入力して返済額を計算するもので、単なる計算であって、お世辞にもシミュレーションなどと言うものでは有りません。

シミュレーションと言うのは実際の状況を仮想的に実施して、返済して行けるかを見ることであって、返済額を計算することでは有りません。この為には返済期間中の自分の収入と支出を出来るだけ正確に予想することが必要です。正確性を上げるには前年の同時期の収入と支出を参考にして季節変動なども加味することが必要です。さらに返済がぎりぎりの状態では、突発的な出費に対応できませんから、ある程度の余裕を持たせることも忘れてはいけません。

こうして返済までの各月の収入と支出が予想できれば、どの程度の余裕ができるかが分かりますから、これが返済金額を上回っていれば返済できることになります。ここまでやってはじめて返済シミュレーションということです。もし返済できないということであれば支出内容を見直してみてください。不要不急の支出を削るなどをして再度シミュレーションしてみましょう。それでも駄目なときは返済期間を見直すことも必要になります。

なかなか返済が出来ないときは、そもそもその借り入れ自体に無理があると考えたほうが無難です。自分の返済能力ではその借り入れはできないと言うことです。したがって前提を曲げておかしなシミュレーションを行うのではなく、借り入れ自体を一度白紙に戻し、本当に借り入れが必要なのか、借入額をもっと減らせないかなどから考え直すことが必要です。必要なお金であっても、返済の破綻が予想されるようなキャッシングはしてはいけません。

返済のための新たなキャッシングは多重債務の入り口かもしれません

生活をしていく中ではお金が足りなくなることも多々あります。そこでキャッシングを利用してそういうときの助けにしようと考える人は大勢いて実際に利用している人も少なくは有りません。この中には慢性的に収入が不足していて返済ができず借入残高が徐々に増えて行っている人もいます。すぐに分かるように、このような場合には近い将来、利用限度額に達してしまいます。利用限度額に達すればもう借りられませんから、そこでどうするか考えなければならなくなります。

普通であれば、借入残高が徐々に増え始めた時点で生活を見直すなどして、借入残高を減少に転じさせることを考えますが、一部の人は生活の維持を優先して、借入を続けるため、新たな借入先を探すことになります。法的には年収の3分の1までは借りることが出来ますから、新たなキャッシング先を探すこともそう難しくは無いでしょう。このため一つ目のキャッシング分の返済するためにさらに別のキャッシングを利用する形が出来上がります。

これが進むと、さらに別のキャッシングというように借り続けるようになってしまいます。こうして最終的には年収による制限枠まで借りることになって、それ以上借りられなくなります。当然返済は難しいですから多重債務を負って債務整理ということになります。さらに闇金から借りるという人もいますが、とにかく返済できないことには変りは有りません。ここまで行く前に何とかしてキャッシングの利用を止めて、借入額を減少させていかなければなしません。

そのためには、何件もキャッシングを利用してしまうと月々の返済額が大きくなってしまいますので、返済を目的とした2件目以降のキャッシングは借りないようにすることが必要です。1件目で借入額が増加していっている時点での対策が是非必要です。そのためにはなぜ収入の中から返済できないのかを考える必要が有ります。まず収入と支出を全部洗い出してみましょう。その中から不要不急の買い物を排除します。それでも足りないときはそもそもの生活レベルを見直す必要が有ります。

日本の経済状況はデフレによって国民の収入も減ってしまっていますが、生活は従来のままというのでは無理が出てくるのは当たり前です。収入額に見合った生活レベルまで下げなければ、生活は破綻してしまいます。ですからお金を借りて生活レベルを維持するということは止めて、自分の生活力に見合った生活をすることが、多重債務を回避して借入額を減らしていくためには大変重要なことになります。

1 2 >